メインメニューを開く

1985年ワールドカップバレーボール

1985年ワールドカップバレーボールは、1985年日本で開催されたバレーボールワールドカップバレーボールの国際大会)である。出場国数は男女共に8カ国。

1985年ワールドカップバレーボール
開催国  日本の旗 日本
チーム数  女子 8 / 男子 8
女子期間  11月10日 - 11月20日
女子優勝  Flag of the People's Republic of China.svg 中国 (2回目)
女子MVP  中華人民共和国の旗 郎平
男子期間  11月22日 - 12月01日
男子優勝  Flag of the United States.svg アメリカ合衆国 (1回目)
男子MVP  アメリカ合衆国の旗 カーチ・キライ
前回
次回

女子大会はFlag of the People's Republic of China.svg 中国が優勝し、男子大会はFlag of the United States.svg アメリカ合衆国が優勝した。

会場編集

女子
日付 日本戦を含む 試合数 試合数
10( 国立代々木競技場第1体育館 2 宮城県スポーツセンター 2
12(火) 岩見沢スポーツセンター 2 札幌中島体育センター 2
13(水) 札幌中島体育センター 2 苫小牧市総合体育館 2
16(土) 福岡市民体育館 4
17( 4
19(火) 国立代々木競技場第1体育館 4
20(水) 4
男子
日付 日本戦を含む 試合数 試合数
22(金) 大阪市中央体育館 4
23(土) 4
24( 4
26(火) 広島サンプラザ 2 愛知県体育館 2
27(水) 2 2
30(土) 国立代々木競技場第1体育館 4
01( 4

女子大会編集

最終結果編集

 1985女子ワールドカップ優勝国 
 
中国
2大会連続2回目
順位 試合数 得セット 失セット 勝ち点
1   中国 7 7 0 21 1 14
2   キューバ 7 6 1 19 3 12
3   ソビエト連邦 7 5 2 15 7 10
4   日本 7 4 3 12 10 8
5   ペルー 7 3 4 9 14 6
6   ブラジル 7 2 5 9 17 4
7   韓国 7 1 6 6 18 2
8   チュニジア 7 0 7 0 21 0

個人賞編集

選手 ベスト6賞
ベスト・プレイヤー 郎平   中国 郎平   中国
敢闘 J.カポーテ   キューバ J.カポーテ   キューバ
ベスト・スパイカー M.ルイス   キューバ M.ルイス   キューバ
ベスト・ブロッカー G.ペレス   ペルー D.カチャロワ   ソビエト連邦
ベスト・サーバー 松並早苗   日本 楊錫蘭   中国
ベスト・レシーバー 佐藤伊知子   日本 鄭美珠   中国
ベスト・セッター 楊錫蘭   中国
最優秀監督 鄧若曽   中国

男子大会編集

最終結果編集

 1985男子ワールドカップ優勝国 
 
アメリカ合衆国
初優勝
順位 試合数 得セット 失セット 勝ち点
1   アメリカ合衆国 7 7 0 21 4 14
2   ソビエト連邦 7 5 2 18 8 10
3   チェコスロバキア 7 5 2 16 11 10
4   ブラジル 7 4 3 16 10 8
5   アルゼンチン 7 3 4 11 14 6
6   日本 7 2 5 9 15 4
7   韓国 7 2 5 8 17 4
8   エジプト 7 0 7 1 21 0

個人賞編集

選手 ベスト6賞
ベスト・プレイヤー K.キライ   アメリカ合衆国 K.キライ   アメリカ合衆国
敢闘 R.ダル・ゾット   ブラジル D.ドボラック   アメリカ合衆国
ベスト・スパイカー R.ダル・ゾット   ブラジル R.ダル・ゾット   ブラジル
ベスト・ブロッカー S.フルチアンスキー   チェコスロバキア S.フルチアンスキー   チェコスロバキア
ベスト・サーバー Y.アントーノフ   ソビエト連邦 Y.アントーノフ   ソビエト連邦
ベスト・レシーバー A.バージンズ   アメリカ合衆国 A.バージンズ   アメリカ合衆国
ベスト・セッター D.ドボラック   アメリカ合衆国
最優秀監督 G.サトー   アメリカ合衆国

大会イメージソング編集

外部リンク編集