メインメニューを開く

1977 FIFAワールドユース選手権: 1977 FIFA World Youth Championship)は、1977年6月27日から7月10日にかけて、チュニジアで開催された1回目のFIFAワールドユース選手権である。チュニスラデススーススファックスの4都市で合計28試合が行われた。これは大会史上最も少ない試合数である。初代王者にはソビエト連邦が輝いた。

1977 FIFAワールドユース選手権
大会概要
開催国 チュニジアの旗 チュニジア
日程 1977年6月27日 - 7月10日
チーム数 16 (6連盟)
開催地数(4都市)
大会結果
優勝 ソビエト連邦の旗 ソビエト連邦 (1回目)
準優勝 メキシコの旗 メキシコ
3位 ブラジルの旗 ブラジル
4位 ウルグアイの旗 ウルグアイ
大会統計
試合数 28試合
ゴール数 70点
(1試合平均 2.5点)
得点王 ブラジルの旗 グイナ(4点)
最優秀選手 ソビエト連邦の旗 ウラジーミル・ベスソノフ
1979

大会組織委員会はFIFA副会長のハリー・キャバンが議長を務めた。また彼はワールドユース選手権の設立に尽力した人物であった。

目次

出場国編集

大陸連盟 出場
枠数
予選大会 予選順位 出場国・地域 出場回数
CAF 1+2 開催国   チュニジア 初出場
- -   コートジボワール 初出場
-   モロッコ 初出場
AFC 2 AFCユース選手権 1位   イラク 初出場
2位   イラン 初出場
CONCACAF 2 CONCACAFユーストーナメント 1位   メキシコ 初出場
2位   ホンジュラス 初出場
CONMEBOL 3 南米ユース選手権 1位   ウルグアイ 初出場
2位   ブラジル 初出場
3位   パラグアイ 初出場
UEFA 6 UEFAジュニアトーナメント 1位   ソビエト連邦 初出場
2位   ハンガリー 初出場
3位   スペイン 初出場
4位   フランス 初出場
-   イタリア[1] 初出場
-   オーストリア[1] 初出場

会場一覧編集

結果編集

グループリーグ編集

グループ A編集


チーム







1   メキシコ 4 3 1 2 0 8 2 +6
2   スペイン 3 3 1 1 1 3 3 0
3   フランス 3 3 1 1 1 3 3 0
4   チュニジア 2 3 1 0 2 1 7 -6

すべて現地時刻



メキシコ   6 - 0   チュニジア
マンソ   46分47分
プラセンシア   48分69分72分
ガルドゥノ   56分
レポート





グループ B編集


チーム







1   ウルグアイ 6 3 3 0 0 6 1 +5
2   ホンジュラス 4 3 2 0 1 3 1 +2
3   ハンガリー 2 3 1 0 2 3 4 -1
4   モロッコ 0 3 0 0 3 0 6 -6

すべて現地時刻








グループ C編集


チーム







1   ブラジル 5 3 2 1 0 8 2 +6
2   イラン 3 3 1 1 1 4 5 -1
3   イタリア 2 3 0 2 1 1 3 -2
4   コートジボワール 2 3 0 2 1 2 5 -3

すべて現地時刻








グループ D編集


チーム







1   ソビエト連邦 5 3 2 1 0 5 2 +3
2   パラグアイ 4 3 2 0 1 6 2 +4
3   イラク 2 3 1 0 2 6 8 -2
4   オーストリア 1 3 0 1 2 1 6 -5

すべて現地時刻








決勝トーナメント編集

準決勝 決勝
           
7月6日 - ラデス    
   メキシコ (PK) 1 (5)
   ブラジル 1 (3)  
  7月10日 - ラデス
   メキシコ 2 (8)
     ソビエト連邦 (PK) 2 (9)
 
3位決定戦
7月6日 - ラデス 7月9日 - ラデス
   ウルグアイ 0 (3)    ブラジル 4
   ソビエト連邦 (PK) 0 (4)      ウルグアイ 0

すべて現地時刻

準決勝編集




3位決定戦編集



決勝編集



優勝国編集

 1977 FIFAワールドユース選手権優勝 
 
ソビエト連邦
初優勝

得点ランキング編集

表彰編集

受賞選手・チーム 備考
ゴールデンボール(大会MVP)   ウラジーミル・ベスソノフ 優勝
シルバーボール   ジュニオール・ブラジリア 3位
ブロンズボール   クレーベル 3位
ゴールデンシューズ(得点王)   グイナ 4得点
シルバーシューズ   サイード・フセイン 3得点
ブロンズシューズ   ルイス・プラセンシア 3得点
フェアプレー賞   ブラジル 1回目

脚注編集

  1. ^ a b UEFAジュニアトーナメント1976において上位になったわけではないイタリアオーストリアがなぜ出場権を得たのかは不明[1]

関連項目編集

外部リンク編集