メインメニューを開く

1965年アメリカグランプリ (1965 United States Grand Prix) は、1965年のF1世界選手権第9戦として、1965年10月3日ワトキンズ・グレン・グランプリ・サーキットで開催された。

アメリカ合衆国 1965年アメリカグランプリ
レース詳細
1965年F1世界選手権全10戦の第9戦
ワトキンズ・グレン(1956–1970)
ワトキンズ・グレン(1956–1970)
日程 1965年10月3日
正式名称 VIII United States Grand Prix
開催地 ワトキンズ・グレン・グランプリ・サーキット
アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国 ニューヨーク州 ワトキンズ・グレン
コース 恒久的レース施設
コース長 3.78 km (2.35 mi)
レース距離 110周 415.8 km (258.5 mi)
決勝日天候 雨 (ウエット)
ポールポジション
ドライバー BRM
タイム 1:11.25
ファステストラップ
ドライバー イギリスの旗 グラハム・ヒル BRM
タイム 1:11.9 (105周目)
決勝順位
優勝 BRM
2位 ブラバム-クライマックス
3位 ブラバム-クライマックス

レースは110周で行われ、BRMグラハム・ヒルポール・トゥ・ウィンブラバムダン・ガーニーが2位、彼のチームメイトのジャック・ブラバムが3位となった。

目次

レース概要編集

1.5リッターF1の最後の年、各チームがシーズンの最後の2戦のために北アメリカ大陸へ到着する前に、ジム・クラークは2度目のドライバーズチャンピオン(ならびにインディ500で優勝)を決めていた。しかし、本レースはBRMグラハム・ヒルが3年連続で優勝し、グレンに君臨した。ヒルはポールポジションと勝利、そしてファステストラップを獲得し、ダン・ガーニージャック・ブラバムブラバム勢に12秒の差を付けてフィニッシュした。

週末は寒く(45 °F (7 °C))て風が強く(30 mph (13 m/s))、そして多くの場合ウエット状態だった。実際に、クラークは予選でレーシングスーツの上にセーターを着ていた。フェラーリは、前年のドライバーズチャンピオンのジョン・サーティースが前週にカナダモスポート・パークローラ・T70英語版-シボレーCan-Amカー)をドライブした際に事故を起こして重症を負い、本年の残り2戦を欠場せざるを得なくなった[1]。BRMのヒルの新しいチームメイトで、3週間前のイタリアGPでクラークの連勝を5[注 1]でストップして初優勝を挙げたジャッキー・スチュワートは、ヨッヘン・リントと同様にグレンで初めて走行した。地元出身のボブ・ボンデュラント英語版はF1デビューを果たした。

金曜日はトラックが霧で覆われた。クラークは自身の32バルブクライマックスエンジン仕様のマシンと、チームメイトのマイク・スペンス英語版の16バルブクライマックスエンジン仕様のマシンを乗り換えながら走行したが、「ザ・90」(ターン8)でクラッシュしてスペンス車のサスペンションを曲げた後、自身のマシンに戻って1分12秒7と、ヒルが0.2秒差で上回るまでの最速タイムを出した。

土曜日は晴れたがまだ寒かった。この日もクラークとヒルのバトルが続いた。ヒルは1分11秒25を出した。クラークはタイミングギアの2つの歯を剪断する前に1分11秒35を出すが、ヒルには及ばなかった。クラークは再びスペンスの16バルブ車に乗り換え、1分11秒16という注目すべきタイムを出した。しかし、一晩で32バルブエンジンは修理され、クラークが決勝でそれを使うことに決めたため、彼はヒルに次ぐ2番手からのスタートとなる。ホンダは強力なV12エンジンによって直線では最速のマシンであり、地元出身のリッチー・ギンサースペアカーで3番手スタートをつかんだ。グリッドのトップ6はヒル、クラーク、ギンサー、スペンス、ロレンツォ・バンディーニ(フェラーリ)、スチュワートの順となった。

日曜日の朝は雨が降ったが、決勝のスタートを前に強い風がトラックを乾かし、6万人の観衆はさらなる状況の変化を見込んでフードとパーカーを着用した。ヒルがリードし、クラークとギンサーが続く。スチュワートは3列目からエセス(当時はバックストレート)でギンサーのインに飛び込むが、ギンサーはインを閉めてスチュワートをカーブへ追いやり、スチュワートのサスペンションは曲がってしまった。スチュワートはレースを続け、ギンサーは8位に後退した。しかし、スチュワートはスロットルケーブルの損傷によりピットインし、彼がコースに戻るまでに雨が再び降り始め、曲がったサスペンションが大きなハンデとなりリタイアした。

