1982年のル・マン24時間レース

1982年のル・マン24時間レース
前年: 1981 翌年: 1983

1982年のル・マン24時間レース24 Heures du Mans 1982 )は、50回目[1]ル・マン24時間レースであり、1982年6月19日[2]から6月20日[3][注釈 1]にかけてフランスサルト・サーキットで行われた。新たにグループCで競われるようになる[1][2]など大きな節目となった。

1982年のコース

概要編集

この年からル・マン24時間レースはグループCの車両によって争われることになる旨1981年に発表された[4]。参加車両があまりに少なくなることを防ぐため、グループ6も排気量2,000ccを限度として参加を認められた。実際にはグループCの車両が参加車57台[5]中ほぼ半数の28台[4]または29台[5]を占めた。

使用可能燃料は2,600リットルとされた[2]

グループC編集

前年優勝し本命のポルシェポルシェ・956を新たに作成した。前年優勝したポルシェ・935/81と同じ[6]935/76型[6]2,649ccツインターボエンジンで出力は650PS[6]/8,200rpm[6][注釈 2][注釈 3][注釈 4]。重量は820kg[6][2]であった。

アストンマーティンローラT70系のシャシを使用した[7]ため31号車が1,047kg、32号車が1,051kgと[8]やや重かった[7]

ローラ・T610、フォード・C100、ザウバー・SHS、ロンドー・M379など各社が作成した車両の多くはフォード・コスワース・DFLエンジンを使用、3,955cc自然吸気で550PS/9,000rpmとも言われたが燃費との兼ね合いで8,000-8,500rpmに抑えて使用された[4]

フランスの小コンストラクターWMから、市販のプジョー製2,849ccV型6気筒PRV型エンジンをベースに4バルブ化しKKK製ターボを2個装着し540PSを発生するエンジンを積んだWM-P82が出場した[4]

グループ6編集

ランチアLC1で出場した。ベータ・モンテカルロ[2]直列4気筒1,425cc[2]エンジンにターボを2個装着し450PS/9,000rpm[4]とエンジンパワーでは劣る[2]ものの、多くのグループCカーが850kg以上ある中で640kg[2][注釈 5][注釈 6]の軽量と信頼性で唯一ポルシェのライバルになり得ると目された[2]

IMSA-GTX編集

マツダは完走を目標としトム・ウォーキンショーとチームを組みマツダ・RX-7・254を2台投入した[5]

予選編集

出走は55台[9]

6月16日と6月17日の夕方から4時間ずつ、合計8時間に渡り行なわれた[4]

始まって2時間もしないうちに本命のジャッキー・イクス/デレック・ベル組が前年のタイムを11秒も上回る[4]3分28秒40[3][4]を記録して残り時間をセッティングとデータ取りに費やし、これがポールポジションになった[4]

ランチア・LC1は3分31秒42で4位であった[4][3]

グループCカーの多くはトラブルが出て修正や調整に追われた[4]

マツダは82号車が4分4秒74で50位、83号車が4分11秒29で53位とし、決勝に進出した[5]

決勝編集

15時57分、ペースカーが少しばかり速く1周したようだったが問題なくスタートした[2]

ランチア・LC1は出場した2台ともが燃料ポンプのトラブルで順位を落とし[2]、その後もピットインを繰り返してスタートわずか1時間過ぎの時点で最下位付近まで沈み[2]、優勝争いから脱落した[2]。結局1台が9時間目にエンジントラブル[2]、もう1台は電気系のトラブル[2]でリタイアとなっている[2]

各チームとも予選のデータで次のピットインまでの周回数を決めたが必ずしもデータ通りに行かず、ガス欠でコースサイドに停車しピットまでドライバーが押して帰る車両が序盤から見られ、ガス欠リタイヤも4台出た[4]

序盤こそ燃費の良いDFLエンジンの強みを生かしてフォード・C100、ザウバー・SHS、ロンドー・M379がポルシェ・956に先行する場面もあったがトラブルによって順位を落とし、夜が明ける頃にはポルシェ・956が上位を占めた[4]

ポルシェに関する懸念は燃費だけだったが、過給圧を通常のレースでの設定1.2バールから1.1バールへ下げており[2]、明るくなっても予選より10秒程しか落ちないペース[4]で問題なく走り続けた[4]

マツダは82号車が明け方にリアダンパーを交換、朝9時にトランスミッショントラブルが起きたがこれを1時間でオーバーホールしてコースに復帰、12時間経過時点で16位であった[5]。83号車は12時間経過時点で12位まで順位を上げていたが、14時間目に燃料系のトラブルで停車しリタイヤとなった[5]

