1984年ニューヨーク・アイレスベリーパラリンピック

1984年ニューヨーク・アイレスベリーパラリンピックは、1984年6月17日から6月30日までアメリカ合衆国ニューヨーク州ニューヨーク、同年7月22日から8月1日までイギリスバッキンガムシャーアイルズベリーで開催された第7回夏季パラリンピックである。

1984年ニューヨーク・アイレスベリーパラリンピック
VII Paralympic Games
開催都市 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国 ニューヨーク
イギリスの旗 イギリス アイルズベリー
参加国・地域数 45(ニューヨーク)
41(アイレスベリー)
参加人数 1800人(ニューヨーク)
1100人(アイレスベリー)
競技種目数 15競技300種目(ニューヨーク)
10競技603種目(アイルズベリー)
開会式 1984年6月17日(ニューヨーク)
1984年7月22日(アイルズベリー)
閉会式 1984年6月30日(ニューヨーク)
1984年8月1日(アイルズベリー)
開会宣言 ロナルド・レーガン(ニューヨーク)
チャールズ(アイルズベリー)
主競技場 Mitchel Athletic Complex(ニューヨーク)
Stoke Mandeville Stadium(アイレスベリー)
夏季
冬季
オリンピックの旗 Portal:オリンピック
テンプレートを表示

分離開催の経過編集

当初はアメリカ合衆国のニューヨーク州とイリノイ州で開催する予定だった(予定では、ニューヨーク州では切断者視覚障害者脳性麻痺者の競技、イリノイ州では脊髄損傷者の競技だった)。しかし、半年前になってイリノイ州が財政難のため、イリノイ州での開催は不可能になった。そのため、国際ストークマンデビル競技連盟が受け皿となって、アイルズベリーにあったストークマンデビル病院で「第7回世界車椅子競技大会」として脊髄損傷者の大会を開催することになった。

各国のメダル獲得数順位編集

ニューヨーク会場編集

ニューヨーク会場 獲得メダル数
順位 NPC Name 合計
1   アメリカ合衆国 101 91 84 276
2   イギリス 75 80 85 240
3   スウェーデン 51 30 22 103
4   カナダ 48 52 49 149
5   西ドイツ 44 42 29 115
6   オランダ 44 40 17 101
7   フランス 37 39 23 99
8   オーストラリア 29 38 26 93
9   ノルウェー 22 24 20 66
10   デンマーク 22 6 11 39
11   スペイン 21 8 12 41
12   ポーランド 20 15 13 48
13   フィンランド 15 10 17 42
14   アイルランド 13 11 20 44
15   ハンガリー 12 12 3 27
16   ベルギー 9 11 6 26
17   ユーゴスラビア 7 9 8 24
18   オーストリア 5 13 7 25
19   オーストリア 5 2 2 9
20   ポルトガル 4 2 7 13
21   イタリア 3 7 6 16
22   日本 3 2 5 10
23   中国 2 12 8 22
24   イスラエル 2 6 7 15
25   ニュージーランド 2 3 1 6
26   エジプト 2 0 3 5
27   トリニダード・トバゴ 2 0 1 3
28   ルクセンブルク 1 4 1 6
29   ブラジル 1 3 2 6
30   ブルキナファソ 1 1 2 4
31   メキシコ 0 3 3 6
32   アイスランド 0 2 6 8
33   東ドイツ 0 2 1 3
33   インド 0 2 1 3
35   インドネシア 0 1 1 2
36   ジンバブエ 0 1 0 1
37   イギリス領香港 0 0 1 1
37   韓国 0 0 1 1

日本人メダリスト編集

  • 1  金メダル
    • Kobayashi, Toshiko 陸上女子100m C8
    • Kobayashi, Toshiko 陸上女子幅跳びC8
    • 尾崎峰穂 陸上男子幅跳びB2
  • 2  銀メダル
    • Kobayashi, Toshiko 陸上女子200m C8
    • 尾崎峰穂 陸上男子三段跳び
  • 3  銅メダル
    • Kobayashi, Toshiko 陸上女子400m C8
    • 井上悦男 競泳男子100m平泳ぎ A3
    • 井上悦男 競泳男子100m 自由形A3
    • 尾崎峰穂 陸上男子円盤投げB2
    • 島津良範 陸上男子100m B3
    • Ekeda・Tamaya, N組  ローンボウル女子ダブルス

アイレスベリー会場編集

アイレスベリー会場 獲得メダル数
順位 NPC Name 合計
1   西ドイツ 37 32 41 110
2   カナダ 35 22 16 73
3   フランス 34 30 23 87
4   アメリカ合衆国 30 34 48 112
5   スウェーデン 30 13 8 51
6   イギリス 27 28 27 82
7   ポーランド 24 18 8 50
8   オーストラリア 18 16 22 56
9   スイス 13 12 10 35
10   ベルギー 13 10 8 31
11   イスラエル 9 15 5 29
12   オランダ 8 10 9 27
13   オーストリア 7 7 3 17
14   ブラジル 6 14 2 22
15   メキシコ 6 12 13 31
16   ニュージーランド 6 6 5 17
17   デンマーク 6 6 3 15
18   日本 6 5 3 14
19   アイルランド 6 4 8 18
20   イタリア 5 12 9 26
21   ノルウェー 5 6 5 16
22   イギリス領香港 3 5 8 16
23   ユーゴスラビア 2 1 2 5
24   フィンランド 1 3 8 12
25   クウェート 1 2 4 7
26   ケニア 1 1 1 3
27   韓国 0 2 1 3
28   バハマ 0 2 0 2
29   ヨルダン 0 1 2 3
30   アイスランド 0 0 2 2
30   エジプト 0 2 2 2
30   ジンバブエ 0 0 2 2
30   バーレーン 0 0 2 2

日本人メダリスト編集

  • 1  金メダル
    • Morimoto, Masami  陸上女子スラローム4
    • Nakamura, Masanori  陸上男子スラローム4
    • Ogawa, N.1984  陸上男子スラローム3
    • Onodera, Akihiko  陸上男子スラローム1B
    • Shiota, K. 陸上女子スラローム3
    • Sugeno, K.  陸上女子スラローム5
  • 2  銀メダル
    • 鈴木一二美  アーチェリー女子ダブル B2
    • Matsuo, Motoharu  陸上男子スラローム2
    • Morita, T. 陸上女子スラローム5
    • Sakurai, T. 陸上男子スラローム1C
    • Yoshida, K 陸上女子スラローム4
  • 3  銅メダル
    • Nakahashi, K. 陸上男子スラローム5
    • 日本チーム 車椅子バスケトボール女子

関連項目編集

外部リンク編集