メインメニューを開く

1978 FIFAワールドカップ

1978 FIFAワールドカップ: 1978 FIFA World Cup)は、1978年6月1日から6月25日にかけて、アルゼンチンで開催された第11回目のFIFAワールドカップである。決勝はアルゼンチンオランダで、延長戦の末3対1でアルゼンチンが勝利し、史上6か国目の優勝国となった。

1978 FIFAワールドカップ
1978 FIFA World Cup
Copa Mundial de Fútbol de 1978
大会概要
開催国 アルゼンチンの旗 アルゼンチン
日程 1978年6月1日 - 6月25日
チーム数 16 (5連盟)
開催地数(5都市)
大会結果
優勝 アルゼンチンの旗 アルゼンチン (1回目)
準優勝 オランダの旗 オランダ
3位 ブラジルの旗 ブラジル
4位 イタリアの旗 イタリア
大会統計
試合数 38試合
ゴール数 102点
(1試合平均 2.68点)
総入場者数 1,546,151人
(1試合平均 40,688人)
得点王 アルゼンチンの旗 マリオ・ケンペス(6点)
 < 19741982

目次

予選編集

出場国編集

出場選手は1978 FIFAワールドカップ参加チームを参照。

大陸連盟 出場
枠数
予選
予選順位
出場国・地域 出場回数 備考
CONMEBOL 1+2.5 開催国   アルゼンチン 2大会連続7回目
最終予選 1位   ブラジル 11大会連続11回目
2位   ペルー 2大会ぶり3回目
UEFA 1+8.5 前回優勝国   西ドイツ 7大会連続9回目[1]
欧州予選 1組 1位   ポーランド 2大会連続3回目
2組 1位   イタリア 5大会連続9回目
3組 1位   オーストリア 5大会ぶり4回目
4組 1位   オランダ 2大会連続4回目
5組 1位   フランス 3大会ぶり7回目
6組 1位   スウェーデン 3大会連続7回目
7組 1位   スコットランド 2大会連続4回目
8組 1位   スペイン 3大会ぶり5回目
9組 1位   ハンガリー 3大会ぶり7回目
CONCACAF 1 最終予選 1位   メキシコ 2大会ぶり8回目
CAF 1 最終予選 1位   チュニジア 初出場
AFC/OFC 1 最終予選 1位   イラン 初出場
  • 備考欄の「○」は大陸間プレーオフに勝利の上、出場が決定したチーム。

本大会編集

概要編集

前回の西ドイツ大会と同じ大会方式が採用された。16チームが地区予選を通じて選ばれ、4つごとに4グループに分けられた。各グループの1位と2位が通過し、8チームは4つごとに2グループに分けられた。各組の1位が決勝戦を争い、2位は3位決定戦を戦う。また今大会よりPK戦が導入された[2][3]。ただし3位決定戦も決勝も延長までに決着がついたので、本大会でのPK戦の機会はなかった[4]

第1回大会での準優勝以来、出場はするものの今一つ芳しい成績を挙げていなかったアルゼンチンにとって初の地元開催は優勝を狙う絶好の機会であっただけに、アルゼンチンサッカー協会は代表監督にセサル・ルイス・メノッティを招聘。発足したばかりの軍事政権からも諸外国への宣伝のために優勝を厳命された彼は、ダーティなラフプレーで悪名高かったアルゼンチン・サッカーを攻撃サッカーへと変貌させるべく、首都ブエノスアイレスのビッグクラブに所属する選手や海外でプレーする有力選手ばかりを大会直前に慌しくかき集めていた従来の選抜方式をやめ、地方の小さなクラブも丹念に回り人材発掘に傾注。そしてリカルド・ビジャノルベルト・アロンソレネ・ハウスマンといった当時のスター選手を招集はしたが重用せず、レオポルド・ルケダニエル・パサレラオズワルド・アルディレスホルヘ・マリオ・オルギンダニエル・ベルトーニアルベルト・タランティーニルイス・ガルバンアメリコ・ガジェゴら代表経験のない無名の若手選手に代表の運命を託すという賭けに出た。軍事政権の全面協力を取り付けたメノッティは選手の海外移籍を禁じ、国内での入念な合宿を敢行して代表メンバーの結束を図った。

