メインメニューを開く

概要編集

第79回ワールドシリーズ。アメリカンリーグは西地区の覇者カリフォルニア・エンゼルスを破りワールドシリーズ初出場のミルウォーキー・ブルワーズと、ナショナルリーグは東地区の覇者アトランタ・ブレーブスを破り1968年以来14年ぶり出場のセントルイス・カージナルスとの対戦となった。結果は4勝3敗でセントルイス・カージナルスが15年ぶり9回目の優勝。

MVPは打率.286、1本塁打、5打点の成績をあげたダレル・ポーターが初選出。

この年の9月7日にカージナルス前監督のケン・ボイヤー肺癌で亡くなり、カージナルスの選手はポストシーズン期間中喪章を付けてプレーした。

試合結果編集

表中のR得点H安打E失策を示す。日付は現地時間。

第1戦 10月12日編集

チーム 1 2 3 4 5 6 7 8 9 R H E
ブルワーズ 2 0 0 1 1 2 0 0 4 10 17 0
カージナルス 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 3 1
  1. : マイク・コールドウェル (1-0)  : ボブ・フォーシュ (0-1)  
  2. :  MIL – テッド・シモンズ (1)
  3. 観客動員数: 53,723人 試合時間: 2時間30分

第2戦 10月13日編集

チーム 1 2 3 4 5 6 7 8 9 R H E
ブルワーズ 0 1 2 0 1 0 0 0 0 4 10 1
カージナルス 0 0 2 0 0 2 0 1 X 5 8 0
  1. : ブルース・スーター (1-0)  : ボブ・マクルーア (0-1)  
  2. :  MIL – テッド・シモンズ (2)
  3. 観客動員数: 53,723人 試合時間: 2時間54分

第3戦 10月15日編集

チーム 1 2 3 4 5 6 7 8 9 R H E
カージナルス 0 0 0 0 3 0 2 0 1 6 6 1
ブルワーズ 0 0 0 0 0 0 0 2 0 2 5 3
  1. : ウォーキーン・アンドゥハー (1-0)  : ピート・ブコビッチ (0-1)  S: ブルース・スーター (1)  
  2. :  STL – ウィリー・マギー 2 (2)  MIL – セシル・クーパー (1)
  3. 観客動員数: 56,556人 試合時間: 2時間53分

第4戦 10月16日編集

チーム 1 2 3 4 5 6 7 8 9 R H E
カージナルス 1 3 0 0 0 1 0 0 0 5 8 1
ブルワーズ 0 0 0 0 1 0 6 0 X 7 10 2
  1. : ジム・スレイトン (1-0)  : ダグ・ベアー (0-1)  S: ボブ・マクルーア (1)  
  2. 観客動員数: 56,560人 試合時間: 3時間04分

第5戦 10月17日編集

チーム 1 2 3 4 5 6 7 8 9 R H E
カージナルス 0 0 1 0 0 0 1 0 2 4 15 2
ブルワーズ 1 0 1 0 1 0 1 2 X 6 11 1
  1. : マイク・コールドウェル (2-0)  : ボブ・フォーシュ (0-2)  S: ボブ・マクルーア (2)  
  2. :  MIL – ロビン・ヨーント (1)
  3. 観客動員数: 56,562人 試合時間: 3時間02分

第6戦 10月19日編集

チーム 1 2 3 4 5 6 7 8 9 R H E
ブルワーズ 0 0 0 0 0 0 0 0 1 1 4 4
カージナルス 0 2 0 3 2 6 0 0 X 13 12 1
  1. : ジョン・ステューパー (1-0)  : ドン・サットン (0-1)  
  2. :  STL – キース・ヘルナンデス (1) ダレル・ポーター (1)
  3. 観客動員数: 53,723人 試合時間: 2時間21分

第7戦 10月20日編集

チーム 1 2 3 4 5 6 7 8 9 R H E
ブルワーズ 0 0 0 0 1 2 0 0 0 3 7 0
カージナルス 0 0 0 1 0 3 0 2 X 6 15 1
  1. : ウォーキーン・アンドゥハー (2-0)  : ボブ・マクルーア (0-2)  S: ブルース・スーター (2)  
  2. :  MIL – ベン・オグリビー (1)
  3. 観客動員数: 56,562人 試合時間: 2時間50分

参考文献編集