メインメニューを開く

出来事編集

世界編集

日本編集

周年編集

日本の映画興行編集

配給会社別年間配給収入
配給会社 配給本数 年間配給収入 前年対比 概要
新作 再映 洋画
松竹 19 062億0613万円 088.0% 正月の『男はつらいよ 花も嵐も寅次郎』(15.5億円[8][注 1])はシリーズ最高〔の配給収入〕だったが、夏の『男はつらいよ 旅と女と寅次郎』(10.2億円)は伸び悩み。アンコール上映の角川映画蒲田行進曲』は、松竹製作の『時代屋の女房』との2本立てで配給収入9億円を稼いだ。『この子を残して』(4.3億円)や『迷走地図』(4.8億円)は伸びず、『きつね』や『海嶺』は極端な不振。
15 4 0
東宝 29 083億4119万円 083.1% 4年連続年間配給収入100億円突破は成らなかった。『影武者』の持つ日本映画配収記録(27億円)を大幅に更新した『南極物語』(59億円[8][注 2])は、共同配給の日本ヘラルド映画に計上されている。近藤真彦の『嵐を呼ぶ男』(8.5億円)が大きく期待を裏切ったのに対し、『プルメリアの伝説 天国のキッス』/『刑事物語2 りんごの詩』(12億円)は好稼動。『ウィーン物語 ジェミニ・YとS』など(11億円)と『ドラえもん のび太の海底鬼岩城』など(10億円)の2番組も配給収入10億円の大台を突破した。『細雪』(9.5億円)は健闘、『居酒屋兆治』は安定した成績。
東宝東和配給の『プロ野球を10倍楽しく見る方法』(10.8億円)、角川映画『幻魔大戦』(10.6億円)も大台を突破した。
23 1 5
東映 29 127億1428万円 115.5% 2年連続で年間配給収入100億円を突破した。角川映画『探偵物語』/『時をかける少女』(28億円)も『影武者』の持つ日本映画配収記録(27億円)を更新している。角川映画『汚れた英雄』/『伊賀忍法帖』(16億円)、カンヌ国際映画祭パルム・ドールを受賞した『楢山節考』(10.5億円)、『伊賀野カバ丸』/『カンニング・モンキー 天中拳』(10.4億円)、『宇宙戦艦ヤマト 完結編』(10.1億円)の4番組も配給収入10億円の大台をクリアした。『陽暉楼』(8.5億円)は、同じ宮尾登美子原作の『鬼龍院花子の生涯』(11億円[11])には及ばないものの堅実な稼動。ヌードの話題先行の『白蛇抄』は成果を挙げず、『日本海大海戦 海ゆかば』は期待を裏切る結果に終わった。
23 1 5
にっかつ 55 033億8008万円 086.5% アダルトビデオソフトの隆盛を前に12年目の日活ロマンポルノは苦戦。美保純のような人気女優が現れなかったのも一因。文芸ポルノ『ダブルベッド』、演歌ポルノ『ブルーレイン大阪』・『3年目の浮気』などの新しい試みは不発。従来、3本立てのうち1本は他社製作映画を利用していたが、3本全てを自社製作映画に変更。
55 0 0
出典:「1983年度日本映画・外国映画業界総決算 日本映画」『キネマ旬報1984年昭和59年)2月下旬号、キネマ旬報社、1984年、 110 - 116頁。

各国ランキング編集

日本配給収入ランキング編集

1983年日本配給収入トップ10
順位 題名 製作国 配給 配給収入
1 E.T.   ユニバーサル映画/CIC 96.2億円
2 南極物語   日本ヘラルド映画=東宝 59.0億円
3 スター・ウォーズ ジェダイの復讐   20世紀FOX 37.2億円
4 フラッシュダンス   パラマウント映画/CIC 34.0億円
5 探偵物語
時をかける少女
  東映 28.0億円
6 007 オクトパシー    MGM=UA=CIC 19.2億円
7 汚れた英雄
伊賀忍法帖
  東映 16.0億円
8 男はつらいよ 花も嵐も寅次郎
次郎長青春篇 つっぱり清水港
  松竹 15.5億円
9 プルメリアの伝説 天国のキッス
刑事物語2 りんごの詩
  東宝 12.0億円
9 ランボー   東宝東和 12.0億円
出典:1983年配給収入10億円以上番組 - 日本映画製作者連盟

