1978年のワールドシリーズ

1978年の野球において、メジャーリーグベースボール(MLB)優勝決定戦の第75回ワールドシリーズ(75th World Series)は、10月10日から17日にかけて計6試合が開催された。その結果、ニューヨーク・ヤンキースアメリカンリーグ)がロサンゼルス・ドジャースナショナルリーグ)を4勝2敗で下し、2年連続22回目の優勝を果たした。

1978年のワールドシリーズ
チーム 勝数
ニューヨーク・ヤンキースAL 4
ロサンゼルス・ドジャースNL 2
シリーズ情報
試合日程 10月10日–17日
観客動員 6試合合計:37万7304人
1試合平均:05万6217人
MVP バッキー・デント(NYY)
ALCS NYY 3–1 KC
NLCS LAD 3–1 PHI
殿堂表彰者 ボブ・レモン(NYY監督[注 1]
ヨギ・ベラ(NYYコーチ[注 2]
リッチ・ゴセージ(NYY投手)
キャットフィッシュ・ハンター(NYY投手)
レジー・ジャクソン(NYY外野手)
トミー・ラソーダ(LAD監督)
ドン・サットン(LAD投手)
チーム情報
ニューヨーク・ヤンキース(NYY)
シリーズ出場 3年連続32回目
GM セドリック・タリス
監督 ボブ・レモン
シーズン成績 100勝63敗・勝率.613
AL東地区優勝
分配金 選手1人あたり3万1236.98ドル[1]
ロサンゼルス・ドジャース(LAD)
シリーズ出場 2年連続16回目
GM アル・キャンパニス
監督 トミー・ラソーダ
シーズン成績 095勝67敗・勝率.586
NL西地区優勝
分配金 選手1人あたり2万5483.21ドル[1]
全米テレビ中継
放送局 NBC
実況 ジョー・ガラジオーラ・シニア
解説 トニー・クーベック
トム・シーバー
平均視聴率 32.8%(前年比3.0ポイント上昇)[2]
ワールドシリーズ
 < 1977 1979 > 

両チームの対戦は2年連続で、歴代最多の10度目。4勝2敗でヤンキースの優勝という結果は前回と同じだった。初戦から2連敗のあと第3戦からの4連勝で優勝を決めたのは、今シリーズのヤンキースが史上初である[3]。ヤンキース監督のボブ・レモンは、32年ぶり史上2人目の投手出身シリーズ優勝監督となった[4]シリーズMVPには、優勝を決めた第6戦で3安打3打点を挙げるなど、6試合で打率.417・7打点・OPS.898という成績を残したヤンキースのバッキー・デントが選出された。

ワールドシリーズでは1976年から指名打者(DH)制度が導入され、1985年までの10年間は、偶数年は全試合で採用、奇数年は全試合で不採用とされていた[5]。したがって今シリーズでは、DH制が全試合で採用されている。

試合結果編集

1978年のワールドシリーズは10月10日に開幕し、途中に移動日を挟んで8日間で6試合が行われた。日程・結果は以下の通り。

日付 試合 ビジター球団(先攻) スコア ホーム球団(後攻) 開催球場
10月10日(火) 第1戦 ニューヨーク・ヤンキース 5-11 ロサンゼルス・ドジャース ドジャー・スタジアム
10月11日(水) 第2戦 ニューヨーク・ヤンキース 3-4 ロサンゼルス・ドジャース
10月12日(木) 移動日
10月13日(金) 第3戦 ロサンゼルス・ドジャース 1-5 ニューヨーク・ヤンキース ヤンキー・スタジアム
10月14日(土) 第4戦 ロサンゼルス・ドジャース 3-4x ニューヨーク・ヤンキース
10月15日(日) 第5戦 ロサンゼルス・ドジャース 2-12 ニューヨーク・ヤンキース
10月16日(月) 移動日
10月17日(火) 第6戦 ニューヨーク・ヤンキース 7-2 ロサンゼルス・ドジャース ドジャー・スタジアム
優勝:ニューヨーク・ヤンキース(4勝2敗 / 2年連続22度目)

