1963年のロードレース世界選手権

1963年の
FIMロードレース世界選手権
前年: 1962 翌年: 1964

1963年のロードレース世界選手権は、FIMロードレース世界選手権の第15回大会である。5月にモンジュイック・サーキットで開催されたスペインGPで開幕し、鈴鹿で開催された最終戦日本GPまで、全12戦で争われた。

シーズン概要編集

前年に完成した鈴鹿サーキットで開催される日本GPが最終戦として加わり、この年の選手権は全12戦となった。ただし12戦開催されたのは125ccクラスのみで、フランスGPでは250ccクラスが悪天候によりキャンセルされた。また日本GPの350ccクラスは出走台数の不足により、選手権ポイント対象外となった[1]

この年、1957年以来グランプリから遠ざかっていたジレラのマシンが、かつてのチャンピオンであるジェフ・デューク率いるスクーデリア・デュークとして500ccクラスと350ccクラスに戻ってきた。しかしこれは純然たるワークスチームではなく、マシンはジレラ・ワークスの最後の参戦となった1957年の仕様のままで、ジレラからのファクトリーとしてのサポートはメカニック2人を派遣したのみだった。1957年のジレラ撤退以来ライバル不在となったMVアグスタのマシンがほとんど進化していなかった500ccクラスではいい勝負を見せたスクーデリア・デュークだったが、350ccクラスではホンダヤワといった新たな勢力にも遅れをとり、資金不足やライダーの怪我にも泣かされて1シーズンのみで活動を終えることになった[2]

前年活動を休止していたヤマハは大幅に戦闘力を向上させた新型マシンとともにグランプリに復帰し、わずか数戦ながら250ccクラスでは印象的な走りを見せてこれが翌シーズンの活躍につながることになる[3]。一方、翌年からの4輪F1参戦の準備を始めていたホンダはこの年は予算や人員をF1に割くために2輪のワークス活動は縮小し、その代わりに市販レーサーで参加車両の減少を補うという体制だった[4]

また、1950年代前半から多くのプライベーターたちの活動を支えてきたノートンの単気筒マシン、ノートン・マンクスは、この年の10月に生産を終了した[5]

500ccクラス編集

ジェフ・デュークはスクーデリア・デュークのライダーとしてデレク・ミンタージョン・ハートルを走らせる計画だったが、ミンターがシーズン前のブランズ・ハッチのレースで負傷して前半3戦を欠場せざるを得なくなり、急遽代役としてフィル・リードを起用した。そのスクーデリア・デュークが持ち出したジレラの4気筒マシンは外見こそ当時のマシン全体を覆うダスドビン・フェアリングからレギュレーションで許されたドルフィンタイプのフェアリングに変わっていたが、中身は最後に走った1957年当時からほとんど変更のないものだった[2]。一方、チャンピオンマシンのMVアグスタの4気筒も最後にジレラとタイトルを争った1957年以降はライバル不在となったこともあって大きな進歩をしておらず、開幕戦となったマン島ではマイク・ヘイルウッドが勝利したが2・3位にはスクーデリア・デュークの2人が続き、第2戦オランダでヘイルウッドのMVアグスタがトラブルを起こすとハートルがジレラに6年ぶりの勝利をもたらした[6]

しかしジレラファクトリーのサポートを得られずに金銭面でも苦しんだスクーデリア・デュークはハートルとリード、復帰したミンターが度々表彰台には上るものの結局オランダでのハートルの1勝のみにとどまり、対してヘイルウッドは第3戦以降は連戦連勝で第6戦のフィンランドでは他の全てのライダーを周回遅れにして5勝目を飾り、2年連続となるタイトルを決めた[6][7]

マチレスの単気筒に乗るアラン・シェパードは優勝こそなかったもののコンスタントに表彰台に上る安定した速さを見せ、ハートルとリードを押さえて前年に続いてランキング2位を獲得した。

