メインメニューを開く

1965年南アフリカグランプリ (1965 South African Grand Prix) は、1965年のF1世界選手権の開幕戦として、1965年1月1日プリンス・ジョージ・サーキットで開催された。

南アフリカ共和国 1965年南アフリカグランプリ
レース詳細
1965年F1世界選手権全10戦の第1戦
Prince George Circuit.svg
日程 1965年1月1日
正式名称 XI International RAC Grand Prix of South Africa
開催地 プリンス・ジョージ・サーキット
南アフリカの旗 南アフリカ イースト・ロンドン
コース 恒久的レース施設
コース長 3.920 km (2.436 mi)
レース距離 85周 333.175 km (207.025 mi)
決勝日天候 晴 (ドライ)
ポールポジション
ドライバー ロータス-クライマックス
タイム 1:27.2
ファステストラップ
ドライバー イギリスの旗 ジム・クラーク ロータス-クライマックス
タイム 1:27.6 (80周目)
決勝順位
優勝 ロータス-クライマックス
2位 フェラーリ
3位 BRM

レースは85周で行われ、ロータスジム・クラークポール・トゥ・ウィンフェラーリジョン・サーティースが2位、BRMグラハム・ヒルが3位となった。後にドライバーズチャンピオンとなるジャッキー・スチュワートのF1デビュー戦でもある。

レース概要編集

ジム・クラークが平均時速100mph(約160.934km/h)を超える速さでレースを支配し、ジョン・サーティースグラハム・ヒルに30秒差を付けてポール・トゥ・ウィンホグマネイ[注 1]を祝った。

1965年の開幕戦は、最終ラップでサーティースが劇的なチャンピオンを獲得した前年のメキシコGPからわずか5週間後の元日に始まった。これは、マシンが新しい1965年製ではなく、1964年製であることを意味していた。さらに、エンジンの最大排気量が1.5Lで行われるのが1965年で最後となるため、ほとんどのチームは翌1966年に新たな3.0L用の新車を製造する前に、もう1年、既存のマシンを使用し続けることを決めた[1]

前年のコンストラクターズチャンピオンフェラーリは、前年同様サーティースとロレンツォ・バンディーニのラインナップだが、エンツォ・フェラーリ250LMGTカー公認を巡るイタリア国内スポーツ当局との論争によりライセンスを持っておらず、チーム監督のエウジェニオ・ドラゴーニによってエントリーされた[1][2]。前年後半に登場した水平対向12気筒エンジン[注 2]を搭載した1512の開発熟成に手間取ったため、V型8気筒158と併用した[3]

ロータスはクラークとマイク・スペンスのまま変更なく、BRMリッチー・ギンサーホンダへ移籍したため、新人ジャッキー・スチュワートがヒルのパートナーとなった[1]ブラバムダン・ガーニージャック・ブラバムが引き続きドライブするが、タイヤはこの年から本格参入したグッドイヤーに変更された。これにより、長らく続いていたダンロップのワンメイク状態に終止符が打たれた[4]クーパーブルース・マクラーレンのチームメイトとして、新たにヨッヘン・リントを迎えた。ロブ・ウォーカーは引き続きブラバムを走らせ、ドライバーもヨアキム・ボニエジョー・シフェールの両者とも残留した[1]

予選はクラークがフロントローに並ぶサーティースとブラバム[注 3]に1秒近い差を付け、ポールポジションを獲得した。2列目にスペンスとヒル、3列目にバンディーニ、ボニエ、マクラーレン、4列目にガーニーとリントが続いた[1]

レースはクラークがストレートでリードし、チームメイトのスペンスが続き1-2体制を築いた。しかし、43周目にスペンスがスピンし、サーティースの猛追を受ける。60周目にスペンスが再びスピンしてしまい、サーティースとヒルに抜かれた[1]

