1970年アメリカグランプリ

1970年アメリカグランプリ (1970 United States Grand Prix) は、1970年のF1世界選手権第12戦として、1970年10月4日ワトキンズ・グレン・グランプリレースコースで開催された[2]

アメリカ合衆国 1970年アメリカグランプリ
レース詳細
1970年F1世界選手権全13戦の第12戦
ワトキンス・グレン (1956–1970)
日程 1970年10月4日
正式名称 XIII United States Grand Prix
開催地 ワトキンズ・グレン・グランプリ・サーキット
アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国 ニューヨーク州 ワトキンズ・グレン
コース 恒久的レース施設
コース長 3.78 km (2.35 mi)
レース距離 108周 408.2 km (253.8 mi)
決勝日天候 曇(ドライ)
最高気温: 50.0 °F (10.0 °C)
平均風速: 10.59 mph (4.73 m/s)[1]
ポールポジション
ドライバー フェラーリ
タイム 1:03.07
ファステストラップ
ドライバー ベルギーの旗 ジャッキー・イクス フェラーリ
タイム 1:02.74 (105周目)
決勝順位
優勝 ロータス-フォード
2位 BRM
3位 ロータス-フォード

レースは108周で行われ、ロータスエマーソン・フィッティパルディが3番手スタートから優勝した。フィッティパルディは4戦目の出走[注 1]で自身及びブラジル人ドライバーによるF1初勝利を挙げた。BRMペドロ・ロドリゲスは首位を走行中にガス欠に見舞われ2位、フィッティパルディのチームメイトでF1デビュー戦のレイネ・ウィセルは3位に入賞して唯一の表彰台を得た。

フェラーリジャッキー・イクスポールポジションからスタートしたが、燃料ラインが壊れてピットインしなければならず4位に終わり、ヨッヘン・リントは死後にチャンピオンを獲得した唯一のドライバーとなった。

背景編集

ヨッヘン・リントイタリアGPで亡くなるまでに45点を獲得し、2位のジャッキー・イクスに17点の差を付けている。イクスがリントを逆転してドライバーズチャンピオンとなるには、残り2戦を連勝する必要がある[3][注 2]コンストラクターズチャンピオン争いはロータスフェラーリマーチに7点差を付けて首位となっているが、本レースでロータスがフェラーリとマーチより2点以上多くポイントを獲得すれば、1968年以来4回目のコンストラクターズチャンピオンが決定する[4][注 3]

エントリー編集

ロータスヨッヘン・リントが事故死したイタリアGPを棄権し、続く前戦カナダGPを欠場したが[5]、リントのドライバーズチャンピオンコンストラクターズチャンピオンを獲得するため復帰した。ジョン・マイルス英語版がリントの死後に引退したため、エマーソン・フィッティパルディがエースに昇格し、F2ドライバーの新人レイネ・ウィセルが新たに起用された[4]

サーティースデレック・ベルが2台目のTS7を走らせ、BRMピーター・ウェストバリー英語版が4台目のP153を走らせる[6]。地元出身のガス・ハッチソン英語版は自ら購入したブラバム・BT26A英語版でスポット参戦する[7]

エントリーリスト編集

チーム No. ドライバー コンストラクター シャシー エンジン タイヤ
  ティレル・レーシング・オーガニゼーション 1   ジャッキー・スチュワート ティレル 001 フォードコスワース DFV 3.0L V8 D
2   フランソワ・セベール マーチ 701
  スクーデリア・フェラーリ SpA SEFAC 3   ジャッキー・イクス フェラーリ 312B フェラーリ 001 3.0L F12 F
4   クレイ・レガツォーニ
5   イグナツィオ・ギュンティ 1
  エキップ・マトラ・エルフ 6   ジャン=ピエール・ベルトワーズ マトラ MS120 マトラ MS12 3.0L V12 G
7   アンリ・ペスカロロ
  ブルース・マクラーレン・モーターレーシング 8   デニス・ハルム マクラーレン M14A フォードコスワース DFV 3.0L V8 G
9   ピーター・ゲシン
10   アンドレア・デ・アダミッチ M14D アルファロメオ T33 3.0L V8
  マーチ・エンジニアリング 11   ジョー・シフェール マーチ 701 フォードコスワース DFV 3.0L V8 F
12   クリス・エイモン
  ブルックボンド・オクソ・レーシング/ロブ・ウォーカー 14   グラハム・ヒル ロータス 72C フォードコスワース DFV 3.0L V8 F
  モーターレーシング・ディベロップメンツ・リミテッド 15   ジャック・ブラバム ブラバム BT33 フォードコスワース DFV 3.0L V8 G
  アウト・モトール・ウント・シュポルト 16   ロルフ・シュトメレン
  チーム・サーティース 17   ジョン・サーティース サーティース TS7 フォードコスワース DFV 3.0L V8 F
18   デレック・ベル
  ヤードレー・チーム・BRM 19   ペドロ・ロドリゲス BRM P153 BRM P142 3.0L V12 D
20   ジャッキー・オリバー
21   ジョージ・イートン
32   ピーター・ウェストバリー
  ゴールドリーフ・チーム・ロータス 23   レイネ・ウィセル ロータス 72C フォードコスワース DFV 3.0L V8 F
24   エマーソン・フィッティパルディ
  エキュリー・ボニエ 27   ヨアキム・ボニエ マクラーレン M7C フォードコスワース DFV 3.0L V8 G
  ピート・ラブリー・フォルクスワーゲン・インク 28   ピート・ラブリー ロータス 49B フォードコスワース DFV 3.0L V8 F
  コーリン・クラッベ・レーシング 29   ロニー・ピーターソン マーチ 701 フォードコスワース DFV 3.0L V8 G
  フランク・ウィリアムズ・レーシングカーズ 30   ティム・シェンケン デ・トマソ 505 フォードコスワース DFV 3.0L V8 D
  ガス・ハッチソン 31   ガス・ハッチソン ブラバム BT26A フォードコスワース DFV 3.0L V8 G
ソース:[8]
追記
  • ^1 - ギュンティはエントリーのみ[9]

