1983年のル・マン24時間レース

1983年のル・マン24時間レース
前年: 1982 翌年: 1984

1983年のル・マン24時間レース24 Heures du Mans 1983 )は、51回目のル・マン24時間レースであり、1983年6月18日から6月19日[1][2]にかけてフランスのサルト・サーキットで行われた。

1983年のコース

概要編集

暫定的なクラスがなくなり、グループBとグループCによるすっきりしたクラス分けになった[3]

サイズはグループCと同じだが燃料タンク容量55リットル、最低重量700kgのグループCジュニアがクラスとして新設された[3]

公式ポスターは前年優勝したポルシェ・956であった[2]

グループC編集

ポルシェは前年の優勝車ポルシェ・956のカスタマースペックを市販[3][2]し、さらに性能向上を図ったワークス3台[3][2]を含めて11台[2]が出場することとなった。ただワークスのエンジンはマネージメントシステムがモトロニックMP1.2になった935/82型に進化しており、またカスタマー・スペックは前年のワークススペックと比較し30kgから70kg重かった[2]

フェラーリV型8気筒ターボエンジンを搭載したランチア・LC2などグループCの車両が各社から登場した[3][2]

グループCジュニア編集

マツダはこれまでのマツダ・RX-7ベースでないレース専用車、マツダ・717Cを製作し、チーム名「マツダスピード」を登記しレース専門会社となっての参戦となった[4]。またマツダのエースドライバーで西のレース拠点だった片山マツダの片山義美が参加したことは、東のレース拠点だったマツダオート東京がしていたル・マン挑戦をマツダが正式にオーソライズしたことを示した[4]

予選編集

ランチアLC2のターボ過給圧を上げて出力を800PSとし予選で速さをアピールしポルシェをかく乱する作戦を取り、3分20秒79を記録した[3]が、ポルシェもターボ過給圧を上げるとともに高グリップのタイヤを使用して対抗[3]、前年タイムを13秒[3]も短縮する3分16秒56[1]でポールポジションを取った。ランチアの記録は2位であった[3][1]

マツダ・717Cは空気抵抗低減を優先しすぎて直線でもコーナーでも安定性がなく、予選タイムは昨年を下回った[4]。しかし初めて余裕を持って予選を通過し、後は決勝のセッティングを詰めることに専念した。

決勝編集

出走は51台[5][1]

他のグループC車両は全くポルシェ・956についていけず[2]、トラブルを起こしては大きく遅れまたリタイアし[2]、4時間目の時点ではポルシェ・956がトップ10を全て占めていた[2]

ワークスポルシェの1号車ジャッキー・イクスがプライベーターのポルシェにミュルサンヌコーナーで追突されて大きく後退した[3]ものの、ガス欠寸前まで給油しないで引っ張る凄まじい追い上げを展開[2]し、4時間目の時点でプライベーターのポルシェ全て[2]を追いぬいて周回遅れながら3位に順位を上げ[2]、前年予選最高タイムとほぼ同じ3分29秒7[3]を記録して追い上げた[6]

結果編集

完走は20台[5][注釈 1]

ヴァーン・シュパン/ハーレイ・ヘイウッド/アル・ホルバート[1][5]ポルシェ・956、3号車はゴール2時間前にドアが吹き飛び[7]、エンジンが冷却不足となって過熱、最終ドライバーとなったアル・ホルバートは白煙を吐かせながらもだましだましゴールまで走らせ[7]、24時間で5,047[1].934km[2][5][注釈 2]を平均速度210.330km/h[1][6]で走って優勝した。ジャッキー・イクス/デレック・ベル組は同一周回内[2]の3.35km差まで詰め寄ったが2位に終わった[6]

結局ポルシェ・956はジョン・フィッツパトリックの11号車が燃料ポンプのトラブルで11時間目[2]に、ワークスの2号車がエンジントラブルで21時間目にリタイア[2]したのみに留まり、9位のザウバー・C7を除いてトップ10全てポルシェ・956が占めた[2]。前年と違いポルシェ同士の競争でペースが上がり、プライベーター最高位となった3位のクレマーは前年の優勝車より走行距離で63km上回り、4位のヨーストも28km上回った。厳しい燃費規制の下で5,000kmを超え、しかもモトロニックは進歩途上であったことは、年ごとに進歩するポルシェの技術を明確にした[2]

