メインメニューを開く

1973年のNFL1973年9月16日NFL54 回目のレギュラーシーズンが開幕し、1974年1月13日テキサス州ヒューストンで開催された第8回スーパーボウルを経て、1月20日ミズーリ州カンザスシティでプロボウルが開催されてシーズンが終了した。

1973年のNFL
レギュラーシーズン
日程 1973年9月16日 - 1973年12月16日
プレイオフ
開幕日 1973年12月22日
AFC優勝 マイアミ・ドルフィンズ
NFC優勝 ミネソタ・バイキングス
第8回スーパーボウル
開催日 1974年1月13日
開催都市 テキサス州ヒューストン
スタジアム ライス・スタジアム
チャンピオン マイアミ・ドルフィンズ
プロボウル
開催日 1974年1月20日
開催都市 ミズーリ州カンザスシティ
スタジアム アローヘッド・スタジアム
NFLシーズン
« 1972
1974 »

目次

ルール変更編集

  • ポジションごとの背番号が制定された(1972年シーズンに付けていた番号は継続して付けることが認められた)。
    • 1–19: クォーターバック、スペシャリスト
    • 20–49: ランニングバック、ディフェンシブバック
    • 50–59: センター、ラインバッカー
    • 60–79: ディフェンシブライン、センターを除くオフェンシブライン
    • 80–89: ワイドレシーバー、タイトエンド
0番、00番、90番台の背番号は認められなくなった。[1]
  • キックをブロックする際に、守備選手が味方選手の上で立ったり、ジャンプしたりすることが禁止された。
  • 攻撃権が入れ替わる時に今までは主審の合図(レディ・フォー・プレイ)で計時が再開されていたが、スナップ時に再開されるように変更された。
  • ピリオド終了時のプレイで攻撃側チームが反則を犯し、同時に攻撃権が入れ替わった場合、ピリオドを延長し、もう一方のチームに1プレーだけ認められるようになった。
  • レシービングチームが反則を犯した場合、反則の発生がキック後である時は、攻撃権はレシービングチームに移ることになった。

日程編集

各チーム14試合の対戦相手は、以下のように組まれた。4チーム所属地区の各チームは5チーム所属地区のチームとの対戦を原則2試合行ったが、4チーム所属地区から見て、16試合(2試合×8チーム)が必要であるのに対して、5チーム所属地区から見ると、15試合(3試合×5チーム)しか組めないため、各カンファレンスで1試合足りなくなった。そのため、1試合足りないチーム同士の他カンファレンス対決を1試合増やした。。このシーズンでは、ベアーズとブロンコスがこのチームに該当する。

  • 西・中地区(ベアーズ、ブロンコス除く)
    • 同地区(6試合)
    • 同カンファレンス他地区
  • 西地区 vs. 中地区(3試合)
  • vs. 東地区(2試合)
    • 他カンファレンス(3試合)
  • ベアーズ、ブロンコス
    • 同地区(6試合)
    • 同カンファレンス他地区
  • 西地区 vs. 中地区(3試合)
  • vs. 東地区(1試合)
    • 他カンファレンス(3試合)
    • ベアーズ vs. ブロンコス(1試合)
  • 東地区
    • 同地区(8試合)
    • 同カンファレンス他地区(3試合)
    • 他カンファレンス(3試合)

レギュラーシーズン順位表編集

  • 背景色が緑のチームはプレイオフ進出チーム
  • yは地区優勝、xはワイルドカード。
AFC東地区
チーム 勝率 得点 失点
y-マイアミ・ドルフィンズ 12 2 0 .857 343 150
バッファロー・ビルズ 9 5 0 .643 259 230
ニューイングランド・ペイトリオッツ 5 9 0 .357 258 300
ニューヨーク・ジェッツ 4 10 0 .286 240 306
ボルチモア・コルツ 4 10 0 .286 226 341
AFC中地区
チーム 勝率 得点 失点
y-シンシナティ・ベンガルズ 10 4 0 .714 286 231
x-ピッツバーグ・スティーラーズ 10 4 0 .714 347 210
クリーブランド・ブラウンズ 7 5 2 .571 234 255
ヒューストン・オイラーズ 1 13 0 .071 199 447
AFC西地区
チーム 勝率 得点 失点
y-オークランド・レイダーズ 9 4 1 .679 292 175
カンザスシティ・チーフス 7 5 2 .571 231 192
デンバー・ブロンコス 7 5 2 .571 354 296
サンディエゴ・チャージャーズ 2 11 1 .179 188 386
NFC東地区
チーム 勝率 得点 失点
y-ダラス・カウボーイズ 10 4 0 .714 382 203
x-ワシントン・レッドスキンズ 10 4 0 .714 325 198
フィラデルフィア・イーグルス 5 8 1 .393 310 393
セントルイス・カージナルス 4 9 1 .321 286 365
ニューヨーク・ジャイアンツ 2 11 1 .179 226 362
NFC中地区
チーム 勝率 得点 失点
y-ミネソタ・バイキングス 12 2 0 .857 296 168
デトロイト・ライオンズ 6 7 1 .464 271 247
グリーンベイ・パッカーズ 5 7 2 .429 202 259
シカゴ・ベアーズ 3 11 0 .214 195 334
NFC西地区
チーム 勝率 得点 失点
y-ロサンゼルス・ラムズ 12 2 0 .857 388 178
アトランタ・ファルコンズ 9 5 0 .643 318 224
サンフランシスコ・49ers 5 9 0 .357 262 319
ニューオーリンズ・セインツ 5 9 0 .357 163 312

プレイオフ編集

トーナメント表編集

対戦カードといずれのホームで試合を行うかはレギュラーシーズンの成績によるものではなく、毎年のローテーションであらかじめ決められている。

  • * 同地区のチームが対戦しないように、ディヴィジョナルプレイオフの試合は組まれている。
  • チーム名の左の数字はシード順。
                             
ディヴィジョナルプレイオフ
    12月22日
メトロポリタン・スタジアム
       
NFC チャンピオンシップ
   レッドスキンズ  20
    12月30日
テキサス・スタジアム
   バイキングス  27  
   バイキングス  27
12月23日
テキサス・スタジアム
       カウボーイズ  10   第8回スーパーボウル
   ラムズ  16
    1月13日
ライス・スタジアム
   カウボーイズ  27  
   バイキングス  7
12月22日
オークランド・コロシアム
AFC チャンピオンシップ      ドルフィンズ  24
   スティーラーズ  14
    12月30日
マイアミ・オレンジボウル
   レイダーズ  33  
   レイダーズ  10
12月23日
マイアミ・オレンジボウル
       ドルフィンズ  27  
   ベンガルズ  16
   
   ドルフィンズ  34  

受賞者編集

受賞者 ポジション チーム
スーパーボウルMVP ラリー・ゾンカ RB マイアミ・ドルフィンズ
MVP O・J・シンプソン RB バッファロー・ビルズ
最優秀攻撃選手 O・J・シンプソン RB バッファロー・ビルズ
最優秀守備選手 ディック・アンダーソン S マイアミ・ドルフィンズ
最優秀コーチ チャック・ノックス HC ロサンゼルス・ラムズ
最優秀新人攻撃選手 チャック・フォアマン RB ミネソタ・バイキングス
最優秀新人守備選手 ウォリー・チャンバース DT シカゴ・ベアーズ

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ 90番台については1984年にディフェンシブラインとラインバッカーに対して認められるようになった。