第1戦 10月10日編集

映像外部リンク
MLB.comによる動画(英語)
  2回裏、ダスティ・ベイカーのソロ本塁打でドジャースが先制(57秒)
  デイビー・ロープスが2回裏に2点本塁打、4回裏に3点本塁打を放つ(1分22秒)
  7回表、レジー・ジャクソンのソロ本塁打でヤンキースが1点を返す(1分8秒)
チーム 1 2 3 4 5 6 7 8 9 R H E
ニューヨーク・ヤンキース 0 0 0 0 0 0 3 2 0 5 9 1
ロサンゼルス・ドジャース 0 3 0 3 1 0 3 1 X 11 15 2
  1. : トミー・ジョン(1勝)  : エド・フィゲロア(1敗)  
  2. :  NYY – レジー・ジャクソン1号ソロ  LAD – ダスティ・ベイカー1号ソロ、デイビー・ロープス1号2ラン・2号3ラン
  3. 審判:球審…エド・バーゴ(NL)、塁審…一塁: ビル・ハラー(AL)、二塁: ジョン・キブラー(NL)、三塁: マーティー・スプリングステッド(AL)、外審…左翼: フランク・プーリ(NL)、右翼: ジョー・ブリンクマン(NL)
  4. 試合時間: 2時間48分 観客: 5万5997人
    詳細: Baseball-Reference.com
両チームの先発ラインナップ
ニューヨーク・ヤンキース ロサンゼルス・ドジャース
打順 守備 選手 打席 打順 守備 選手 打席
1 M・リバース 1 D・ロープス
2 R・ホワイト 2 B・ラッセル
3 T・マンソン 3 R・スミス
4 DH R・ジャクソン 4 S・ガービー
5 L・ピネラ 5 R・セイ
6 G・ネトルズ 6 D・ベイカー
7 C・チャンブリス 7 R・マンデイ
8 F・スタンリー 8 DH L・レイシー
9 B・デント 9 S・イェーガー
先発投手 投球 先発投手 投球
E・フィゲロア T・ジョン

ドジャースは2回裏、先頭打者ダスティ・ベイカー本塁打で1点を先制する。さらに次打者リック・マンデイ二塁打をきっかけに二死三塁とすると、1番デイビー・ロープスの本塁打で2点を加えた。ヤンキースは先発投手エド・フィゲロアをここで諦め、継投に入った。2番手ケン・クレイは2番ビル・ラッセルを遊飛に打ち取ってこのイニングを終わらせ、3回裏も無失点で終えた。しかし4回裏、一死一・三塁の危機を招くと、1番ロープスにこの日2本目となる本塁打を浴び、点差を6点に広げられた。クレイは5回裏にも無死一・三塁とされ、自らの暴投で7点目を失ったところで降板した。

ドジャースの先発投手トミー・ジョンは7回表、4番レジー・ジャクソンのソロ本塁打と9番バッキー・デントの2点適時打で3点を返される。しかしその裏、ドジャース打線はヤンキース3番手ポール・リンドブラッドを攻めたて一死二・三塁とし、代打ビル・ノースと8番リー・レイシーの連続適時打で3点を奪い返した。ジョンは8回表にも2点を失い途中降板するが、テリー・フォースターがその後を抑えて締め、10-5でドジャースが先勝した。

第2戦 10月11日編集

映像外部リンク
MLB.comによる動画(英語)
  6回裏、ロン・セイが逆転の3点本塁打を放つ(1分9秒)
  9回表二死一・二塁、ボブ・ウェルチがレジー・ジャクソンを9球かけて空振り三振に仕留め試合終了、ドジャースが連勝(5分58秒)
チーム 1 2 3 4 5 6 7 8 9 R H E
ニューヨーク・ヤンキース 0 0 2 0 0 0 1 0 0 3 11 0
ロサンゼルス・ドジャース 0 0 0 1 0 3 0 0 X 4 7 0
  1. : バート・フートン(1勝)  : キャットフィッシュ・ハンター(1敗)  S: ボブ・ウェルチ(1S)  
  2. :  LAD – ロン・セイ1号3ラン
  3. 審判:球審…ビル・ハラー(AL)、塁審…一塁: ジョン・キブラー(NL)、二塁: マーティー・スプリングステッド(AL)、三塁: フランク・プーリ(NL)、外審…左翼: ジョー・ブリンクマン(NL)、右翼: エド・バーゴ(NL)
  4. 試合時間: 2時間37分 観客: 5万5982人
    詳細: Baseball-Reference.com
両チームの先発ラインナップ
ニューヨーク・ヤンキース ロサンゼルス・ドジャース
打順 守備 選手 打席 打順 守備 選手 打席
1 R・ホワイト 1 D・ロープス
2 G・トマソン 2 B・ラッセル
3 T・マンソン 3 R・スミス
4 DH R・ジャクソン 4 S・ガービー
5 G・ネトルズ 5 R・セイ
6 L・ピネラ 6 D・ベイカー
7 J・スペンサー 7 R・マンデイ
8 B・ドイル 8 DH L・レイシー
9 B・デント 9 S・イェーガー
先発投手 投球 先発投手 投球
C・ハンター B・フートン