結果編集

 
優勝したポルシェ・956

完走は18台[9]

ジャッキー・イクス/デレック・ベル[9][7]ポルシェ・956[7]、1号車が24時間で4899[3].086km[9][7][2]を平均速度204.128km/h[3][7]で走って優勝した。ポルシェ・ワークスは2号車、3号車とゼッケン番号順に表彰台を独占[1][4]し、結局ポルシェだけで5位までを占めた[4]。トップ3台は最後のピットインをレース終了30分程前に済ませる[4]とデモンストレーション走行のようにペースを上げたり下げたりしながら連なって走るなど余裕の勝利であり、規定変更にも関わらず主役はポルシェのままであるばかりか、却って盤石になった印象を与えた[2]

マツダの82号車は残り10分となったところで最後のドライバーとして走っていた寺田陽次郎が燃料系のトラブルが発生した疑いを持ち、万が一にも完走できなくなるのを防ぐためゴールライン直前フォードシケインで停車してトップのゴールを待ち、トップが最後の周回に入ったところでエンジンを再始動、マツダ初の完走を総合14位、IMSA-GTXクラス6位で遂げた[5]

アストンマーティンは重かった上に15時間目には12位だったにも関わらずそこから追い上げて32号車が総合7位、クラス4位に入賞した[7]

