1979年カタルーニャ自治法住民投票

1979年カタルーニャ自治法住民投票(1979ねんカタルーニャじちほうしゅうみんとうひょう、カタルーニャ語: Referèndum estatutari a Catalunya de 1979)は、1979年カタルーニャ自治法英語版の是非を問うために1979年10月25日に行われた住民投票[1][2]。有権者4,421,965人のうち59.7パーセントにあたる2,639,951人が投票した。賛成票は2,327,038票(88.6パーセント)、反対票は204,957票(7.8パーセント)、白票は93,784票(3.6パーセント)、無効票は14,172票(0.5パーセント)だった[1]。住民投票の結果に従い、自治法は11月29日にスペイン下院を、12月12日にスペイン上院を通過、続いてスペイン国王フアン・カルロス1世が裁可した。住民投票は大雨の中、1979年バスク自治法住民投票英語版と同日に行われた[3]

脚注編集

  1. ^ a b Congreso de los Diputados: “Referéndum sobre el proyecto de Estatuto de Autonomía para Cataluña”. 2017年10月1日閲覧。
  2. ^ Grup Enciclopèdia Catalana (ed.). "Estatut d'Autonomia de Catalunya del 1979". Gran Enciclopèdia Catalana (カタロニア語). Barcelona. L'Enciclopèdia.catより。
  3. ^ “Crònica de la jornada” (カタルーニャ語). La Vanguardia (Barcelona). (1979年10月26日). http://hemeroteca.lavanguardia.com/edition.html?bd=26&bm=10&by=1979