3回表、ヤンキースは二死一・二塁から4番レジー・ジャクソンが右翼線へ二塁打を放ち、2点を先制する。ドジャースは4回裏、一死一・二塁から5番ロン・セイの中前打で1点を返すと、6回裏にはセイの3点本塁打で逆転する。7回表、ヤンキースは一死二・三塁で4番ジャクソンが二ゴロに倒れるが、その間に三塁走者ロイ・ホワイトが生還して1点差に詰め寄る。

ドジャースは2番手のテリー・フォースターが9回表、一死一・二塁と逆転の走者を背負った。ここでドジャースはフォースターに代え、新人右腕ボブ・ウェルチをマウンドへ送った。ウェルチは3番サーマン・マンソンを2球で右飛に仕留め、4番ジャクソンを打席に迎えた。この顔合わせに、二塁手のデイビー・ロープスは「ウェルチの球速とジャクソンのパワーがあれば、野球史上最長飛距離のホームランだってありうる」と考えていた[6]。しかし、当のウェルチは「『ストライクを投げて打たせて取れ』と言われていたから、速球しか投げないことにした」という[7]。初球が空振りのあと、2球目をウェルチは内角高めに投げ、ジャクソンはのけぞって尻もちをついた。捕手のスティーブ・イェーガーは「あの球で、3球目以降ジャクソンのスウィングが崩れた」と話す[6]。3球目からはジャクソンが3球連続でスウィングするが、打球はいずれも後ろへしか飛ばずファウルになる。そのあとはボール→ファウル→ボールでフルカウントとなり、9球目、ウェルチが内角球を投じた。このとき、二死フルカウントなので走者がスタートを切り、ジャクソンの目には二塁走者バッキー・デントの動きが入った[8]。ジャクソンは空振りし、5分以上続いたこの打席は9球全て速球勝負の末に三振で決着、同時に試合も4-3でドジャースの勝利が決まった[9]

ジャクソンは、試合終了直後こそ監督のボブ・レモンが走者を走らせて自分の打撃を邪魔したと怒りを露わにしたが、状況を思い出すと落ち着きを取り戻し「やられたよ、それだけ。打てる球を待ってたけど来なかったし、失投もなかった」と振り返った[8]。ドジャース監督のトミー・ラソーダは、のちの2014年6月にウェルチが亡くなったとき、この場面を思い出し「投手と打者の対決では、私の野球人生でも最上級の、最上級のもののひとつだった。球史にも最高の勝負と刻まれるだろう」と述べて悼んだ[10]