前回大会の経験者としてはGKウバルド・フィジョールに唯一の海外プレーヤーであるFWマリオ・ケンペス(と控えのハウスマン)を加えただけの若い代表チームだったが、優勝への道程は険しいものとなった。1次リーグでは、ハンガリーフランスイタリアと強豪ひしめくグループ1に組み込まれた上に、ケンペスが不発だったこともあって、予想以上の苦戦を強いられた。ルケらの活躍によりハンガリー戦、フランス戦には連勝したものの、ルケが負傷欠場した最終のイタリア戦に敗れグループ2位での2次リーグ進出となった。

これにより首都ブエノスアイレスを離れロサリオへの転戦を余儀なくされたが、結果的に見ればこの1次リーグにおける苦戦とロサリオ転戦が若手主体の代表チームを急成長させることになった。さらにこの2次リーグで“エル・マタドール(闘牛士)”の異名を取るケンペスが復調した。彼にとってロサリオのスタジアム「ヒガンテ・デ・アロジート」はかつての古巣CAロサリオ・セントラルの本拠地であり、首都以上に馴染み深い場所だったのが大きかった。かくしてケンペスはポーランド戦2得点、ペルー戦2得点を挙げる大活躍を見せる。特に2次リーグ最終戦のペルー戦では4点差以上で勝たなければ決勝進出の夢を断たれるという絶体絶命のピンチに追い込まれたが、6対0と圧勝したこと(軍事政権がペルーを買収した八百長の疑いもあるという)が大きくモノを言って同組ライバルのブラジルを得失点差で上回り、決勝進出を決めた[5]

決勝のオランダ戦でもケンペスの勢いは止まらず、2得点を決め延長の末に3対1で勝利し、初優勝を果たした。通算で6得点を挙げたケンペスは優勝国から出た初の単独得点王となった。メノッティは軍事政権から与えられた使命を果たし、攻撃的なサッカーで優勝するという賭けに勝った。

名将エルンスト・ハッペルが率いたオランダはニースケンスクロルレンセンブリンクレップハーンヤンセンら前回メンバーの大半が健在であり、トータルフットボールが影を潜めた1次リーグではスコットランドに敗れるなど少々もたついたものの2次リーグに入って調子を上げ、粘り強く決勝まで勝ち残った。しかし、1974年西ドイツ大会に続き2大会連続で開催国相手に決勝戦で敗れる結果となった。トータルフットボールの中心的存在だったヨハン・クライフがアルゼンチン軍事政権の弾圧政策に反対する立場から出場しなかった(後に子どもの誘拐未遂事件に遭ったためだったことを明らかにした[6])ことが結果的に大きく響いた。

前回優勝国の西ドイツフランツ・ベッケンバウアーが大会直前に代表を引退し、ベルティ・フォクツが主将を引き継いでチームを牽引した。しかし、2次リーグ最終戦、オーストリア戦で、フォクツ自ら痛恨のオウンゴールを献上し、ハンス・クランクルに2得点を許したことが響いて2対3の逆転負け、ベスト4進出目前で敗退した。

ブラジルは70年大会優勝時の攻撃力には及ばないものの、ジルセウロベルト・ディナミッチトニーニョ・セレーゾオスカルレオンらを中心とし、無敗のまま2次リーグを終える強さで歴代最多優勝国の意地を見せた。ホスト国をあと1歩まで追い詰めたが、最後は得失点差により3位に終わった。

監督のエンツォ・ベアルツォットに率いられ、ヨーロッパ地区予選でイングランドに競り勝って出場を決めたイタリアは、ベッテガアントニョーニらアタッカー陣とGKゾフ、DFカブリーニシレアらディフェンス陣との攻守バランスが程よく取れており、今大会で地元アルゼンチンを破った唯一のチームとなった。2次リーグ最終戦でオランダに逆転負け、3位決定戦でもブラジルに敗れて4位に終わったが、メンバーの大半はそのまま残り、次回スペイン大会では優勝を果たした。

