メインメニューを開く

1980年のヤクルトスワローズ(1980ねんのヤクルトスワローズ)では、1980年シーズンについてのヤクルトスワローズの動向をまとめる。

1980年のヤクルトスワローズ
成績
セントラル・リーグ2位
68勝52敗 勝率.567[1]
本拠地
都市 東京都新宿区
球場
明治神宮野球場
Remodeled meiji jingu stadium.jpg
球団組織
オーナー 松園尚巳
経営母体 ヤクルト本社
監督 武上四郎
« 1979
1981 »

この年のヤクルトスワローズは、武上四郎監督の1年目のシーズンである。

目次

概要編集

球団初の生え抜き監督となった武上は、中日との開幕戦を鈴木康二朗井原慎一朗のリレーで接戦をモノにすると、翌日は先発の神部年男を2回無失点で降板させそこから3人の投手リレーで勝利するという采配を見せ、開幕6試合を5勝1敗の好発進、4月を10勝4敗で終え開幕ダッシュに成功、5月中旬までは広島と首位を争った。しかし肝心の広島との直接対決に全く勝てず、ようやく5月28日に初勝利を挙げるという有り様で、6月になると首位広島とのゲーム差が広がり始め、8月終盤から9月にかけて7連勝した頃には既に広島に優勝マジックが点灯していた。結局、広島以外の4球団相手に15勝以上を挙げながら広島に大きく負け越したのが最後まで響き、武上監督の1年目は首位と6.5ゲーム差の2位で終えた。

チーム成績編集

レギュラーシーズン編集

開幕オーダー
1 パラーゾ
2 角富士夫
3 若松勉
4 スコット
5 杉浦享
6 大杉勝男
7 大矢明彦
8 渡辺進
9 鈴木康二朗
1980年セントラル・リーグ順位変動
順位 4月終了時 5月終了時 6月終了時 7月終了時 8月終了時 9月終了時 最終成績
1位 広島 -- 広島 -- 広島 -- 広島 -- 広島 -- 広島 -- 広島 --
2位 ヤクルト ヤクルト 2.5 ヤクルト 5.0 ヤクルト 10.0 ヤクルト 8.5 ヤクルト 5.5 ヤクルト 6.5
3位 巨人 2.5 阪神 3.0 大洋 5.5 阪神 13.0 巨人 16.0 大洋 18.5 巨人 14.0
4位 大洋 3.0 大洋 3.5 阪神 8.5 大洋 14.0 阪神 17.5 巨人 19.0 大洋 16.0
5位 阪神 5.0 巨人 6.5 巨人 巨人 16.0 大洋 18.0 阪神 19.5 阪神 20.5
6位 中日 7.5 中日 11.5 中日 17.5 中日 22.0 中日 30.0 中日 30.5 中日 30.0
1980年セントラル・リーグ最終成績
順位 球団 勝率
優勝 広島東洋カープ 73 44 13 .624 -
2位 ヤクルトスワローズ 68 52 10 .567 6.5
3位 読売ジャイアンツ 61 60 9 .504 14.0
4位 横浜大洋ホエールズ 59 62 9 .488 16.0
5位 阪神タイガース 54 66 10 .450 20.5
6位 中日ドラゴンズ 45 76 9 .372 30.0

オールスターゲーム1980編集

  • ファン投票
若松勉
  • 監督推薦
梶間健一
大矢明彦
大杉勝男(出場辞退)
スコット(補充選手)

選手・スタッフ編集

表彰選手編集

リーグ・リーダー
選手名 タイトル 成績 回数
松岡弘 最優秀防御率 2.35 初受賞
ベストナイン
選手名 ポジション 回数
大矢明彦 捕手 2年ぶり2度目
若松勉 外野手 5年連続8度目
杉浦亨 初受賞
ダイヤモンドグラブ賞
選手名 ポジション 回数
大矢明彦 捕手 2年ぶり6度目
スコット 外野手 2年連続2度目

ドラフト編集

順位 選手名 ポジション 所属 結果
1位 竹本由紀夫 投手 新日本製鐵室蘭 入団
2位 佐々木正行 外野手 大昭和製紙 入団
3位 宮城弘明 投手 横浜商業高 入団
4位 高仁秀治 投手 東京農業大学第二高 入団

出典編集