予選編集

土曜日は降雨に見舞われたため、多くのドライバーは金曜日のタイムがベストタイムとなった[4]ジャッキー・イクスが2番手のジャッキー・スチュワートを0.5秒差以上引き離し[6]、今季4回目のポールポジションを獲得した[4]ロータスの新しいエースとなったエマーソン・フィッティパルディは3番手で、ペドロ・ロドリゲスとともに2列目を得た。以下、クリス・エイモンクレイ・レガツォーニが3列目、ジャッキー・オリバージョン・サーティースが4列目を占めた。F1デビュー戦のレイネ・ウィセルは9番手で、グラハム・ヒルと5列目に並ぶ[6]

予選結果編集

順位 No. ドライバー コンストラクター タイム グリッド
1 3   ジャッキー・イクス フェラーリ 1:03.07 - 1
2 1   ジャッキー・スチュワート ティレル-フォード 1:03.62 +0.55 2
3 24   エマーソン・フィッティパルディ ロータス-フォード 1:03.67 +0.60 3
4 19   ペドロ・ロドリゲス BRM 1:04.18 +1.11 4
5 12   クリス・エイモン マーチ-フォード 1:04.23 +1.16 5
6 4   クレイ・レガツォーニ フェラーリ 1:04.30 +1.23 6
7 20   ジャッキー・オリバー BRM 1:04.30 +1.23 7
8 17   ジョン・サーティース サーティース-フォード 1:04.52 +1.45 8
9 23   レイネ・ウィセル ロータス-フォード 1:04.79 +1.72 9
10 14   グラハム・ヒル ロータス-フォード 1:04.81 +1.74 10
11 8   デニス・ハルム マクラーレン-フォード 1:04.84 +1.77 11
12 7   アンリ・ペスカロロ マトラ 1:05.00 +1.93 12
13 18   デレック・ベル サーティース-フォード 1:05.00 +1.93 13
14 21   ジョージ・イートン BRM 1:05.14 +2.07 14
15 29   ロニー・ピーターソン マーチ-フォード 1:05.18 +2.11 15
16 15   ジャック・ブラバム ブラバム-フォード 1:05.29 +2.22 16
17 2   フランソワ・セベール マーチ-フォード 1:05.30 +2.23 17
18 6   ジャン=ピエール・ベルトワーズ マトラ 1:05.44 +2.37 18
19 16   ロルフ・シュトメレン ブラバム-フォード 1:05.77 +2.70 19
20 30   ティム・シェンケン デ・トマソ-フォード 1:06.08 +3.01 20
21 9   ピーター・ゲシン マクラーレン-フォード 1:06.12 +3.05 21
22 31   ガス・ハッチソン ブラバム-フォード 1:06.22 +3.15 22
23 11   ジョー・シフェール マーチ-フォード 1:06.23 +3.16 23
24 27   ヨアキム・ボニエ マクラーレン-フォード 1:06.46 +3.39 24
25 32   ピーター・ウェストバリー BRM 1:07.20 +4.13 DNQ
26 28   ピート・ラブリー ロータス-フォード 1:07.45 +4.38 DNQ
27 10   アンドレア・デ・アダミッチ マクラーレン-アルファロメオ 1:12.24 +9.17 DNQ
ソース:[10][11]
追記
  • 決勝進出台数は24台に制限

