メインメニューを開く

1969年ワールドカップバレーボール男子大会

1969年ワールドカップバレーボール男子大会は、1969年ドイツ民主共和国(東ドイツ)で行われた男子バレーボールの国際大会である。第2回ワールドカップバレーボール男子大会として開催された。

1969年ワールドカップ
バレーボール男子大会
開催国  東ドイツの旗
期間  9月13日 - 9月20日
チーム数  12(11ヶ国)
優勝   東ドイツ (1回目)
前回
次回

概要編集

11カ国(東ドイツはジュニアチームも参加)12チームが参加して争われ、地元東ドイツのレギュラーチームが優勝、奇しくも同ジュニアチームも最下位という結果だった。

参加国の多くは前回と同じく共産圏の東欧地域が主だったが、日本ミュンヘンオリンピックをにらんだ若手育成策が効果を表し、2位で初の表彰台を獲得した。

最終順位編集

 1969男子ワールドカップ優勝国 
 
東ドイツ
初優勝
順位
1   東ドイツ
2   日本
3   ソビエト連邦
4   ブルガリア
5   チェコスロバキア
6   ブラジル
7   ルーマニア
8   ポーランド
9   キューバ
10   西ドイツ
11   チュニジア
12  東ドイツJr.


外部リンク編集