1980アイコ十六歳

日本の小説、メディアミックス作品

1980アイコ十六歳』(1980あいこじゅうろくさい)は、堀田あけみの小説。名古屋舞台に、弓道部に所属する高校生三田アイコの学園生活を描いた物語。堀田は愛知県立中村高校在学中の1981年、本作により当時史上最年少の17歳で文藝賞を受賞した。単行本は同年12月に河出書房新社より出版されている。

『1980 アイコ 十六歳』
作者 堀田あけみ
日本
言語 日本語
ジャンル 長編小説
発表形態 雑誌掲載
初出情報
初出文藝1981年12月号
刊本情報
出版元 河出書房新社
出版年月日 1981年12月8日
総ページ数 187
受賞
第18回文藝賞
ウィキポータル 文学 ポータル 書物
テンプレートを表示

好きなおしゃべりをしているときの気持ちが描写されているなど、高校生の年代の女性の気持ちを描写した小説として、同世代の共感と他世代の評価を得た。なお、この作品は『アイコ十六歳』のタイトルでテレビドラマ・映画も作られ、テレビドラマは続編も制作された。また、『1980アイコ16歳』のタイトルで漫画版(作画:飯塚修子)が発表された。

あらすじ 編集

進学校に通う弓道部員、三田アイコ16歳の目下の関心事は、一向に上達しない自身の弓道の腕前と、男子部員に媚びる女子部員・花岡紅子への憤りだった。

中学時代の級友との決別、元彼との別れ、教師との論争などに学校生活を送っていたアイコが、クラスメイトからの中絶カンパの要請を受けたり、発作的に手首を切ってみたり、同じ学校生徒の自殺などを経て、元彼の事故死を眼前で目撃する。

登場人物 編集

主要人物 編集

三田 アイコ(みた アイコ) / ラブたん
本作の主人公。少々名の通った進学校に通う16歳の高校生で弓道部に所属している。
夏が嫌いで冬が好き。家の屋根に登るのが趣味だが、足を滑らせ捻挫をした事もある。将来なりたいものはツアーコンダクター通訳。アイコという名、特にカタカナである点に不満を持っている。
弓道が好きで真面目に取り組んでいるが、基本的に的に中らず、1中で喜ぶほど下手であり、友人達もそれに対して気を遣っている。震度3の地震でも眠っていたため友人から図太いとからかわれている。
川野 良太(かわの りょうた)
アイコが仄かに思いを寄せている男子弓道部員。アイコが教師の若者論をやり込めたと称賛する。毎朝電車を降りるときに、一番行儀の悪い大人の足を踏むといった所もあり、アイコに「陰険」と指摘される。
花岡 紅子(はなおか べにこ) / B子(ビーこ)
女子弓道部員に嫌われている女子部員。男子部員の前では態度が変わるいわゆる「ぶりっこ」。中学の時から弓道をやっており、その実力は高く、アイコが1級をとった時には初段となっている。
女子ばかりの時には何もせずに、男子か先輩がいるとたちまち忙しそうに仕事をしたり、「女子ばかりのクラブだったらとっくにやめていた」などと発言する。1度アイコが、その行動に対して注意をした際は身に覚えが無いと逆切れした。
テレビはほとんどNHKしか見ないため、ドラえもんを知らない。B子と呼ばれたり、彼女についての話を「B談」と称されたりする。
アイコの彼氏
小学生の頃からのアイコの幼馴染。アイコ以外の女(後にゆうと判明)と仲良くしていて、それを知ったアイコに電話でフラれる。その後、ゆうからもフラれた。落ち込んでいた時、アイコから電話でまた友達になろうと提案されるが、新しい男がいるか探りを入れてしまい電話を切られる。年末にバイクのジグザグ走行をしくじり、対向車に衝突し死亡。作中では名前が登場しないが、ひまわり屋のおばさんに「トミ坊」と呼ばれている。

弓道部 編集

男子部員は紅子のぶりっこにすぐ騙される。

ミッチー
モック
美代子
おきょん
りんりん
ユンちゃん

高校の級友 編集

アイコの通う高校。

平塚詩穂乃 / ゴンベ・らいてふ
アイコの同級生で親友。アイコにとっては姉貴のような存在。あだ名の由来は以下の変遷による。「しほの」→「しお」→「ごましお」→「ごんべ」。アイコは特に彼女に尊敬を込めて「らいてふ」(ライチョウではなく)と呼ぶことがある。もちろん平塚雷鳥に由来している。元気のないアイコに声をかけ、相談に乗る。アイコが基本的に何をやってもダメなことを知っており、それでも一生懸命なところを気に入っている。青少年赤十字の活動をしている。
ナッキー
クラスの生徒に、友人の友人のための中絶カンパを頼み回っている。

