1966年のロードレース世界選手権

1966年の
FIMロードレース世界選手権
前年: 1965 翌年: 1967

1966年のロードレース世界選手権は、FIMロードレース世界選手権の第18回大会である。5月にモンジュイック・サーキットで開催されたスペインGPで開幕し、富士スピードウェイで開催された最終戦日本GPまで、全12戦で争われた。

シーズン概要編集

1964年1965年と2年間開催されたデイトナでのアメリカGPは、春先のまだ寒い時期ということに加えてヨーロッパスタイルのレースがアメリカの観客に受け入れられずに数千人の観客しか集まらずカレンダーから外されたため、この年のグランプリは再び全12戦となった[1]。ただし250ccクラスが全てのグランプリでレースが行われたのに対し、50ccクラスのレースは半分の6戦しか行われていない。また、例年6月に開催されるマン島TTレースは、船員のストライキの影響によりシーズン終盤の9月開催となった[2]。最終戦日本GPの舞台は、鈴鹿サーキットからこの年に完成したばかりの富士スピードウェイに移っている。

 
ホンダの500ccマシン、RC181

この年は、1959年から始まったホンダのロードレース選手権での活動がひとつのピークを迎えたシーズンである。以前から噂されていたホンダの500ccクラス参戦がこの年ついに現実となり、初めて全てのクラスにワークスマシンを送り込んだ。大排気量クラスではMVアグスタの3気筒が、中小排気量クラスではヤマハスズキ2ストローク勢がライバルとなったホンダは、チームの中心的存在だったジム・レッドマンが怪我でシーズンを棒に振るというアクシデントがあったものの、MVアグスタから移籍したマイク・ヘイルウッドがレッドマンの後を引き継いで軽量級のエースライダーであるルイジ・タベリとともに活躍し、3つのライダース・タイトルに加えて5クラス全てでマニュファクチャラーズ・タイトルを獲得するという快挙を成し遂げた[3]。そしてこのシーズン終了後、ホンダは当初の目的を達成したとして50ccクラスと125ccクラスからの撤退を発表したのである[4]

そのホンダ・ワークスは、富士スピードウェイで行われることになった最終戦日本GPを欠場した。富士の30度バンクが危険だからというのがホンダの主張だったが[1]ホンダのグループ企業でもある鈴鹿サーキットから開催権を奪われたことに対する抗議だとする見方もあった[3]

500ccクラス編集

ホンダが満を持して最高峰クラスに送り込んだマシンRC181は、これまでのホンダの6気筒250ccや5気筒125ccからすればオーソドックスとも言える空冷4気筒のマシンだった。しかしこのマシンは80馬力以上というクラス最高のパワーを発揮し、このマシンを駆るジム・レッドマンは開幕戦の西ドイツで、MVアグスタの旧い4気筒に乗るジャコモ・アゴスチーニに30秒近い差をつけてホンダに500cc初勝利をもたらした。対するMVアグスタは、第2戦のオランダで350ccの3気筒を420ccまで拡大したマシンを投入した。MVアグスタの3気筒はホンダの4気筒と比べてパワーでは劣るものの軽量化によって加速性能に優れ、レースでは開幕戦と同じくアゴスチーニはレッドマンに続く2位となったが、その差は2秒差にまで縮まっていた[5]。そして第3戦のベルギーでレッドマンはクラッシュして手首骨折の重傷を負い、アゴスチーニが今季初優勝を飾った。レッドマンの戦線離脱によってホンダの期待は移籍したばかりのマイク・ヘイルウッドが担うことになったが、ヘイルウッドはシーズン当初からマシントラブルに泣かされ続け、第5戦チェコスロバキアでのシーズン初優勝が今シーズン最初のポイント獲得だった。その後フィンランドでアゴスチーニが2勝目を挙げた後、ヘイルウッドがアルスターマン島と連勝してアゴスチーニとのポイント争いで2点差にまで迫ったが、最終戦のイタリアでヘイルウッドがまたしてもマシントラブルでリタイヤし、優勝したアゴスチーニが初タイトルを決めた[3][6]。マニュファクチャラーズ・ランキングでは、アゴスチーニ1人のMVアグスタが3勝に終わったのに対し、レッドマンとヘイルウッドの2人で5勝を挙げたホンダが参戦初年度にしてタイトルを獲得した[7]