クラークは2周目にヒルからリードを奪い、2人はバンディーニ、スペンス、ガーニー、ブラバムを引き離していく。3周後、ヒルはリードを取り戻し、2人のイギリス人チャンピオンのバトルは、クラークのピストンが壊れてピットインする12周目まで続いた。その後方でも4人の激しいバトルが展開され、スペンスはバンディーニに2度コース外に追いやられ、タイミングチェーンが壊れたため6周目にリタイアした。ヒルはガーニーに14秒リードし、続いてバンディーニとブラバムが続いた。

24周目までにヒルはほぼ半周のリードを築いた。ところが、37周目に突然の大雨がコースを濡らした。バックストレートの最後の「ザ・ループ」で、ヒルは滑りやすい路面に足をすくわれ、そのまま200 ヤード (180 m)の間跳ね上がった。コースに戻るまでに、ヒルのダンロップタイヤはブラバム勢のグッドイヤータイヤよりも1周2秒遅かった。そしてコースアウトしたことで、ガーニーとブラバムは一気に差を縮めることができた。ガーニーはヒルの背後に迫ったがコーナーで行き過ぎてしまい、チームメイトのブラバムに2位を明け渡した。これでチームリーダーのブラバムがヒルへの挑戦権を手に入れたが、ピット手前の「ザ・90」でヒルのアウトで前に出るが、ヒルは一貫してインコースを走り、ターン出口はアウトコースでマシンをパワースライドさせた。ヒルのコース幅を利用した走りは、ブラバムをコースの左端に追いやり、コース外の濡れた芝生の向こうまで飛び出していった。これで再びガーニーが2位、ブラバムは3位に戻った。ガーニーは再びヒルに挑もうとしたが、クラッチの滑りにより断念した。

レース終盤までにコースはほぼ乾き、ヒルは105周目にファステストラップを出し、2位のガーニーに12秒差を付け、本年2回目の勝利とグレンでの3連勝を手にした。シーズン終了後、ワトキンス・グレン・グランプリ・コーポレーションは、グランプリ・ドライバーズ・アソシエーション(GPDA)から「ベストオーガナイズドレース賞」を授賞された。

ホンダは創設者の本田宗一郎社長が珍しく観戦に訪れたが、ギンサーは序盤の出遅れが響き2周遅れの7位、ロニー・バックナムは13位と初めて2台とも完走したものの振るわなかった[2]。なお、本田宗一郎が1964年から1968年の第1期参戦時に自身の目でレースを観戦したのはこの1戦のみである[3]

エントリーリスト編集

チーム No. ドライバー コンストラクター シャシー エンジン タイヤ
  スクーデリア・フェラーリ SpA SEFAC 1   ジョン・サーティース 1 フェラーリ 1512 フェラーリ 207 1.5L F12 D
2   ロレンツォ・バンディーニ
  ノース・アメリカン・レーシングチーム 14   ペドロ・ロドリゲス
24   ボブ・ボンドゥラント 158 フェラーリ 205B 1.5L V8
  オーウェン・レーシング・オーガニゼーション 3   グラハム・ヒル BRM P261 BRM P60 1.5L V8 D
4   ジャッキー・スチュワート
  チーム・ロータス 5   ジム・クラーク ロータス 33 クライマックス FWMV 1.5L V8 D
6   マイク・スペンス
18   モイセス・ソラーナ 25
  ブラバム・レーシング・オーガニゼーション 7   ジャック・ブラバム ブラバム BT11 クライマックス FWMV 1.5L V8 G
8   ダン・ガーニー
  クーパー・カー・カンパニー 9   ブルース・マクラーレン クーパー T77 クライマックス FWMV 1.5L V8 D
10   ヨッヘン・リント
  ホンダ・レーシング 11   リッチー・ギンサー ホンダ RA272 ホンダ RA272E 1.5L V12 G
12   ロニー・バックナム
  R.R.C. ウォーカー・レーシングチーム 15   ヨアキム・ボニエ ブラバム BT7 クライマックス FWMV 1.5L V8 D
16   ジョー・シフェール BT11 BRM P56 1.5L V8
  レグ・パーネル・レーシング 21   リチャード・アトウッド ロータス 25 BRM P56 1.5L V8 D
22   イネス・アイルランド
ソース:[4]
追記
  • ^1 - サーティースは負傷のため欠場