アイコの中学校の同級生 編集

戸田 友紀江(とだ ゆきえ)
アイコと中学校で同じクラスで、「なぜか仲良くしてしまった」女子。アイコの家へ電話をかけ「ひまわり屋」に呼び出し、アイコの元カレが元気がないことを教えたが、アイコが素っ気ない態度を取ったため詳細までは話さず怒って帰った。口が悪く、中学生の頃もアイコとは気が合わなかったが、周りからは仲が良いと思われていた。アイコのオーバーオールを見て不良と罵った。自分は他の女と違う、と考えている。
ゆう
中学校時代のアイコの女友達で元クラスメイト。卒業式以来会っていなかったが、アイコが雑誌を立ち読みしていた時にばったり出会い、「ひまわり屋」に行く途中にアイコの元彼と出会う。中学校の時にアイコの元カレを好きであった。

その他の人物 編集

マーコ
アイコの友人。アイコの彼氏が他の女と付き合っていることを教えた。
ひまわり屋のおばさん
アイコが小さい頃から通っている甘味処「甘党屋ひまわり」を経営する細身のおばさん。子供達の事情に詳しい。

テレビドラマ 編集

1982年に『アイコ16歳』というタイトルで全2回、1984年に『アイコ17歳』というタイトルで全2回、の計4回がTBS系列の「日立テレビシティ」で放送された。なお、ロケ地は神奈川県立川和高等学校である。また、1984年版は一部のキャストが変更されている。

テレビドラマ版スタッフ 編集

(1)は1982年版のみ、(2)は1984年版のみの担当。

テレビドラマ版キャスト 編集

1982年のキャスト
1984年からのキャスト

映画 編集

アイコ十六歳
監督 今関あきよし
脚本 桂千穂
秋田光彦
内藤誠
今関あきよし
製作 大里洋吉
小川辰男
製作総指揮 大林宣彦
出演者 冨田靖子
河合美佐
伊神さかえ
松下幸枝
音楽 斎藤誠
サザンオールスターズ
原由子
ウエストウッド
撮影 原秀夫
編集 神谷武信
製作会社 アミューズ・シネマ・シティ
中部日本放送
配給 日本ヘラルド
公開 1983年12月17日
(同年11月19日名古屋中日シネラマ劇場で先行ロードショー)
上映時間 98分
製作国   日本
言語 日本語
テンプレートを表示

アイコ十六歳』のタイトルで映画化された。出演の高校生役はすべてオーディションで選ばれ、主演のアイコ役は127,000人の応募者の中から中学3年生の富田靖子(当時は冨田靖子)が選ばれた。この映画は富田靖子、松下由樹(当時は松下幸枝)、宮崎萬純(当時は宮崎ますみ)のデビュー作である[注 1]

映画監督の大林宣彦は、8ミリ映画時代から知っていた今関あきよしの若き才能を世に出すため、「製作総監修」のクレジットで総指揮として参加した[1]。大林は製作会社のアミューズに今関を紹介し、シナリオに桂千穂を付けるなどの[2]事前準備まではしたものの、以降の現場にはタッチしていない。今関は現場スタッフから遊離してしまい苦労を重ね、プロデューサー格の秋田光彦はのちに専門誌『月刊シナリオ教室』3月号6頁に、「孤立無援」「それでも映画はちゃんとできた」と記している。

映画版スタッフ 編集


映画版キャスト 編集

映画版ロケ地 編集

※主なロケ地のみ。なお、注記がないロケ地はすべて愛知県内である。

主題歌・挿入歌など 編集

映像ソフト 編集

  • ビデオ
  • レーザーディスク
HERALD VIDEOGRAM FH079-25HD CLV,CX
  • DVD

グッドバイ夏のうさぎ 編集

『アイコ十六歳』のメイキング映画として、同時上映された。

キャスト(グッドバイ夏のうさぎ) 編集

スタッフ(グッドバイ夏のうさぎ) 編集

漫画版 編集

飯塚修子の作画で、『1980アイコ16歳』のタイトルで週刊マーガレット上で連載された。昭和57年『週刊マーガレット』(集英社1982年21号から同年30号まで連載。単行本は全1巻。単行本カバーの宣伝文には“10代の共感をよんだ「ニュー学園ストーリー」の傑作”とある。作中のセリフの一部には原作者の出身地である愛知県方言と思しき訛りが含まれている。

高等学校の弓道部に所属する女子生徒達の人間関係を中心とした恋愛漫画である。弓を引く場面の描写は10ページ未満であり、試合や具体的な練習描写もなく、いわゆるスポーツ漫画ではない。胸当ては付けるが袴を着ているシーンは全くない。

