メインメニューを開く

1984年の日本ハムファイターズ(1984ねんのにほんハムファイターズ)では、1984年シーズンついての日本ハムファイターズの動向をまとめる。

1984年の日本ハムファイターズ
成績
パシフィック・リーグ6位
44勝73敗13分 勝率.376[1]
本拠地
都市 東京都文京区
球場
後楽園球場
Gthumb.svg
球団組織
オーナー 大社義規
経営母体 日本ハム
監督 植村義信(6月27日まで)
大沢啓二(6月29日から)
« 1983
1985 »

このシーズンの日本ハムファイターズは、前年まで8年間監督を務めた大沢啓二の推薦で、この年から就任した植村義信監督が、成績不振により、シーズン途中で辞任をし、大沢が監督に復帰したシーズンである。大沢が監督に復帰した後も、チーム成績は改善せず、球団史上最悪の14連敗を喫し、最下位に終わった。

目次

概要編集

前年のシーズン終了後に高橋一三が引退、江夏豊トニー・ソレイタもチームを去り、さらに前年8勝の工藤幹夫も右肩痛で1試合しか登板できず、大幅に戦力ダウンしたチームは5月に入り5連敗で最下位に転落すると、5月下旬にも8連敗、6月下旬に3連敗となったところで植村監督が辞任、矢頭高雄コーチが2試合監督代行を務めた後、大沢球団常務が任命責任を取る形で監督に復帰。復帰直後は7試合で5勝2敗と好調で、5位の西武に1ゲーム差と迫ったが、そこから球団史上最悪の14連敗を喫し最下位が決定的となった。投手陣は坂巻明が自己最多の7勝、前年11勝の川原昭二も江夏の後任として14セーブを挙げたが2ケタ勝利はゼロでチーム防御率も最下位。打撃陣も柏原純一が打率リーグ最下位、新外国人のマーシャル・ブラントも期待外れに終わり全体的に低調の中、トミー・クルーズが最後まで阪急ブーマー・ウェルズと首位打者を争い、ただ一人気を吐いた。

チーム成績編集

レギュラーシーズン編集

開幕オーダー
1 島田誠
2 高代延博
3 クルーズ
4 柏原純一
5 二村忠美
6 古屋英夫
7 ブラント
8 大宮龍男
9 白井一幸
投手 田中幸雄
1984年パシフィック・リーグ順位変動
順位 4月終了時 5月終了時 6月終了時 7月終了時 8月終了時 最終成績
1位 近鉄 -- 阪急 -- 阪急 -- 阪急 -- 阪急 -- 阪急 --
2位 阪急 0.5 近鉄 4.0 近鉄 7.0 近鉄 6.5 ロッテ 6.5 ロッテ 8.5
3位 南海 1.0 南海 6.5 ロッテ 7.5 ロッテ 7.0 近鉄 12.5 西武 14.5
4位 西武 2.0 ロッテ 8.5 南海 9.5 南海 11.5 西武 14.0 近鉄 16.5
5位 ロッテ 2.5 西武 9.0 西武 12.0 西武 13.0 南海 20.0 南海 21.0
6位 日本ハム 3.0 日本ハム 14.0 日本ハム 15.0 日本ハム 19.0 日本ハム 25.0 日本ハム 29.5
1984年パシフィック・リーグ最終成績
順位 球団 勝率
優勝 阪急ブレーブス 75 45 10 .625 -
2位 ロッテオリオンズ 64 51 15 .557 8.5
3位 西武ライオンズ 62 61 7 .504 14.5
4位 近鉄バファローズ 58 61 11 .487 16.5
5位 南海ホークス 53 65 12 .449 21.0
6位 日本ハムファイターズ 44 73 13 .376 29.5

[1]

オールスターゲーム1984編集

  • コーチ
大沢啓二
  • ファン投票
選出なし
  • 監督推薦
田中富生
川原昭二
大宮龍男
クルーズ

できごと編集

選手・スタッフ編集

表彰選手編集

リーグ・リーダー
受賞者なし
ベストナイン
選手名 ポジション 回数
クルーズ 外野手 初受賞
ダイヤモンドグラブ賞
選手名 ポジション 回数
島田誠 外野手 4年連続4度目

ドラフト編集

順位 選手名 ポジション 所属 結果
1位 河野博文 投手 駒澤大学 入団
2位 西村基史 投手 新日本製鐵広畑 入団
3位 早川和夫 外野手 三菱重工横浜 入団
4位 山蔭徳法 投手 盛岡商業高 入団
5位 森範行 内野手 岩倉高 入団
6位 丑山努 捕手 橘高 入団

出典編集