レース終盤、クラークが誤って1周早くチェッカーフラッグが振られてしまうハプニングがあったが、彼は戸惑わずに無視して、正規の周回数でフィニッシュした。優勝したクラーク、2位サーティース、3位ヒルが表彰台を獲得、スペンスは4位に終わった。マクラーレンが5位、F1デビュー戦のスチュワートは早くも6位に入賞した[1]

エントリーリスト編集

チーム No. ドライバー コンストラクター シャシー エンジン タイヤ
  スクーデリア・フェラーリ SpA SEFAC 1   ジョン・サーティース フェラーリ 158 フェラーリ 205B 1.5L V8 D
2   ロレンツォ・バンディーニ 1512 フェラーリ 207 1.5L F12
  オーウェン・レーシング・オーガニゼーション 3   グラハム・ヒル BRM P261 BRM P60 1.5L V8 D
4   ジャッキー・スチュワート
34   リチャード・アトウッド 1 P61 BRM P56 1.5L V8
  チーム・ロータス 5   ジム・クラーク ロータス 33 クライマックス FWMV 1.5L V8 D
6   マイク・スペンス
  ブラバム・レーシング・オーガニゼーション 7   ジャック・ブラバム ブラバム BT11 クライマックス FWMV 1.5L V8 G
8   ダン・ガーニー
  クーパー・カー・カンパニー 9   ブルース・マクラーレン クーパー T77 クライマックス FWMV 1.5L V8 D
10   ヨッヘン・リント T73
  R.R.C. ウォーカー・レーシングチーム 11   ヨアキム・ボニエ ブラバム BT7 クライマックス FWMV 1.5L V8 D
12   ジョー・シフェール BT11 BRM P56 1.5L V8
  DWレーシング・エンタープライゼス 14   ボブ・アンダーソン ブラバム BT11 クライマックス FWMV 1.5L V8 D
  レグ・パーネル・レーシング 15   マイク・ヘイルウッド ロータス 25 BRM P56 1.5L V8 D
  ジョン・ウィルメント・オートモビルズ 16   フランク・ガードナー ブラバム BT11 BRM P56 1.5L V8 D
18   ポール・ホーキンス BT10 フォード 109E 1.5L L4
  ジョン・ラブ 17   ジョン・ラブ クーパー T55 クライマックス FPF 1.5L L4 D
  デビッド・プロフェト 19   デビッド・プロフェト ブラバム BT10 フォード 109E 1.5L L4 D
  オテレ・ヌッチ 20   ピーター・デ・クラーク アルファロメオ スペシャル アルファロメオ ジュリエッタ 1.5L L4 D
21   ダグ・セルリエ LDS Mk2 クライマックス FPF 1.5L L4
  ローソン・オーガニゼーション 22   アーニー・ピーターズ ロータス 21 クライマックス FPF 1.5L L4 D
31   デビッド・クラファム 1 クーパー T51 マセラティ 6-1500 1.5L L4
  スクーデリア・スクリバンテ 23   ネビル・レデール ロータス 21 クライマックス FPF 1.5L L4 D
  クライブ・プジー 24   クライブ・プジー ロータス 18/21 クライマックス FPF 1.5L L4 D
  サム・ティングル 25   サム・ティングル LDS Mk1 アルファロメオ ジュリエッタ 1.5L L4 D
  レイズ・エンジニアリング 26   レイ・リード 1 レアルファ RE1 アルファロメオ ジュリエッタ 1.5L L4 D
  テッド・ランフィアー 27   ブラウシュ・ニーマン ロータス 22 フォード 109E 1.5L L4 D
  トレバー・ブロクディク 28   トレバー・ブロクディク クーパー T59 フォード 109E 1.5L L4 D
  ジャッキー・プレトリウス 29   ジャッキー・プレトリウス LDS Mk1 アルファロメオ ジュリエッタ 1.5L L4 D
  ブライアン・ルーベンハイマー 30   ブライアン・ルーベンハイマー 2 ロータス 20 フォード 109E 1.5L L4 D
  デイヴ・チャールトン 32   デイヴ・チャールトン ロータス 20 フォード 109E 1.5L L4 D
  アレックス・ブリノー 33   アレックス・ブリノー 1 クーパー T55 クライマックス FPF 1.5L L4 D
ソース:[5]
追記
  • ^1 - エントリーしたが出場せず[6]
  • ^2 - エンジンが準備できず