北米興行収入ランキング編集

1983年北米興行収入トップ10
順位 題名 スタジオ 興行収入
1. スター・ウォーズ ジェダイの復讐 20世紀FOX $252,583,617
2. 愛と追憶の日々 パラマウント $108,423,489
3. フラッシュダンス パラマウント $92,921,203
4. 大逆転 パラマウント $90,404,800
5. ウォー・ゲーム MGM $79,567,667
6. 007 オクトパシー MGM $67,893,619
7. ダーティハリー4 ワーナー・ブラザース $67,642,693
8. ステイン・アライブ パラマウント $64,892,670
9. ミスター・マム 20世紀FOX $64,783,827
10. 卒業白書 ワーナー・ブラザース $63,541,777
出典: 1983 Domestic Yearly Box Office Results”. Box Office Mojo. 2015年12月23日閲覧。

日本公開映画編集

受賞編集

誕生編集

死去編集

日付 名前 国籍 年齢 職業
1月 24日 ジョージ・キューカー   83 映画監督[12]
27日 ルイ・ド・フュネス   68 コメディアン[12]
2月 18日 和田夏十   62 脚本家[12]
20日 河津清三郎   74 俳優[12]
25日 テネシー・ウィリアムズ   71 劇作家[12]
3月 14日 モーリス・ロネ   55 俳優[12]
18日 渋谷天外   76 俳優・劇作家・演出家[12]
31日 片岡千恵蔵   80 俳優[12]
4月 4日 グロリア・スワンソン   84 女優[12]
13日 中村鴈治郎   81 俳優[12]
22日 ランベルト・マジョラーニ   73 自転車泥棒』主演[12]
23日 バスター・クラブ英語版   75 俳優[12]
5月 4日 寺山修司   47 作家・映画監督[12]
6月 12日 ノーマ・シアラー    80 女優[12]
28日 沖雅也   31 俳優[12]
7月 29日 デヴィッド・ニーヴン   73 俳優[13]
レイモンド・マッセイ   86 俳優[13]
ルイス・ブニュエル   83 映画監督[13]
8月 3日 キャロリン・ジョーンズ   53 女優[13]
9日 市村俊幸   62 俳優[13]
11日 山本薩夫   73 映画監督[13]
10月 3日 花登筺   55 作家・脚本家[13]
10日 ラルフ・リチャードソン   80 俳優[13]
15日 パット・オブライエン   83 俳優[13]
24日 かとう哲也   42 俳優・ひばりプロ社長[13]
11月 6日 金子正次   33 俳優[13]
28日 クリストファー・ジョージ   52 俳優[13]
12月 5日 ロバート・アルドリッチ   65 映画監督[13]
8日 スリム・ピケンズ   64 俳優[13]
28日 ウィリアム・デマレスト   91 俳優[13]
主な出典:「1983年 映画物故人リスト」『キネマ旬報1984年昭和59年)2月下旬号、キネマ旬報社、1984年、 210 - 211頁。

脚注編集

[ヘルプ]

注釈編集

  1. ^ キネマ旬報では15.4億円となっている[9]
  2. ^ キネマ旬報では56.0億円となっている[10]

出典編集

  1. ^ スタジオジブリ作品関連資料集〈1〉 & 1996/6/1, p. 55.
  2. ^ 斉藤 2009, p. 97.
  3. ^ 第30作 男はつらいよ 花も嵐も寅次郎”. 『男はつらいよ』公式サイト. 松竹映画. 2016年8月5日閲覧。
  4. ^ 第31作 男はつらいよ 旅と女と寅次郎”. 『男はつらいよ』公式サイト. 松竹映画. 2016年8月5日閲覧。
  5. ^ 小売物価統計調査(動向編) 調査結果”. 統計局. 2016年8月3日閲覧。
  6. ^ 主要品目の東京都区部小売価格:昭和25年(1950年)〜平成22年(2010年) (Excel)”. 統計局. 2016年8月3日閲覧。
  7. ^ a b 過去データ一覧”. 一般社団法人日本映画製作者連盟. 2016年8月2日閲覧。
  8. ^ a b 1983年配給収入10億円以上番組 - 日本映画製作者連盟
  9. ^ 「1983年邦画4社<封切配収ベスト作品>」『キネマ旬報1984年昭和59年)2月下旬号、キネマ旬報社、1984年、 116頁。
  10. ^ 「邦画フリーブッキング配収ベスト作品」『キネマ旬報1984年昭和59年)2月下旬号、キネマ旬報社、1984年、 115頁。
  11. ^ 1982年配給収入10億円以上番組 - 日本映画製作者連盟
  12. ^ a b c d e f g h i j k l m n o 映画界物故人 1984, p. 210.
  13. ^ a b c d e f g h i j k l m n o 映画界物故人 1984, p. 211.

参考文献編集

  • 斉藤守彦『映画館の入場料金は、なぜ1800円なのか?』ダイヤモンド社、2009年11月27日。ISBN 978-4-478-01134-8