メインメニューを開く

1984年の野球において、メジャーリーグベースボール(MLB)優勝決定戦の第81回ワールドシリーズ(81st World Series)は、10月9日から14日にかけて計5試合が開催された。その結果、デトロイト・タイガースアメリカンリーグ)がサンディエゴ・パドレスナショナルリーグ)を4勝1敗で下し、16年ぶり4回目の優勝を果たした。

1984年のワールドシリーズ
チーム 勝数
デトロイト・タイガースAL 4
サンディエゴ・パドレスNL 1
シリーズ情報
試合日程 10月9日–14日
観客動員 5試合合計:27万1820人
1試合平均:05万4364人
MVP アラン・トランメル(DET)
ALCS DET 3–0 KC
NLCS SD 3–2 CHC
殿堂表彰者 スパーキー・アンダーソン(DET監督)
ジャック・モリス(DET投手)
アラン・トランメル(DET内野手)
ディック・ウィリアムズ(SD監督)
リッチ・ゴセージ(SD投手)
トニー・グウィン(SD外野手)
ダグ・ハーヴェイ(審判員)
チーム情報
デトロイト・タイガース(DET)
シリーズ出場 16年ぶり9回目
GM ビル・ラジョイ
監督 スパーキー・アンダーソン
シーズン成績 104勝58敗・勝率.642
AL東地区優勝
分配金 選手1人あたり5万1831.36ドル[1]
サンディエゴ・パドレス(SD)
シリーズ出場 球団創設16年目で初
GM ジャック・マキーオン
監督 ディック・ウィリアムズ
シーズン成績 092勝70敗・勝率.568
NL西地区優勝
分配金 選手1人あたり4万2425.56ドル[1]
全米テレビ中継
放送局 NBC
実況 ビン・スカリー
解説 ジョー・ガラジオーラ・シニア
平均視聴率 22.9%(前年比0.4ポイント下降)[2]
ワールドシリーズ
 < 1983 1985 > 

タイガース監督のスパーキー・アンダーソンとパドレス監督のディック・ウィリアムズは、選手時代の1955年にマイナーリーグAA級テキサスリーグフォートワース・キャッツでチームメイトだったほか、1972年のワールドシリーズでは監督として対戦しており、このときはウィリアムズ率いるオークランド・アスレチックスがアンダーソン率いるシンシナティ・レッズを下している[3]。ウィリアムズはその年と翌1973年にアメリカンリーグのアスレチックスで、アンダーソンは1975年1976年にナショナルリーグのレッズで、それぞれ監督としてシリーズ優勝を経験していた。両リーグの球団でシリーズを制した監督は過去ひとりもいないため、今シリーズの対戦カードが確定した時点で、どちらが優勝しようともその監督が史上初の記録を達成することも決まった[注 1]。タイガースの優勝により、アンダーソンが12年前の雪辱を果たすとともに、前人未到の業績を成し遂げた。シリーズMVPには、第4戦で2本塁打を放ちチームの全得点を稼ぐなど、5試合で打率.450・2本塁打・6打点OPS 1.300という成績を残したタイガースのアラン・トランメルが選出された。トランメルはパドレスの本拠地から3マイル(約4.8km)ほどの近場で幼少期を過ごし、自身が11歳のときにパドレスが創設されて以来のファンだったが、今シリーズではそのパドレスの初出場初優勝を阻んだ[4]

ワールドシリーズでは1976年から指名打者(DH)制度が導入され、1985年までの10年間は、偶数年は全試合で採用、奇数年は全試合で不採用とされていた。1986年からは規則が変更され、年度にかかわらずアメリカンリーグ球団の本拠地では採用、ナショナルリーグ球団の本拠地では不採用となった[5]。この方式が現在も続いているため、全試合DHありで開催されたワールドシリーズは現時点では今シリーズが最後である。

