メインメニューを開く

1973年のワールドシリーズ

メジャーリーグベースボールの第80回優勝決定シリーズ

1973年の野球において、メジャーリーグベースボール(MLB)優勝決定戦の第70回ワールドシリーズ(70th World Series)は、10月13日から21日にかけて計7試合が開催された。その結果、オークランド・アスレチックスアメリカンリーグ)がニューヨーク・メッツナショナルリーグ)を4勝3敗で下し、2年連続7回目の優勝を果たした。

1973年のワールドシリーズ
Reggie Jackson October 1973.jpeg
第3戦前に打撃練習を行うアスレチックスのレジー・ジャクソン今シリーズのMVPを受賞した
チーム 勝数
オークランド・アスレチックスAL 4
ニューヨーク・メッツNL 3
シリーズ情報
試合日程 10月13日–21日
観客動員 7試合合計:35万8289人
1試合平均:05万1184人
MVP レジー・ジャクソン(OAK)
ALCS OAK 3–2 BAL
NLCS NYM 3–2 CIN
殿堂表彰者 ディック・ウィリアムズ(OAK監督)
ローリー・フィンガーズ(OAK投手)
キャットフィッシュ・ハンター(OAK投手)
レジー・ジャクソン(OAK外野手)
ヨギ・ベラ(NYM監督[注 1]
ウィリー・メイズ(NYM外野手)
トム・シーバー(NYM投手)
チーム情報
オークランド・アスレチックス(OAK)
シリーズ出場 2年連続10回目
GM チャーリー・O・フィンリー
監督 ディック・ウィリアムズ
シーズン成績 94勝68敗・勝率.580
AL西地区優勝
分配金 選手1人あたり2万4617.57ドル[1]
ニューヨーク・メッツ(NYM)
シリーズ出場 4年ぶり02回目
GM ボブ・シェフィング
監督 ヨギ・ベラ
シーズン成績 82勝79敗・勝率.509
NL東地区優勝
分配金 選手1人あたり1万4950.18ドル[1]
全米テレビ中継
放送局 NBC
実況 カート・ガウディ
解説 トニー・クーベック(全試合)
モンテ・ムーア(第1・2・6・7戦)
リンジー・ネルソン(第3・4・5戦)
平均視聴率 30.7%(前年比3.1ポイント上昇)[2]
ワールドシリーズ
 < 1972 1974 > 

両チームの対戦はシリーズ史上初めて。アスレチックスのシリーズ連覇は1961年1962年ニューヨーク・ヤンキース以来11年ぶりであり、また球団史上では1910年1911年1929年1930年に次いで3度目の達成だった。しかしシリーズ終了直後、監督のディック・ウィリアムズがオーナー兼GMチャーリー・O・フィンリーとの不和から、契約を1年残して辞任しヤンキース移籍を画策するという騒動が起きている[注 2][3]シリーズMVPには、最終第7戦で2点本塁打を放つなど、7試合で打率.310・1本塁打・6打点OPS.941という成績を残したアスレチックスのレジー・ジャクソンが選出された。

この年からMLBでは、アメリカンリーグでのみ指名打者(DH)制度が導入された。しかしワールドシリーズでは、今回から1975年までの3年間、DH制は一切採用されていない[4]

試合結果編集

1973年のワールドシリーズは10月13日に開幕し、途中に移動日を挟んで9日間で7試合が行われた。日程・結果は以下の通り。

日付 試合 ビジター球団(先攻) スコア ホーム球団(後攻) 開催球場
10月13日(土) 第1戦 ニューヨーク・メッツ 1-2 オークランド・アスレチックス オークランド・アラメダ・
カウンティ・コロシアム
10月14日(日) 第2戦 ニューヨーク・メッツ 10-7 オークランド・アスレチックス
10月15日(月) 移動日
10月16日(火) 第3戦 オークランド・アスレチックス 3-2 ニューヨーク・メッツ シェイ・スタジアム
10月17日(水) 第4戦 オークランド・アスレチックス 1-6 ニューヨーク・メッツ
10月18日(木) 第5戦 オークランド・アスレチックス 0-2 ニューヨーク・メッツ
10月19日(金) 移動日
10月20日(土) 第6戦 ニューヨーク・メッツ 1-3 オークランド・アスレチックス オークランド・アラメダ・
カウンティ・コロシアム
10月21日(日) 第7戦 ニューヨーク・メッツ 2-5 オークランド・アスレチックス
優勝:オークランド・アスレチックス(4勝3敗 / 2年連続7度目)