大怪我を負ったレッドマンはシーズン中に復帰を試みたがかなわず、この年の終わりにはモーターサイクルレースからの引退を決意した[8]

350ccクラス編集

ホンダは前年のチャンピオンマシンの設計を大幅に見直し、更に出力を高めた上に信頼性を向上させた新型マシンを350ccクラスに投入した[9]。このマシンを得たマイク・ヘイルウッドは開幕から3連勝を飾り、前年のチームメイトであるMVアグスタジャコモ・アゴスチーニを圧倒した。第4戦の東ドイツGPではヘイルウッドがマシントラブルによってリタイヤし、アゴスチーニが一矢を報いたが、チェコスロバキアGP以降は再びヘイルウッドが3連勝して第7戦のアルスターGPで早々にタイトルを決めた[8][10]

ホンダが出場しなかった最終戦にはヤマハが250ccV型4気筒のRD05の排気量を拡大したマシンで出場し、フィル・リードが350ccクラスでの初勝利をヤマハにもたらした[11]

250ccクラス編集

この年、ホンダがもっとも他を圧倒したのが250ccクラスだった。前年の最終戦で初めてホンダの6気筒に乗ったマイク・ヘイルウッドはハンドリングや車体構成に関する様々な注文をホンダに出し、マシンは冬の間に大きく改良された[12]。そしてヘイルウッドはこのマシンを駆って出場した10戦全てに優勝してタイトルを獲得したのである[13]。前年のチャンピオンであるヤマハフィル・リードは、前年終盤にデビューさせた水冷V型4気筒RD05の改良型であるRD05Aで戦ったがマシンの熟成に手間取ってヘイルウッドの後塵を拝し続け、ヘイルウッドに大きく引き離されてのポイントランキング2位に終わった[1]

125ccクラス編集

 
L.タベリのホンダRC149

前年チャンピオンのスズキ、前年最終戦にデビューさせた5気筒マシンを更に強化したホンダに加え、ヤマハが125ccクラスへのフル参戦を開始した。ヤマハは前シーズンに数戦を走った水冷2気筒のRA97をフィル・リードビル・アイビーに託し、開幕戦ではアイビーがホンダのルイジ・タベリを押さえてグランプリ初優勝を挙げた。第2戦の西ドイツではホンダのタベリとラルフ・ブライアンズが1・2フィニッシュを飾りヤマハのリードは3位、第3戦ダッチTTではアイビーが2勝目を挙げた。ヤマハはシーズン途中に250ccのRD05をスケールダウンした水冷V型4気筒のRA31を投入したが、このマシンの一部に欠陥が見つかったために再びRA97に戻されるというアクシデントがあり、その間にタベリは第4戦東ドイツからの4戦で3勝を挙げてアイビーを引き離した。第8戦マン島ではアイビーがタベリのマシントラブルにも助けられて優勝し逆転タイトルに望みを繋いだが、タベリは第9戦イタリアで5勝目を挙げてこのクラス3度目のタイトルを決めた[1][14]

前年10勝という圧倒的な強さでタイトルを獲得したスズキは、一転してこの年は1勝も挙げることができず片山義美が2度2位になるのが精一杯だった。

50ccクラス編集

 
R.ブライアンズのホンダRC116

50ccクラスでは前年と同様に、スズキ2ストローク水冷2気筒とホンダ4ストローク空冷2気筒の熾烈な争いがシーズンを通して繰り広げられた。開幕戦のスペインではホンダのルイジ・タベリがまず1勝を挙げ、スズキのハンス=ゲオルグ・アンシャイトがホンダのラルフ・ブライアンズとの接戦を制して2位に入った[1]。続く西ドイツではアンシャイトがスズキでの初勝利を挙げ、第3戦ダッチTTではタベリがブライアンズとの1・2フィニッシュで2勝目を挙げた。アンシャイトは第4戦マン島TTでノーポイントに終わったものの第5戦イタリアで2勝目を挙げた。この時点でタベリとブライアンズの2人で3勝を挙げていたホンダが1戦を残してマニュファクチャラーズ・タイトルを決めたが、ライダーズ・タイトルの決定は既にホンダがボイコットを表明していた最終戦日本GPに持ち越されることになった。タイトルの可能性を残していたタベリは個人資格での日本GPへの出場をホンダに願い出たが聞き入れられず[15]、日本GPでは片山義美がグランプリ初優勝を飾り、2位となったアンシャイトが初めてのタイトルを獲得した[16]。タイトル獲得のチャンスを逃し、すでに30代半ばを超えていたタベリはホンダの軽量クラスからの撤退に歩調を合わせるようにシーズン終了後に引退を発表した[4]

