メインメニューを開く

1965年イタリアグランプリ

1965年イタリアグランプリ (1965 Italian Grand Prix、正式名称:XXXVI Gran Premio d'Italia) は、1965年のF1世界選手権第8戦として、1965年9月12日モンツァ・サーキットで開催された。

イタリア 1965年イタリアグランプリ
レース詳細
1965年F1世界選手権全10戦の第8戦
モンツァ・サーキット(1957-1971)
モンツァ・サーキット(1957-1971)
日程 1965年9月12日
正式名称 XXXVI Gran Premio d'Italia
開催地 モンツァ・サーキット
イタリアの旗 イタリア モンツァ
コース 恒久的レース施設
コース長 5.750 km (3.573 mi)
レース距離 76周 437.000 km (271.539 mi)
決勝日天候 晴 (ドライ)
ポールポジション
ドライバー ロータス-クライマックス
タイム 1:35.9
ファステストラップ
ドライバー イギリスの旗 ジム・クラーク ロータス-クライマックス
タイム 1:36.4 (46周目)
決勝順位
優勝 BRM
2位 BRM
3位 ブラバム-クライマックス

BRMジャッキー・スチュワートがF1初勝利を挙げ、チームメイトのグラハム・ヒルが2位で1-2フィニッシュを達成した。ブラバムダン・ガーニーが3位となった。

レース概要編集

 
ジャッキー・スチュワートがF1初勝利を挙げた。

背景編集

ロータスはレギュラーのジム・クラークマイク・スペンス英語版に加え、地元出身のジェーキ(Geki、本名はジャコモ・ルッソ)をスポット参戦させた。ホームグランプリとなるフェラーリは、レギュラーのジョン・サーティースロレンツォ・バンディーニ1512で、スポーツカードライバーのニーノ・ヴァッカレッラ英語版158でスポット参戦し3台体制とした(ルドビコ・スカルフィオッティ英語版も1512でエントリーされたが、参加しなかった[1])。ブラバムダン・ガーニーデニス・ハルムに加え、ジャンカルロ・バゲッティがスポット参戦した[2]。前戦ドイツGPを欠場したホンダRA272に大改修を施し、エンジン搭載位置が下げられ、弱点だった重量過多を解決すべく軽量化を行い、ボディやサスペンションも改められた後期型(RA272改とも呼ばれる[3])で残り3戦に臨み[4]、ドライバーもリッチー・ギンサーロニー・バックナムの2台体制に戻った。

予選編集

クラークが2番手のジャッキー・スチュワートに0.2秒の差でポールポジションを獲得し、3番手のサーティースまでがフロントロー[注 1]グラハム・ヒルとバンディーニが2列目、バックナムはヨッヘン・リントとスペンスとともに3列目を占めた[2]

決勝編集

スタートでクラークが首位をキープし、スチュワート、ヒル、バンディーニが続き[2]、サーティースはクラッチに問題が発生して後退する[5]。クラーク、スチュワート、ヒルがデッドヒートを繰り広げ[2]、スタートで出遅れたサーティースもこれに加わって一度は首位に立ったが、クラッチが全く使えなくなってリタイアした[5]。後方でも同様のスリップストリームの攻防が見られ、レースは先が読めない展開となった。2台のBRMとの攻防を繰り広げ続けたクラークは63周目に燃料ポンプのトラブルでリタイア(10位完走扱い)し、連勝は6[注 2]でストップした。ヒルは勝利への準備を整えたように見えたが、残り2周となったパラボリカでミスを犯し、スチュワートがトップに立った[2]。スチュワートはヒルに3.3秒差を付け、F1デビュー8戦目で初勝利を挙げた[6]。ホンダのバックナムとギンサーはともに第2集団まで上がるのが精一杯で[4]、2台ともリタイア(ギンサーは14位完走扱い)に終わった。

