メインメニューを開く

1986年のワールドシリーズ

メジャーリーグベースボールの第83回優勝決定シリーズ

1986年の野球において、メジャーリーグベースボール(MLB)優勝決定戦の第83回ワールドシリーズ(83rd World Series)は、10月18日から27日にかけて計7試合が開催された。その結果、ニューヨーク・メッツナショナルリーグ)がボストン・レッドソックスアメリカンリーグ)を4勝3敗で下し、17年ぶり2回目の優勝を果たした。

1986年のワールドシリーズ
1986 Mets in the Citi Field infield.jpg
2016年5月の優勝30周年記念式典に集まった、当時のメッツの選手やその遺族たち
チーム 勝数
ニューヨーク・メッツNL 4
ボストン・レッドソックスAL 3
シリーズ情報
試合日程 10月18日–27日
観客動員 7試合合計:32万1774人
1試合平均:04万5968人
MVP レイ・ナイト(NYM)
ALCS BOS 4–3 CAL
NLCS NYM 4–2 HOU
殿堂表彰者 ゲイリー・カーター(NYM捕手)
ウェイド・ボッグス(BOS内野手)
ジム・ライス(BOS外野手)
チーム情報
ニューヨーク・メッツ(NYM)
シリーズ出場 13年ぶり3回目
GM フランク・キャッシェン
監督 デービー・ジョンソン
シーズン成績 108勝54敗・勝率.667
NL東地区優勝
分配金 選手1人あたり8万6254.00ドル[1]
ボストン・レッドソックス(BOS)
シリーズ出場 11年ぶり9回目
GM ルー・ゴーマン
監督 ジョン・マクナマラ
シーズン成績 095勝66敗・勝率.590
AL東地区優勝
分配金 選手1人あたり7万4985.65ドル[1]
全米テレビ中継
放送局 NBC
実況 ビン・スカリー
解説 ジョー・ガラジオーラ・シニア
平均視聴率 28.6%(前年比3.3ポイント上昇)[2]
ワールドシリーズ
 < 1985 1987 > 

メッツは2勝3敗で迎えた第6戦の延長10回表に2点を勝ち越され、その裏あとストライク1球で敗退という状況に2度も追い込まれたものの、そこから同点に追いつき、最後は相手一塁手ビル・バックナートンネルサヨナラ勝利を収めた。そして雨天順延を挟んで2日後の第7戦でも3点差を逆転し優勝を決めた。あと1球からの逆転優勝はシリーズ史上初である[3]。一方のレッドソックスは、1918年以来68年ぶりの優勝を逃した。1946年1967年1975年に続き、今回もまた最終第7戦までもつれた末に敗れている[4]。このときの『ニューヨーク・タイムズ』掲載記事がきっかけで、1990年に『ボストン・グローブ』記者ダン・ショーネシーが著書The Curse of the Bambinoを出版、それ以降 "バンビーノの呪い" という都市伝説がファンの間で広まっていく[5]シリーズMVPには、第6戦でサヨナラのホームを踏み第7戦で勝ち越し本塁打を放つなど、6試合で打率.391・1本塁打・5打点OPS 1.005という成績を残したメッツのレイ・ナイトが選出された。

ワールドシリーズでは1976年から指名打者(DH)制度が導入され、1985年までの10年間は、偶数年は全試合で採用、奇数年は全試合で不採用とされていた。今シリーズから規則が変更され、年度にかかわらずアメリカンリーグ球団の本拠地では採用、ナショナルリーグ球団の本拠地では不採用となった[6]。DHありの試合となしの試合が混在するのは、ワールドシリーズでは今シリーズが初めてである。