目次

試合結果編集

1984年のワールドシリーズは10月9日に開幕し、途中に移動日を挟んで6日間で5試合が行われた。日程・結果は以下の通り。

日付 試合 ビジター球団(先攻) スコア ホーム球団(後攻) 開催球場
10月09日(火) 第1戦 デトロイト・タイガース 3-2 サンディエゴ・パドレス ジャック・マーフィー・
スタジアム
10月10日(水) 第2戦 デトロイト・タイガース 3-5 サンディエゴ・パドレス
10月11日(木) 移動日
10月12日(金) 第3戦 サンディエゴ・パドレス 2-5 デトロイト・タイガース タイガー・スタジアム
10月13日(土) 第4戦 サンディエゴ・パドレス 2-4 デトロイト・タイガース
10月14日(日) 第5戦 サンディエゴ・パドレス 4-8 デトロイト・タイガース
優勝:デトロイト・タイガース(4勝1敗 / 16年ぶり4度目)

第1戦 10月9日編集

映像外部リンク
MLB.comによる動画(英語)
  1回表、アラン・トランメルの二塁打でタイガースが1点を先制(43秒)
  5回表、ラリー・ハーンドンの2点本塁打でタイガースが逆転(53秒)
  7回裏、カート・ベバックワが右翼線を破る当たりで三塁を狙うも、タイガースが中継プレイで阻止(58秒)
  9回裏、ジャック・モリスがこの日9個目の三振をボビー・ブラウンから奪う(23秒)
  モリスは最後の打者ギャリー・テンプルトンも一ゴロに打ち取り、完投勝利を挙げる(43秒)
チーム 1 2 3 4 5 6 7 8 9 R H E
デトロイト・タイガース 1 0 0 0 2 0 0 0 0 3 8 0
サンディエゴ・パドレス 2 0 0 0 0 0 0 0 0 2 8 1
  1. : ジャック・モリス(1勝)  : マーク・サーモンド(1敗)  
  2. :  DET – ラリー・ハーンドン1号2ラン
  3. 審判:球審…ダグ・ハーヴェイ(NL)、塁審…一塁: ラリー・バーネット(AL)、二塁: ブルース・フローミング(NL)、三塁: リッチ・ガルシア(AL)、外審…左翼: ポール・ランジ(NL)、右翼: マイク・ライリー(AL)
  4. 試合時間: 3時間18分 観客: 5万7908人
    詳細: Baseball-Reference.com
両チームの先発ラインナップ
デトロイト・タイガース サンディエゴ・パドレス
打順 守備 選手 打席 打順 守備 選手 打席
1 L・ウィテカー 1 A・ウィギンス
2 A・トランメル 2 T・グウィン
3 K・ギブソン 3 S・ガービー
4 L・パリッシュ 4 G・ネトルズ
5 L・ハーンドン 5 T・ケネディ
6 DH B・ガーベイ 6 B・ブラウン
7 C・レモン 7 C・マルティネス
8 D・エバンス 8 G・テンプルトン
9 M・カスティーヨ 9 DH K・ベバックワ
先発投手 投球 先発投手 投球
J・モリス M・サーモンド

第2戦 10月10日編集

チーム 1 2 3 4 5 6 7 8 9 R H E
デトロイト・タイガース 3 0 0 0 0 0 0 0 0 3 7 3
サンディエゴ・パドレス 1 0 0 1 3 0 0 0 X 5 11 0
  1. : アンディ・ホーキンス(1勝)  : ダン・ペトリー(1敗)  S: クレイグ・レファーツ(1S)  
  2. :  SD – カート・ベバックワ1号3ラン
  3. 審判:球審…ラリー・バーネット(AL)、塁審…一塁: ブルース・フローミング(NL)、二塁: リッチ・ガルシア(AL)、三塁: ポール・ランジ(NL)、外審…左翼: マイク・ライリー(AL)、右翼: ダグ・ハーヴェイ(NL)
  4. 試合時間: 2時間44分 観客: 5万7911人
    詳細: Baseball-Reference.com
両チームの先発ラインナップ
デトロイト・タイガース サンディエゴ・パドレス
打順 守備 選手 打席 打順 守備 選手 打席
1 L・ウィテカー 1 A・ウィギンス
2 A・トランメル 2 T・グウィン
3 K・ギブソン 3 S・ガービー
4 L・パリッシュ 4 G・ネトルズ
5 D・エバンス 5 T・ケネディ
6 R・ジョーンズ 6 DH K・ベバックワ
7 DH J・グラブ 7 C・マルティネス
8 C・レモン 8 G・テンプルトン
9 D・バーグマン 9 B・ブラウン
先発投手 投球 先発投手 投球
D・ペトリー E・ウィットソン