第1戦 10月13日編集

映像外部リンク
MLB.comによる動画(英語)
  試合前の選手紹介でメッツのウィリー・メイズが登場し、敵地オークランドのファンからスタンディングオベーションが贈られる(41秒)
チーム 1 2 3 4 5 6 7 8 9 R H E
ニューヨーク・メッツ 0 0 0 1 0 0 0 0 0 1 7 2
オークランド・アスレチックス 0 0 2 0 0 0 0 0 X 2 4 0
  1. : ケン・ホルツマン(1勝)  : ジョン・マトラック(1敗)  S: ダロルド・ノウルズ(1S)  
  2. 審判:球審…マーティー・スプリングステッド(AL)、塁審…一塁: オーギー・ドナテリ(NL)、二塁: ジェリー・ニューデッカー(AL)、三塁: ポール・プライアー(NL)、外審…左翼: ラス・ゲーツ(AL)、右翼: ハリー・ウェンデルステット(NL)
  3. 試合時間: 2時間26分 観客: 4万6021人
    詳細: Baseball-Reference.com
両チームの先発ラインナップ
ニューヨーク・メッツ オークランド・アスレチックス
打順 守備 選手 打席 打順 守備 選手 打席
1 W・ギャレット 1 B・キャンパネリス
2 F・ミヤーン 2 J・ルディ
3 W・メイズ 3 S・バンドー
4 C・ジョーンズ 4 R・ジャクソン
5 J・ミルナー 5 G・テナス
6 J・グロート 6 J・アルー
7 D・ハーン 7 R・フォッシー
8 B・ハレルソン 8 D・グリーン
9 J・マトラック 9 K・ホルツマン
先発投手 投球 先発投手 投球
J・マトラック K・ホルツマン

第2戦 10月14日編集

チーム 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 R H E
ニューヨーク・メッツ 0 1 1 0 0 4 0 0 0 0 0 4 10 15 1
オークランド・アスレチックス 2 1 0 0 0 0 1 0 2 0 0 1 7 13 5
  1. : タグ・マグロウ(1勝)  : ローリー・フィンガーズ(1敗)  S: ジョージ・ストーン(1S)  
  2. :  NYM – クレオン・ジョーンズ1号ソロ、ウェイン・ギャレット1号ソロ
  3. 審判:球審…オーギー・ドナテリ(NL)、塁審…一塁: ジェリー・ニューデッカー(AL)、二塁: ポール・プライアー(NL)、三塁: ラス・ゲーツ(AL)、外審…左翼: ハリー・ウェンデルステット(NL)、右翼: マーティー・スプリングステッド(AL)
  4. 試合時間: 4時間13分 観客: 4万9151人
    詳細: Baseball-Reference.com
両チームの先発ラインナップ
ニューヨーク・メッツ オークランド・アスレチックス
打順 守備 選手 打席 打順 守備 選手 打席
1 W・ギャレット 1 B・キャンパネリス
2 F・ミヤーン 2 J・ルディ
3 R・スタウブ 3 S・バンドー
4 C・ジョーンズ 4 R・ジャクソン
5 J・ミルナー 5 G・テナス
6 J・グロート 6 J・アルー
7 D・ハーン 7 R・フォッシー
8 B・ハレルソン 8 D・グリーン
9 J・クーズマン 9 V・ブルー
先発投手 投球 先発投手 投球
J・クーズマン V・ブルー