結果編集

予選編集

順位 No. ドライバー コンストラクター タイム グリッド
1 3   グラハム・ヒル BRM 1:11.25 - 1
2 5   ジム・クラーク ロータス-クライマックス 1:11.35 +0.10 2
3 11   リッチー・ギンサー ホンダ 1:11.40 +0.15 3
4 6   マイク・スペンス ロータス-クライマックス 1:11.50 +0.25 4
5 2   ロレンツォ・バンディーニ フェラーリ 1:11.73 +0.48 5
6 4   ジャッキー・スチュワート BRM 1:11.76 +0.51 6
7 7   ジャック・ブラバム ブラバム-クライマックス 1:12.20 +0.95 7
8 8   ダン・ガーニー ブラバム-クライマックス 1:12.25 +1.00 8
9 9   ブルース・マクラーレン クーパー-クライマックス 1:12.45 +1.20 9
10 15   ヨアキム・ボニエ ブラバム-クライマックス 1:12.45 +1.20 10
11 16   ジョー・シフェール ブラバム-BRM 1:12.50 +1.25 11
12 12   ロニー・バックナム ホンダ 1:12.70 +1.45 12
13 10   ヨッヘン・リント クーパー-クライマックス 1:12.90 +1.65 13
14 24   ボブ・ボンドゥラント フェラーリ 1:12.90 +1.65 14
15 14   ペドロ・ロドリゲス フェラーリ 1:13.00 +1.75 15
16 21   リチャード・アトウッド ロータス-BRM 1:13.70 +2.45 16
17 18   モイセス・ソラーナ ロータス-クライマックス 1:13.70 +2.45 17
18 22   イネス・アイルランド ロータス-BRM 1:15.00 +3.75 18
ソース:[5]

決勝編集

順位 No. ドライバー コンストラクター 周回数 タイム/リタイア原因 グリッド ポイント
1 3   グラハム・ヒル BRM 110 2:20:36.1 1 9
2 8   ダン・ガーニー ブラバム-クライマックス 110 +12.5 8 6
3 7   ジャック・ブラバム ブラバム-クライマックス 110 +57.5 7 4
4 2   ロレンツォ・バンディーニ フェラーリ 109 +1 Lap 5 3
5 14   ペドロ・ロドリゲス フェラーリ 109 +1 Lap 15 2
6 10   ヨッヘン・リント クーパー-クライマックス 108 +2 Laps 13 1
7 11   リッチー・ギンサー ホンダ 108 +2 Laps 3
8 15   ヨアキム・ボニエ ブラバム-クライマックス 107 +3 Laps 10
9 24   ボブ・ボンドゥラント フェラーリ 106 +4 Laps 14
10 21   リチャード・アトウッド ロータス-BRM 101 +9 Laps 16
11 16   ジョー・シフェール ブラバム-BRM 99 +11 Laps 11
12 18   モイセス・ソラーナ ロータス-クライマックス 95 +15 Laps 17
13 12   ロニー・バックナム ホンダ 92 +18 Laps 12
Ret 4   ジャッキー・スチュワート BRM 12 サスペンション 6
Ret 5   ジム・クラーク ロータス-クライマックス 11 エンジン 2
Ret 9   ブルース・マクラーレン クーパー-クライマックス 11 油圧 9
Ret 6   マイク・スペンス ロータス-クライマックス 9 エンジン 4
Ret 22   イネス・アイルランド ロータス-BRM 9 体調不良 18
ソース:[6]
ラップリーダー[7]
  • 1=ヒル、2-4=クラーク、5-110=ヒル
  • 周回数合計: ヒル - 107周、クラーク - 3周

第9戦終了時点のランキング編集

  • : トップ5のみ表示。ベスト6戦のみがカウントされる。ポイントは有効ポイント、括弧内は総獲得ポイント。

注釈編集

  1. ^ インディ500に出場したため欠場したモナコGPを除くと6連勝

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ (アラン・ヘンリー 1989, p. 207)
  2. ^ (林信次 1997, p. 105)
  3. ^ (中村良夫 1998, p. 174-175)
  4. ^ USA 1965 - Race entrants”. statsf1.com. 2019年3月31日閲覧。
  5. ^ USA 1965 - Qualifications”. statsf1.com. 2019年3月31日閲覧。
  6. ^ 1965 United States Grand Prix”. formula1.com. 2013年10月31日時点のオリジナルよりアーカイブ。2015年9月26日閲覧。
  7. ^ USA 1965 - Laps led”. statsf1.com. 2019年3月27日閲覧。
  8. ^ a b United States 1965 - Championship”. statsf1.com. 2019年3月21日閲覧。

参照文献編集

  • en:1965 United States Grand Prix(2019年3月21日 12:29:14(UTC))より翻訳
  • Doug Nye (1978). The United States Grand Prix and Grand Prize Races, 1908-1977. B. T. Batsford. ISBN 0-7134-1263-1
  • "Grand Prix of the United States" (January, 1966). Road & Track, 36-38.
  • 林信次『F1全史 1961-1965』ニューズ出版、1997年。ISBN 4-938495-09-0
  • アラン・ヘンリー『チーム・フェラーリの全て』早川麻百合+島江政弘(訳)、CBS・ソニー出版、1989年12月。ISBN 4-7897-0491-2
  • 中村良夫『F-1グランプリ ホンダF-1と共に 1963-1968 (愛蔵版)』三樹書房、1998年。ISBN 4-89522-233-0

外部リンク編集