結果編集

予選編集

順位 No. ドライバー コンストラクター タイム グリッド
1 5   ジム・クラーク ロータス-クライマックス 1:27.2 - 1
2 1   ジョン・サーティース フェラーリ 1:28.1 +0.9 2
3 7   ジャック・ブラバム ブラバム-クライマックス 1:28.3 +1.1 3
4 6   マイク・スペンス ロータス-クライマックス 1:28.3 +1.1 4
5 3   グラハム・ヒル BRM 1:28.6 +1.4 5
6 2   ロレンツォ・バンディーニ フェラーリ 1:29.3 +2.1 6
7 11   ヨアキム・ボニエ ブラバム-クライマックス 1:29.3 +2.1 7
8 9   ブルース・マクラーレン クーパー-クライマックス 1:29.4 +2.2 8
9 8   ダン・ガーニー ブラバム-クライマックス 1:29.5 +2.3 9
10 10   ヨッヘン・リント クーパー-クライマックス 1:30.4 +3.2 10
11 4   ジャッキー・スチュワート BRM 1:30.5 +3.3 11
12 14   ボブ・アンダーソン ブラバム-クライマックス 1:31.0 +3.8 12
13 15   トニー・マグス ロータス-BRM 1:31.3 +4.1 13
14 12   ジョー・シフェール ブラバム-BRM 1:31.8 +4.6 14
15 16   フランク・ガードナー ブラバム-BRM 1:32.3 +5.1 15
16 18   ポール・ホーキンス ブラバム-フォード 1:33.1 +5.9 16
17 20   ピーター・デ・クラーク アルファロメオ 1:33.3 +6.1 17
18 17   ジョン・ラブ クーパー-クライマックス 1:33.8 +6.6 18
19 19   デビッド・プロフェト ブラバム-フォード 1:33.9 +6.7 19
20 25   サム・ティングル LDS-アルファロメオ 1:34.6 +7.4 20
21 28   トレバー・ブロクディク クーパー-フォード 1:35.2 +8.0 DNQ
22 23   ネビル・レデール ロータス-クライマックス 1:35.2 +8.0 DNQ
23 21   ダグ・セルリエ LDS-クライマックス 1:35.7 +8.5 DNQ
24 27   ブラウシュ・ニーマン ロータス-フォード 1:36.2 +9.0 DNQ
25 22   アーニー・ピーターズ ロータス-クライマックス 1:37.9 +10.7 DNQ
26 32   デイヴ・チャールトン ロータス-フォード No Time - DNPQ
27 29   ジャッキー・プレトリウス LDS-アルファロメオ No Time - DNPQ
28 24   クライブ・プジー ロータス-クライマックス No Time - DNPQ
ソース:[7]
追記
  • 上位20台が決勝進出
  • 26位以下は予備予選不通過