第3戦 10月16日編集

チーム 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 R H E
オークランド・アスレチックス 0 0 0 0 0 1 0 1 0 0 1 3 10 1
ニューヨーク・メッツ 2 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 2 10 2
  1. : ポール・リンドブラッド(1勝)  : ハリー・パーカー(1敗)  S: ローリー・フィンガーズ(1敗1S)  
  2. :  NYM – ウェイン・ギャレット2号ソロ
  3. 審判:球審…ジェリー・ニューデッカー(AL)、塁審…一塁: ポール・プライアー(NL)、二塁: ラス・ゲーツ(AL)、三塁: ハリー・ウェンデルステット(NL)、外審…左翼: マーティー・スプリングステッド(AL)、右翼: オーギー・ドナテリ(NL)
  4. 試合時間: 3時間15分 観客: 5万4817人
    詳細: Baseball-Reference.com
両チームの先発ラインナップ
オークランド・アスレチックス ニューヨーク・メッツ
打順 守備 選手 打席 打順 守備 選手 打席
1 B・キャンパネリス 1 W・ギャレット
2 J・ルディ 2 F・ミヤーン
3 S・バンドー 3 R・スタウブ
4 R・ジャクソン 4 C・ジョーンズ
5 G・テナス 5 J・ミルナー
6 V・ダバリーヨ 6 J・グロート
7 R・フォッシー 7 D・ハーン
8 D・グリーン 8 B・ハレルソン
9 C・ハンター 9 T・シーバー
先発投手 投球 先発投手 投球
C・ハンター T・シーバー

第4戦 10月17日編集

映像外部リンク
MLB.comによる動画(英語)
  初回裏、ラスティ・スタウブの3点本塁打でメッツが先制(59秒)
チーム 1 2 3 4 5 6 7 8 9 R H E
オークランド・アスレチックス 0 0 0 1 0 0 0 0 0 1 5 1
ニューヨーク・メッツ 3 0 0 3 0 0 0 0 X 6 13 1
  1. : ジョン・マトラック(1勝1敗)  : ケン・ホルツマン(1勝1敗)  S: レイ・サデッキー(1S)  
  2. :  NYM – ラスティ・スタウブ1号3ラン
  3. 審判:球審…ポール・プライアー(NL)、塁審…一塁: ラス・ゲーツ(AL)、二塁: ハリー・ウェンデルステット(NL)、三塁: マーティー・スプリングステッド(AL)、外審…左翼: オーギー・ドナテリ(NL)、右翼: ジェリー・ニューデッカー(AL)
  4. 試合時間: 2時間41分 観客: 5万4817人
    詳細: Baseball-Reference.com
両チームの先発ラインナップ
オークランド・アスレチックス ニューヨーク・メッツ
打順 守備 選手 打席 打順 守備 選手 打席
1 B・キャンパネリス 1 W・ギャレット
2 J・ルディ 2 F・ミヤーン
3 S・バンドー 3 R・スタウブ
4 R・ジャクソン 4 C・ジョーンズ
5 G・テナス 5 J・ミルナー
6 J・アルー 6 J・グロート
7 R・フォッシー 7 D・ハーン
8 D・グリーン 8 B・ハレルソン
9 K・ホルツマン 9 J・マトラック
先発投手 投球 先発投手 投球
K・ホルツマン J・マトラック

第5戦 10月18日編集

映像外部リンク
MLB.comによる動画(英語)
  9回表、タグ・マグロウが代打ビリー・コニグロアロを見逃し三振に仕留めて試合終了、メッツが優勝に王手をかける(39秒)
チーム 1 2 3 4 5 6 7 8 9 R H E
オークランド・アスレチックス 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 3 1
ニューヨーク・メッツ 0 1 0 0 0 1 0 0 X 2 7 1
  1. : ジェリー・クーズマン(1勝)  : ヴァイダ・ブルー(1敗)  S: タグ・マグロウ(1勝1S)  
  2. 審判:球審…ラス・ゲーツ(AL)、塁審…一塁: ハリー・ウェンデルステット(NL)、二塁: マーティー・スプリングステッド(AL)、三塁: オーギー・ドナテリ(NL)、外審…左翼: ジェリー・ニューデッカー(AL)、右翼: ポール・プライアー(NL)
  3. 試合時間: 2時間39分 観客: 5万4817人
    詳細: Baseball-Reference.com
両チームの先発ラインナップ
オークランド・アスレチックス ニューヨーク・メッツ
打順 守備 選手 打席 打順 守備 選手 打席
1 B・キャンパネリス 1 W・ギャレット
2 J・ルディ 2 F・ミヤーン
3 S・バンドー 3 R・スタウブ
4 R・ジャクソン 4 C・ジョーンズ
5 G・テナス 5 J・ミルナー
6 J・アルー 6 J・グロート
7 R・フォッシー 7 D・ハーン
8 D・グリーン 8 B・ハレルソン
9 V・ブルー 9 J・クーズマン
先発投手 投球 先発投手 投球
V・ブルー J・クーズマン