順位 クラス 号車 チーム ドライバー シャシ タイヤ 周回数
エンジン
1 Gr.C 1[2]   ロスマンズポルシェシステム   ジャッキー・イクス[2]
  デレック・ベル[2]
ポルシェ・956[2] D 359
ポルシェ・935/76型[10][6]2,649cc[6]水平対向6気筒ターボ
2 Gr.C 2[2]   ロスマンズポルシェシステム   ヨッヘン・マス[2]
  ヴァーン・シュパン[2]
ポルシェ・956[2] D 356
ポルシェ・935/76型2,649cc水平対向6気筒ターボ
3 Gr.C 3[2]   ロスマンズポルシェシステム   ハーレイ・ヘイウッド[2]
  アル・ホルバート[2]
  ユルゲン・バルト[2]
ポルシェ・956[2] D 340
ポルシェ・935/76型2,649cc水平対向6気筒ターボ
4 IMSA
GTX
79[2]   ジョン・フィッツパトリック・レーシング   ジョン・フィッツパトリック[2]
  デイビッド・ホッブス[2]
ポルシェ・935[2]/78 G 329
ポルシェ・935型2.7リットル水平対向6気筒ターボ
5 IMSA
GTX
78[2]   クック・レーシング・BP   ダニー・スノベック[2]
  フランソワ・サヴァーニン[2]
  ルネ・メッジ[2]
ポルシェ・935K3[2] G 325
ポルシェ・935型2.8リットル水平対向6気筒ターボ
6 IMSA
GTX
70[2]   プランシング・ホース・ファーム・レーシング   ピエール・デュドネ[2]
  カーソン・ベアード
  ジャン=ポール・リベール[2]
フェラーリ・512BB/LM[2] M 322
フェラーリ・4,942cc180度V型12気筒
7 Gr.C 32[7]   ヴァイカウント・ダウン[7]・ペース・ペトロリアム[7]   レイ・マロック[7][2]
  サイモン・フィリップス[7][2]
  マイク・サロモン[7][2]
ニムロッド[2]・NRA/C2[7] A 317
アストンマーティン-Tickford・DP1229型5,340cc[8]V型8気筒[8]
8 Gr.5 60[2]   Charles Ivey Racing   ジョン・クーパー[2]
  ポール・スミス[2]
  クロード・ブルゴーニ[2]
ポルシェ・935K3[2] D 316
ポルシェ・935型3.1リットル水平対向6気筒ターボ
9 IMSA
GTX
72[2]   NART   アラン・クディーニ[2]
  ジョン・モートン[2]
  ジョン・ポールJr.[2]
フェラーリ・512BB/LM[2] D 306
フェラーリ・4,942cc180度V型12気筒
10 Gr.C 25[2]   プリマガス   ピエール・イヴェール[2]
  ブルーノ・ソッティ[2]
  ルシアン・グイッテニー[2]
ロンドー・M379C[2] A 306
フォードコスワースDFV型2,993ccV型8気筒
11 IMSA
GTX
77[2]   ギャレットソン・デベロップメンツ   アン・シャルロット・ベルネイ[2]
  ボブ・ギャレットソン[2]
  レイ・ラトクリフ[2]
ポルシェ・935K3[2] G 299
ポルシェ・935型2.8リットル水平対向6気筒ターボ
12 Gr.5 66[2]   ジャン=マリー・レメルレ
  シルヴァマ・モーター
  ジャン=マリー・レメルレ[2]
  マックス・コーエンオリバー[2]
  ジョー・カステヤーノ[2]
ランチア・ベータ・モンテカルロ[2] D 295
ランチア・1,425cc[2]直列4気筒ターボ
13 Gr.4 90[2]   リチャード・クレアー・レーシング   リチャード・クレアー[2]
  トニー・ドロン[2]
 リチャード・ジョーンズ[2]
ポルシェ・934[2] D 293
ポルシェ・3.3リットル水平対向6気筒ターボ
14 IMSA
GTX
82[2]   マツダスピード   寺田陽次郎[2]
  従野孝司[2]
  アラン・モファット[2]
マツダ・RX-7 254 D 282
マツダ13B型1,308cc2ローター
15 Gr.C 38[2]   ビシー   クリスチャン・ビシー[2]
  パスカル・ウィットメアー[2]
  ベルナール・ド・ドライヴァー[2]
ロンドー・M382[2] D 279
フォードコスワース・DFL型3.3リットルV型8気筒
16 IMSA
GTO
87[2]   B.F.グッドリッチ   ジム・バスビー[2]
  ドク・バンディ[2]
  マルセル・ミニョー
ポルシェ・924カレラGTR[2] BF 273
ポルシェ・M31/70型[11]1,983cc直列4気筒ターボ
17 IMSA
GTO
81[2]   ストラトグラフ   ビリー・ハーガン[2]
  ジェネ・フェルトン[2]
シボレー・カマロ[2] G 269
シボレー・5.7リットルV型8気筒
18 Gr.5 61[2]   トタル   ローラン・エネック[2]
  ミシェル・ガブリエル[2]
  フランコ・ガスパレッティ[2]
BMW・M1[2]グループ5 ? 259
BMW・M88型3,453cc直列6気筒
19
NC
IMSA
GTO
80   ストラトグラフ   ディック・ブルックス
  ハーシェル・マクグリフ
 トム・ウィリアムス
シボレー・カマロ G 141
シボレー・5.7リットルV型8気筒
20
DNF
Gr.C 4   ベルガ・チーム・ヨーストレーシング   ボブ・ウォレク
  ジャン=ミシェル・マルタン
  フィリップ・マルタン
ポルシェ・936C D 320
ポルシェ・935型2.5リットル水平対向6気筒ターボ
21
DNF
IMSA
GTX
62   エムカ・プロダクション   スティーブ・オルーク
  リチャード・ダウン
  ニック・メイスン
BMW・M1グループ5 D 266
BMW・M88型3,453cc直列6気筒
22
DNF
Gr.5 65   ティエリー・ペリエ
 シルヴァマ・モーター
  ティエリー・ペリエ
  ベルナール・サラム
  Gianni Giudici
ランチア・ベータ・モンテカルロ D 219
ランチア・1,425cc[2]直列4気筒ターボ[2]
23
DNF
Gr.6 50   マルティニ・レーシング   リカルド・パトレーゼ
  ハンス・ハイヤー
  ピエルカルロ・ギンザーニ
ランチア・LC1 P 152
ランチア・1,425cc[2]直列4気筒ターボ[2]
24
DNF
IMSA
GTX
83   マツダスピード   トム・ウォーキンショー
  チャック・ニコルソン
  ピーター・ラベット
マツダ・RX-7 254 D 180
マツダ13B型1,308cc2ローター
25
DNF
Gr.5 75   クロード・ハルディ   クロード・ハルディ
  ロドリーゴ・テラン
  フランソワ・エスノー
ポルシェ・935K3 D 141
ポルシェ・935型2.8リットル水平対向6気筒ターボ
26
DNF
Gr.C 26   ジャッキーハラン  Vivian Candy
  ジャッキー・ハラン
  エルヴェ・プーラン
ロンドー・M379 A 149
フォードコスワースDFV型2,993ccV型8気筒
27
DNF
Gr.C 10   WM・エッソ   ロジャー・ドーシェイ
  アラン・カウダーク
