メインメニューを開く

1982年アメリカ西グランプリは、1982年F1世界選手権の第3戦として、1982年4月4日ロングビーチ市街地コースで開催された。

アメリカ合衆国の旗 1982年アメリカ西グランプリ
レース詳細
日程 1982年シーズン第3戦
決勝開催日 4月4日
開催地 ロングビーチ市街地コース
アメリカ ロングビーチ
コース長 3.428km
レース距離 75.5周(258.815km)
決勝日天候 晴れ(ドライ)
ポールポジション
ドライバー
タイム 1'27.316
ファステストラップ
ドライバー オーストリアの旗 ニキ・ラウダ
タイム 1'30.831(Lap 12)
決勝順位
優勝
2位
3位

予選結果編集

順位 No ドライバー コンストラクタ タイム
1 22   アンドレア・デ・チェザリス アルファロメオ 1'27.316
2 8   ニキ・ラウダ マクラーレンフォード 1'27.436 +0.120
3 16   ルネ・アルヌー ルノー 1'27.763 +0.447
4 15   アラン・プロスト ルノー 1'27.979 +0.663
5 23   ブルーノ・ジャコメリ アルファロメオ 1'28.087 +0.771
6 1   ネルソン・ピケ ブラバムフォード 1'28.276 +0.960
7 27   ジル・ヴィルヌーヴ フェラーリ 1'28.476 +1.160
8 6   ケケ・ロズベルグ ウィリアムズフォード 1'28.576 +1.260
9 28   ディディエ・ピローニ フェラーリ 1'28.680 +1.364
10 31   ジャン=ピエール・ジャリエ オゼッラフォード 1'28.708 +1.392
11 7   ジョン・ワトソン マクラーレンフォード 1'28.885 +1.569
12 3   ミケーレ・アルボレート ティレルフォード 1'29.027 +1.711
13 25   エディ・チーバー リジェマトラ 1'29.336 +2.020
14 5   マリオ・アンドレッティ ウィリアムズフォード 1'29.468 +2.152
15 26   ジャック・ラフィット リジェマトラ 1'29.587 +2.271
16 11   エリオ・デ・アンジェリス ロータスフォード 1'29.694 +2.378
17 12   ナイジェル・マンセル ロータスフォード 1'29.758 +2.442
18 2   リカルド・パトレーゼ ブラバムフォード 1'29.948 +2.632
19 14   ロベルト・ゲレロ エンサインフォード 1'30.186 +2.870
20 29   ブライアン・ヘントン アロウズフォード 1'30.474 +3.158
21 17   ヨッヘン・マス マーチフォード 1'30.476 +3.160
22 33   デレック・デイリー セオドールフォード 1'30.919 +3.603
23 18   ラウル・ボーセル マーチフォード 1'30.977 +3.661
24 4   スリム・ボルグッド ティレルフォード 1'31.033 +3.717
25 9   マンフレッド・ヴィンケルホック ATSフォード 1'31.593 +4.277
26 10   エリセオ・サラザール ATSフォード 1'31.825 +4.509
DNQ 36   テオ・ファビ トールマンハート 1'31.988 +4.672
DNQ 32   リカルド・パレッティ オゼッラフォード 1'32.146 +4.830
DNQ 20   チコ・セラ フィッティパルディフォード 1'32.496 +5.180
DNQ 30   マウロ・バルディ アロウズフォード 1'33.701 +6.385
  • 上位26台が予選通過

決勝レース編集

快晴の天候に恵まれ、路面温度もかなり高めの中で決勝日を迎えた。 このレースではリアウイングが左右で前後段違い構造が採用されたフェラーリがレギュレーション違反(リアウイングの幅が非常に広く、左右のリアタイヤに掛かる構造だったため)ではないかと物議を醸したが、結局レース後に失格となった。 レース展開は、自身初のポールを獲得したアルファロメオのチェザリスがスタートから飛び出しレース序盤からリード。 しかし、ルノーのプロスト、マクラーレンのラウダが2位、3位でチェザリスに続く。 炎天下の下でタフなレースになり、チェザリスもミスを犯し単独クラッシュ。その後はラウダがトップに立ち、最後まで逃げ切った。2位には追い上げたウィリアムズのケケ・ロズベルグがプロストをかわして入った。 3位は、スタートの出遅れからタフなコンディションの中での周囲の脱落にも助けられ、じわじわと順位を上げたブラバムフォードのパトレーゼが入った。

決勝結果編集

順位 No ドライバー コンストラクタ 周回 タイム/リタイヤ グリッド ポイント
1 8   ニキ・ラウダ マクラーレンフォード 75 1:58:25.318 2 9
2 6   ケケ・ロズベルグ ウィリアムズフォード 75 + 14.660 8 6
3 2   リカルド・パトレーゼ ブラバムフォード 75 + 1:19.143 18 4
4 3   ミケーレ・アルボレート ティレルフォード 75 + 1:20.947 12 3
5 11   エリオ・デ・アンジェリス ロータスフォード 74 + 1 Lap 16 2
6 7   ジョン・ワトソン マクラーレンフォード 74 + 1 Lap 11 1
7 12   ナイジェル・マンセル ロータスフォード 73 + 2 Laps 17  
8 17   ヨッヘン・マス マーチフォード 73 + 2 Laps 21  
9 18   ラウル・ボーセル マーチフォード 70 + 5 Laps 23  
10 4   スリム・ボルグッド ティレルフォード 68 + 7 Laps 24  
DSQ 27   ジル・ヴィルヌーヴ フェラーリ 75 失格 7  
Ret 25   エディ・チーバー リジェマトラ 59 ギアボックス 13  
Ret 22   アンドレア・デ・チェザリス アルファロメオ 33 スピン 1  
Ret 29   ブライアン・ヘントン アロウズフォード 32 スピン 20  
Ret 14   ロベルト・ゲレロ エンサインフォード 27 スピン 19  
Ret 26   ジャック・ラフィット リジェマトラ 26 スピン 15  
Ret 31   ジャン=ピエール・ジャリエ オゼッラフォード 26 ギアボックス 10  
Ret 1   ネルソン・ピケ ブラバムフォード 25 スピン 6  
Ret 33   デレック・デイリー セオドールフォード 23 スピン 22  
Ret 5   マリオ・アンドレッティ ウィリアムズフォード 19 接触 14  
Ret 15   アラン・プロスト ルノー 10 スピン 4  
Ret 28   ディディエ・ピローニ フェラーリ 6 スピン 9  
Ret 16   ルネ・アルヌー ルノー 5 接触 3  
Ret 23   ブルーノ・ジャコメリ アルファロメオ 5 接触 5  
Ret 10   エリセオ・サラザール ATSフォード 3 接触 26  
Ret 9   マンフレッド・ヴィンケルホック ATSフォード 1 接触 25  
  • No.27は3位でフィニッシュしたが、リアウイングの規定違反により失格
前戦
1982年ブラジルグランプリ
FIA F1世界選手権
1982年シーズン
次戦
1982年サンマリノグランプリ
前回開催
1981年アメリカ西グランプリ
  アメリカ西グランプリ次回開催
1983年アメリカ西グランプリ