メインメニューを開く

1972年の西鉄ライオンズでは、1972年シーズンの西鉄ライオンズの動向をまとめる。

1972年の西鉄ライオンズ
成績
パシフィック・リーグ6位
47勝80敗3分 勝率.370[1]
本拠地
都市 福岡県福岡市
球場
平和台野球場
球団組織
オーナー 木本元敬
経営母体 西日本鉄道
監督 稲尾和久
« 1971
1973 »

この年の西鉄ライオンズは、稲尾和久監督の3年目のシーズンであり、このシーズン終了後、太平洋クラブが運営会社の福岡野球のスポンサーになる形での身売りが決定したため、西鉄ライオンズとしての最後のシーズンである。1969年のシーズン終盤に発覚した黒い霧事件以後、チーム成績の低迷を続けた西鉄は3年連続で最下位に終わった。

目次

概要編集

「黒い霧事件」の影響で2年連続最下位とすっかり落ち込んだライオンズ、それでも前年オフ、ドラフト会議に漏れた加藤初投手を競合の末獲得し、少しは期待が持てたものの、シーズン初頭、木本元敬オーナーが「今後、球団をやっていけそうにもない」と発言、ライオンズの身売りが表面化した。こんな中始まったシーズンではあったが、ルーキー加藤の活躍はあったものの、相も変わらぬ低迷状態。終わってみれば3年連続最下位とどん底状態、加藤の「新人王」が目立つ程度だった。

そしてチームは、ロッテオリオンズオーナー・中村長芳の球団譲渡先に以来、10月16日にはペプシコーラに依頼するも同月18日に破談、ライオンズ絶体絶命となるが、10月28日に中村オーナーがロッテを辞職して設立した「福岡野球株式会社」に買収、レジャー会社・太平洋クラブがスポンサーとなり、「太平洋クラブライオンズ」が誕生、球団はなんとか存続するも、1951年以来続いた「西鉄ライオンズ」は終焉となった。

チーム成績編集

レギュラーシーズン編集

開幕オーダー
1 菊川昭二郎
2 基満男
3 榎本喜八
4 東田正義
5 竹之内雅史
6 ポインター
7 伊原春植
8 片岡新之介
9 高橋明
1972年パシフィック・リーグ順位変動
順位 4月終了時 5月終了時 6月終了時 7月終了時 8月終了時 9月終了時 最終成績
1位 南海 -- 阪急 -- 阪急 -- 阪急 -- 阪急 -- 阪急 -- 阪急 --
2位 阪急 0.5 南海 3.0 南海 7.0 南海 6.5 南海 13.0 南海 13.0 近鉄 14.0
3位 近鉄 1.5 東映 4.5 東映 8.5 東映 11.5 東映 16.0 東映 15.0 南海 14.0
4位 ロッテ 2.0 近鉄 7.5 ロッテ 8.5 ロッテ 12.5 ロッテ 17.0 近鉄 東映 15.0
5位 東映 3.0 ロッテ 8.5 近鉄 14.5 近鉄 13.5 近鉄 20.5 ロッテ 16.0 ロッテ 20.5
6位 西鉄 5.0 西鉄 12.5 西鉄 20.5 西鉄 22.0 西鉄 26.5 西鉄 31.0 西鉄 32.5
1972年パシフィック・リーグ最終成績
順位 球団 勝率
優勝 阪急ブレーブス 80 48 2 .625 -
2位 近鉄バファローズ 64 60 6 .5161 14.0
3位 南海ホークス 65 61 4 .5158 14.0
4位 東映フライヤーズ 63 61 6 .508 15.0
5位 ロッテオリオンズ 59 68 3 .465 20.5
6位 西鉄ライオンズ 47 80 3 .370 32.5

[1]

オールスターゲーム1972編集

できごと編集

選手・スタッフ編集

表彰選手編集

リーグ・リーダー
選手名 タイトル
加藤初 新人王
ベストナイン
選手名 ポジション 回数
基満男 二塁手 初受賞
ダイヤモンドグラブ賞(新設)
選出なし

ドラフト編集

順位 選手名 ポジション 所属 結果
1位 中島弘美 投手 八代第一高 入団
2位 山口富夫 投手 三協精機 入団
3位 真弓明信 内野手 電電九州 入団
4位 久木山亮 投手 川内実業高 入団
5位 上林成行 投手 クラレ岡山 拒否
6位 加藤敏彦 投手 日本楽器 拒否
7位 中川信秀 内野手 津久見高 入団
8位 貞山健源 投手 別府鶴見丘高 入団
9位 待井昇 外野手 日本大学第三高 入団
10位 金城致勲 投手 生野工業高 入団

出典編集