第6戦 10月20日編集

チーム 1 2 3 4 5 6 7 8 9 R H E
ニューヨーク・メッツ 0 0 0 0 0 0 0 1 0 1 6 2
オークランド・アスレチックス 1 0 1 0 0 0 0 1 X 3 7 0
  1. : キャットフィッシュ・ハンター(1勝)  : トム・シーバー(1敗)  S: ローリー・フィンガーズ(1敗2S)  
  2. 審判:球審…ハリー・ウェンデルステット(NL)、塁審…一塁: マーティー・スプリングステッド(AL)、二塁: オーギー・ドナテリ(NL)、三塁: ジェリー・ニューデッカー(AL)、外審…左翼: ポール・プライアー(NL)、右翼: ラス・ゲーツ(AL)
  3. 試合時間: 2時間7分 観客: 4万9333人
    詳細: Baseball-Reference.com
両チームの先発ラインナップ
ニューヨーク・メッツ オークランド・アスレチックス
打順 守備 選手 打席 打順 守備 選手 打席
1 W・ギャレット 1 B・キャンパネリス
2 F・ミヤーン 2 J・ルディ
3 R・スタウブ 3 S・バンドー
4 C・ジョーンズ 4 R・ジャクソン
5 J・ミルナー 5 G・テナス
6 J・グロート 6 V・ダバリーヨ
7 D・ハーン 7 D・ジョンソン
8 B・ハレルソン 8 D・グリーン
9 T・シーバー 9 C・ハンター
先発投手 投球 先発投手 投球
T・シーバー C・ハンター

第7戦 10月21日編集

チーム 1 2 3 4 5 6 7 8 9 R H E
ニューヨーク・メッツ 0 0 0 0 0 1 0 0 1 2 8 1
オークランド・アスレチックス 0 0 4 0 1 0 0 0 X 5 9 1
  1. : ケン・ホルツマン(2勝1敗)  : ジョン・マトラック(1勝2敗)  S: ダロルド・ノウルズ(2S)  
  2. :  OAK – バート・キャンパネリス1号2ラン、レジー・ジャクソン1号2ラン
  3. 審判:球審…マーティー・スプリングステッド(AL)、塁審…一塁: オーギー・ドナテリ(NL)、二塁: ジェリー・ニューデッカー(AL)、三塁: ポール・プライアー(NL)、外審…左翼: ラス・ゲーツ(AL)、右翼: ハリー・ウェンデルステット(NL)
  4. 試合時間: 2時間37分 観客: 4万9333人
    詳細: Baseball-Reference.com
両チームの先発ラインナップ
ニューヨーク・メッツ オークランド・アスレチックス
打順 守備 選手 打席 打順 守備 選手 打席
1 W・ギャレット 1 B・キャンパネリス
2 F・ミヤーン 2 J・ルディ
3 R・スタウブ 3 S・バンドー
4 C・ジョーンズ 4 R・ジャクソン
5 J・ミルナー 5 G・テナス
6 J・グロート 6 J・アルー
7 D・ハーン 7 D・ジョンソン
8 B・ハレルソン 8 D・グリーン
9 J・マトラック 9 K・ホルツマン
先発投手 投球 先発投手 投球
J・マトラック K・ホルツマン

脚注編集

注釈編集

  1. ^ 殿堂入りは監督としてではなく、捕手としての功績が評価されてのもの。
  2. ^ ヤンキースは一度はウィリアムズの監督就任を発表したが、アメリカンリーグ会長ジョー・クローニンがアスレチックスへの補償トレードを勧告したため断念し、ウィリアムズに代えてビル・バードンを新監督に据えた。アスレチックスはウィリアムズの辞任自体は認めており、後任にアルヴィン・ダークを招聘した。ウィリアムズは翌1974年シーズン途中にカリフォルニア・エンゼルスの監督となる。

出典編集

  1. ^ a b "World Series Gate Receipts," Baseball Almanac. 2019年9月19日閲覧。
  2. ^ "World Series Television Ratings," Baseball Almanac. 2019年9月19日閲覧。
  3. ^ Craig Muder, "Dick Williams denied chance to manage the Yankees," Baseball Hall of Fame. 2019年9月19日閲覧。
  4. ^ John Cronin, "The Historical Evolution of the Designated Hitter Rule," Society for American Baseball Research, 2016. 2019年9月19日閲覧。

外部リンク編集