この年、日本のブリヂストンが水冷2気筒で14段変速機を持つマシンをグランプリに送り込み、ダッチTTと日本GPではポイントを獲得している[17]

グランプリ編集

Rd. 決勝日 GP サーキット 50ccクラス優勝 125ccクラス優勝 250ccクラス優勝 350ccクラス優勝 500ccクラス優勝
1 5月8日   スペイン モンジュイック   L.タベリ   B.アイビー   M.ヘイルウッド No Race No Race
2 5月22日   西ドイツ ホッケンハイム   H.G.アンシャイト   L.タベリ   M.ヘイルウッド   M.ヘイルウッド   J.レッドマン
3 5月29日   フランス クレルモン=フェラン No Race No Race   M.ヘイルウッド   M.ヘイルウッド No Race
4 6月25日   ダッチTT アッセン   L.タベリ   B.アイビー   M.ヘイルウッド   M.ヘイルウッド   J.レッドマン
5 7月3日   ベルギー スパ No Race No Race   M.ヘイルウッド No Race   G.アゴスチーニ
6 7月17日   東ドイツ ザクセンリンク No Race   L.タベリ   M.ヘイルウッド   G.アゴスチーニ   F.スタストニィ
7 7月24日   チェコスロバキア ブルノ No Race   L.タベリ   M.ヘイルウッド   M.ヘイルウッド   M.ヘイルウッド
8 8月7日   フィンランド イマトラ No Race   P.リード   M.ヘイルウッド   M.ヘイルウッド   G.アゴスチーニ
9 8月20日   アルスター ダンドロッド No Race   L.タベリ   G.マロイ   M.ヘイルウッド   M.ヘイルウッド
10 9月2日   マン島TT マン島   R.ブライアンズ   B.アイビー   M.ヘイルウッド   G.アゴスチーニ   M.ヘイルウッド
11 9月11日   イタリア モンツァ   H.G.アンシャイト   L.タベリ   M.ヘイルウッド   G.アゴスチーニ   G.アゴスチーニ
12 10月17日   日本 富士   片山義美   B.アイビー   長谷川弘   P.リード No Race

ポイントランキング編集

ポイントシステム編集

ポイントシステム
順位 1 2 3 4 5 6
ポイント 8 6 4 3 2 1
  • 500ccクラスは上位入賞した5戦分、350・125ccクラスは上位入賞した6戦分、250ccクラスは上位入賞した7戦分、50ccクラスは上位入賞した4戦分のポイントが有効とされた。