350ccクラス編集

前年339.5ccのRC171でタイトルを獲得したホンダがフルスケール化されて349.5ccとなった新型RC172を投入したのに対し[8]、ロードレースはアグスタ伯爵の趣味といった意味合いの強いMVアグスタが新たなマシンを開発するようなことはなく[5]、ホンダのジム・レッドマンは開幕から4連勝の最短距離で2年連続タイトルを獲得した[9]。MVアグスタのマイク・ヘイルウッドはタイトル決定後の東ドイツGPフィンランドGPで2勝を挙げ、ランキング2位となった。

スクーデリア・デュークはこのクラスでもジョン・ハートルフィル・リードジレラのマシンに乗せたが、500ccクラスとは異なり1957年仕様のジレラの350ccは完全に時代遅れとなっており、ホンダやMVアグスタに加えてヤワのマシンにも遅れをとる結果となった[2]

250ccクラス編集

このクラスでは、前年型からほとんど変更されていないホンダ4ストローク4気筒に乗るジム・レッドマンと、パワーに劣るものの軽量さを武器とするモト・モリーニ4ストローク単気筒に乗るタルクィニオ・プロヴィーニとの熾烈なタイトル争いがシーズンを通して続けられ、第8戦まででプロヴィーニが4勝を挙げて2位が1回に3位が2回、レッドマンは3勝で2位と3位が2回ずつと全くの互角で最終戦の日本GPを迎えた。スズキエルンスト・デグナーが転倒して炎上、重傷を負うというアクシデントでスタートしたレースはレッドマンがヤマハ伊藤史朗との大接戦を0.1秒差で制して優勝[10]、対するプロヴィーニは体調不良もあって4位に終わり、ホンダとレッドマンがマニュファクチャラーズ・タイトルとライダーズ・タイトルをともに2ポイント差で獲得した[1][11]

2年ぶりの復帰となったヤマハは資金不足もあって数戦の参戦にとどまったが2ストローク2気筒のRD56の戦闘力は高く、デビューから2戦続けて2位入賞すると参戦3戦目となったベルギーGPでは伊藤史朗と砂子義一がヤマハのグランプリ初勝利を1・2フィニッシュで飾った。最終戦ではフィル・リードがヤマハに乗って3位に入る健闘を見せ、リードは翌年にはヤマハのエースとして迎えられることになる[3]

イタリアGPではジャコモ・アゴスチーニが、マシントラブルでレースを終えるまでトップを走るという印象的なグランプリデビューを飾った[6]

125ccクラス編集

前年、圧倒的な強さを発揮したホンダルイジ・タベリは、この年の開幕戦となったスペインでも前年型のマシンで勝利した。しかし前年の単気筒RT62が失敗に終わったスズキは新たに開発された2ストローク2気筒のRT63を投入し、この新型マシンが真価を発揮し始めるとホンダの4ストローク2気筒は全くついていくことができなかった[12]。第2戦のドイツエルンスト・デグナーが勝つとそれ以降第9戦フィンランドGPまでの優勝者をスズキのライダーが占め、中でもフランスGPからダッチTTまで3連勝を飾ったヒュー・アンダーソンは優勝か2位という好成績をキープし続け、東ドイツGPで5勝目を挙げて初タイトルを獲得した[13]。50cc以外のクラスで2ストロークのマシンがタイトルを獲得したのも、この年のスズキが初めてのことだった[6]

ホンダのタベリはイタリアGPでシーズン2勝目を挙げたが、このレースにはスズキ・チームは出場していなかった。4ストローク2気筒では軽くてパワフルな2ストロークに太刀打ちできないことを知ったホンダはより高回転・高出力を目指した4気筒のRC146を最終戦の日本GPでデビューさせ、タベリがポール・ポジションを獲得、ジム・レッドマンがスズキのフランク・ペリスとのトップ争いの末に2位に入るなど、2ストロークと争えるだけの戦闘力を示した[1][14]