第3戦 10月13日編集

映像外部リンク
MLB.comによる動画(英語)
  初回裏、ロイ・ホワイトのソロ本塁打でヤンキースが先制(42秒)
  6回表二死満塁、デイビー・ロープスの打球が三塁線を突くもグレイグ・ネトルズが好捕して二塁封殺(47秒)
  9回表、ロン・ギドリーがレジー・スミスを空振り三振に仕留めて完投勝利を挙げる(30秒)
チーム 1 2 3 4 5 6 7 8 9 R H E
ロサンゼルス・ドジャース 0 0 1 0 0 0 0 0 0 1 8 0
ニューヨーク・ヤンキース 1 1 0 0 0 0 3 0 X 5 10 1
  1. : ロン・ギドリー(1勝)  : ドン・サットン(1敗)  
  2. :  NYY – ロイ・ホワイト1号ソロ
  3. 審判:球審…ジョン・キブラー(NL)、塁審…一塁: マーティー・スプリングステッド(AL)、二塁: フランク・プーリ(NL)、三塁: ジョー・ブリンクマン(NL)、外審…左翼: エド・バーゴ(NL)、右翼: ビル・ハラー(AL)
  4. 試合時間: 2時間27分 観客: 5万6447人
    詳細: Baseball-Reference.com
両チームの先発ラインナップ
ロサンゼルス・ドジャース ニューヨーク・ヤンキース
打順 守備 選手 打席 打順 守備 選手 打席
1 D・ロープス 1 M・リバース
2 B・ラッセル 2 R・ホワイト
3 R・スミス 3 T・マンソン
4 S・ガービー 4 DH R・ジャクソン
5 R・セイ 5 L・ピネラ
6 D・ベイカー 6 G・ネトルズ
7 DH L・レイシー 7 C・チャンブリス
8 B・ノース 8 B・ドイル
9 S・イェーガー 9 B・デント
先発投手 投球 先発投手 投球
D・サットン R・ギドリー

ヤンキースは初回裏、先頭打者ミッキー・リバースが中前打で出塁するも、次打者ロイ・ホワイトの打席で盗塁に失敗する。しかし、その次の球をホワイトが右翼ポール際の外野席まで運び、ソロ本塁打でヤンキースが先制する。続く2回裏には、一死一・二塁から8番ブライアン・ドイルが遊ゴロに打ち取られるが、一塁走者クリス・チャンブリス併殺崩しのスライディングで二塁手デイビー・ロープスに一塁送球をさせず、一死一・三塁となる。次打者バッキー・デントの三ゴロで、今度は一塁走者ドイルが併殺崩しのスライディングをして打者走者デントを生かし、その間に三塁走者グレイグ・ネトルズが生還して2点目を加えた。これらのスライディング、特に後者は、40年後の2018年であれば守備妨害と判定され、一塁走者だけでなく打者走者もアウトにされる可能性が高い[11]

ヤンキースの先発投手ロン・ギドリーは、初回表から6イニング連続で四球による走者の出塁を許し、そのうち3回表にはその走者を2番ビル・ラッセルの適時打で還され、1点差に迫られていた[7]。しかしギドリーは、結局この1失点のみで完投勝利を挙げることとなる。それを支えたのは、三塁手ネトルズの好守だった。この日はドジャース打線が左腕ギドリーに対し右打者を並べ、さらにギドリーも速球の伸びを欠いていたため、三塁方向へ引っ張りの打球が増え、それをネトルズが処理した[8]。5回表・6回表ともにギドリーは二死満塁の危機を背負ったが、それぞれ4番スティーブ・ガービーと1番ロープスの打球をネトルズが止め、一塁走者を二塁で封殺して同点・逆転を阻止した[7]。ヤンキース監督のボブ・レモンは試合後「ネトルズにセーブがつくべきだ」と称賛した[8]

第4戦 10月14日編集

映像外部リンク
MLB.comによる動画(英語)
  6回裏一死一・二塁、遊ゴロを処理したビル・ラッセルの送球が一塁走者レジー・ジャクソンに当たり、その間に二塁走者サーマン・マンソンが生還してヤンキースが1点差に迫る(4分14秒)
  8回裏、マンソンの適時二塁打でヤンキースが同点に追いつく(1分2秒)
  延長10回裏、ルー・ピネラの中前打が二塁走者ロイ・ホワイトを還しヤンキースがサヨナラ勝利(1分30秒)
チーム 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 R H E
ロサンゼルス・ドジャース 0 0 0 0 3 0 0 0 0 0 3 6 1
ニューヨーク・ヤンキース 0 0 0 0 0 2 0 1 0 1x 4 9 0
  1. : リッチ・ゴセージ(1勝)  : ボブ・ウェルチ(1敗1S)  
  2. :  LAD – レジー・スミス1号3ラン
  3. 審判:球審…マーティー・スプリングステッド(AL)、塁審…一塁: フランク・プーリ(NL)、二塁: ジョー・ブリンクマン(NL)、三塁: エド・バーゴ(NL)、外審…左翼: ビル・ハラー(AL)、右翼: ジョン・キブラー(NL)
  4. 試合時間: 3時間17分 観客: 5万6445人
    詳細: Baseball-Reference.com
両チームの先発ラインナップ
ロサンゼルス・ドジャース ニューヨーク・ヤンキース
打順 守備 選手 打席 打順 守備 選手 打席
1 D・ロープス 1 P・ブレアー
2 B・ラッセル 2 R・ホワイト
3 R・スミス 3 T・マンソン
4 S・ガービー 4 DH R・ジャクソン
5 R・セイ 5 L・ピネラ
6 D・ベイカー 6 G・ネトルズ
7 DH R・マンデイ 7 C・チャンブリス
8 B・ノース 8 F・スタンリー
9 S・イェーガー 9 B・デント
先発投手 投球 先発投手 投球
T・ジョン E・フィゲロア