マツダ・717Cは61号車がコース上の異物により右後輪をバーストさせ一時最下位となったものの、その他には何もトラブルを起こさず最終的に60号車総合12位クラス優勝、61号車総合18位クラス2位を得た[4][1]

順位 クラス 号車 チーム ドライバー シャシ タイヤ 周回数
Engine
1 Gr.C 3[1][2]   ロスマンズポルシェ   ヴァーン・シュパン[1][2]
  ハーレイ・ヘイウッド[1][2]
  アル・ホルバート[1][2]
ポルシェ・956[1][2] D 370[1]
ポルシェ・935/82型2,649cc水平対向6気筒ターボ
2 Gr.C 1[1][2]   ロスマンズポルシェ   ジャッキー・イクス[1][2]
  デレック・ベル[1][2]
ポルシェ・956[1][2] D 370[1]
ポルシェ・935/82型2,649cc水平対向6気筒ターボ
3 Gr.C 21[1][2]   ポルシェ・クレマー・レーシング   マリオ・アンドレッティ[1][2]
  マイケル・アンドレッティ[1][2]
  フィリップ・アリオー[1][2]
ポルシェ・956[1] G 364[1]
ポルシェ・935/76型2,649cc水平対向6気筒ターボ
4 Gr.C 12[1][2]   Sorga S.A. / ヨースト・レーシング   フォルカート・メール[2]
  クレメンス・シュケンテンツ[1][2]
  マウリシオ・デ・ナルバエツ[1][2]
ポルシェ・956[1][2] D 361[1]
ポルシェ・935/76型2,649cc水平対向6気筒ターボ
5 Gr.C 16[1][2]   ジョン・フィッツパトリック・レーシング   ジョン・フィッツパトリック英語版[1][2]
  ガイ・エドワーズ[1][2]
  ルパート・キーガン[1][2]
ポルシェ・956[1][2] G 358[1]
ポルシェ・935/76型2,649cc水平対向6気筒ターボ
6 Gr.C 8[1][2]  Sorga S.A. / ヨースト・レーシング   クラウス・ルドヴィック[1][2]
  ステファン・ヨハンソン[1][2]
  ボブ・ウォレク[1][2]
ポルシェ・956[1][2] D 354[1]
ポルシェ・935/76型2,649cc水平対向6気筒ターボ
7 Gr.C 18[2]   オーベルマイヤーレーシング   アクセル・プランケンホルン[1][2]
  デジレ・ウィルソン[1][2]
  ユルゲン・ラシッグ[1][2]
ポルシェ・956[1][2] D 347
ポルシェ・935/76型2,649cc水平対向6気筒ターボ
8 Gr.C 14[1][2]   キヤノンカメラ・レーシング
  GTiエンジニアリング
  ジョナサン・パーマー[1][2]
  ヤン・ラマース[1][2]
  リチャード・ロイド[1][2]
ポルシェ・956[1][2] ? 339[1]
ポルシェ・935/76型2,649cc水平対向6気筒ターボ
9 Gr.C 46[1][2]   ザウバー・チーム・スイス   ディエゴ・モントーヤ[1][2]
  トニー・ガルシア[1][2]
  アルバート・ナオン[1][2]
ザウバー・C7[1][2] D 338[1]
BMW・M88型3.5リットル直列6気筒
10 Gr.C 47[1][2]   プレストン・ヘン・Tバード・スワップ・ショップ   プレストン・ヘン[1][2]
  ジャン=ルイ・シュレッサー[1][2]
  クロード・バローレナ[1][2]
ポルシェ・956[1][2] G 327[1]
ポルシェ・935/76型2,649cc水平対向6気筒ターボ
11 Gr.B 93[2]   Charles Ivey Racing   ジョン・クーパー[2]
  ポール・スミス[2]
  デヴィッド・オヴェイ[2]
ポルシェ・930[2] ? 303
ポルシェ・930型3.3リットル水平対向6気筒ターボ
12 Gr.C Jr 60[1][2]   マツダスピード   従野孝司[1][2]
  寺田陽次郎[1][2]
  片山義美[1][2]
マツダ・717C[1][2] D 302[1]
マツダ・13B型1.3リットル2ローター
13 Gr.B 92[2]   ゲオルク・メミンガ   ゲオルク・メミンガ[2]
  ハインツ・カーンヴェイス[2]
  フリッツ・ミュラー[2]
ポルシェ・930[2] D 299
ポルシェ・930型3.3リットル水平対向6気筒ターボ
14 Gr.C 54[2]   ヴァランティン・ベルタペレ   ブルーノ・ソティ[2]
  ジェラール・キュイネ[2]
URD・C81[2] D 292
BMW・M88型3.5リットル直列6気筒
15 Gr.B 95[2]   エキップ・アルメラス・フレール   ジャック・アルメラス[2]
  ジャン=マリー・アルメラス[2]