ライダーズ・ランキング編集

500ccクラス編集

順位 ライダー マシン GER
 
NED
 
BEL
 
DDR
 
TCH
 
FIN
 
ULS
 
IOM
 
ITA
 
ポイント 勝利数
有効 合計
1   ジャコモ・アゴスチーニ MVアグスタ 2 2 1 - 2 1 2 2 1 36 54 3
2   マイク・ヘイルウッド ホンダ - - - - 1 2 1 1 - 30 3
3   ジャック・フィンドレイ マチレス - 6 - 2 4 3 4 - 3 20 21 0
4   フランタ・スタストニィ ヤワ - 3 - 1 - - 3 6 - 17 1
5   ジム・レッドマン ホンダ 1 1 - - - - - - - 16 2
6   ギュラ・マルゾフスキー マチレス 3 - 4 5 3 - - - - 13 0
6   ジャック・アーン ノートン - - 3 3 5 4 - - - 13 0
8   スチュアート・グラハム マチレス 4 5 2 - - - - - - 11 0
9   ペーター・ウィリアムス AJS - - - - - - 6 - - 7 0
マチレス - - - - - - - - 2
10   クリス・コーン ノートン - - - - - - 5 3 - 6 0
11   ロン・チャンドラー マチレス - - 6 4 - - - 5 - 6 0
12   ジョン・クーパー ノートン - 4 - - - - - - - 3 0
12   ジョン・ブランチャード マチレス - - - - - - - 4 - 3 0
12   フレッド・スティーブンス パトン - - - - - - - - 4 3 0
15   ルイス・ヤング マチレス 5 - - - - 6 - - - 3 0
16   ジョン・モービー ノートン - - 5 - - - - - - 2 0
16   マルコム・スタントン ノートン - - - - - 5 - - - 2 0
16   ワルター・シーマン ノートン - - - - - - - - 5 2 0
19   エデュアルド・レンツ マチレス 6 - - - - - - - 6 2 0
20   ジョン・ドッズ ノートン - - - 6 - - - - - 1 0
20   エリック・ヒントン ノートン - - - - 6 - - - - 1 0

350ccクラス編集

順位 ライダー マシン GER
 
FRA
 
NED
 
DDR
 
TCH
 
FIN
 
ULS
 
IOM
 
ITA
 
JPN
 
ポイント 勝利数
有効 合計
1   マイク・ヘイルウッド ホンダ 1 1 1 - 1 1 1 - - - 48 6
2   ジャコモ・アゴスチーニ MVアグスタ - 2 2 1 2 - 2 1 1 - 42 48 3
3   レンツォ・パゾリーニ アエルマッキ - 5 3 4 5 - - - 2 - 17 0
4   フランタ・スタストニィ ヤワ - - 6 2 4 6 - - 5 - 13 0
5   グスタフ・ハヴェル ヤワ 5 - 5 3 - - 4 - 6 - 12 0
6   アルベルト・パガーニ アエルマッキ - - - 5 6 - - - 3 3 11 0
7   ハインツ・ローズナー MZ - - - - 3 2 - - - - 10 0
8   フィル・リード ヤマハ - - - - - - - - - 1 8 1
9   ジャック・アーン ノートン - - - 6 - 3 - 4 - - 8 0
10   ブルース・ビール ノートン 3 6 - - - 5 - - - - 7 0
11   タルクィニオ・プロヴィーニ ベネリ 2 - - - - - - - - - 6 0
11   ペーター・ウィリアムス AJS - - - - - - - 2 - - 6 0
11   ビル・アイビー ヤマハ - - - - - - - - - 2 6 0
14   シルビオ・グラセッティ ビアンキ 4 - - - - - - - 4 - 6 0
15   ジム・レッドマン ホンダ - 3 - - - - - - - - 4 0
15   トミー・ロブ ブルタコ - - - - - - 3 - - - 4 0
15   クリス・コーン ノートン - - - - - - - 3 - - 4 0
18   ジルベルト・ミラーニ アエルマッキ - 4 - - - - - - - - 3 0
18   スチュアート・グラハム AJS - - 4 - - - - - - - 3 0
18   ケル・キャラザース ノートン - - - - - 4 - - - - 3 0
18   バイロン・ブラック ホンダ - - - - - - - - - 4 3 0
22   フランツィ・ボチェク ヤワ 6 - - - - - - 5 - - 3 0
23   デイブ・シモンズ ホンダ - - - - - - 5 - - - 2 0
23   室町健三 ホンダ - - - - - - - - - 5 2 0
25   ジョー・ダンフィ ノートン - - - - - - 6 - - - 1 0
25   ジョン・ブランチャード AJS - - - - - - - 6 - - 1 0
25   ケント・アンダーソン ハスクバーナ - - - - - - - - - 6 1 0