50ccクラス編集

ホンダが参戦を取り止め、50ccクラスはヒュー・アンダーソンエルンスト・デグナーを擁するスズキ勢と、ハンス=ゲオルグ・アンシャイトクライドラーによる2ストローク同士の戦いとなった。開幕戦のスペインはアンシャイトが制したが、続くドイツGPではアンダーソン以下スズキ勢が表彰台を独占。第3戦のフランスGPでは再びアンシャイトが勝利し、マン島TTではスズキの伊藤光夫が日本人初のマン島勝者となった[15]。そして第7戦フィンランドで3勝目を挙げたアンシャイトが2勝のアンダーソンを押さえてポイントリーダーとして最終戦日本GPを迎えた。ところが日本GPでアンシャイトのクライドラーはメカニカルトラブルを起こしてノーポイントに終わり、2位になったアンダーソンが逆転でタイトルを獲得した[6][16]

50ccクラスへの参戦を見合わせたホンダだったがマシンの開発は続けられており、地元鈴鹿の最終戦でデビューさせた2気筒4バルブのRC113は、ルイジ・タベリのライディングにより独走でデビューウィンを飾った[17]

グランプリ編集

Rd. 決勝日 GP サーキット 50ccクラス優勝 125ccクラス優勝 250ccクラス優勝 350ccクラス優勝 500ccクラス優勝
1 5月5日   スペインGP モンジュイック   H.G.アンシャイト   L.タベリ   T.プロヴィーニ No Race No Race
2 5月26日   ドイツGP ホッケンハイム   H.アンダーソン   E.デグナー   T.プロヴィーニ   J.レッドマン No Race
3 6月2日   フランスGP クレルモン=フェラン   H.G.アンシャイト   H.アンダーソン No Race No Race No Race
4 6月14日   マン島TT マン島   伊藤光夫   H.アンダーソン   J.レッドマン   J.レッドマン   M.ヘイルウッド
5 6月29日   ダッチTT アッセン   E.デグナー   H.アンダーソン   J.レッドマン   J.レッドマン   J.ハートル
6 7月7日   ベルギーGP スパ   森下勲   B.シュナイダー   伊藤史朗 No Race   M.ヘイルウッド
7 8月10日   アルスターGP ダンドロッド No Race   H.アンダーソン   J.レッドマン   J.レッドマン   M.ヘイルウッド
8 8月18日   東ドイツGP ザクセンリンク No Race   H.アンダーソン   M.ヘイルウッド   M.ヘイルウッド   M.ヘイルウッド
9 9月1日   フィンランドGP タンペレ   H.G.アンシャイト   H.アンダーソン No Race   M.ヘイルウッド   M.ヘイルウッド
10 9月15日   イタリアGP モンツァ No Race   L.タベリ   T.プロヴィーニ   J.レッドマン   M.ヘイルウッド
11 10月6日   アルゼンチンGP ブエノスアイレス   H.アンダーソン   J.レッドマン   T.プロヴィーニ No Race   M.ヘイルウッド
12 10月10日   日本GP 鈴鹿   L.タベリ   F.ベリス   J.レッドマン   J.レッドマン(*) No Race

(*)日本GP350ccクラスは出走台数が3台だったため、レース不成立となった。

ポイントランキング編集

ポイントシステム編集

ポイントシステム
順位 1 2 3 4 5 6
ポイント 8 6 4 3 2 1
  • 500・50ccクラスは上位入賞した5戦分、350ccクラスは上位入賞した4戦分、250ccクラスは上位入賞した6戦分、125ccクラスは上位入賞した7戦分のポイントが有効とされた。