単行本
#1982年12月22日発売 ISBN 978-4-08-850717-0

エピソード 編集

  • ドラマ化の権利は東京放送(現:TBSテレビ)の市川哲夫がいち早く獲得し、伊藤つかさを主演とした作品が1982年に放送され、ヒット作となった。市川は同作品の音楽に桑田佳祐を起用することをアミューズに打診したが、桑田は「スコアは書けない」と断った。その後、アミューズがこの企画に関心を持ち、1983年富田靖子(当時は冨田靖子)の主演で映画化し、桑田は楽曲制作に携わった(楽曲情報は「主題歌・挿入歌など」を参照)。
  • 映画版には、アイコが自宅の屋根の上で『七つの子』の替え歌を口ずさむシーンがある[注 10]
  • 1987年12月に放送された『ズームイン!!朝!』で青春映画特集のコーナーが組まれ、この時にアイコの自宅として撮影した民家の屋根の上から生中継が行われた。この中継にはきくち教児と堀田あけみが出演し、富田はVTRで当時の思い出話を語った[注 11]

脚注 編集

注釈 編集

  1. ^ (※宮崎は端役のため、エンドロールに名前は出なかった)
  2. ^ (ナレーション兼任)
  3. ^ アイコが屋根の上に登るようになったのは、アイコが6歳だった当時のクリスマスの頃からである(※クリスマスの夜、アイコが四郎に(飼い猫の)ミーコの居場所を聞くと四郎は「ミーコはね、お空へ行ったの」と語った)。
  4. ^ 映画の冒頭でアイコが6歳だった当時のクリスマスの夜のことを思い出すシーンに出演。この時に四郎からもらったクリスマスプレゼント(大きな白猫のぬいぐるみ)は、アイコの部屋の中が映るシーンにも登場する(※浴衣を着たアイコが学習机にもたれ、ページを開いたままの卒業アルバムの上でうたた寝するシーン)。
  5. ^ a b ※映画が公開された当時は東海ラジオラジオパーソナリティとして活動していたため、エンドロールの協力欄には「東海ラジオ放送」という字が出る。
  6. ^ (※この民家と向かいの民家にある木製のベランダは、撮影のために組まれたものである。なお、アイコの自宅として撮影された民家は2008年のはじめ頃に解体された)
  7. ^ (※当初は池の浦海岸でロケを行う予定だったが、同海岸は伊勢志摩国立公園の指定を受けているため、花火を使うことができなかった)
  8. ^ (※「希望の泉」は病院へ行くとき、それ以外は帰り道)
  9. ^ (※1983年に放映された名鉄百貨店のCMソング(「メイテツのお歳暮」)に使用された。同CMには富田が出演し、ナレーションも兼任した)
  10. ^ 歌詞は志村けんが『8時だョ!全員集合』で歌った、『カラスの勝手でしょ』の1番と全く同じ(※同曲には2番もあるが、(劇中では2番を歌っていないため)ここでは省略する)。
  11. ^ (この中継できくちは「僕らの見ている景色(名古屋市と日進町)が映画になったことで、大変嬉しかった」と語っている)

出典 編集

  1. ^ 大林宣彦『映画、この指とまれ』徳間書店アニメージュ#アニメージュ文庫〉、1990年、123頁。ISBN -4-19-669627-9 
  2. ^ 大林宣彦・中川右介『大林宣彦の体験的仕事論 人生を豊かに生き抜くための哲学と技術』PHP研究所、2015年、279頁。ISBN 978-4569825939 
  3. ^ 【公式】麻野館 | 伊勢の歴史と風情が残る旅館”. 麻野館. 2022年10月2日時点のオリジナルよりアーカイブ。2023年3月8日閲覧。
  4. ^ 国指定文化財等データベース 麻野館玄関棟”. 文化庁. 2022年9月30日時点のオリジナルよりアーカイブ。2023年3月8日閲覧。
  5. ^ 国指定文化財等データベース 麻野館広間棟”. 文化庁. 2022年10月5日時点のオリジナルよりアーカイブ。2023年3月8日閲覧。
  6. ^ 国指定文化財等データベース 麻野館土蔵”. 文化庁. 2022年7月2日時点のオリジナルよりアーカイブ。2023年3月8日閲覧。
  7. ^ 【3268】FMなばり「三重の映画に恋をして」~VOL.18「アイコ十六歳」 事務局 田中忍”. 三重映画フェスティバル実行委員会. 2022年7月1日閲覧。
  8. ^ a b 「え」からはじまるスカウト用語 - スカウト用語の基礎知識”. 日本ボーイスカウト山口県連盟. 2022年9月21日時点のオリジナルよりアーカイブ。2023年3月8日閲覧。
  9. ^ 【3270】Re:FMなばり「三重の映画に恋をして」~VOL.18「アイコ十六歳」 田中忍”. 三重映画フェスティバル実行委員会. 2022年7月2日時点のオリジナルよりアーカイブ。2023年3月8日閲覧。
  10. ^ 天寿病院”. 医療法人福友会. 2022年9月22日時点のオリジナルよりアーカイブ。2022年9月16日閲覧。

外部リンク 編集