ヤンキースの先発投手エド・フィゲロアは、初回表に一死一・二塁、2回表に二死一・三塁、4回表に二死三塁と、4イニングで3度得点圏に走者を背負うがいずれも無失点で凌ぐ。しかしドジャースの先発投手トミー・ジョンも、ヤンキース打線に得点を許さない。5回表、フィゲロアは一死一・二塁と、この試合4度目の得点圏の危機を迎える。ここで2番ビル・ラッセルは空振り三振させたものの、次打者レジー・スミス打球を右翼スタンドまで運ばれ、本塁打で3点を失った。フィゲロアはこの回終了をもって降板した。

ヤンキースは6回裏、ジョンから一死一・二塁の好機を作り、4番レジー・ジャクソンの右前打で1点を返す。なおも一死一・二塁で次打者ルー・ピネラの打球は、ライナーとなって遊撃手ビル・ラッセルの正面へ飛んだ。ラッセルはこの打球を弾いて落とすが、すぐに拾うとまず自ら二塁を踏んで一塁走者ジャクソンを封殺し、それから一塁へ送球した。しかしジャクソンは一塁付近で立ち止まっており、送球はジャクソンの下半身に当たって逸れて併殺とならず、二塁走者サーマン・マンソンが生還してヤンキースが1点差に詰め寄った。このプレイに対し、ドジャース監督のトミー・ラソーダがダグアウトから出てきて、ジャクソンの守備妨害を主張したが、判定は覆らなかった。一塁塁審フランク・プーリは、この判定について「ジャクソンが故意に当たったと見なせないため」と説明したが、規則上は故意か否かは判定の基準とはならない[8]

7回は両チームとも無得点、8回表のドジャースの攻撃は三者凡退で終わる。その裏、ヤンキースは先頭打者ポール・ブレアーが左前打で出塁し、ジョンを降板に追い込む。2番手テリー・フォースターから、次打者ロイ・ホワイトが初球で犠牲バントを決めブレアーを二塁へ進めると、3番マンソンが二塁打でブレアーを還し、3-3の同点となった。その後、一死一・二塁でフォースターに代わりボブ・ウェルチが登板、ヤンキースに逆転を許さず試合は延長戦に入った。10回裏、ヤンキースはウェルチからジャクソンの右前打などで二死一・二塁とし、5番ピネラの中前打でサヨナラ勝利した。

