1983年の阪神タイガースのユニフォーム

1983年の阪神タイガースのユニフォーム1979年から1983年まで使用されていた阪神タイガースの初代プルオーバースタイルユニフォームのビジターデザインのうち、この年のみ左袖のロゴが違うバージョンのことである。翌年ビジター用がグレー地の縦縞デザインに変更(2代目プルオーバーデザイン)されたため、事実上短命ユニフォームとなった。 また、前年から採用されている2代目のプルオーバースタイル(1982年1987年)のホーム用デザインは補足事項で扱う。

デザイン編集

帽子はT+HマークのうちTが白でHが黄色であり、色はツバ・天ボタン・空気穴が黄色で他が黒である。ユニフォームはスカイブルー地。襟ラインは上・黄色、下・黒。袖ラインは上・黒、下・黄色。ズボンラインは前部・黒、後部・黄色。ロゴのHANSHINと左袖のTigers・胸・背番号は黒で黄色い縁取り。背番号上のローマ字表記ネームのみ黒一色である。アンダーシャツ・ストッキングは黒一色。スパイクは黒に黄色のライン入り。背・胸番号は角型数字で統一されている。 1982年までとの相違点は左袖のTigersロゴがホーム用ユニフォームの胸ロゴと同様のものであるのに対し、1983年版は、後に球団旗に使用されるロゴである点。

概要編集

1979年に阪神はユニフォーム変更の折にセントラル・リーグでは4番目となるプルオーバーデザインに変更したが、1982年の安藤統男監督就任を機にホーム用が変更され、ビジター用は1979年から採用の初代のデザインが引き続いて使用されていたが、1983年に左袖のTigersロゴのみがマイナーチェンジされた。 そして1984年、阪神はビジター用ユニフォームから黄色を除外し、グレー主体の縦縞デザインに変更された。ここで初めて1985年の日本一の際に着用していたユニフォームが登場するが、左袖ロゴは猛虎マークに統一され、マイナーチェンジされた左袖Tigersロゴはわずか1年で封印された。

補足事項編集

1979年~1981年の初代ホーム用デザイン編集

帽子はビジター用と同じ。ユニフォームは白地に黒の縦縞(若干太め)。襟ラインの配色は上・黄色、下・黒、袖ラインは上・黒、下・黄色。ズボンラインなし。胸ロゴがTigers、左袖に猛虎マーク。胸番号が角文字で背番号が丸文字。胸ロゴ・背番号は黒で黄色い縁取り、胸番号・背番号上のローマ字表記ネームは黒。スパイクシューズは黒地に黄色いライン。

1982年~1987年の2代目ホーム用デザイン編集

帽子は白地に黒の縦縞、T+Hマーク・天ボタン・空気穴・ツバが黒。ユニフォームは白地に黒の縦縞、首周りのVネックラインのみ白。胸のTigersロゴ・胸番号・背番号・背番号上のローマ字表記ネームが黒。スパイクシューズは白地に黒ライン。左袖に猛虎マーク(※1983年まで1970年から採用のデザイン、1984年以降は現在も使用されているデザイン)。背番号は1983年まで丸数字、1984年以降は角型数字に変更。