決勝編集

順位 No. ドライバー コンストラクター 周回数 タイム/リタイア原因 グリッド ポイント
1 5   ジム・クラーク ロータス-クライマックス 85 2:06:46.0 1 9
2 1   ジョン・サーティース フェラーリ 85 +29.0 2 6
3 3   グラハム・ヒル BRM 85 +31.8 5 4
4 6   マイク・スペンス ロータス-クライマックス 85 +54.4 4 3
5 9   ブルース・マクラーレン クーパー-クライマックス 84 +1 Lap 8 2
6 4   ジャッキー・スチュワート BRM 83 +2 Laps 11 1
7 12   ジョー・シフェール ブラバム-BRM 83 +2 Laps 14
8 7   ジャック・ブラバム ブラバム-クライマックス 81 +4 Laps 3
9 18   ポール・ホーキンス ブラバム-フォード 81 +4 Laps 16
10 20   ピーター・デ・クラーク アルファロメオ 79 +6 Laps 17
11 15   トニー・マグス ロータス-BRM 77 +8 Laps 13
12 16   フランク・ガードナー ブラバム-BRM 75 +10 Laps 15
13 25   サム・ティングル LDS-アルファロメオ 73 +12 Laps 20
14 19   デビッド・プロフェト ブラバム-フォード 71 +14 Laps 19
15 2   ロレンツォ・バンディーニ フェラーリ 66 イグニッション 6
NC 14   ボブ・アンダーソン ブラバム-クライマックス 50 規定周回数不足 12
Ret 11   ヨアキム・ボニエ ブラバム-クライマックス 42 クラッチ 7
Ret 10   ヨッヘン・リント クーパー-クライマックス 39 電気系統 10
Ret 17   ジョン・ラブ クーパー-クライマックス 20 ハーフシャフト 18
Ret 8   ダン・ガーニー ブラバム-クライマックス 11 イグニッション 9
DNQ 28   トレバー・ブロクディク クーパー-フォード 予選不通過
DNQ 23   ネビル・レデール ロータス-クライマックス 予選不通過
DNQ 21   ダグ・セルリエ LDS-クライマックス 予選不通過
DNQ 27   ブラウシュ・ニーマン ロータス-フォード 予選不通過
DNQ 22   アーニー・ピーターズ ロータス-クライマックス 予選不通過
DNPQ 24   クライブ・プジー ロータス-クライマックス 予備予選不通過
DNPQ 29   ジャッキー・プレトリウス LDS-アルファロメオ 予備予選不通過
DNPQ 32   デイヴ・チャールトン ロータス-フォード 予備予選不通過(練習走行で火災)
WD 26   レイ・リード レアルファ-アルファロメオ
WD 30   ブライアン・ルーベンハイマー ロータス-フォード エンジンが準備できず
WD 31   デビッド・クラファム クーパー-マセラティ
WD 33   アレックス・ブリノー クーパー-クライマックス
WD 34   リチャード・アトウッド BRM
ソース:[8]
ラップリーダー[9]

第1戦終了時点のランキング編集

  • : トップ5のみ表示。ベスト6戦のみがカウントされる。

注釈編集

  1. ^ クラークの出身地スコットランド大晦日を意味する
  2. ^ 厳密にはバンク角180度V型12気筒Moterfan illustrated Vol.89(三栄書房 ISBN 978-4-7796-2090-4) P.47-49
  3. ^ 本レースのスターティンググリッドは3-2-3。 South Africa 1965 - Starting grid”. statsf1.com. 2019年1月31日閲覧。

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ a b c d e f g South African GP, 1965”. grandprix.com. 2019年1月30日閲覧。
  2. ^ (アラン・ヘンリー 1989, p. 204)
  3. ^ (林信次 1997, p. 99)
  4. ^ (林信次 1997, p. 102)
  5. ^ South Africa 1965 - Race entrants”. statsf1.com. 2019年1月30日閲覧。
  6. ^ South Africa 1965 - Result”. statsf1.com. 2019年1月29日閲覧。
  7. ^ South Africa 1965 - Qualifications”. statsf1.com. 2019年1月28日閲覧。
  8. ^ 1965 South African Grand Prix”. Formula One. 2013年10月31日時点のオリジナルよりアーカイブ。2015年9月26日閲覧。
  9. ^ South Africa 1965 - Laps led”. statsf1.com. 2019年1月28日閲覧。

参照文献編集

  • en:1965 South African Grand Prix(2019年1月2日 16:01:15(UTC))より翻訳
  • 林信次『F1全史 1961-1965』ニューズ出版、1997年。ISBN 4-938495-09-0
  • アラン・ヘンリー『チーム・フェラーリの全て』早川麻百合+島江政弘(訳)、CBS・ソニー出版、1989年12月。ISBN 4-7897-0491-2

外部リンク編集