1962年全仏選手権 (テニス)

1962年 全仏選手権(Internationaux de France de Roland-Garros 1962)に関する記事。フランスパリにある「スタッド・ローラン・ギャロス」にて開催。

大会の流れ編集

  • 男子シングルスは「114名」の選手による7回戦制、女子シングルスは「93名」の選手による7回戦制で行われた。男子は14名、女子は35名の選手に「1回戦不戦勝」(抽選表では“Bye”と表示)があった。
  • シード選手は男子・女子ともに16名。シード選手でも、1回戦から出場した人と、2回戦から登場した人がいる。2回戦から登場した選手が初戦敗退の場合は「2回戦=初戦」と表記する。

シード選手編集

男子シングルス編集

  1.   ロッド・レーバー (初優勝)
  2.   ロイ・エマーソン (準優勝)
  3.   マニュエル・サンタナ (ベスト4)
  4.   ニコラ・ピエトランジェリ (ベスト8)
  5.   ニール・フレーザー (ベスト4)
  6.   ホイットニー・リード (3回戦)
  7.   ボロ・ヨワノビッチ (4回戦)
  8.   ウォーレン・ジャックス (2回戦=初戦)
  9.   ヤン=エリック・ルンドクイスト (3回戦)
  10.   ラマナサン・クリシュナン (ベスト8)
  11.   ピエール・ダーモン (ベスト8)
  12.   マイケル・サングスター (2回戦)
  13.   インゴ・ブディング (2回戦)
  14.   ビリー・ナイト (4回戦)
  15.   ウィルヘルム・ブンゲルト (4回戦)
  16.   ゴードン・フォーブズ (2回戦=初戦)

女子シングルス編集

  1.   アン・ヘイドン (ベスト4)
  2.   マーガレット・スミス (初優勝)
  3.   クリスティン・トルーマン (4回戦)
  4.   ジュジャ・ケルメツィ (4回戦)
  5.   サンドラ・レイノルズ (ベスト8)
  6.   レネ・シュールマン (ベスト4)
  7.   エダ・ブディング (ベスト8)
  8.   ジャン・レヘイン (ベスト8)
  9.   エリザベス・スターキー (4回戦)
  10.   ディードル・キャット (3回戦、途中棄権)
  11.   ユスチナ・ブリッカ (4回戦)
  12.   マリア・テレサ・リードル (3回戦)
  13.   レスリー・ターナー (準優勝)
  14.   レア・ペリコリ (3回戦)
  15.   ピラー・バリル (2回戦=初戦)
  16.   ジル・ブラックマン (4回戦)

大会経過編集

男子シングルス編集

準々決勝

準決勝

女子シングルス編集

準々決勝

準決勝

決勝戦の結果編集

外部リンク編集

  • 全仏オープン公式サイト提供、PDF形式の抽選表(男子女子
先代:
1962年オーストラリア選手権 (テニス)
テニス4大大会
1962年
次代:
1962年ウィンブルドン選手権
先代:
1961年全仏選手権 (テニス)
全仏オープン
1962年
次代:
1963年全仏選手権 (テニス)