ライダーズ・ランキング編集

500ccクラス編集

順位 ライダー マシン IOM
 
NED
 
BEL
 
ULS
 
DDR
 
FIN
 
ITA
 
ARG
 
ポイント 勝利数
有効 合計
1   マイク・ヘイルウッド MVアグスタ 1 - 1 1 1 1 1 1 40 56 7
2   アラン・シェパード マチレス - 3 3 4 3 2 - - 21 0
3   ジョン・ハートル ジレラ 2 1 - 2 - - - - 20 1
4   フィル・リード ジレラ 3 2 2 - - - - - 16 0
5   フレッド・スティーブンス ノートン 6 5 4 - - 4 3 - 13 0
6   マイク・ダフ マチレス 4 - - 6 4 3 - - 11 0
7   デレク・ミンター ジレラ - - - 3 2 - - - 10 0
8   ジャック・フィンドレイ マチレス - - - - 5 - 2 - 8 0
9   ホルヘ・キスリング ノートン - - - - - - - 2 6 0
10   ジャック・アーン ノートン - 4 5 - - - - - 5 0
11   ベネディクト・カルダレーラ マチレス - - - - - - - 3 4 0
12   ビル・スミス ノートン - - - - - - 4 - 3 0
12   ビクトリオ・ミングッツィ マチレス - - - - - - - 4 3 0
14   ジョー・ダンフィ ノートン 5 - - - - - - - 2 0
14   ラルフ・ブライアンズ ノートン - - - 5 - - - - 2 0
14   シド・ミズン マチレス - - - - - 5 - - 2 0
14   ラディスラス・リヒター ノートン - - - - - - 5 - 2 0
14   ラウル・ヴィラヴェリアン ノートン - - - - - - - 5 2 0
19   エッソ・グンナーソン ノートン - 6 - - - - - - 1 0
19   ギュラ・マルゾフスキー マチレス - - 6 - - - - - 1 0
19   ヴァーノン・コッテル ノートン - - - - 6 - - - 1 0
19   ニコライ・セヴォストヤノフ CKEB - - - - - 6 - - 1 0
19   ヴァスコ・ロロ ノートン - - - - - - 6 - 1 0
19   オラシオ・コスタス ノートン - - - - - - - 6 1 0

350ccクラス編集

順位 ライダー マシン GER
 
IOM
 
NED
 
ULS
 
DDR
 
FIN
 
ITA
 
ポイント 勝利数
有効 合計
1   ジム・レッドマン ホンダ 1 1 1 1 3 2 1 32 50 5
2   マイク・ヘイルウッド MVアグスタ - - 2 2 1 1 - 28 2
3   ルイジ・タベリ ホンダ - - 3 3 2 5 - 16 0
4   グスタフ・ハヴェル ヤワ 4 - 6 - 4 - - 7 0
5   フランタ・スタストニィ ヤワ - 3 4 - - - - 7 0
6   レモ・ベンチューリ ビアンキ 2 - - - - - - 6 0
6   ジョン・ハートル ジレラ - 2 - - - - - 6 0
6   アラン・シェパード MZ - - - - - - 2 6 0
9   マイク・ダフ AJS - 6 - 4 6 - - 5 0
9   ニコライ・セヴォストヤノフ CKEB - - - - 5 4 - 5 0
11   フィル・リード ジレラ 3 - - - - - - 4 0
11   スヴェン・グンナーソン ノートン - - - - - 3 - 4 0
11   トミー・ロブ ホンダ - - - - - - 3 4 0
14   シド・ミズン AJS - 4 - - - 6 - 4 0
15   ジャック・アーン ノートン - 5 5 - - - - 4 0
15   フレッド・スティーブンス ノートン 6 - - 5 - - 6 4 0
17   パベル・スタヴィチェック ヤワ - - - - - - 4 3 0
18   ジルベルト・ミラーニ アエルマッキ 5 - - - - - - 2 0
18   ダン・ショーリー AJS - - - - - - 5 2 0
20   レン・アイルランド ノートン - - - 6 - - - 1 0