  ジャック・ギヨー[2]
ポルシェ・930[2] M 279
ポルシェ・930型3.3リットル水平対向6気筒ターボ
16 Gr.C 10[2]   WMセカテバ   ロジャー・ドーシェイ[2]
  アラン・クーデル[2]
  パスカル・ファーブル[2]
WM・P83[2] M 278
プジョーPRV型2.8リットルV型6気筒ターボ
17[6] Gr.C 41[6][2]   エムカ・プロダクション   ティフ・ニーデル[6][2]
  スティーブ・オルーケ[6][2]
  ニック・フォール[6][2]
エムカ[6]・C83/1 ? 275
アストンマーティン-Tickford・DP1229型5,340cc[8]V型8気筒[8]
18 Gr.C Jr 61[1]   マツダスピード   スティーブ・ソパー[1][2]
  ジェフ・アラム[1][2]
  ジェームズ・ウィーバー[1][2]
マツダ・717C[1][2] D 267[1]
マツダ・13B型1.3リットル2ローター
19 Gr.C 29   Christian Bussi   ダニエル・エレコッジ[2]
  ジャン=ポール・リベール[2]
  パスカル・ウィトモア[2]
ロンドー・M382[2] D 265
フォードコスワース・DFL型3.3リットルV型8気筒
20 Gr.B 96[2]   Michel Lateste   レイモンド・ツーロール[2]
  ミシェル・ラステル[2]
  ミシェル・ビエノー[2]
ポルシェ・930[2] M 264
ポルシェ・930型3.3リットル水平対向6気筒ターボ
21
NC
Gr.B 97   レイモンド・ブーティナウ   レイモンド・ブーティナウ
  パトリック・ゴーニン
  Alain le Page
ポルシェ・928S D 234
ポルシェ・M28型4.7リットルV型8気筒
22
NC
Gr.C 53  A.S. École Supérieure de Tourisme   フランソワ・エスノー
  ティエリー・ペリエ
  ベルナール・サラム
ランチア・LC1 D 232
ランチア・1.4リットル直列4気筒ターボ
23
NC
Gr.C 51  スクーデリア・シルヴァマ・モーター   オスカー・ララウリ
  マッシモ・シガーラ
  マックス・コーエンオリバー
ランチア・LC1 D 217
ランチア・1.4リットル直列4気筒ターボ
24
NC
Gr.C Jr 65   フランソワ・デュレ   ジョン・シェルドン
  フランソワ・デュレ
  イアン・ハローワー
De Cadenet-ローラ ? 214
フォードコスワースDFV型3.0リットルV型8気筒
25
DSQ
Gr.C 30   プリマガス   ルシアン・グイッテニー
  ピエール・イヴェール
  ベルナール・ド・ドライヴァー
ロンドー・M382 D 266
フォードコスワース・DFL型3.3リットルV型8気筒
26
DNF
Gr.B 94   クロード・ハルディ   クロード・ハルディ
  ギュンター・ステッケーニヒ
  ベルント・シラー
ポルシェ・930 M 217
ポルシェ・930型3.3リットル水平対向6気筒ターボ
27
DNF
Gr.C 2   ロスマンズポルシェ   ヨッヘン・マス
  ステファン・ベロフ
ポルシェ・956 D 281
ポルシェ・935/82型2,649cc水平対向6気筒ターボ
28
DNF
Gr.C 39[6]  ヴァイカウント・ダウン[6] - ペース・ペトロリアム[6]   レイ・マロック[6]
  マイク・サロモン[6]
  スティーブ・アール[6]
ニムロッド[6]・NRA/C2B A 218
アストンマーティン-Tickford・DP1229型5,340cc[8]V型8気筒[8]
29
DNF
Gr.C 24   フォード・フランス   ティエリー・ブーツェン
  アンリ・ペスカロロ
ロンドー・M482 M 174
フォードコスワース・DFL型4.0リットルV型8気筒
30
DNF
Gr.C 20   クック・レーシング   ラルフ・ケントクック
  ジム・アダムス
  フランソワ・サヴァーニン
ローラ・T610 G 165
フォードコスワース・DFL型4.0リットルV型8気筒
31
DNF
Gr.B 90   アンジェロ・パラヴィチーニ
  ブルン・モータースポーツ
  プリンス・レオポルド・フォン・バイエルン
  アンジェロ・パラヴィチーニ
  ジェンス・ヴィンター
BMW・M1 D 160
BMW・M88型3.5リットル直列6気筒
32
DNF
Gr.C Jr 63   スクーデリア・ジョリークラブ   カルロ・ファチェッティ
  マルティノ・フィノット
  マルコ・ヴァノリ
アルバ・AR2 P 158
ジャンニ・カルマ・FF型1.9リットル直列4気筒ターボ
33
DNF
Gr.C 28   ジャン・ロンドー
  フォード・フランス
