1981年ブリストウ・ヘリコプターズ・ウェストランド ウェセックス墜落事故

G-ASWIブリストウ・ヘリコプターズが運航するウェストランド ウェセックス英語版 60であり、ノーフォークのバクトン・ガスターミナル英語版と北海のガスリグの間を飛行していた。1981年8月13日、このヘリコプターはメインローター・ギアボックスへの動力を喪失し、その後のオートローテーション中に操縦不能となった。この便はレマンガス田英語版からバクトンに労働者11人を輸送していた。搭乗していた全員が死亡した。

G-ASWI北海不時着事故
Westland Wessex 60 G-ATBZ Bristow N.Denes 07.06.70 edited-2.jpg
G-ASWIと同型のブリストウのウェストランド ウェセックス 60
事故の概要
日付 1981年8月13日
概要 動力の喪失
現場 北海、ノーフォーク州バクトン英語版の東北東12マイル付近
北緯52度56分 東経1度46分 / 北緯52.933度 東経1.767度 / 52.933; 1.767座標: 北緯52度56分 東経1度46分 / 北緯52.933度 東経1.767度 / 52.933; 1.767
乗客数 11
乗員数 2
負傷者数
(死者除く)
0
死者数 13(全員)
生存者数 0
機種 ウェストランド ウェセックス英語版
運用者 ブリストウ
機体記号 G-ASWI
テンプレートを表示

機体編集

G-ASWIは以前はウェストランド・ヘリコプターズ英語版社のデモンストレーターであり[1][2]、その後1970年4月にブリストウ・ヘリコプターズ社が購入した[3]

事故と結果編集

G-ASWIは1981年8月13日の13時47分にレマンガス田とインディファティガブルガス田の間のリグを飛行する定期旅客・貨物便としてノース・デニス飛行場を出発した。クルーはパイロット、客室乗務員各1人で構成されていた。

15時41分、レマンガス田からバクトンの着陸地へ戻る最中、機長のベン・ブリーチ[4]がエンジン故障により不時着すると報告する遭難通報を送信した。3秒後、事故機がレーダーから消えた。イギリス空軍捜索救難ウェストランド シーキングコルティスホール空軍基地を15時47分に出発し、15時57分に浮遊するG-ASWIの残骸を発見した。生存者はいなかった。

残骸を回収する取り組みは遅れ、それは回収作業が開始されるまでに残骸は回収不能であったことを意味した[5]。墜落原因が動力の喪失か操縦不能のどちらかを説明するには証拠が不十分であった[6][7]。搭乗していた人々の死に関する調査への審問には死因不明の評決が出された[8][9]

慰霊碑編集

2014年8月13日、事故の犠牲者への慰霊碑の公開がグレート・ヤーマス大聖堂で行われた[10]

脚注編集

  1. ^ Photograph of G-ASWI as Westland demonstrator aircraft”. Airliners.net (1968年9月20日). 2011年5月16日閲覧。
  2. ^ Photograph of G-ASWI in modified AMOCO livery”. Airliners.net (2003年5月18日). 2011年5月16日閲覧。
  3. ^ G-ASWI registration record (PDF)”. 2011年5月16日閲覧。
  4. ^ Wessex Crash, Norfolk 1981 (archive)”. Pprune.org (1981年8月13日). 2011年5月16日閲覧。
  5. ^ Crash Investigators' arduous task, BBC, 2002”. BBC News (2002年7月18日). 2011年5月16日閲覧。
  6. ^ Flightglobal Archive 1”. Flight International. 2011年5月16日閲覧。
  7. ^ (posts 287, 288)”. PPRuNe. 2011年5月16日閲覧。
  8. ^ Flightglobal Archive 2”. Flight International (1981年12月5日). 2011年5月16日閲覧。
  9. ^ Flightglobal Archive 3”. Flight International. 2011年5月16日閲覧。
  10. ^ Memorial stone is unveiled to commemorate helicopter tragedy that ended the life of eight people from Norfolk

外部リンク編集