250ccクラス編集

順位 ライダー マシン SPA
 
GER
 
IOM
 
NED
 
BEL
 
ULS
 
DDR
 
ITA
 
ARG
 
JPN
 
ポイント 勝利数
有効 合計
1   ジム・レッドマン ホンダ 2 3 1 1 - 1 3 2 2 1 44 58 4
2   タルクィニオ・プロヴィーニ モト・モリーニ 1 1 - 3 3 2 - 1 1 4 42 49 4
3   伊藤史朗 ヤマハ - - 2 2 1 - - - - 2 26 1
4   トミー・ロブ ホンダ 3 2 5 5 5 3 - 6 - - 20 21 0
5   ルイジ・タベリ ホンダ 5 - - - 4 - 5 3 - 5 13 0
6   アラン・シェパード MZ - 5 - - - - 2 4 - - 11 0
7   砂子義一 ヤマハ - - - 4 2 - - - - - 9 0
8   マイク・ヘイルウッド MZ - - - - - - 1 - - - 8 1
9   高橋国光 ホンダ 4 - - - 6 4 - - - - 7 0
10   ビル・スミス ホンダ - - 3 - - - - - - - 4 0
10   ウンベルト・マセッティ モト・モリーニ - - - - - - - - 3 - 4 0
10   フィル・リード ヤマハ - - - - - - - - - 3 4 0
13   スタニスラフ・マリーナ CZ - 6 - - - - 6 5 - - 4 0
14   シルビオ・グラセッティ ベネリ - 4 - - - - - - - - 3 0
14   長谷川弘 ヤマハ - - 4 - - - - - - - 3 0
14   ラズロ・サボー MZ - - - - - - 4 - - - 3 0
14   ラウール・キスリング NSU - - - - - - - - 4 - 3 0
18   ジャック・フィンドレイ FBモンディアル - - - - - 5 - - - - 2 0
18   イヴァン・シューマン NSU - - - - - - - - 5 - 2 0
20   ジルベルト・ミラーニ アエルマッキ 6 - - - - - - - - - 1 0
20   ジョン・キッドソン モト・グッツィ - - 6 - - - - - - - 1 0
20   キャス・スワルト ホンダ - - - 6 - - - - - - 1 0
20   クリス・アンダーソン アエルマッキ - - - - - 6 - - - - 1 0
20   カルロ・マルファン パリラ - - - - - - - - 6 - 1 0
20   粕谷勇 ホンダ - - - - - - - - - 6 1 0

125ccクラス編集

順位 ライダー マシン SPA
 
GER
 
FRA
 
IOM
 
NED
 
BEL
 
ULS
 
DDR
 
FIN
 
ITA
 
ARG
 
JPN
 
ポイント 勝利数
有効 合計
1   ヒュー・アンダーソン スズキ - 2 1 1 1 2 1 1 1 - - 5 54 62 6
2   ルイジ・タベリ ホンダ 1 4 3 4 3 3 3 4 2 1 - - 38 47 2
3   ジム・レッドマン ホンダ 2 - 2 6 - - - - 5 2 1 2 35 1
4   フランク・ペリス スズキ - - 4 2 2 - 6 - - - - 1 24 1
5   バート・シュナイダー スズキ - - - 5 4 1 2 3 - - - - 23 1
6   エルンスト・デグナー スズキ - 1 6 3 - - - - - - - 3 17 1
7   高橋国光 ホンダ 3 5 - - 5 - 5 - - 3 - - 14 0
8   アラン・シェパード MZ - 6 - - - - - 2 3 - - - 11 0
9   トミー・ロブ ホンダ - - 5 - 6 5 4 - - - - 4 11 0
10   ラズロ・サボー MZ - 3 - - - - - - 4 - - - 7 0
11   ヒューゴ・ポチェッティーノ ブルタコ - - - - - - - - - - 2 - 6 0
12   ジュゼッペ・ヴィセンチ ホンダ - - - - - 4 - - - - - - 6 0
ドゥカティ - - - - - - - - - 4 - -
13   ベネディクト・カルダレーラ ブルタコ - - - - - - - - - - 3 - 4 0
14   ピーター・インチレー EMC 4 - - - - - - - - - - - 3 0
14   アルベルト・ゴメス ザネーラ - - - - - - - - - - 4 - 3 0
16   マイク・ダフ ブルタコ 6 - - - - - - - - - - - 3 0
MZ - - - - - - - 5 - - - -
17   フランシスコ・ゴンザレス ブルタコ 5 - - - - - - - - - - - 2 0
17   ジョニー・グレース ブルタコ - - - - - - - - - 5 - - 2 0
17   エドゥアルド・サラティーノ ザネーラ - - - - - - - - - - 5 - 2 0
20   ジャン=ピエール・ベルトワーズ ブルタコ - - - - - 6 - - - - - - 1 0
20   ヴェルナー・ムシオル MZ - - - - - - - 6 - - - - 1 0
20   リー・ディキンソン ホンダ - - - - - - - - 6 - - - 1 0
20   スタニスラフ・マリーナ CZ - - - - - - - - - 6 - - 1 0
20   オラシオ・マフィア ドゥカティ - - - - - - - - - - 6 - 1 0
20   伊藤光夫 スズキ - - - - - - - - - - - 6 1 0

