メインメニューを開く

1977年東京都議会議員選挙(1977ねんとうきょうとぎかいぎいんせんきょ)は、東京都の議決機関である東京都議会を構成する都議会議員を全面改選するため1977年7月10日投票が行われた日本の選挙である。

概要編集

東京都議会議員の任期(4年)が満了したことに伴って実施された選挙である。都議会は1965年に自主解散されたため、統一地方選挙と2年ずれる形で選挙が実施されている。なお茨城県議会沖縄県議会の議員選挙も統一地方選挙で実施されない。

第11回参議院議員通常選挙と同日選挙となった本選挙では、任期半ばの美濃部都政に対する中間評価の色合いが強く、都政与党(社会党・共産党・公明党)が当時、辛うじて維持していた過半数の議席を守ることが出来るかどうかが、焦点となった[1]。また、これまでしのぎを削ってきた自民、社会、共産、公明、民社の5党に加え、新たに新自由クラブと社会市民連合(社市連)、革新自由連合(革自連)が参入し、多党化傾向に拍車がかかることになった。

選挙日程と立候補者数編集

改選議席数:126議席

  • 告示:6月28日
  • 立候補届出締め切り:6月29日
  • 投票日:7月10日
  • 立候補者数:228名
党派別立候補者数
党派 新旧内訳 現有
議席
自由民主党 61 44 1 16 49
公明党 27 22 0 5 26
日本共産党 36 19 1 16 21
日本社会党 33 18 3 12 20
民社党 10 2 1 7 2
新自由クラブ 23 2 0 21 2
社会市民連合 9 0 2 7 0
革新自由連合 4 0 0 2 0
無所属 25 2 1 22 1
合計 228 109 9 108 121
(欠4)
定数:126名。女性候補は12名。
出典:朝日新聞1977年6月28日付夕刊1面表「都議選立候補者数」、朝日新聞1977年6月30日付1面「都議選立候補者数は228名」。

選挙結果編集

投票日:1977年7月10日・・投票率:65.17%[2]

党派別議席数
党派 合計 新旧内訳 候補
者数
現有
議席
前回
選挙
前回比
(±)
自由民主党 56 42 1 13 61 49 51 +5
公明党 25 22 0 3 27 26 26 -1
日本共産党 11 8 0 3 36 21 24 -13
日本社会党 18 14 1 3 33 20 20 -2
民社党 3 2 1 0 10 2 2 +1
新自由クラブ 10 1 0 9 23 2 0 +10
社会市民連合 0 0 0 0 9 0 0 ±0
革新自由連合 3 0 0 0 4 0 0 ±0
無所属 3 0 0 3 25 1 2 +1
合計 126 89 3 34 228 121
(欠4)
125
女性候補は5名が当選。定数は前回より1増の126議席。
出典:朝日新聞1977年7月12日付1面表「都議選党派別当選者数」。
党派別得票数
党派 得票数 比率
自由民主党 1,832,205 36.08
公明党 748,327 14.74
日本共産党 722,497 14.23
日本社会党 771,419 15.19
民社党 174,300 3.43
新自由クラブ 515,763 10.15
社会市民連合 67,976 1.34
革新自由連合 32,251 0.63
無所属 213,268 4.20
出典:朝日新聞1977年7月12日付13面表「都議選 党派別当選者・得票数」。

都政与党である社会、共産、公明の3党とも議席を減らし、与党が過半数を下回る結果となった。一方、自民党は前回議席を上回り、都議選初挑戦である新自由クラブは10議席を獲得し、選挙前の2議席から議席を大幅に増やした。

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ 告示直前における都議会の勢力分野は、公明党(26議席)、共産党(21議席)、社会党(20議席)の与党3党で計67議席を占め、野党である自民(49議席)、民社(2議席)、新自由クラブ(2議席)の合計議席をわずかに上回っていた。
  2. ^ 各種選挙における投票率-東京都選挙管理委員会

参考文献編集

  • 朝日新聞『縮刷版 1977年6月号』、『縮刷版 1977年7月号』