1959年女子バスケットボール世界選手権

1959年女子バスケットボール世界選手権は、1959年にソビエト連邦モスクワで開催された女子バスケットボールの国際大会である。

前年にベルリン危機ドイツ語版が起こるなど冷戦の真っ只中で行われており、西側諸国が相次いでボイコットした。その中、開催国のソ連が初優勝。

最終成績編集

1959年世界選手権
優勝国
:
 
ソビエト連邦
順位
2   ブルガリア
3   チェコスロバキア
4   ユーゴスラビア
5   ポーランド
6   ルーマニア
7   ハンガリー
8   北朝鮮