250ccクラス編集

順位 ライダー マシン SPA
 
GER
 
FRA
 
NED
 
BEL
 
DDR
 
TCH
 
FIN
 
ULS
 
IOM
 
ITA
 
JPN
 
ポイント 勝利数
有効 合計
1   マイク・ヘイルウッド ホンダ 1 1 1 1 1 1 1 1 - 1 1 - 56 80 10
2   フィル・リード ヤマハ - - 3 2 2 2 2 - - - - 2 34 0
3   ジム・レッドマン ホンダ - 2 2 3 3 - - - - - - - 20 0
4   デレク・ウッドマン MZ 2 4 4 4 4 - - - - - - - 18 0
5   スチュアート・グラハム ホンダ - - - - - 4 - 2 - 2 - - 15 0
6   ハインツ・ローズナー MZ 6 - 5 - - 5 3 - - - 2 - 15 0
7   ジャック・フィンドレイ ブルタコ 4 - - - - - - 4 - 5 4 4 14 0
8   フランタ・スタストニィ ヤワ - 5 - - - 6 6 3 - 4 - - 11 0
9   マイク・ダフ ヤマハ - - - - 5 3 4 - - - - - 9 0
10   ジンジャー・モロイ ブルタコ - - - - - - - - 1 - - - 8 1
10   長谷川弘 ヤマハ - - - - - - - - - - - 1 8 1
12   ギュラ・マルゾフスキー ブルタコ - - - - - - 5 - 2 - - - 8 0
13   ビル・アイビー ヤマハ - 3 - - 6 - - - - - - - 5 0
14   レンツォ・パゾリーニ アエルマッキ 3 - - - - - - - - - - - 4 0
14   ケビン・キャス ブルタコ - - - - - - - - 3 - - - 4 0
14   ペーター・インチレイ ビリヤーズ - - - - - - - - - 3 - - 4 0
14   アルベルト・パガーニ アエルマッキ - - - - - - - - - - 3 - 4 0
14   本橋明泰 ヤマハ - - - - - - - - - - - 3 4 0
19   ブルース・ビール ホンダ - - - - - - - 5 - - 5 - 4 0
20   ケント・アンダーソン ハスクバーナ 5 - - - - - - 6 - - - 6 4 0
21   セルウィン・グリフィス ロイヤルエンフィールド - - - - - - - - 4 - - - 3 0
22   トミー・ロブ ブルタコ - - - 6 - - - - - - - 5 3 0
23   ボブ・アンダーソン ヤマハ - - - 5 - - - - - - - - 2 0
23   ジム・カリー ホンダ - - - - - - - - 5 - - - 2 0
25   ギュンター・ビア ホンダ - 6 - - - - - - - - - - 1 0
25   ダニエル・レロー ヤマハ - - 6 - - - - - - - - - 1 0
25   レナード・アトリー コットン - - - - - - - - 6 - - - 1 0
25   ビル・スミス ブルタコ - - - - - - - - - 6 - - 1 0
25   ジュゼッペ・ヴィセンチ アエルマッキ - - - - - - - - - - 6 - 1 0

125ccクラス編集

順位 ライダー マシン SPA
 
GER
 
NED
 
DDR
 
TCH
 
FIN
 
ULS
 
IOM
 
ITA
 
JPN
 
ポイント 勝利数
有効 合計
1   ルイジ・タベリ ホンダ 2 1 2 1 1 2 1 - 1 - 46 58 5
2   ビル・アイビー ヤマハ 1 - 1 3 3 - - 1 3 1 40 44 4
3   ラルフ・ブライアンズ ホンダ 3 2 - 6 2 3 2 - 2 - 32 33 0
4   フィル・リード ヤマハ 4 3 3 4 - 1 3 2 4 5 29 37 1
5   ヒュー・アンダーソン スズキ - - 4 - 4 4 5 3 - - 15 0
6   片山義美 スズキ - - - 2 - 5 - - - 2 14 0
7   フランク・ペリス スズキ - 4 - 5 5 - 6 5 - - 10 0
8   本橋明泰 ヤマハ - - 5 - - - - - - 4 5 0
9   伊藤光夫 スズキ - - - - - - - - - 3 4 0
10   マイク・ダフ ヤマハ - - 6 - - - - 4 - - 4 0
11   トミー・ロブ ヤマハ - - - - - - 4 - - - 3 0
12   フランチェスコ・ヴィッラ モンテッサ 5 - - - - - - - - - 2 0
12   ハンス=ゲオルグ・アンシャイト スズキ - 5 - - - - - - - - 2 0
12   ペーター・ウィリアムス EMC - - - - - - - - 5 - 2 0
15   ホセ・メドラーノ ブルタコ 6 - - - - - - - - - 1 0
15   ヘルベルト・マン MZ - 6 - - - - - - - - 1 0
15   フリードヘルム・コーラー MZ - - - - 6 - - - - - 1 0
15   ハンス・ビスコフ MZ - - - - - 6 - - - - 1 0
15   マイク・ヘイルウッド ホンダ - - - - - - - 6 - - 1 0
15   ワルター・シーマン ホンダ - - - - - - - - 6 - 1 0
15   湯沢康治 ヤマハ - - - - - - - - - 6 1 0