決勝編集

ジャッキー・スチュワートがスタートでリードを奪い、ペドロ・ロドリゲスフェラーリ勢を抜いて2位に浮上した。彼らの後方にはクリス・エイモンジョン・サーティースジャッキー・オリバー、そしてスタートで出遅れたエマーソン・フィッティパルディが続いた。サーティースはすぐにメカニカルトラブルが発生してリタイアし、オリバーもエイモンを抜いた後の15周目にリタイアした。16周目にジャッキー・イクスがロドリゲスを抜き、クレイ・レガツォーニも次の周にロドリゲスを抜いた。この時点でエイモンが5位、フィッティパルディは6位を走行していた[6]

30周目までにスチュワートはイクスに25秒の差を付けて首位を独走し、イクスがレガツォーニに5秒の差を付けていた。レガツォーニは37周目にブリスターが発生したタイヤを交換しなければならず順位を落とした[4]。エイモンも48周目にタイヤを交換したため順位を落とし、フィッティパルディは4位に浮上した。イクスは57周目に燃料漏れに見舞われてピットインして12位に後退し、逆転チャンピオンの希望はここで事実上潰えたが[6]、ここから猛烈な追い上げに転じた[3]

首位を独走していたスチュワートだったが、83周目にオイル漏れによってリタイアした。これでロドリゲスが2位のフィッティパルディに20秒差を付けて首位に立った[6]。しかし、ロドリゲスは残り7周でガス欠に見舞われてピットインを余儀なくされ、フィッティパルディが首位に立ってそのままチェッカーフラッグを受け、F1デビューから4戦目[注 1]で初優勝を果たした[3]。ロドリゲスはコースに復帰して2位でフィニッシュし[6]、フィッティパルディのチームメイトでこれがF1デビュー戦のレイネ・ウィセルが3位表彰台を獲得した。イクスは猛追したが4位に終わり、亡くなったヨッヘン・リントのドライバーズチャンピオンと[3]ロータスコンストラクターズチャンピオンが決定した[12]

後輩達の頑張りによってリントとロータスのダブルタイトルが決定し、コーリン・チャップマンに再び笑顔が戻った。リントはチャンピオン決定の知らせを天国で聞いた[3]

1956年にパーマネントコースとなって以来[注 4]、2.35 mi (3.78 km)のレイアウトが使われていたが、この年が最後となった。翌1971年の改修でレイアウトが変更され、3.377 mi (5.435 km)に延長された。同年のアメリカGPに間に合わせるため、事前に行われたワトキンス・グレン6時間レース英語版は暫定的なレイアウトが採用された。

レースを主催するワトキンス・グレン・グランプリ・コーポレーションは、翌年の冬にグランプリ・ドライバーズ・アソシエーション(GPDA)から2回目の「ベスト・オーガナイザー・レース・アワード」を、ホッケンハイムリンクで開催されたドイツGPとともに受賞した。

レース結果編集

順位 No. ドライバー コンストラクター 周回数 タイム/リタイア原因 グリッド ポイント
1 24   エマーソン・フィッティパルディ ロータス-フォード 108 1:57:32.79 3 9
2 19   ペドロ・ロドリゲス BRM 108 +36.39 4 6
3 23   レイネ・ウィセル ロータス-フォード 108 +45.17 9 4
4 3   ジャッキー・イクス フェラーリ 107 +1 Lap 1 3
5 12   クリス・エイモン マーチ-フォード 107 +1 Lap 5 2
6 18   デレック・ベル サーティース-フォード 107 +1 Lap 13 1
7 8   デニス・ハルム マクラーレン-フォード 106 +2 Laps 11
8 7   アンリ・ペスカロロ マトラ 105 +3 Laps 12
9 11   ジョー・シフェール マーチ-フォード 105 +3 Laps 23
10 15   ジャック・ブラバム ブラバム-フォード 105 +3 Laps 16
11 29   ロニー・ピーターソン マーチ-フォード 104 +4 Laps 15
12 16   ロルフ・シュトメレン ブラバム-フォード 104 +4 Laps 19
13 4   クレイ・レガツォーニ フェラーリ 101 +7 Laps 6
14 9   ピーター・ゲシン マクラーレン-フォード 100 +8 Laps 21
Ret 1   ジャッキー・スチュワート ティレル-フォード 82 オイル漏れ 2
Ret 14   グラハム・ヒル ロータス-フォード 72 クラッチ 10
Ret 2   フランソワ・セベール マーチ-フォード 62 ホイール 17[13]
Ret 30   ティム・シェンケン デ・トマソ-フォード 61 サスペンション 20
Ret 27   ヨアキム・ボニエ マクラーレン-フォード 50 水パイプ 24
Ret 6   ジャン=ピエール・ベルトワーズ マトラ 27 ハンドリング 18
Ret 31   ガス・ハッチソン ブラバム-フォード 21 燃料漏れ 22
Ret 20   ジャッキー・オリバー BRM 14 エンジン 7
Ret 21   ジョージ・イートン BRM 10 エンジン 14
Ret 17   ジョン・サーティース サーティース-フォード 6 エンジン 8
DNQ 32   ピーター・ウェストバリー BRM 予選不通過
DNQ 28   ピート・ラブリー ロータス-フォード 予選不通過
DNQ 10   アンドレア・デ・アダミッチ マクラーレン-アルファロメオ 予選不通過
ソース:[14]
優勝者エマーソン・フィッティパルディの平均速度[9]
204.020 km/h (126.772 mph)
ファステストラップ[15]
ラップリーダー[16]
太字は最多ラップリーダー