1次リーグの対オランダ戦で、スコットランドアーチー・ゲミルが決めた得点シーンは映画『トレインスポッティング』の中で演出として使われた。2次リーグに進むためにはスコットランドは3点差が必要であり、ゲミルの得点が試合を3対1にした。しかし、その後オランダが1点を返し、3対2となり、スコットランドは1次リーグで姿を消した。

なお、今大会でブラジルからジーコ、西ドイツからカール=ハインツ・ルンメニゲ、イタリアからパオロ・ロッシ、フランスからミシェル・プラティニが期待の若手として本大会デビューを果たし、各々ゴールも決めている。

直前に勃発した政情不安、軍事政権による介入など暗い影を落とす中、アルゼンチン国民の熱狂的な盛り上がりもあり、地元アルゼンチンが初優勝を獲得したことで、形の上では成功した大会となった。

結果編集

1次リーグ編集

グループ 1編集


チーム







1   イタリア  6 3 3 0 0 6 2 +4
2   アルゼンチン 4 3 2 0 1 4 3 +1
3   フランス  2 3 1 0 2 5 5 0
4   ハンガリー  0 3 0 0 3 3 8 -5


アルゼンチン   2 - 1   ハンガリー
ルケ   14分
ベルトーニ   83分
レポート チャポー   9分
エスタディオ・モヌメンタルブエノスアイレス
観客数: 71,615人
主審:   Antonio Garrido

イタリア   3 - 1   ハンガリー
ロッシ   34分
ベッテガ   36分
ベネッティ   60分
レポート トート   81分 (PK)

アルゼンチン   2 - 1   フランス
パサレラ   45分 (PK)
ルケ   73分
レポート プラティニ   60分
エスタディオ・モヌメンタルブエノスアイレス
観客数: 71,666人
主審:   Jean Dubach

1978年6月10日
14:30
(45分遅れ)
フランス   3 - 1   ハンガリー
ロペス   23分
ベルドール   38分
ロシュトー   42分
レポート ゾンボリ   41分

イタリア   1 - 0   アルゼンチン
ベッテガ   67分 レポート
エスタディオ・モヌメンタルブエノスアイレス
観客数: 71,712人
主審:   Abraham Klein

グループ 2編集


チーム







1   ポーランド  5 3 2 1 0 4 1 +3
2   西ドイツ  4 3 1 2 0 6 0 +6
3   チュニジア  3 3 1 1 1 3 2 +1
4   メキシコ  0 3 0 0 3 2 12 -10

西ドイツ   0 - 0   ポーランド
レポート
エスタディオ・モヌメンタルブエノスアイレス
観客数: 67,579人
主審:   Angel Norberto Coerezza


西ドイツ   6 - 0   メキシコ
D.ミュラー   14分
H.ミュラー   29分
ルンメニゲ   38分71分
フローエ   44分89分
レポート

ポーランド   1 - 0   チュニジア
ラトー   42分 レポート
エスタディオ・ヒガンテ・デ・アロジートロサリオ
観客数: 9,624人
主審:   Angel Franco Martinez

西ドイツ   0 - 0   チュニジア
レポート
エスタディオ・オリンピコ・シャトー・カレーラスコルドバ
観客数: 30,667人
主審:   Cesar Guerrero Orosco

ポーランド   3 - 1   メキシコ
ボニエク   42分83分
デイナ   56分
レポート ランヘル   51分
エスタディオ・ヒガンテ・デ・アロジートロサリオ
観客数: 22,651人
主審:   Jaffar Namdar

グループ 3編集


チーム







1   オーストリア     4 3 2 0 1 3 2 +1
2   ブラジル 4 3 1 2 0 2 1 +1
3   スペイン 3 3 1 1 1 2 2 0
4   スウェーデン 1 3 0 1 2 1 3 -2





スペイン   1 - 0   スウェーデン
アセンシ   75分 レポート


グループ 4編集


チーム







1   ペルー 5 3 2 1 0 7 2 +5
2   オランダ 3 3 1 1 1 5 3 +2
3   スコットランド 3 3 1 1 1 5 6 -1
4   イラン 1 3 0 1 2 2 8 -6