  ガイ・フレケリン
WM・P82 M 112
プジョーPRV型2,849ccV型6気筒ターボ
28
DNF
Gr.C 12   オティス・オトモビル・ロンドー   アンリ・ペスカロロ
  ジャン・ラニョッティ
  ジャン・ロンドー
ロンドー・M382 D 146
フォードコスワース・DFL型4.0リットルV型8気筒
29
DNF
IMSA
GTO
86   B.F.グッドリッチ   パトリック・ビダード
  ポール・ミラー
  マンフレッド・シュルティ
ポルシェ・924カレラGTR BF 128
ポルシェ・M31/70型1,983cc直列4気筒ターボ
30
DNF
Gr.C 35   クラージュ・コンペティション   イブ・クラージュ
  ジャン=フィリップ・グラン
  ミシェル・デュボワ
クーガー・C01 ? 78
フォードコスワース・DFL型3.3リットルV型8気筒
31
DNF
Gr.C 11   Malardeau・オトモビル・ロンドー   フランソワ・ミゴール
  ゴードン・スパイス
  グザヴィエ・ラペイル
ロンドー・M382 D 150
フォードコスワース・DFL型4.0リットルV型8気筒
32
DNF
IMSA
GTO
85  トニー・ガルシア  トニー・ガルシア
  フレッド・スティッフ
 アルバート・ナオン
BMW・M1 G 104
BMW・M88型3,453cc直列6気筒
33
DNF
Gr.C 9   WM・エッソ   ジャン=ダニエル・ローレ
  Didier Theys
  ミシェル・ピニャール
WM・P82 M 127
プジョーPRV型2,849ccV型6気筒ターボ
34
DNF
Gr.C 36   童夢   クリス・クラフト
  エリセオ・サラザール
童夢・RC82 D 85
フォードコスワース・DFL型3.3リットルV型8気筒
35
DNF
Gr.C 24   オティス・オトモビル・ロンドー   ジャン=ピエール・ジョッソー
  アンリ・ペスカロロ
ロンドー・M382 D 111
フォードコスワース・DFL型4.0リットルV型8気筒
36
DNF
Gr.6 51   マルティニ・レーシング   ミケーレ・アルボレート
  テオ・ファビ
  ロルフ・シュトメレン
ランチア・LC1 P 92
ランチア・1,425cc[2]直列4気筒ターボ[2]
37
DNF
Gr.C 14   マーチ   エイエ・エリジュ
  ジェフ・ウッド
  パトリック・ネーヴェ
マーチ・82G G 78
シボレー・5.8リットルV型8気筒
38
DNF
Gr.C 7   ドイツ・フォード
  ザクスピード
  マンフレッド・ヴィンケルホック
  クラウス・ニーヅビーズ
フォード・C100 G 71
フォードコスワース・DFL型4.0リットルV型8気筒
39
DNF
IMSA
GTO
84   キヤノンカメラGTiエンジニアリング   リチャード・ロイド
  アンディ・ロウズ
ポルシェ・924カレラGTR ? 77
ポルシェ・M31/70型1,983cc直列4気筒ターボ
40
DNF
Gr.C 16   Ultramar・チーム・ローラ   ガイ・エドワーズ
  ニック・フォール
  ルパート・キーガン
ローラ・T610 A 72
フォードコスワース・DFL型4.0リットルV型8気筒
41
DNF
Gr.C 20   BASFカセッテン・チームGSスポルト   ハンス=ヨアヒム・スタック
  ジャン=ルイ・シュレッサー
  ディーター・クエスター
ザウバー・SHS C6 D 76
フォードコスワース・DFL型4.0リットルV型8気筒
42
DNF
Gr.C 19   BASFカセッテン・チームGSスポルト   ウォルター・ブルン
  ジークフリート・ミュラーJr.
ザウバー・SHS C6 D 55
フォードコスワース・DFL型4.0リットルV型8気筒
43
DNF
Gr.C 6   ドイツ・フォード
  ザクスピード
  クラウス・ルートヴィッヒ
  マルク・スレール
  マンフレッド・ヴィンケルホック
フォード・C100 G 67
フォードコスワース・DFL型4.0リットルV型8気筒
44
DNF
Gr.C 39  ドーセット・レーシング・アソシエイツ   マイク・ワイルズ
  フランソワ・デュレ
  イアン・ハローワー
ドゥ・カデネ-ローラ・LM ? 56
フォードコスワースDFV型2,993ccV型8気筒
45
DNF
Gr.6 55   シェブロンレーシングカーズ   マーティン・ビレーン
  ジョン・シェルドン
  ニール・クラング
シェブロン・B36 A 57
フォードコスワース・BDX型2.0リットル直列4気筒
46
DNF
IMSA
GTX
71   シャルル・ポジー・フェラーリ・フランス   ジャン・クロード・アンドリュー
  クロード・バロー=レナ
フェラーリ・512BB/LM M 57
フェラーリ・4,942cc180度V型12気筒
47
DNF
Gr.C 31   ニムロッド・レーシング   ティフ・ニーデル[7]
  ボブ・エバンス[7]
  ジェフ・リース[7]
ニムロッド・NRA/C2[7] A 55
アストンマーティン-Tickford・DP1229型5,340cc[8]V型8気筒[8]
48
DNF
Gr.C 30   ミシェル・ラテステ   Hubert Striebig
  ミシェル・ラテステ
  ジャック・ユクラン
URD・C81 D 45
BMW・M88型3,453cc直列6気筒
49
DNF
IMSA
GTX
73   T-バード・レーシング
  NART
  プレストン・ヘン
  ランディ・ラニエ
  デニス・モリン
フェラーリ・512BB/LM M 43
フェラーリ・4,942cc180度V型12気筒
50
DNF
Gr.5 64   エドガー・デーレン   エドガー・デーレン
  ビリー・スプラウルズ
  アントニオ・コントレラス
ポルシェ・935K3 D 39
ポルシェ・935型3.0リットル水平対向6気筒ターボ
51
DNF
Gr.C 29   ギャレットソン・デヴェロップメンツ   ボビー・レイホール
  Skeeter McKitterick
  ジム・トゥルーマン
マーチ・82G G 28
シボレー・5.8リットルV型8気筒
52
DNF
Gr.C 17   クック・レーシング - Malardeau   ブライアン・レッドマン
  ラルフ・ケントクック
  ジム・アダムス
ローラ・T610 G 28
フォードコスワース・DFL型4.0リットルV型8気筒
53
DNF
IMSA
GTX
76   ボブ・エイキン・モーターレーシング   ボブ・エイキン
  デビッド・コワート
  ケンパー・ミラー
ポルシェ・935L G 15
ポルシェ・935型2.8リットル水平対向6気筒ターボ
54
DNF
Gr.C 5   ポルシェ・クレマー・レーシング   テッド・フィールド
  ダニー・オンガイス
  ビル・ウィッティントン
ポルシェ-クレマー・CK5 G 25
ポルシェ・935型2.8リットル水平対向6気筒ターボ
55
DNF
Gr.C 37   グリッド・レーシング   デジレ・ウィルソン
  エミリオ・デ・ヴィロタ
  アラン・ドゥ・カデネ
グリッド・プラザS1 D 7
フォードコスワース・DFL型3.3リットルV型8気筒

