1971年のル・マン24時間レース

1971年のル・マン24時間レース
前年: 1970 翌年: 1972

1971年のル・マン24時間レース24 Heures du Mans 1971 )は、39回目[1]ル・マン24時間レースであり、1971年6月12日から6月13日にかけてフランスのサルト・サーキットで行われた。

1971年のコース

概要編集

予選編集

決勝編集

シートベルトを装着しないでスタートするドライバーがいたり、後方の車両が早く出て混乱するなど危険が多いことから、スタート方式が伝統のいわゆるル・マン式スタートから通常のローリングスタートに変更された[2]

出走したのは49台[3][1]

結果編集

完走は13台[3][1]

 
優勝車

ヘルムート・マルコ/ジィズ・ヴァン・レネップ[3][1]ポルシェ・917[1]K、22号車が24時間で5,335.313km[2][1][3]を平均速度222.304km/h[2][1]で走り総合優勝した。この走行距離記録は2010年にアウディ・R15 TDIが5,410km走って破るまで長らく保持された[4]

GTクラスはレイモンド・トワルー/アンドレ・アンセルメ組がクラス優勝した[5]

順位 クラス 号車 チーム ドライバー シャシ エンジン 周回数
1 S
5.0
22   マルティーニレーシングチーム ポルシェ・917K ポルシェ・912型4,907cc水平対向12気筒 397
2 S
5.0
19   ジョン・ワイヤー・オートモーティブ・エンジニアリング ポルシェ・917K ポルシェ・912型4,907cc水平対向12気筒 395
3 S
5.0
12   N.A.R.T. フェラーリ・512M フェラーリ・4,993cc60V型12気筒 366
4 S
5.0
16   デヴィッド・パイパー・オートレース
  •   クリス・クラフト
  •   デヴィッド・ウィアー
フェラーリ・512M フェラーリ・4,993cc60V型12気筒 355
5 S
5.0
58   N.A.R.T.
  •   ボブ・グロスマン
  •   ルイジ・キネッティJr.
フェラーリ・365GTB/4 フェラーリ・4,390cc60V型12気筒 314
6 GT
+2.0
63   ASA Cachia Bundi
  •   レイモンド・トワルー
  •   アンドレ・アンセルメ
ポルシェ・911S ポルシェ・911/53型2,341cc水平対向6気筒 306
7 P
2.0
49   ヴィッキー・レーシングチーム
  •   ヴァルター・ブルン
  •   Peter Mattli
ポルシェ・907 ポルシェ・901/21型1,991cc水平対向6気筒 306
8 GT
+2.0
38   ルネ・マッツィア
ポルシェ・911E ポルシェ・911/52型2,341cc水平対向6気筒 303
9 GT
+2.0
42   ジャン・メザンジュ
  •   ジャン・メザンジュ
  •   "Gédéhem"
ポルシェ・911S ポルシェ・911/02型2,195cc水平対向6気筒 298
10 GT
+2.0
26   ニコラス・クーブ
  •   Erwin Kremer
  •   ニコラス・クーブ
  •   ギュンター・フーバー
ポルシェ・911S ポルシェ・911/53型2,341cc水平対向6気筒 292
11 GT
+2.0
39   A.G.A.C.I.
  •   Guy Verrier
  •   Gérard Foucault
ポルシェ・911S ポルシェ・911/02型2,195cc水平対向6気筒 290
12 GT
+2.0
44   ザ・ポール・ワトソン・レース・オーガニゼーション
  •   Paul Vestey
  •   Richard Bond
ポルシェ・911S ポルシェ・911/02型2,195cc水平対向6気筒 286
13 GT
+2.0
36   エキュリー・ジャン・サージュ ポルシェ・911S ポルシェ・911/53型2,341cc水平対向6気筒 263

出典編集

[脚注の使い方]
  1. ^ a b c d e f g 『ルマン 伝統と日本チームの戦い』p.223「資料1」。
  2. ^ a b c 『ルマン 伝統と日本チームの戦い』pp.27-154「ルマン24時間レースの歴史」。
  3. ^ a b c d 『ル・マン 偉大なる草レースの挑戦者たち』pp.298-303。
  4. ^ アウディ、ル・マン24時間で進化させたエンジン技術
  5. ^ 『ポルシェ911ストーリー』p.247。

参考文献編集