エントリーリスト編集

チーム No. ドライバー コンストラクター シャシー エンジン タイヤ
  スクーデリア・フェラーリ SpA SEFAC 2   ジョン・サーティース 1 フェラーリ 1512 フェラーリ 207 1.5L F12 D
4   ロレンツォ・バンディーニ
6   ニーノ・ヴァッカレッラ 158 フェラーリ 205B 1.5L V8
8   ジョン・サーティース 1
  ルドビコ・スカルフィオッティ 1
1512 フェラーリ 207 1.5L F12
  ブラバム・レーシング・オーガニゼーション 10   ジャンカルロ・バゲッティ ブラバム BT7 クライマックス FWMV 1.5L V8 G
12   ダン・ガーニー BT11
14   デニス・ハルム
  クーパー・カー・カンパニー 16   ブルース・マクラーレン クーパー T77 クライマックス FWMV 1.5L V8 D
18   ヨッヘン・リント
  ホンダ・レーシング 20   リッチー・ギンサー ホンダ RA272 ホンダ RA272E 1.5L V12 G
22   ロニー・バックナム
  チーム・ロータス 24   ジム・クラーク ロータス 33 クライマックス FWMV 1.5L V8 D
26   マイク・スペンス
28   ジェーキ 25
  オーウェン・レーシング・オーガニゼーション 30   グラハム・ヒル BRM P261 BRM P60 1.5L V8 D
32   ジャッキー・スチュワート
  DWレーシング・エンタープライゼス 34   ボブ・アンダーソン 2 ブラバム BT11 クライマックス FWMV 1.5L V8 D
  イアン・ラビー・レーシング 36   イアン・ラビー 2 ブラバム BT3 BRM P56 1.5L V8 D
  レグ・パーネル・レーシング 38   イネス・アイルランド ロータス 25 BRM P56 1.5L V8 D
40   リチャード・アトウッド
  R.R.C. ウォーカー・レーシングチーム 42   ヨアキム・ボニエ ブラバム BT7 クライマックス FWMV 1.5L V8 D
44   ジョー・シフェール BT11 BRM P56 1.5L V8
  ジョン・ウィルメント・オートモビルズ 46   フランク・ガードナー ブラバム BT11 BRM P56 1.5L V8 D
  スクーデリア・セントロ・スッド 48   マステン・グレゴリー BRM P57 BRM P56 1.5L V8 D
50   ロベルト・ブッシネッロ
52   ジョルジオ・バッシ
ソース:[7]
追記
  • ^1 - 当初、No.2はサーティース、No.8はスカルフィオッティでエントリーされていたが、サーティースが練習走行でNo.2とNo.8の2台を走らせ、No.8で出走した[8]
  • ^2 - マシンが準備できず[9]

結果編集

予選編集

順位 No. ドライバー コンストラクター タイム グリッド
1 24   ジム・クラーク ロータス-クライマックス 1:35.9 - 1
2 8   ジョン・サーティース フェラーリ 1:36.1 +0.2 2
3 32   ジャッキー・スチュワート BRM 1:36.6 +0.7 3
4 30   グラハム・ヒル BRM 1:37.1 +1.2 4
5 4   ロレンツォ・バンディーニ フェラーリ 1:37.2 +1.3 5
6 22   ロニー・バックナム ホンダ 1:37.3 +1.4 6
7 18   ヨッヘン・リント クーパー-クライマックス 1:37.7 +1.8 7
8 26   マイク・スペンス ロータス-クライマックス 1:37.8 +1.9 8
9 12   ダン・ガーニー ブラバム-クライマックス 1:38.1 +2.2 9
10 44   ジョー・シフェール ブラバム-BRM 1:38.2 +2.3 10
11 16   ブルース・マクラーレン クーパー-クライマックス 1:38.2 +2.3 11
12 14   デニス・ハルム ブラバム-クライマックス 1:38.3 +2.4 12
13 40   リチャード・アトウッド ロータス-BRM 1:38.8 +2.9 13
14 42   ヨアキム・ボニエ ブラバム-クライマックス 1:38.9 +3.0 14
15 6   ニーノ・ヴァッカレッラ フェラーリ 1:38.9 +3.0 15
16 46   フランク・ガードナー ブラバム-BRM 1:38.9 +3.0 16
17 20   リッチー・ギンサー ホンダ 1:39.6 +3.7 17
18 38   イネス・アイルランド ロータス-BRM 1:39.8 +3.9 18
19 10   ジャンカルロ・バゲッティ ブラバム-クライマックス 1:40.9 +5.0 19
20 28   ジェーキ ロータス-クライマックス 1:41.7 +5.8 20
21 50   ロベルト・ブッシネッロ BRM 1:41.7 +5.8 21
22 52   ジョルジオ・バッシ BRM 1:42.4 +6.5 22
23 48   マステン・グレゴリー BRM 1:45.4 +9.5 23
ソース:[10]

