< 1962年 | 1962年のスポーツ

1962年の相撲(1962ねんのすもう)は、1962年の相撲関係のできごとについて述べる。

大相撲編集

できごと編集

  • 1月、初場所、蔵前国技館で15日間。大関若羽黒が関脇へ陥落。内田改め豊山が新入幕。横綱朝潮は場所前に引退、一代年寄となるが、振分(元大関松登)が大山を襲名し、朝潮は振分となる。
  • 2月、協会役員改選で春日野が理事就任。大鵬がエールフランスの招待で渡欧。
  • 3月、春場所、大阪府立体育会館で15日間。場所後の番付編成会議で佐田の山の大関昇進決定。
  • 4月、二所ノ関部屋鉄筋4階建て新築落成。
  • 5月、横綱若乃花引退、年寄二子山襲名。夏場所、蔵前国技館で15日間。片男波部屋への力士移籍をめぐって、二所ノ関(元佐賀ノ花)と片男波(元玉乃海)との間でもめ、玉ノ海梅吉が仲裁にはいる。場所後の番付編成会議で栃ノ海と栃光の同時大関昇進決定。大鵬、柏戸一行がハワイ巡業へ出発。
  • 7月、名古屋場所、金山体育館で15日間。栃ノ海と栃光が新大関となり5大関。
  • 9月、二子山部屋土俵開き。秋場所、蔵前国技館で15日間。
  • 10月、大阪準本場所15日間、横綱柏戸優勝。
  • 11月、九州場所、福岡スポーツセンターで15日間。大関琴ヶ濱引退、年寄尾車襲名。
  • 12月、第23代木村庄之助、停年引退。時津風理事長が紫綬褒章を受ける。

本場所編集

  • 一月場所(蔵前国技館、14~28日)
    幕内最高優勝 : 大鵬幸喜(13勝2敗,5回目)
    • 殊勲賞-青ノ里、敢闘賞-豊山、技能賞-栃ノ海
    十両優勝 : 荒岐山正(12勝3敗)
  •  三月場所(大阪府立体育会館 11~25日)
    幕内最高優勝 : 佐田の山晋松(13勝2敗,2回目)
    • 殊勲賞-栃光、敢闘賞-豊國、技能賞-佐田の山
    十両優勝 : 天津風武藏(11勝4敗)
  • 五月場所(蔵前国技館、6~20日)
    幕内最高優勝 :  栃ノ海晃嘉(14勝1敗,1回目)
    • 殊勲賞-栃光、敢闘賞-栃ノ海、技能賞-栃ノ海
    十両優勝 : 玉嵐孝平(12勝3敗)
  • 七月場所(金山体育館、6月24~7月8日)
    幕内最高優勝 : 大鵬幸喜(14勝1敗、6回目)
    • 殊勲賞-出羽錦、敢闘賞-廣川、技能賞-鶴ヶ嶺
    十両優勝 : 琴櫻紀雄(11勝4敗)
  • 九月場所(蔵前国技館、9~23日)
    幕内最高優勝 : 大鵬幸喜(13勝2敗,7回目)
    • 殊勲賞-豊山、敢闘賞-豊山
    十両優勝 : 若天龍祐三(12勝3敗)
  • 十一月場所(福岡スポーツセンター、11~25日)
    幕内最高優勝 : 大鵬幸喜(13勝2敗,8回目)
    • 殊勲賞-豊山、敢闘賞-豊山、技能賞-小城ノ花
    十両優勝 : 岡ノ山喜郎(14勝1敗)

参考文献編集

  • 『大相撲戦後70年史』(ベースボールマガジン社、2015年)p57