メインメニューを開く
1967年のル・マン24時間レース
前年: 1966 翌年: 1968
1967年のコース

1967年のル・マン24時間レース24 Heures du Mans 1967 )は、35回目[1]ル・マン24時間レースであり、1967年6月10日から6月11日にかけてフランスのサルト・サーキットで行われた。

目次

概要編集

このレースではアメリカ車にアメリカ人ドライバーの初の優勝だった。

出走したのは54台[2][1]

イギリスからの参加は非常に低調で、ロータス・ヨーロッパタイプ47の44号車と、オースチン・ヒーレー・スプライトの2台のみであった[3]

完走は16台[2][1]

ダン・ガーニー/A.J.フォイト[3][2][1]フォード・GT40マークIV[1]が前年を大幅に上回る5,232.900km[3][2][1][注釈 1]を平均速度218.038km/h[3][1]で走り優勝、前年に続いての連勝となった。

優勝者のダン・ガーニーは表彰台でアメリカ車にアメリカ人ドライバー初の優勝に興奮し渡されたシャンパンボトルを観客に振りまいたが、これが後に「シャンパン・ファイト」としてレース優勝者の間に広まった。(Chassy Mediaのドキュメンタリー映画「The 24 Hour War」より)

注釈編集

  1. ^ 総合優勝車の走行距離が5,000kmを超えたのは初めて。

出典編集

[ヘルプ]
  1. ^ a b c d e f g 『ルマン 伝統と日本チームの戦い』p.223「資料1」。
  2. ^ a b c d 『ル・マン 偉大なる草レースの挑戦者たち』pp.298-303。
  3. ^ a b c d 『ル・マンの英国車』p.128「1967」。

参考文献編集