50ccクラス編集

順位 ライダー マシン SPA
 
GER
 
FRA
 
IOM
 
NED
 
BEL
 
FIN
 
ARG
 
JPN
 
ポイント 勝利数
有効 合計
1   ヒュー・アンダーソン スズキ 2 1 - 2 2 4 3 1 2 34 47 2
2   ハンス=ゲオルグ・アンシャイト クライドラー 1 4 1 3 6 3 1 - - 32 36 3
3   エルンスト・デグナー スズキ - 3 2 - 1 2 - 2 - 30 1
4   森下勲 スズキ 4 2 - 4 4 1 4 - - 23 26 1
5   伊藤光夫 スズキ - 5 - 1 5 5 2 - 6 20 21 1
6   市野三千雄 スズキ - 6 3 5 3 - - - 4 14 0
7   アルベルト・パガーニ クライドラー 5 - 6 - - - 5 3 - 9 0
8   ルイジ・タベリ ホンダ - - - - - - - - 1 8 1
9   ホセ・ブスケ デルビ 3 - 4 - - - - - - 7 0
10   増田俊吉 スズキ - - - - - - - - 3 4 0
11   ラウール・キスリング クライドラー - - - - - - - 4 - 3 0
12   ジャン=ピエール・ベルトワーズ クライドラー - - 5 - - 6 - - - 3 0
13   Karaber Samardjian スズキ - - - - - - - 5 - 2 0
13   島崎貞夫 ホンダ - - - - - - - - 5 2 0
15   ファン・ガルシア ドゥクソン 6 - - - - - - - - 1 0
15   イアン・プラムリッジ ホンダ - - - 6 - - - - - 1 0
15   マッティ・サロネン Pyrkija - - - - - - 6 - - 1 0
15   ガストン・ビジア スズキ - - - - - - - 6 - 1 0

マニュファクチャラーズ・ランキング編集

500ccクラス編集

順位 マニュファクチャラー IOM
 
NED
 
BEL
 
ULS
 
DDR
 
FIN
 
ITA
 
ARG
 
ポイント
有効 合計
1 MVアグスタ 1 - 1 1 1 1 1 1 40 56
2 ジレラ 2 1 2 2 2 - - - 32
3 マチレス 4 3 3 4 3 2 2 3 24 34
4 ノートン 5 4 4 5 6 4 3 2 19 24
4 CKEB - - - - - 6 - - 1

350ccクラス編集

順位 マニュファクチャラー GER
 
IOM
 
NED
 
ULS
 
DDR
 
FIN
 
ITA
 
ポイント
有効 合計
1 ホンダ 1 1 1 1 2 2 1 32 52
2 MVアグスタ - - 2 2 1 1 - 28
3 ヤワ 4 3 4 - 4 - 4 13 16
4 ノートン 6 5 5 5 - 3 6 10 12
5 ジレラ 3 2 - - - - - 10
6 AJS - 4 - 4 6 6 5 9 10
7 ビアンキ 2 - - - - - - 6
7 MZ - - - - - - 2 6
9 CKEB - - - - 5 4 - 5
10 アエルマッキ 5 - - - - - - 2