ペルー   3 - 1   スコットランド
クエト   43分
クビジャス   70分76分
レポート ジョーダン   19分

オランダ   3 - 0   イラン
レンセンブリンク   40分 (PK)62分78分 (PK) レポート


オランダ   0 - 0   ペルー
レポート

ペルー   4 - 1   イラン
ベラスケス   2分
クビジャス   36分 (PK)39分 (PK)79分
レポート ロウシャン   41分


オランダが得失点差でスコットランドを上回り第2ラウンドへ

2次リーグ編集

グループ A編集


チーム







1   オランダ 5 3 2 1 0 9 4 +5
2   イタリア 3 3 1 1 1 2 2 0
3   西ドイツ 2 3 0 2 1 4 5 -1
4   オーストリア 2 3 1 0 2 4 8 -4


イタリア   0 - 0   西ドイツ
レポート
エスタディオ・モヌメンタルブエノスアイレス
観客数: 67,547人
主審:   Dušan Maksimović


イタリア   1 - 0   オーストリア
ロッシ   13分 レポート
エスタディオ・モヌメンタルブエノスアイレス
観客数: 66,695人
主審:   Francis Rion


オランダ   2 - 1   イタリア
ブランツ   49分
ハーン   76分
レポート ブランツ  19分 (OG)
エスタディオ・モヌメンタルブエノスアイレス
観客数: 67,433人
主審:   Angel Franco Martinez

グループ B編集


チーム







1   アルゼンチン 5 3 2 1 0 8 0 +8
2   ブラジル 5 3 2 1 0 6 1 +5
3   ポーランド 2 3 1 0 2 2 5 -3
4   ペルー 0 3 0 0 3 0 10 -10

ブラジル   3 - 0   ペルー
ジルセウ   15分27分
ジーコ   72分 (PK)
レポート

アルゼンチン   2 - 0   ポーランド
ケンペス   16分72分 レポート


ブラジル   0 - 0   アルゼンチン
レポート
エスタディオ・ヒガンテ・デ・アロジートロサリオ
観客数: 37,326人
主審:   Karoly Palotai

ブラジル   3 - 1   ポーランド
ネリーニョ   13分
ディナミッチ   58分63分
レポート ラトー   45分
エスタディオ・マルヴィナス・アルヘンティナスメンドーサ
観客数: 39,586人
主審:   Juan Silvagno Cavanna

アルゼンチン   6 - 0   ペルー
ケンペス   21分49分
タランティーニ   43分
ルケ   50分72分
ハウスマン   67分
レポート

アルゼンチンが得失点差でブラジルを上回り決勝へ進出

3位決定戦編集


ブラジル   2 - 1   イタリア
ネリーニョ   64分
ジルセウ   71分
レポート カウジオ   38分
エスタディオ・モヌメンタルブエノスアイレス
観客数: 69,659人
主審:   Abraham Klein

決勝編集



優勝国編集

 1978 FIFAワールドカップ優勝国 
 
アルゼンチン
初優勝

得点ランキング編集

表彰編集

個人賞編集

選手名 国籍 備考
ゴールデンボール(大会MVP) マリオ・ケンペス   アルゼンチン 優勝
シルバーボール パオロ・ロッシ   イタリア 4位
ブロンズボール ジルセウ   ブラジル 3位
ゴールデンシューズ(得点王) マリオ・ケンペス   アルゼンチン 6得点

脚注編集

  1. ^ 旧ドイツ時代を含む。
  2. ^ 勝負の鍵を握るのは11メートルの戦い? W杯におけるPK戦のデータをおさらい”. サッカーキング (2018年6月30日). 2018年9月20日閲覧。
  3. ^ イングランド、W杯史上初のPK戦勝利。4度目の挑戦で負の歴史に終止符【ロシアW杯】”. フットボールチャンネル (2018年7月4日). 2018年9月20日閲覧。
  4. ^ アフリカ予選英語版ではPK戦が行われ、チュニジアモロッコが予選・本大会を通じてワールドカップ史上初のPK戦となった。
  5. ^ Andrew Jordan (2010年4月25日). “The 12 Biggest Controversies in World Cup History”. bleacherreport.com. 2013年10月27日閲覧。
  6. ^ 理想だけでは届かなかった頂点=オランダ、最後の壁破れるか”. 時事通信 (2010年7月10日). 2010年7月11日閲覧。

外部リンク編集