50ccクラス編集

順位 ライダー マシン SPA
 
GER
 
NED
 
IOM
 
ITA
 
JPN
 
ポイント 勝利数
有効 合計
1   ハンス=ゲオルグ・アンシャイト スズキ 2 1 4 - 1 2 28 31 2
2   ルイジ・タベリ ホンダ 1 4 1 2 3 - 26 29 2
3   ラルフ・ブライアンズ ホンダ 3 2 2 1 2 - 26 30 1
4   ヒュー・アンダーソン スズキ 4 3 3 3 4 3 16 22 0
5   片山義美 スズキ - - 5 - - 1 10 1
6   エルンスト・デグナー スズキ - - - 4 - - 3 0
6   伊藤光夫 スズキ - - - - - 4 3 0
8   バリー・スミス デルビ 6 - - - 5 - 3 0
9   アンヘル・ニエト デルビ 5 - - - - - 2 0
9   オズワルド・ディトリッヒ クライドラー - 5 - - - - 2 0
9   ブライアン・グリード ホンダ - - - 5 - - 2 0
9   トミー・ロブ ブリヂストン - - - - - 5 2 0
13   セース・ファン・ドンゲン クライドラー - 6 - - - - 1 0
13   森下勲 ブリヂストン - - 6 - - - 1 0
13   デイブ・シモンズ ホンダ - - - 6 - - 1 0
13   アンドレ・ロス ホンダ - - - - 6 - 1 0
13   ジャック・フィンドレイ ブリヂストン - - - - - 6 1 0

マニュファクチャラーズ・ランキング編集

500ccクラス編集

順位 マニュファクチャラー GER
 
NED
 
BEL
 
DDR
 
TCH
 
FIN
 
ULS
 
IOM
 
ITA
 
ポイント
有効 合計
1   ホンダ 1 1 - - 1 2 1 1 - 40 46
2   MVアグスタ 2 2 1 - 2 1 2 2 1 36 54
3   マチレス 3 5 2 2 3 3 4 4 2 26 38
4   ノートン - 4 3 3 5 4 5 3 5 18 24
5   ヤワ - 3 - 1 - - 3 6 - 17
6   パトン - - - - - - - - 4 3
7   AJS - - - - - - 6 - - 1

350ccクラス編集

順位 マニュファクチャラー GER
 
FRA
 
NED
 
DDR
 
TCH
 
FIN
 
ULS
 
IOM
 
ITA
 
JPN
 
ポイント
有効 合計
1   ホンダ 1 1 1 - 1 1 1 - - 4 48 51
2   MVアグスタ - 2 2 1 2 - 2 1 1 - 42 48
3   アエルマッキ - 4 3 4 5 - - - 2 3 22
4   ヤワ 5 - 5 2 4 6 4 5 5 - 18 21
5   MZ - - - - 3 2 - - - - 10
6   ノートン - - - 6 - 3 6 3 - - 10
7   AJS - - 4 - - - - 2 - - 9
8   ヤマハ - - - - - - - - - 1 8
9   ベネリ 2 - - - - - - - - - 6
10   ビアンキ 4 - - - - - - - 4 - 6
11   ブルタコ - - - - - - 3 - - - 4
12   ハスクバーナ - - - - - - - - - 6 1