第3戦 10月12日編集

映像外部リンク
MLB.comによる動画(英語)
  2回裏、マーティー・カスティーヨの2点本塁打でタイガースが先制(48秒)
  2回裏、アラン・トランメルの二塁打でタイガースが3点目を奪う(1分2秒)
  9回表、ウィリー・ヘルナンデスがスティーブ・ガービーを中飛に仕留め試合終了、タイガースが2勝目(32秒)
チーム 1 2 3 4 5 6 7 8 9 R H E
サンディエゴ・パドレス 0 0 1 0 0 0 1 0 0 2 10 0
デトロイト・タイガース 0 4 1 0 0 0 0 0 X 5 7 0
  1. : ミルト・ウィルコックス(1勝)  : ティム・ローラー(1敗)  S: ウィリー・ヘルナンデス(1S)  
  2. :  DET – マーティー・カスティーヨ1号2ラン
  3. 審判:球審…ブルース・フローミング(NL)、塁審…一塁: リッチ・ガルシア(AL)、二塁: ポール・ランジ(NL)、三塁: マイク・ライリー(AL)、外審…左翼: ダグ・ハーヴェイ(NL)、右翼: ラリー・バーネット(AL)
  4. 試合時間: 3時間11分 観客: 5万1970人
    詳細: Baseball-Reference.com
両チームの先発ラインナップ
サンディエゴ・パドレス デトロイト・タイガース
打順 守備 選手 打席 打順 守備 選手 打席
1 A・ウィギンス 1 L・ウィテカー
2 T・グウィン 2 A・トランメル
3 S・ガービー 3 K・ギブソン
4 G・ネトルズ 4 L・パリッシュ
5 T・ケネディ 5 L・ハーンドン
6 DH K・ベバックワ 6 DH B・ガーベイ
7 C・マルティネス 7 C・レモン
8 G・テンプルトン 8 D・エバンス
9 B・ブラウン 9 M・カスティーヨ
先発投手 投球 先発投手 投球
T・ローラー M・ウィルコックス

第4戦 10月13日編集

映像外部リンク
MLB.comによる動画(英語)
  アラン・トランメルが2本塁打でタイガースの全4得点を叩き出す(1分8秒)
  9回表、ジャック・モリスがテリー・ケネディを右飛に打ち取り試合終了、タイガースが優勝に王手(43秒)
チーム 1 2 3 4 5 6 7 8 9 R H E
サンディエゴ・パドレス 0 1 0 0 0 0 0 0 1 2 5 2
デトロイト・タイガース 2 0 2 0 0 0 0 0 X 4 7 0
  1. : ジャック・モリス(2勝)  : エリック・ショー(1敗)  
  2. :  SD – テリー・ケネディ1号ソロ  DET – アラン・トランメル1号2ラン・2号2ラン
  3. 審判:球審…リッチ・ガルシア(AL)、塁審…一塁: ポール・ランジ(NL)、二塁: マイク・ライリー(AL)、三塁: ダグ・ハーヴェイ(NL)、外審…左翼: ラリー・バーネット(AL)、右翼: ブルース・フローミング(NL)
  4. 試合時間: 2時間20分 観客: 5万2130人
    詳細: Baseball-Reference.com
両チームの先発ラインナップ
サンディエゴ・パドレス デトロイト・タイガース
打順 守備 選手 打席 打順 守備 選手 打席
1 A・ウィギンス 1 L・ウィテカー
2 T・グウィン 2 A・トランメル
3 S・ガービー 3 K・ギブソン
4 G・ネトルズ 4 L・パリッシュ
5 T・ケネディ 5 D・エバンス
6 DH K・ベバックワ 6 DH J・グラブ
7 C・マルティネス 7 R・ジョーンズ
8 G・テンプルトン 8 C・レモン
9 B・ブラウン 9 D・バーグマン
先発投手 投球 先発投手 投球
E・ショー J・モリス