決勝編集

順位 No. ドライバー コンストラクター 周回数 タイム/リタイア原因 グリッド ポイント
1 32   ジャッキー・スチュワート BRM 76 2:04:52.8 3 9
2 30   グラハム・ヒル BRM 76 +3.3 4 6
3 12   ダン・ガーニー ブラバム-クライマックス 76 +16.5 9 4
4 4   ロレンツォ・バンディーニ フェラーリ 76 +1:15.9 5 3
5 16   ブルース・マクラーレン クーパー-クライマックス 75 +1 Lap 11 2
6 40   リチャード・アトウッド ロータス-BRM 75 +1 Lap 13 1
7 42   ヨアキム・ボニエ ブラバム-クライマックス 74 +2 Laps 14
8 18   ヨッヘン・リント クーパー-クライマックス 74 +2 Laps 7
9 38   イネス・アイルランド ロータス-BRM 74 +2 Laps 18
10 24   ジム・クラーク ロータス-クライマックス 63 燃料ポンプ 1
11 26   マイク・スペンス ロータス-クライマックス 62 オルタネーター 8
12 6   ニーノ・ヴァッカレッラ フェラーリ 58 エンジン 15
13 50   ロベルト・ブッシネッロ BRM 58 油圧 21
14 20   リッチー・ギンサー ホンダ 56 イグニッション 17
Ret 14   デニス・ハルム ブラバム-クライマックス 46 サスペンション 12
Ret 46   フランク・ガードナー ブラバム-BRM 45 エンジン 16
Ret 44   ジョー・シフェール ブラバム-BRM 43 ギアボックス 10
Ret 28   ジェーキ ロータス-クライマックス 37 ギアボックス 20
Ret 8   ジョン・サーティース フェラーリ 34 クラッチ 2
Ret 22   ロニー・バックナム ホンダ 27 イグニッション 6
Ret 48   マステン・グレゴリー BRM 22 ギアボックス 23
Ret 10   ジャンカルロ・バゲッティ ブラバム-クライマックス 12 エンジン 19
Ret 52   ジョルジオ・バッシ BRM 8 エンジン 22
ソース:[11]
ラップリーダー[12]
  • 1-2=クラーク、3=ヒル、4=クラーク、5=ヒル、6=スチュワート、7=クラーク、8-9=スチュワート、10=クラーク、11-14=スチュワート、15=サーティース、16-17=スチュワート、18=クラーク、19-20=スチュワート、21=クラーク、22-24=スチュワート、25-26=ヒル、27=クラーク、28=ヒル、29-32=スチュワート、33-36=クラーク、37=スチュワート、38=クラーク、39=スチュワート、40=ヒル、41-43=スチュワート、44=クラーク、45=ヒル、46=クラーク、47-49=スチュワート、50=ヒル、51=クラーク、52=スチュワート、53-54=クラーク、55-56=ヒル、57=クラーク、58-69=スチュワート、70-71=ヒル、72=スチュワート、73=ヒル、74-76=スチュワート
  • クラーク - 19周、ヒル - 13周、スチュワート - 43周、サーティース - 1周

第8戦終了時点のランキング編集

  • : トップ5のみ表示。ベスト6戦のみがカウントされる。ポイントは有効ポイント、括弧内は総獲得ポイント。

注釈編集

  1. ^ 本レースのスターティンググリッドは3-2-3。 Italy 1965 - Starting grid”. statsf1.com. 2019年3月24日閲覧。
  2. ^ インディ500に出場したため欠場したモナコGPを除く。

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ (アラン・ヘンリー 1989, p. 206-207)
  2. ^ a b c d e Italian GP, 1965”. grandprix.com. 2019年3月24日閲覧。
  3. ^ (中村良夫 1998, p. 174)
  4. ^ a b (林信次 1997, p. 105)
  5. ^ a b (アラン・ヘンリー 1989, p. 207)
  6. ^ (林信次 1997, p. 98)
  7. ^ Italy 1965 - Race entrants”. statsf1.com. 2019年3月24日閲覧。
  8. ^ 36th Italian Grand Prix”. Motor Sport Magazine. 2019年3月24日閲覧。
  9. ^ Italy 1965 - Result”. statsf1.com. 2019年3月24日閲覧。
  10. ^ Italy 1965 - Qualifications”. statsf1.com. 2019年3月24日閲覧。
  11. ^ 1965 Italian Grand Prix”. formula1.com. 2013年10月30日時点のオリジナルよりアーカイブ。2015年9月26日閲覧。
  12. ^ Italy 1965 - Laps led”. statsf1.com. 2019年3月22日閲覧。
  13. ^ a b Italy 1965 - Championship • STATS F1”. www.statsf1.com. 2019年3月1日閲覧。

参照文献編集

  • en:1965 Italian Grand Prix(2019年3月18日 16:23:34(UTC))より翻訳
  • 林信次『F1全史 1961-1965』ニューズ出版、1997年。ISBN 4-938495-09-0
  • アラン・ヘンリー『チーム・フェラーリの全て』早川麻百合+島江政弘(訳)、CBS・ソニー出版、1989年12月。ISBN 4-7897-0491-2
  • 中村良夫『F-1グランプリ ホンダF-1と共に 1963-1968 (愛蔵版)』三樹書房、1998年。ISBN 4-89522-233-0

外部リンク編集