  ヴィック・エルフォード
  ジョエル・グイヤー
  アン・シャルロット・バーニー
ロンドー・M379 ? 136
フォードコスワースDFV型3.0リットルV型8気筒
34
DNF
Gr.C 6   マルティニ・ランチア   パオロ・バリッラ
  アレッサンドロ・ナニーニ
  ジャン・クロード・アンドリュー
ランチア・LC2 D 135
フェラーリ・268C型2.6リットルV型8気筒ターボ
35
DNF
Gr.C 5   マルティニ・ランチア   ピエルカルロ・ギンザーニ
  ハンス・ハイヤー
  ミケーレ・アルボレート
ランチア・LC2 D 121
フェラーリ・268C型2.6リットルV型8気筒ターボ
36
DNF
Gr.C 9   WMセカテバ   ジャン=ダニエル・ローレ
  ミシェル・ピニャール
  Didier Theys
WM P83 M 102
プジョーPRV型2.8リットルV型6気筒ターボ
37
DNF
Gr.C 26   フォード・フランス   アラン・フェルテ
  ジャン・ロンドー
  ミッシェル・フェルテ
ロンドー・M482 M 90
フォードコスワース・DFL型4.0リットルV型8気筒
38
DNF
Gr.C 11   ジョン・フィッツパトリック・レーシング   ジョン・フィッツパトリック
  デイビッド・ホッブス
  ディーター・クエスター
ポルシェ・956 G 135
ポルシェ・935/76型2,649cc水平対向6気筒ターボ
39
DNF
Gr.C 13   プリマガス   アラン・ドゥ・カデネ
  イブ・クラージュ
  ミシェル・デュボワ
クーガー・C01B M 86
フォードコスワース・DFL型3.3リットルV型8気筒
40
DNF
Gr.C 22   ポルシェ・クレマー・レーシング   デレック・ワーウィック
  パトリック・ガイヤール
  フランク・イエリンスキー
ポルシェ・クレマー・CK5 G 76
ポルシェ・935/76型2,649cc水平対向6気筒ターボ
41
DNF
Gr.C 38[1]   童夢[1]
  Colin Bennett
  エリセオ・サラザール
  クリス・クラフト
  ニック・メイスン
童夢マーチ)・RC82[1] ? 75[1]
フォードコスワース・DFL[1]型3.3リットルV型8気筒
42
DNF
Gr.C Jr 64   Hubert Striebig   Hubert Striebig
  ノエル・デル・ベロ
  ジャック・ユクラン
Sthemo・SM01 ? 71
BMW2.2リットル直列4気筒
43
DNF
Gr.C 49   グリッド・モーター・レーシング   フレッド・スティッフ
  ダドリー・ウッド
  レイ・ラトクリフ
グリッド・プラザS1 F 69
フォードコスワース・DFL型4.0リットルV型8気筒
44
DNF
Gr.C 36   ブルン・モータースポーツ   ジャック・ヴィルヌーヴSr.
  ラドヴィッグ・ヘルムラス
  デヴィッド・デーコン
Sehcar・C6 D 68
フォードコスワース・DFL型4.0リットルV型8気筒
45
DNF
Gr.C 72   ジャン・ロンドー   ダニー・スノベック
  グザヴィエ・ラペイル
  アラン・クディーニ
ロンドー・M382 M 31
フォードコスワース・DFL型3.3リットルV型8気筒
46
DNF
Gr.C 4   マルティニ・ランチア   ミケーレ・アルボレート
  テオ・ファビ
  アレッサンドロ・ナニーニ
ランチア・LC2 D 27
フェラーリ・268C型2.6リットルV型8気筒ターボ
47
DNF
Gr.C 43   Peer Racing   フランソワ・ミゴール
  デイブ・ケネディ
  マーティン・ビレーン
フォード・C100 G 16
フォードコスワース・DFL型3.3リットルV型8気筒
48
DNF
Gr.C 25   フォード・フランス   ジャン=ピエール・ジョッソー
  フィリップ・ストレイフ
ロンドー・M482 M 12
フォードコスワース・DFL型3.3リットルV型8気筒
49
DNF
Gr.C 15   ベルガ・チーム・ヨーストレーシング   ジャン=ミシェル・マルタン
  マルク・デュエツ
  フィリップ・マルタン
ポルシェ・936C D 9
ポルシェ・935/76型2.7リットル水平対向6気筒ターボ
50
DNF
Gr.C 42   リチャード・クレアー・レーシング   トニー・ドロン
  リチャード・クレアー
  リチャード・ジョーンズ
ポルシェ・クレマーCK5 ? 8
ポルシェ・935/76型2,649cc水平対向6気筒ターボ
51
DNF
Gr.B 91   エドガー・デーレン   Alain Yvon
  ジャン=マリー・レメルレ
  ミカエル・クランケンベルク
ポルシェ・930 ? 7
ポルシェ・930型3.0リットル水平対向6気筒ターボ