第5戦 10月15日編集

映像外部リンク
MLB.comによる動画(英語)
  7回裏、サーマン・マンソンの適時二塁打でヤンキースが11点目を挙げる(59秒)
  8回裏、バッキー・デントの適時二塁打でヤンキースがさらに追加点(46秒)
  9回表、ジム・ビーティーがビル・ラッセルを投ゴロに打ち取り完投、ヤンキースが優勝に王手(1分2秒)
チーム 1 2 3 4 5 6 7 8 9 R H E
ロサンゼルス・ドジャース 1 0 1 0 0 0 0 0 0 2 9 3
ニューヨーク・ヤンキース 0 0 4 3 0 0 4 1 X 12 18 0
  1. : ジム・ビーティー(1勝)  : バート・フートン(1勝1敗)  
  2. 審判:球審…フランク・プーリ(NL)、塁審…一塁: ジョー・ブリンクマン(NL)、二塁: エド・バーゴ(NL)、三塁: ビル・ハラー(AL)、外審…左翼: ジョン・キブラー(NL)、右翼: マーティー・スプリングステッド(AL)
  3. 試合時間: 2時間56分 観客: 5万6448人
    詳細: Baseball-Reference.com
両チームの先発ラインナップ
ロサンゼルス・ドジャース ニューヨーク・ヤンキース
打順 守備 選手 打席 打順 守備 選手 打席
1 D・ロープス 1 M・リバース
2 B・ラッセル 2 R・ホワイト
3 R・スミス 3 T・マンソン
4 S・ガービー 4 DH R・ジャクソン
5 R・セイ 5 L・ピネラ
6 D・ベイカー 6 G・ネトルズ
7 R・マンデイ 7 J・スペンサー
8 DH L・レイシー 8 B・ドイル
9 S・イェーガー 9 B・デント
先発投手 投球 先発投手 投球
B・フートン J・ビーティー

ドジャースは、初回表一死二塁から3番レジー・スミスの適時右前打で1点を先制、3回表には一死一塁で2番ビル・ラッセルが適時二塁打を放ち2-0とした。しかしその裏、ヤンキースは先頭打者バッキー・デント四球と1番ミッキー・リバースの左前打で無死一・二塁とし、2番ロイ・ホワイトの適時右前打で1点を返す。なおも無死一・二塁で2走者が重盗を成功させると、3番サーマン・マンソンの適時右前打で2走者が生還し逆転した。このとき右翼手スミスが本塁へ悪送球したためマンソンは一気に三塁まで進み、5番ルー・ピネラの適時左前打でマンソンも生還し4-2となった。この一打でドジャースは先発投手バート・フートンを降板させた。

ドジャースの2番手ランス・ラッツハンおよび3番手チャーリー・ハフからも、ヤンキース打線は4回裏に3点、7回表には4点を加えて点差を広げていった。ヤンキースの先発投手ジム・ビーティーは、逆転してもらった直後の4回表を三者凡退に抑えると、その後もドジャース打線に得点を許さず最後まで投げ切り、完投勝利を挙げた。ヤンキースは本拠地ヤンキー・スタジアムで3連勝し、連敗スタートから一転して先に優勝へ王手をかけた。

第6戦 10月17日編集

映像外部リンク
MLB.comによる動画(英語)
  初回裏、デイビー・ロープスの先頭打者本塁打でドジャースが先制(32秒)
  その後、一死一塁から走者ビル・ラッセルが盗塁を試みるもサーマン・マンソンが阻止(48秒)
  6回表、ブライアン・ドイルの適時中前打でヤンキースがリードを2点に広げる(41秒)
  次打者バッキー・デントも適時左前打で続きヤンキースが5点目を挙げる(40秒)
  7回表、レジー・ジャクソンがボブ・ウェルチから2点本塁打を放つ(1分14秒)
  9回裏、リッチ・ゴセージがロン・セイを捕邪飛に打ち取り試合終了、ヤンキースが優勝を決める(40秒)
チーム 1 2 3 4 5 6 7 8 9 R H E
ニューヨーク・ヤンキース 0 3 0 0 0 2 2 0 0 7 11 0
ロサンゼルス・ドジャース 1 0 1 0 0 0 0 0 0 2 7 1
  1. : キャットフィッシュ・ハンター(1勝1敗)  : ドン・サットン(2敗)  
  2. :  NYY – レジー・ジャクソン2号2ラン  LAD – デイビー・ロープス3号ソロ
  3. 審判:球審…ジョー・ブリンクマン(NL)、塁審…一塁: エド・バーゴ(NL)、二塁: ビル・ハラー(AL)、三塁: ジョン・キブラー(NL)、外審…左翼: マーティー・スプリングステッド(AL)、右翼: フランク・プーリ(NL)
  4. 試合時間: 2時間34分 観客: 5万5985人
    詳細: Baseball-Reference.com
両チームの先発ラインナップ
ニューヨーク・ヤンキース ロサンゼルス・ドジャース
打順 守備 選手 打席 打順 守備 選手 打席
1 M・リバース 1 D・ロープス
2 R・ホワイト 2 B・ラッセル
3 T・マンソン 3 R・スミス
4 DH R・ジャクソン 4 S・ガービー
5 L・ピネラ 5 R・セイ
6 G・ネトルズ 6 D・ベイカー
7 J・スペンサー 7 R・マンデイ
8 B・ドイル 8 J・ファーガソン
9 B・デント 9 DH V・ダバリーヨ
先発投手 投球 先発投手 投球
C・ハンター D・サットン