第12戦終了時点のランキング編集

  • : トップ5のみ表示。前半7戦のうちベスト6戦及び後半6戦のうちベスト5戦がカウントされる。

脚注編集

[脚注の使い方]

注釈編集

  1. ^ a b 1970年イタリアグランプリヨッヘン・リントの事故後撤退したため、5戦目の参加となる。
  2. ^ 当時のF1世界選手権ポイントシステムは、上位6台に9-6-4-3-2-1点が与えられていた。
  3. ^ 当時のコンストラクターズポイントはワークスチームとプライベートチームの区別なく、最上位に入賞したドライバーの成績が対象となっていた。
  4. ^ 1948年の開場当初は公道コースだった(en:Watkins Glen Internationalより)。

出典編集

  1. ^ Weather information for the 1970 United States Grand Prix”. The Old Farmers' Almanac. 2020年1月12日閲覧。
  2. ^ 1970 United States Grand Prix Entry list. http://www.racingsportscars.com/covers/_Watkins_Glen-1970-10-04e.jpg. 
  3. ^ a b c d e (林信次 1995, p. 107)
  4. ^ a b c d e USA 1970”. STATS F1. 2020年1月12日閲覧。
  5. ^ (林信次 1995, p. 99)
  6. ^ a b c d e f g United States GP, 1970”. grandprix.com. 2020年1月12日閲覧。
  7. ^ (林信次 1995, p. 110)
  8. ^ USA 1970 - Race entrants”. STATS F1. 2020年1月13日閲覧。
  9. ^ a b USA 1970 - Result”. STATS F1. 2020年1月13日閲覧。
  10. ^ USA 1970 - Qualifications”. STATS F1. 2020年1月13日閲覧。
  11. ^ USA 1970 - Starting grid”. STATS F1. 2020年1月13日閲覧。
  12. ^ (アラン・ヘンリー 1989, p. 260)
  13. ^ Lang, Mike (1982). Grand Prix! Vol 2. Haynes Publishing Group. p. 137. ISBN 0-85429-321-3 
  14. ^ 1970 United States Grand Prix”. formula1.com. 2013年10月31日時点のオリジナルよりアーカイブ。2015年12月22日閲覧。
  15. ^ USA 1970 - Best laps”. STATS F1. 2020年1月13日閲覧。
  16. ^ USA 1970 - Laps led”. STATS F1. 2020年1月13日閲覧。
  17. ^ a b United States 1970 - Championship”. STATS F1. 2019年3月21日閲覧。

参照文献編集

  • Wikipedia英語版 - en:1970 United States Grand Prix(2019年9月24日 10:19:27(UTC))
  • Doug Nye (1978). The United States Grand Prix and Grand Prize Races, 1908-1977. B. T. Batsford. ISBN 0-7134-1263-1
  • Rob Walker (January, 1971). "U.S. Grand Prix". Road & Track, 84-88.
  • Gordon Kirby (October, 1995). "Emerson Who?". RACER, 70-72.
  • Lang, Mike (1982). Grand Prix! Vol 2. Haynes Publishing Group. pp. 134–135. ISBN 0-85429-321-3 
  • 林信次『F1全史 1966-1970 [3リッターF1の開幕/ホンダ挑戦期の終わり]』ニューズ出版、1995年。ISBN 4-938495-06-6
  • アラン・ヘンリー『チーム・フェラーリの全て』早川麻百合+島江政弘(訳)、CBS・ソニー出版、1989年12月。ISBN 4-7897-0491-2

外部リンク編集

前戦
1970年カナダグランプリ
FIA F1世界選手権
1970年シーズン
次戦
1970年メキシコグランプリ
前回開催
1969年アメリカグランプリ
  アメリカグランプリ次回開催
1971年アメリカグランプリ