1972-73 ABAシーズン

1972-73 ABAシーズン英語: 1972–73 ABA season)は、アメリカン・バスケットボール・アソシエーション (ABA) の6シーズン目である。

1971-72シーズン - 1972-73シーズン - 1973-74シーズン

概要編集

シーズン開始前にピッツバーグ・コンドルズフロリディアンズが解散し、リーグは9チーム構成となった。しかし、ABAは(最初で最後の)拡張フランチャイズをDr.レナード・ブルーム英語版(USキャピタル・コーポレーションの社長兼CEO)に100万ドルを与え、カリフォルニア州サンディエゴで試合をホームゲームを行うことを制定し、サンディエゴ・コンキスタドアーズと名付けた(ただし、確執からサンディエゴ・スポーツアリーナ英語版では試合を行わず、ピーターソン体育館英語版で行った)[1]。その後、メンフィス・タムズ (旧メンフィス・プロス) がイースタン・ディビジョンに移籍することになった。ABAファイナルでは、またしてもレギュラーシーズン最高成績のチームが優勝できず、プレーオフMVPジョージ・マクギニス率いるインディアナ・ペイサーズ (シーズン4位) が、ケンタッキー・カーネルズをそりーず4勝3敗で破り、2連覇を達成した。

今シーズンから新しく、ABAオールディフェンシブチームと最優秀役員賞 (エグゼクティブ・オブ・ザ・イヤー) が設けられた。ABA最優秀選手賞にはリーグ最高成績を収めたカロライナ・クーガーズ所属のビリー・カニンガムが選ばれている[2]

順位編集

イースタン・ディビジョン編集

チーム 勝率
カロライナ・クーガーズ 57 27 .679 -
ケンタッキー・カーネルズ 56 28 .667 1
バージニア・スクワイアーズ 42 42 .500 15
ニューヨーク・ネッツ 30 54 .357 27
メンフィス・タムズ 24 60 .286 33

ウェスタン・ディビジョン編集

チーム 勝率
ユタ・スターズ 55 29 .655 -
インディアナ・ペイサーズ 51 33 .607 4
デンバー・ロケッツ 47 37 .560 8
サンディエゴ・コンキスタドアーズ 30 54 .357 25
ダラス・チャパラルズ 28 56 .333 27

プレーオフ編集

表彰編集

脚注編集

  1. ^ The History of Professional Basketball in San Diego 1972-1984”. HuffPost (2015年6月19日). 2022年2月23日閲覧。
  2. ^ League Awards”. Basketball-Reference.com. 2022年2月23日閲覧。

外部リンク編集