250ccクラス編集

順位 マニュファクチャラー SPA
 
GER
 
IOM
 
NED
 
BEL
 
ULS
 
DDR
 
ITA
 
ARG
 
JPN
 
ポイント
有効 合計
1 ホンダ 2 2 1 1 4 1 3 2 2 1 44 63
2 モト・モリーニ 1 1 - 3 3 2 - 1 1 4 42 49
3 ヤマハ - - 2 2 1 - - - - 2 26
4 MZ - 5 - - - - 1 4 - - 13
5 CZ - 6 - - - - 6 5 - - 4
6 ベネリ - 4 - - - - - - - - 3
6 NSU - - - - - - - - 4 - 3
8 FBモンディアル - - - - - 5 - - - - 2
9 アエルマッキ 6 - - - - 6 - - - - 2
10 モト・グッツィ - - 6 - - - - - - - 1
10 パリラ - - - - - - - - 6 - 1

125ccクラス編集

順位 マニュファクチャラー SPA
 
GER
 
FRA
 
IOM
 
NED
 
BEL
 
ULS
 
DDR
 
FIN
 
ITA
 
ARG
 
JPN
 
ポイント
有効 合計
1 スズキ - 1 1 1 1 1 1 1 1 - - 1 56 72
2 ホンダ 1 4 2 4 3 3 3 4 2 1 1 2 46 63
3 MZ - 3 - - - - - 2 3 - - - 14
4 ブルタコ 5 - - - - 6 - - - 5 2 - 11
5 ドゥカティ - - - - - - - - - 4 6 - 4
6 EMC 4 - - - - - - - - - - - 3
6 ザネーラ - - - - - - - - - - 4 - 3
8 CZ - - - - - - - - - 6 - - 1

50ccクラス編集

順位 マニュファクチャラー SPA
 
GER
 
FRA
 
IOM
 
NED
 
BEL
 
FIN
 
ARG
 
JPN
 
ポイント
有効 合計
1 スズキ 2 1 2 1 1 1 2 1 2 40 64
2 クライドラー 1 4 1 3 6 3 1 3 - 32 40
3 ホンダ - - - 6 - - - - 1 9
4 デルビ 3 - 4 - - - - - - 7
5 ドゥクソン 6 - - - - - - - - 1
5 Pyrkija - - - - - - 6 - - 1

脚注編集

  1. ^ a b c 『日本GPの興奮』 - Hondaホームページ
  2. ^ a b c 『二輪グランプリ60年史』(p.69)
  3. ^ a b 『YAMAHA RACING GLORY Since1955』(2009年、八重洲出版)ISBN 978-4-86144-133-2(p.42)
  4. ^ 『Honda Motorcycle Racing Legend vol.3』(2009年、八重洲出版)ISBN 978-4-86144-143-1(p.147)
  5. ^ a b 『THE GRAND PRIX MOTORCYCLE』(p.56)
  6. ^ a b c d e 『二輪グランプリ60年史』(p.66 - p.67)
  7. ^ 500cc World Standing 1963 - The Official MotoGP Website
  8. ^ 『Honda Motorcycle Racing Legend vol.3』(p.125)
  9. ^ 350cc World Standing 1963 - The Official MotoGP Website
  10. ^ JAPANESE GRAND PRIX 250cc Race Classification 1963 - The Official MotoGP Website
  11. ^ 250cc World Standing 1963 - The Official MotoGP Website
  12. ^ 『Honda Motorcycle Racing Legend vol.3』(p.75 - p.76)
  13. ^ 125cc World Standing 1963 - The Official MotoGP Website
  14. ^ 『Honda Motorcycle Racing Legend vol.3』(p.44)
  15. ^ 大久保力『百年のマン島』(2008年、三栄書房)ISBN 978-4-7796-0407-2(p.402)
  16. ^ 50cc World Standing 1963 - The Official MotoGP Website
  17. ^ 『Honda Motorcycle Racing Legend vol.3』(p.55)

参考文献編集

  • ジュリアン・ライダー / マーティン・レインズ『二輪グランプリ60年史』(2010年、スタジオ・タック・クリエイティブ)ISBN 978-4-88393-395-2
  • ケビン・キャメロン『THE GRAND PRIX MOTORCYCLE』(2010年、ウィック・ビジュアル・ビューロウ)ISBN 978-4-900843-57-8
  • マイケル・スコット『The 500cc World Champion』(2007年、ウィック・ビジュアル・ビューロウ)ISBN 978-4-900843-53-0