250ccクラス編集

順位 マニュファクチャラー SPA
 
GER
 
FRA
 
NED
 
BEL
 
DDR
 
TCH
 
FIN
 
ULS
 
IOM
 
ITA
 
JPN
 
ポイント
有効 合計
1   ホンダ 1 1 1 1 1 1 1 1 5 1 1 - 56 82
2   ヤマハ - 3 3 2 2 2 2 - - - - 1 40
3   MZ 2 4 4 4 4 5 3 - - - 2 - 28 30
4   ブルタコ 4 - - 6 - - 5 4 1 5 4 4 24 25
5   ヤワ - 5 - - - 6 6 3 - 4 - - 11
6   アエルマッキ 3 - - - - - - - - - 3 - 8
7   ビリヤーズ - - - - - - - - - 3 - - 4
8   ハスクバーナ 5 - - - - - - 6 - - - 6 4
9   ロイヤルエンフィールド - - - - - - - - 4 - - - 3
10   コットン - - - - - - - - 6 - - - 1

125ccクラス編集

順位 マニュファクチャラー SPA
 
GER
 
NED
 
DDR
 
TCH
 
FIN
 
ULS
 
IOM
 
ITA
 
JPN
 
ポイント
有効 合計
1   ホンダ 2 1 2 1 1 2 1 6 1 - 46 59
2   ヤマハ 1 3 1 3 3 1 3 1 3 1 44 60
3   スズキ - 4 4 2 4 4 5 3 - 2 25 30
4   MZ - 6 - - 6 6 - - - - 3
5   モンテッサ 5 - - - - - - - - - 2
5   EMC - - - - - - - - 5 - 2
6   ブルタコ 6 - - - - - - - - - 1

50ccクラス編集

順位 マニュファクチャラー SPA
 
GER
 
NED
 
IOM
 
ITA
 
JPN
 
ポイント
有効 合計
1   ホンダ 1 2 1 1 2 - 30 36
2   スズキ 2 1 3 3 1 1 30 38
3   デルビ 5 - - - 5 - 4
4   ブリヂストン - - 6 - - 5 3
5   クライドラー - 5 - - - - 2

脚注編集

  1. ^ a b c d e 『サーキットの軌跡 世界ロードレースGPの歴史』(p.69 - p.78)
  2. ^ Meetings TT 1966 - The official Isle of Man TT website
  3. ^ a b c 『二輪グランプリ60年史』(p.78 - p.79)
  4. ^ a b 『サーキットの軌跡 世界ロードレースGPの歴史』(p.79)
  5. ^ 『THE GRAND PRIX MOTORCYCLE』(p.68)
  6. ^ 500cc World Standing 1966 - The Official MotoGP Website
  7. ^ 『Honda Motorcycle Racing Legend vol.3』(2009年、八重洲出版)ISBN 978-4-86144-143-1(p.135)
  8. ^ a b 『二輪グランプリ60年史』(p.81)
  9. ^ 『Honda Motorcycle Racing Legend vol.3』(p.127)
  10. ^ 350cc World Standing 1966 - The Official MotoGP Website
  11. ^ Race Archive: 1966年 - WGP参戦50周年記念スペシャルサイト|ヤマハ発動機株式会社
  12. ^ 『Honda Motorcycle Racing Legend vol.3』(p.107)
  13. ^ 250cc World Standing 1966 - The Official MotoGP Website
  14. ^ 125cc World Standing 1966 - The Official MotoGP Website
  15. ^ 『Honda Motorcycle Racing Legend vol.3』(p.61)
  16. ^ 50cc World Standing 1966 - The Official MotoGP Website
  17. ^ 『浅間から世界GPへの道』(2008年、八重洲出版)ISBN 978-4-86144-115-8(p.125)

参考文献編集

  • ジュリアン・ライダー / マーティン・レインズ『二輪グランプリ60年史』(2010年、スタジオ・タック・クリエイティブ)ISBN 978-4-88393-395-2
  • ケビン・キャメロン『THE GRAND PRIX MOTORCYCLE』(2010年、ウィック・ビジュアル・ビューロウ)ISBN 978-4-900843-57-8
  • マイケル・スコット『The 500cc World Champion』(2007年、ウィック・ビジュアル・ビューロウ)ISBN 978-4-900843-53-0
  • 中沖満 / ピーター・クリフォード『サーキットの軌跡 世界ロードレースGPの歴史』(1987年、グランプリ出版)ISBN 4-906189-56-3