ドジャースは初回裏、デイビー・ロープスの先頭打者本塁打で先制する。しかしその直後の2回表、ヤンキースは一死一・二塁から8番ブライアン・ドイル二塁打で同点とすると、次打者バッキー・デントの中前打で2走者が還り一気に逆転した。ドジャースが1点差に詰め寄ったあとの6回表には、二死二塁からドイルとデントが再び連続適時打で2点を加え、3点差に突き放した。このふたりについてヤンキース監督のボブ・レモンは、今シリーズで両チームの明暗を分けたのが下位打線の出来だと指摘し、レジー・ジャクソンも「彼らなしでは優勝はありえなかった」と好守に渡る活躍を称えた[3]

7回表には4番ジャクソンが、ドジャースの2番手ボブ・ウェルチから2点本塁打を放った。ジャクソンは第2戦の9回表、ウェルチ相手に三振に終わったとき「大したもんだ。でも、この借りは必ず返すぜ」と話しており、有言実行の一打となった[12]。ヤンキースの先発投手キャットフィッシュ・ハンターは8回途中まで2失点、そのあとを受けたリッチ・ゴセージもドジャース打線を抑えた。9回裏、ゴセージが5番ロン・セイを捕邪飛に打ち取り、打球が捕手サーマン・マンソンミットに収まった瞬間、ヤンキースの2年連続22回目のワールドシリーズ制覇が決まった。

脚注編集

注釈編集

  1. ^ 殿堂入りは指導者としてではなく、投手としての功績が評価されてのもの。
  2. ^ 殿堂入りは指導者としてではなく、捕手としての功績が評価されてのもの。

出典編集

  1. ^ a b "World Series Gate Receipts," Baseball Almanac. 2020年1月12日閲覧。
  2. ^ "World Series Television Ratings," Baseball Almanac. 2020年1月12日閲覧。
  3. ^ a b Ron Fimrite, "The Yankee D boys did double duty," Sports Illustrated Vault, October 30, 1978. 2020年1月12日閲覧。
  4. ^ Barry M. Bloom, "Farrell's history made him right man for Red Sox / Former pitcher can relate to injured players, brought focused attitude to team," MLB.com, October 31, 2013. 2020年1月12日閲覧。
  5. ^ John Cronin, "The Historical Evolution of the Designated Hitter Rule," Society for American Baseball Research, 2016. 2020年1月12日閲覧。
  6. ^ a b Ken Denlinger, "Yanks Bank on Guidry's Arm for Lift Out of 2-0 Hole," The Washington Post, October 13, 1978. 2020年1月12日閲覧。
  7. ^ a b c Steven C. Weiner, "October 13, 1978: Graig Nettles’ defense leads Yankees in Game Three win," Society for American Baseball Research. 2020年1月12日閲覧。
  8. ^ a b c d e Ron Fimrite, "NO PLACE LIKE HOME," Sports Illustrated Vault, October 23, 1978. 2020年1月12日閲覧。
  9. ^ Bruce Weber, "Bob Welch, Pitching Ace and Prototype for Today’s Power Arms, Dies at 57," The New York Times, June 10, 2014. 2020年1月12日閲覧。
  10. ^ Manny Randhawa, "Lasorda, others fondly remember Welch," MLB.com, June 10, 2014. 2020年1月12日閲覧。
  11. ^ David Schoenfield, "How much has baseball really changed over the years?," ESPN.com, January 28, 2019. 2020年1月12日閲覧。
  12. ^ 出野哲也 「豪傑伝説2 尊大さと紙一重の絶対的な自信 レジー・ジャクソン」 『月刊スラッガー』2006年2月号、日本スポーツ企画出版社、2005年、雑誌15509-2、8-9頁。

外部リンク編集