メインメニューを開く

1979年JSL(第15回日本サッカーリーグ1部および第8回日本サッカーリーグ2部)は、1部が1979年3月31日から12月16日まで、2部が4月1日から11月11日まで行われた。

優勝は、1部がフジタ工業クラブサッカー部、2部が東芝堀川町サッカー部であった。

目次

JSL1部編集

シーズン 1979(第15回)
優勝 フジタ
試合数 90
ゴール数 248 (1試合平均2.76)
1試合平均
ゴール数
2.76[1]
得点王 カルバリオ
平均観客動員 2,229人[1]
1978
1980

第16節、名古屋の瑞穂陸上競技場にて首位フジタとそれを勝ち点9差で追う2位読売クラブの直接対決があり、フジタが2-1で勝利して2年ぶり2度目の優勝を決めた[2]

2位には前年JSL1部に初昇格した読売クラブが入った。1年間の出場停止処分が解け、この年がJSL1部デビューとなったラモスは得点王とアシスト王の2冠に輝いた[2]。読売クラブでは、現役高校生の戸塚哲也(18歳と1日)が4月25日の東洋工業戦でリーグ戦デビューを飾った[2]。戸塚は読売ユース出身の生え抜き選手で、この記録は1986年2月1日に同クラブの菊原志郎が16歳7ヶ月で出場するまでJSL最年少出場記録であった。

大会概要編集

参加クラブ編集

成績編集

年間順位編集

[2]===

順位 クラブ 勝点 勝利 PK勝 PK敗 敗戦 得点 失点 得失差
1位 フジタ 53 12 1 3 2 36 15 +21
2位 読売クラブ 44 10 0 4 4 48 26 +22
3位 日立 44 8 5 2 3 23 18 +5
4位 ヤンマー 40 9 1 2 6 28 21 +7
5位 古河電工 40 7 5 2 4 28 22 +6
6位 東洋工業 33 5 4 5 4 20 19 +1
7位 三菱重工 32 5 5 2 6 16 20 -4
8位 新日鐵 29 6 2 1 9 23 25 -2
9位 日本鋼管 10 1 1 4 12 17 43 -26
10位 日産 9 1 2 1 14 9 39 -30
優勝
JSL2部との入替戦

得点ランキング編集

[2]

順位 選手名 所属クラブ 得点数
1   ラモス 読売クラブ 14
2   碓井博行 日立 11
3   岡島俊樹 読売クラブ 8
  横山正文 新日鐵 8
5   カルバリオ フジタ 7
  小滝勇一 フジタ 7
  ジョージ与那城 読売クラブ 7
  前田秀樹 古河電工 7
  釜本邦茂 ヤンマー 7
  今村博治 ヤンマー 7

アシストランキング編集

[2]

順位 選手名 所属クラブ アシスト数
1   ラモス 読売クラブ 7
  ジョージ与那城 読売クラブ 7
  釜本邦茂 ヤンマー 7
4   長尾昇 三菱重工 6
  松浦敏夫 日本鋼管 6
6   カルバリオ フジタ 5
  安原真一 東洋工業 5
8   上田栄治 フジタ 4
  古前田充 フジタ 4
  ジャイロ 読売クラブ 4
  吉村大志郎 ヤンマー 4
  横山正文 新日鐵 4
  木口茂一 古河電工 4

表彰編集

[3]

選手名 所属クラブ 受賞回数
得点王   ラモス 読売クラブ
アシスト王   ラモス 読売クラブ
  釜本邦茂 ヤンマー 3
  ジョージ与那城 読売クラブ
得点王 ゴールデンボール賞   ラモス 読売クラブ
アシスト王 シルバーボール賞   ラモス 読売クラブ
新人王   須藤茂光 日立 _
年間優秀11人賞   田口光久 三菱重工 4
  園部勉 フジタ 2
  古前田充 フジタ 3
  今井敬三 フジタ 3
  落合弘 三菱重工 8
  ジョージ与那城 読売クラブ
  マリーニョ フジタ 2
  ジャイロ 読売クラブ 2
  ラモス 読売クラブ
  カルバリオ フジタ 3
  釜本邦茂 ヤンマー 12

JSL2部編集

JSL2部大会概要編集

JSL2部参加クラブ編集

JSL2部成績編集

JSL2部年間順位編集

[4]

順位 クラブ 勝点 勝利 PK勝 PK敗 敗戦 得点 失点 得失差
1 東芝堀川町 48 10 3 2 3 36 23 +13
2 ヤマハ 47 10 2 3 3 33 19 +14
3 富士通 47 11 0 3 4 29 18 +11
4 本田技研 44 10 1 2 5 31 25 +6
5 ヤンマークラブ 36 8 2 0 8 37 30 +7
6 田辺製薬 28 7 0 0 11 21 21 ±0
7 トヨタ 28 5 3 2 8 21 29 -8
8 甲府クラブ 26 5 2 2 9 26 42 -16
9 帝人 25 5 1 3 9 24 30 -6
10 住友金属 14 2 3 0 13 15 36 -21
JSL1部との入替戦
社会人との入替戦

JSL2部表彰編集

[5]

選手名 所属クラブ 備考
得点王 中村道明 東芝堀川町 15得点
アシスト王 滝利明 ヤンマークラブ 11アシスト

JSL1部・2部入替戦編集

参加クラブ

  • 日本鋼管(JSL1部9位)
  • 日産自動車(JSL1部10位)
  • 東芝堀川町(JSL2部優勝)
  • ヤマハ発動機(JSL2部準優勝)
JSL1部 第1戦 第2戦 JSL2部
日本鋼管 0-0(PK3-4) 1-2 ヤマハ発動機
日産自動車 4-1 2-1 東芝堀川町
  • 日本鋼管はJSL2部降格。日産自動車はJSL1部残留。
  • ヤマハ発動機はJSL1部昇格。

JSL2部・地域リーグ入替戦編集

[4] 参加クラブ

JSL 第1戦 第2戦 社会人
帝人 2-1 1-1 京都紫光クラブ
住友金属 1-0 3-1 大協石油
  • 帝人と住友金属はJSL2部残留
  • ヤンマークラブのリーグ脱退の為、大協石油がJSL2部昇格

出典編集

  1. ^ a b 「観客動員数/総得点数」『日本サッカーリーグ全史』 259頁。
  2. ^ a b c d e f 「1979 第15回大会」『日本サッカーリーグ全史』 150-151頁。
  3. ^ 「歴代ベスト11」「歴代表彰選手」『日本サッカーリーグ全史』262-263頁。
  4. ^ a b 『日本サッカーリーグ全史』 219頁。
  5. ^ 『日本サッカーリーグ全史』 217頁。

参考文献編集

  • 『日本サッカーリーグ全史』日本サッカーリーグ、1993

関連項目編集