第5戦 10月14日編集

映像外部リンク
MLB.comによる動画(英語)
  7回裏、ランス・パリッシュがリッチ・ゴセージにソロ本塁打を浴びせ、タイガースが5点目を奪う(48秒)
  8回裏、カーク・ギブソンがこの日2本目の本塁打をゴセージから放ち、タイガースが3点を追加(1分48秒)
  9回表、ウィリー・ヘルナンデスがアラン・ウィギンスを捕邪飛、トニー・グウィンを左飛に打ち取り、タイガースの優勝が決定(49秒)
チーム 1 2 3 4 5 6 7 8 9 R H E
サンディエゴ・パドレス 0 0 1 2 0 0 0 1 0 4 10 1
デトロイト・タイガース 3 0 0 0 1 0 1 3 X 8 11 1
  1. : アウレリオ・ロペス(1勝)  : アンディ・ホーキンス(1勝1敗)  S: ウィリー・ヘルナンデス(2S)  
  2. :  SD – カート・ベバックワ2号ソロ  DET – カーク・ギブソン1号2ラン・2号3ラン、ランス・パリッシュ1号ソロ
  3. 審判:球審…ポール・ランジ(NL)、塁審…一塁: マイク・ライリー(AL)、二塁: ダグ・ハーヴェイ(NL)、三塁: ラリー・バーネット(AL)、外審…左翼: ブルース・フローミング(NL)、右翼: リッチ・ガルシア(AL)
  4. 試合時間: 2時間55分 観客: 5万1901人
    詳細: Baseball-Reference.com
両チームの先発ラインナップ
サンディエゴ・パドレス デトロイト・タイガース
打順 守備 選手 打席 打順 守備 選手 打席
1 A・ウィギンス 1 L・ウィテカー
2 T・グウィン 2 A・トランメル
3 S・ガービー 3 K・ギブソン
4 G・ネトルズ 4 L・パリッシュ
5 T・ケネディ 5 L・ハーンドン
6 DH K・ベバックワ 6 C・レモン
7 C・マルティネス 7 DH B・ガーベイ
8 G・テンプルトン 8 D・エバンス
9 B・ブラウン 9 M・カスティーヨ
先発投手 投球 先発投手 投球
M・サーモンド D・ペトリー

脚注編集

注釈編集

  1. ^ 両リーグでリーグ優勝・シリーズ進出を果たした監督は過去に3人いたが、両リーグでのシリーズ優勝はいずれも達成できていなかった。 今シリーズから22年後の2006年に、トニー・ラルーサがナショナルリーグのセントルイス・カージナルスで優勝し、アメリカンリーグのアスレチックスで制した1989年と合わせ、史上2人目の両リーグでのシリーズ優勝監督となった。この2006年シリーズでは、対戦相手タイガース監督のジム・リーランドも、1997年にナショナルリーグのフロリダ・マーリンズでシリーズ優勝経験があった。そのため、2006年シリーズも今シリーズと同じく、どちらが優勝しても両リーグでのシリーズ優勝監督が生まれるという状況にあった。

出典編集

  1. ^ a b "World Series Gate Receipts," Baseball Almanac. 2019年9月1日閲覧。
  2. ^ "World Series Television Ratings," Baseball Almanac. 2019年9月1日閲覧。
  3. ^ Phil Elderkin, "Master strategists Williams, Anderson in World Series dugouts," CSMonitor.com, October 11, 1984. 2019年9月1日閲覧。
  4. ^ 出野哲也 「MEMORABLE HEROES 『殿堂入りしていない英雄列伝』 アラン・トランメル」 『月刊スラッガー』2013年10月号、日本スポーツ企画出版社、2013年、雑誌15509-10、59-61頁。
  5. ^ John Cronin, "The Historical Evolution of the Designated Hitter Rule," Society for American Baseball Research, 2016. 2019年9月1日閲覧。

外部リンク編集