1961年レスリング世界選手権

1961年レスリング世界選手権は、日本横浜慶應義塾大学日吉記念館で6月に開催された。フリースタイルの日本開催は1954年東京大会以来7年ぶり、グレコローマンはヨーロッパ以外で初開催となった。また、今大会よりフリースタイル・グレコローマンともオリンピック年を除く毎年開催となっている。

国別獲得メダル総数編集

国・地域
1   ソビエト連邦 7 4 1 12
2   イラン 5 1 2 8
3   ハンガリー 1 3 1 5
4   ルーマニア 1 2 1 4
5   アラブ連合共和国 1 0 0 1
  西ドイツ 1 0 0 1
7   トルコ 0 4 6 10
8   スウェーデン 0 1 1 2
  ユーゴスラビア 0 1 1 2
10   チェコスロバキア 0 0 1 1
  インド 0 0 1 1
  日本 0 0 1 1

メダル獲得者編集

フリースタイル編集

階級
52 kg   Ali Aliev   Nasrollah Soltaninejad   Cemal Yanilmaz
57 kg   Ebrahim Seifpour   Janos Varga   Huseyin Akbas
62 kg   Vladimir Rubashvili   Sami Pehlivan   Hamid Tavakkol
67 kg   Mohammad Ali Sanatkaran   Vladimir Sinyavski   Udey Chand
73 kg   エマムアリ・ハビビ   Mikhail Bekmurzov   兼子豊
79 kg   Mansour Mehdizadeh   Geza Höllösi   Hans Antonsson
87 kg   ゴラムレザ・タクティー   Boris Gurevich   Hasan Güngör
+87 kg   Wilfried Dietrich   Hamit Kaplan   Alexander Medved

グレコローマン編集

階級
52 kg   Armais Sayadov   Dumitru Pirvulescu   Burhan Bozkurt
57 kg   Oleg Karavayev   Ion Cernea   Jiri Svec
62 kg   Hamid Mansour Mustafa   Yasar Yilmaz   Alireza Ghelichkhani
67 kg   Avtandil Koridze   Imre Polyák   Branislav Martinovic
73 kg   Valeriu Bularca   Stevan Horvat   Ziya Dogan
79 kg   Vasili Zenin   Bertil Nystrom   Yavuz Selekman
87 kg   György Gurics   Arkadi Tkatchev   Gheorghe Popovici
+87 kg   Ivan Bogdan   Hamit Kaplan   Istvan Kozma

関連項目編集

参照編集