メインメニューを開く

1980年モスクワオリンピックの日本選手団

1980年モスクワオリンピックの日本選手団(1980ねんモスクワオリンピックのにほんせんしゅだん)は、1980年7月19日から8月3日まで開催された1980年モスクワオリンピック日本代表選手団。選手所属は1980年当時のもの。

オリンピックの日本選手団
Flag of Japan (1870–1999).svg
日章旗
IOCコード JPN
NOC 日本オリンピック委員会
公式サイト
1980年モスクワオリンピック
メダル
国別順位: – 位




夏季オリンピック日本選手団
1912192019241928193219361948195219561960196419681972197619801984198819921996200020042008201220162020
冬季オリンピック日本選手団
19241928193219361948195219561960196419681972197619801984198819921994199820022006201020142018

目次

概要編集

日本オリンピック委員会 (JOC) は、1980年のモスクワオリンピックに参加するために、準備を進めてきた。しかし、開催国ソビエト連邦のアフガニスタン侵攻を受け、西側各国が不参加を表明する中、5月24日にJOCは、最終的に大会不参加を決定し、6月11日に、以下の選手・役員を承認した。

日本オリンピアンズ協会では、日本代表でありながら実際のモスクワ五輪出場選手でない彼らもオリンピアンと認めているが、世界オリンピアンズ協会からはオリンピアンと認定されていない[1]

モスクワオリンピックの開会式における各国選手の入場行進はロシア語のアルファベット順で行われたが、「日本」のロシア語表記Японияは当時のIOC加盟国の中で最も後に位置する表記であり、参加していればオリンピック史上初めて日本が開催国(慣例上、開催国は最後に入場する)の1つ前に行進する予定だった[2]。しかし上記の理由で不参加となり、結局開催国ソ連の1つ前を行進したのはジャマイカ(Ямайка)だった。

競技別選手、スタッフ名簿編集

陸上競技編集

監督:小掛照二
コーチ:高橋進
コーチ:中村清
コーチ:廣島日出国
コーチ:大西暁志

水泳編集

監督:浜口喜博
競泳コーチ:上田尚孝
競泳コーチ:高橋征一
競泳コーチ:東島新次
競泳コーチ:青木剛
飛び込みコーチ:金戸俊介

ボート編集

監督:北川喜一郎
役員:秋吉健吾(選手兼任)

ボクシング編集

監督:渡辺政史
コーチ:斉藤義信

バレーボール編集

監督:小島孝治
マネージャー:佐々木真理子

体操編集

監督:太田昌秀
男子コーチ:阿部和雄
男子リーダー:早田卓次

女子コーチ:篠原一博
女子リーダー:荒川御幸

レスリング編集

監督:笹渕五夫
コーチ:福田富昭
コーチ:平山紘一郎

ヨット編集

監督:松本富士也
コーチ:松山和興
マネージャー:山田敏雄

ウエイトリフティング編集

監督:桜井勝利
コーチ:大内仁

ハンドボール編集

監督:竹野奉昭
コーチ:東嘉伸

自転車競技編集

監督:岡本雄作
コーチ:福原広次
メカニシャン:斧隆夫

フェンシング編集

コーチ:中島寛
コーチ:秋保篤

柔道編集

監督:醍醐敏郎
コーチ:佐藤宣践
コーチ:関根忍

ライフル射撃編集

監督:奥田利光
コーチ:久保皖司

近代五種競技編集

監督:関滋雄
コーチ:可児正樹

カヌー編集

監督:藤木宏清
コーチ:畑満秀

アーチェリー編集

監督:飯塚十朗
コーチ:柴田如矢

クレー射撃編集

監督:井口哲次郎

馬術編集

馬術については、役員1名、選手7名の計8名がJOCから与えられた枠であったが、最終選考は行われなかった。

選手団本部役員編集

団長をはじめとする本部役員、スタッフ18名はJOCから発表されなかった。

脚注編集

  1. ^ 『スポーツゴジラ』第37号(特定非営利活動法人スポーツネットワークジャパン 2017年12月18日発行)12頁。2017年10月10日開催のシンポジウムにおける加納弥生の発言の採録。
  2. ^ 2014年ソチオリンピックで実現した。

参考文献編集

関連項目編集