1983年の広島東洋カープ(1983ねんのひろしまとうようカープ)では、1983年における広島東洋カープの動向をまとめる。

1983年の広島東洋カープ
成績
セントラル・リーグ2位
65勝55敗10分 勝率.542[1]
本拠地
都市 広島県広島市
球場
広島市民球場
Hiroshima Municipal Baseball Stadium 2008.JPG
球団組織
オーナー 松田耕平
経営母体 松田家(東洋工業創業者一族)
監督 古葉竹識
« 1982
1984 »

この年の広島東洋カープは、古葉竹識監督の9年目のシーズンである。

概要編集

就任9年目の古葉監督は前年まで主軸を打った水谷実雄をトレードで放出し、代わりに加藤英司阪急から獲得。さらに4年目の長嶋清幸を外野のレギュラーに抜擢したほか、それまで2番手捕手だった達川光男を正捕手に抜擢するなどチームの再編成に着手。投手陣ではエースで前年20勝の北別府学、シリーズ男の山根和夫、この年からローテ入りの川口和久、前年新人王の津田恒美が先発陣を形成し、中継ぎには山本和男古沢憲司、抑えには大野豊を配置するなど戦力は豊富で、チームは優勝候補にあげられたが開幕ダッシュに失敗して巨人の独走を許した。6月以降衣笠祥雄山本浩二などといった主力の活躍で巨人とのゲーム差を詰めていくと、前半戦終了前には首位を奪取。後半戦も巨人とのマッチレースが続いたが前年同様ベテランの多い主力打者が息切れすると、8月中旬には首位から陥落。その後も勝ち星を増やせず巨人にゲーム差を広げられ最後は2位で終了。投手陣では川口が15勝をあげてエースにのし上がり、北別府、山根なども例年通りの活躍を見せたが津田が後半戦右肩痛で離脱したのが響いた。打撃陣では長嶋・達川がレギュラーの座をつかみ、高橋慶彦山崎隆造の1・2番コンビに加えて新外国人のティム・アイルランドもハッスルプレーで活躍するなど明るい話題もあったが、前年同様ベテラン陣が夏場に大きく成績を落としたのが響き3年ぶりの優勝はならなかった。阪急から移籍の加藤も肝炎などの影響で思うような成績をあげられず、長内孝のレギュラー定着もあり1年で近鉄に放出された。

チーム成績編集

レギュラーシーズン編集

開幕オーダー
1 高橋慶彦
2 山崎隆造
3 加藤英司
4 山本浩二
5 衣笠祥雄
6 長嶋清幸
7 アイルランド
8 達川光男
9 北別府学
1983年セントラル・リーグ順位変動
順位 4月終了時 5月終了時 6月終了時 7月終了時 8月終了時 9月終了時 最終成績
1位 巨人 -- 巨人 -- 巨人 -- 広島 -- 巨人 -- 巨人 -- 巨人 --
2位 阪神 3.5 広島 8.0 広島 5.0 巨人 0.5 広島 6.0 広島 7.5 広島 6.0
3位 中日 5.0 阪神 12.5 ヤクルト 12.5 ヤクルト 11.5 中日 12.5 大洋 15.0 大洋 11.0
4位 広島 5.5 ヤクルト 13.0 中日 14.0 大洋 12.5 大洋 13.0 中日 阪神 11.5
5位 ヤクルト 大洋 16.0 大洋 14.0 阪神 阪神 14.0 阪神 15.5 中日 18.5
6位 大洋 7.5 中日 16.5 阪神 14.5 中日 14.0 ヤクルト 14.5 ヤクルト 19.0 ヤクルト 19.0
1983年セントラル・リーグ最終成績
順位 球団 勝率
優勝 読売ジャイアンツ 72 50 8 .590 -
2位 広島東洋カープ 65 55 10 .542 6.0
3位 横浜大洋ホエールズ 61 61 8 .500 11.0
4位 阪神タイガース 62 63 5 .496 11.5
5位 中日ドラゴンズ 54 69 7 .439 18.5
6位 ヤクルトスワローズ 53 69 8 .434 19.0

オールスターゲーム1983編集

  • ファン投票
山本浩二
  • 監督推薦
北別府学
津田恒美
川口和久
達川光男
高橋慶彦
衣笠祥雄

できごと編集

選手・スタッフ編集

表彰選手編集

リーグ・リーダー
選手名 タイトル 成績 回数
山本浩二 本塁打王 36本 2年ぶり4度目
津田恒美 最高勝率 .750 初受賞
ベストナイン
選手名 ポジション 回数
高橋慶彦 遊撃手 初受賞
山本浩二 外野手 7年連続8度目
ダイヤモンドクラブ賞
選手名 ポジション 回数
長嶋清幸 外野手 初受賞

ドラフト編集

順位 選手名 ポジション 所属 結果
1位 川端順 投手 東芝 入団
2位 小早川毅彦 内野手 法政大学 入団
3位 紀藤真琴 投手 中京高 入団
4位 伊藤寿文 捕手 東芝 入団
5位 石本龍臣 投手 倉吉北高 入団
6位 阿部慶二 内野手 ヤマハ発動機 入団

出典編集

[ヘルプ]