メインメニューを開く

1972年自由民主党総裁選挙(1972ねんじゆうみんしゅとうそうさいせんきょ)は、1972年7月5日に行われた自由民主党総裁を選任する選挙である。

概要編集

1972年に佐藤栄作総理総裁が退陣を表明したことから行われた自由民主党総裁選挙である。佐藤が後継として推す福田赳夫と、ポスト佐藤を虎視眈々と狙っていた田中角栄による、いわゆる角福戦争の引き金ともなった最も有名な総裁選挙である。三木武夫大平正芳、福田赳夫、田中角栄と、1970年代以降の政界を動かすことになる三角大福が立候補した。前評判では福田赳夫優位と見られていたが、中曽根康弘率いる中曽根派が田中支持に回ったことで一気に田中優位となり、決選投票の結果、田中総裁が誕生した。

田中角栄と福田赳夫は1・2位連合の密約を、田中角栄と大平正芳は2・3位連合の密約を結んでいたが、福田赳夫は密約を反故にした[1]

三木武夫は日中国交正常化交渉を条件に、決選投票での田中角栄への協力を密約していた[1]

第1回投票の開票結果編集

得票数
田中角栄 156票
福田赳夫 150票
大平正芳 101票
三木武夫 69票
無効票 7票
  • どの候補も1回目の投票で過半数を獲得しなかったので、上位2名による決選投票が行われた。

決選投票の開票結果編集

得票数
田中角栄 282票
福田赳夫 190票

当選者編集

  • 田中角栄

脚注編集

  1. ^ a b 伊藤昌哉『自民党戦国史』

関連項目編集