注釈編集

  1. ^ 『ル・マン 偉大なる草レースの挑戦者たち』p.224は21台とするが:en:と一致している20台を採用した。
  2. ^ 『ル・マンの英国車』p.133は5,047.834kmとするが:en:と一致している5,047.934kmを採用した。

出典編集

[脚注の使い方]
  1. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p q r s t u v w x y z aa ab ac ad ae af ag ah ai aj ak al am an ao ap aq ar as at au av aw ax ay az ba bb bc bd be bf bg bh bi bj bk bl bm bn bo bp bq br bs bt bu bv bw bx by bz ca cb cc 『ルマン 伝統と日本チームの戦い』pp.224-231「資料2」。
  2. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p q r s t u v w x y z aa ab ac ad ae af ag ah ai aj ak al am an ao ap aq ar as at au av aw ax ay az ba bb bc bd be bf bg bh bi bj bk bl bm bn bo bp bq br bs bt bu bv bw bx by bz ca cb cc cd ce cf cg ch ci cj ck cl cm cn co cp cq cr cs ct cu cv cw cx cy cz da db dc dd de df dg dh di 『Gr.Cとル・マン』pp.56-57。
  3. ^ a b c d e f g h i j k 『ルマン 伝統と日本チームの戦い』pp.27-154「ルマン24時間レースの歴史」。
  4. ^ a b c d 『ルマン 伝統と日本チームの戦い』pp.155-220「ルマン24時間レース挑戦 日本チーム」。
  5. ^ a b c d 『ル・マン 偉大なる草レースの挑戦者たち』pp.298-303。
  6. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p 『ル・マンの英国車』pp.133-134「1983」。
  7. ^ a b 『Racing On』466号 pp.54-57。
  8. ^ a b c d 『ル・マンの英国車』p.144。

参考文献編集