注釈編集

  1. ^ 『Gr.Cとル・マン』p.55は6月22日とするが、24時間レースであること、決勝は土日に行われること、他の資料と食い違う資料がこれだけであることから誤植と判断した。
  2. ^ 『ルマン 伝統と日本チームの戦い』p.73は「600psを超えているという」。
  3. ^ 『Racing On』459号p.18は「650ps」、p.19は「620ps以上/8.200rpm」。
  4. ^ 『Gr.Cとル・マン』p.54は「630馬力(過給圧1.2)」。
  5. ^ Racing On459号 特集 ポルシェ956』p.18は「650kgに満たない」。
  6. ^ 『ルマン 伝統と日本チームの戦い』p.は「700kgに満たない」。

出典編集

[脚注の使い方]
  1. ^ a b c 『Racing On』459号 pp.10-13。
  2. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p q r s t u v w x y z aa ab ac ad ae af ag ah ai aj ak al am an ao ap aq ar as at au av aw ax ay az ba bb bc bd be bf bg bh bi bj bk bl bm bn bo bp bq br bs bt bu bv bw bx by bz ca cb cc cd ce cf cg ch ci cj ck cl cm cn co cp cq cr cs ct cu cv cw cx cy cz da db dc dd 『Gr.Cとル・マン』pp.54-55。
  3. ^ a b c d e 『ルマン 伝統と日本チームの戦い』pp.224-231「資料2」。
  4. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p q r 『ルマン 伝統と日本チームの戦い』pp.27-154「ルマン24時間レースの歴史」。
  5. ^ a b c d e f g 『ル・マン 偉大なる草レースの挑戦者たち』pp.29-62「質屋通いのレース記者」。
  6. ^ a b c d e f g 『Racing On』459号 pp.14-19。
  7. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p q r 『ル・マンの英国車』pp.132-133「1982」。
  8. ^ a b c d e 『ル・マンの英国車』p.144。
  9. ^ a b c d 『ル・マン 偉大なる草レースの挑戦者たち』pp.298-303。
  10. ^ 『Gr.Cとル・マン』p.22。
  11. ^ 『THE 911&PORSCHE MAGAZINE No.63』2011春号p.133。

参考文献編集