試合結果編集

1986年のワールドシリーズは10月18日に開幕し、途中に移動日と雨天順延を挟んで10日間で7試合が行われた。日程・結果は以下の通り。

日付 試合 ビジター球団(先攻) スコア ホーム球団(後攻) 開催球場
10月18日(土) 第1戦 ボストン・レッドソックス 1-0 ニューヨーク・メッツ シェイ・スタジアム
10月19日(日) 第2戦 ボストン・レッドソックス 9-3 ニューヨーク・メッツ
10月20日(月) 移動日
10月21日(火) 第3戦 ニューヨーク・メッツ 7-1 ボストン・レッドソックス フェンウェイ・パーク
10月22日(水) 第4戦 ニューヨーク・メッツ 6-2 ボストン・レッドソックス
10月23日(木) 第5戦 ニューヨーク・メッツ 2-4 ボストン・レッドソックス
10月24日(金) 移動日
10月25日(土) 第6戦 ボストン・レッドソックス 5-6x ニューヨーク・メッツ シェイ・スタジアム
10月26日(日) 第7戦 雨天順延
10月27日(月) 第7戦 ボストン・レッドソックス 5-8 ニューヨーク・メッツ
優勝:ニューヨーク・メッツ(4勝3敗 / 17年ぶり2度目)

第1戦 10月18日編集

映像外部リンク
MLB.comによる動画(英語)
  6回裏一死一・二塁、ブルース・ハーストがレイ・ナイトを三ゴロ併殺に片付け、試合は0-0のまま7回へ(28秒)
  7回表、リッチ・ゲドマンのニゴロをティム・タフェルがトンネルし二塁走者が生還、レッドソックスが先制点を挙げる(1分39秒)
  9回裏、カルビン・シラルディがダニー・ヒープを空振り三振に仕留めて試合終了、レッドソックスが初戦を制す(1分4秒)
チーム 1 2 3 4 5 6 7 8 9 R H E
ボストン・レッドソックス 0 0 0 0 0 0 1 0 0 1 5 0
ニューヨーク・メッツ 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 4 1
  1. : ブルース・ハースト(1勝)  : ロン・ダーリング(1敗)  S: カルビン・シラルディ(1S)  
  2. 審判:球審…ジョン・キブラー(NL)、塁審…一塁: ジム・エバンス(AL)、二塁: ハリー・ウェンデルステット(NL)、三塁: ジョー・ブリンクマン(AL)、外審…左翼: エド・モンターギュ(NL)、右翼: デイル・フォード(AL)
  3. 試合時間: 2時間59分 観客: 5万5076人 気温: 50°F(10°C)
    詳細: Baseball-Reference.com
両チームの先発ラインナップ
ボストン・レッドソックス ニューヨーク・メッツ
打順 守備 選手 打席 打順 守備 選手 打席
1 W・ボッグス 1 M・ウィルソン
2 M・バレット 2 L・ダイクストラ
3 B・バックナー 3 K・ヘルナンデス
4 J・ライス 4 G・カーター
5 D・エバンス 5 D・ストロベリー
6 R・ゲドマン 6 R・ナイト
7 D・ヘンダーソン 7 T・タフェル
8 S・オーウェン 8 R・サンタナ
9 B・ハースト 9 R・ダーリング
先発投手 投球 先発投手 投球
B・ハースト R・ダーリング

第2戦 10月19日編集

映像外部リンク
MLB.comによる動画(英語)
  4回表、デーブ・ヘンダーソンがドワイト・グッデンからソロ本塁打を放ちレッドソックスが2点差に突き放す(58秒)
  9回裏、ボブ・スタンリーがキース・ヘルナンデスを中飛に打ち取り試合終了、レッドソックスが2連勝(41秒)
チーム 1 2 3 4 5 6 7 8 9 R H E
ボストン・レッドソックス 0 0 3 1 2 0 2 0 1 9 18 0
ニューヨーク・メッツ 0 0 2 0 1 0 0 0 0 3 8 1
  1. : スティーブ・クロフォード(1勝)  : ドワイト・グッデン(1敗)  S: ボブ・スタンリー(1S)  
  2. :  BOS – デーブ・ヘンダーソン1号ソロ、ドワイト・エバンス1号2ラン
  3. 審判:球審…ジム・エバンス(AL)、塁審…一塁: ハリー・ウェンデルステット(NL)、二塁: ジョー・ブリンクマン(AL)、三塁: エド・モンターギュ(NL)、外審…左翼: デイル・フォード(AL)、右翼: ジョン・キブラー(NL)
  4. 試合時間: 3時間36分 観客: 5万5063人 気温: 57°F(13.9°C)
    詳細: Baseball-Reference.com
両チームの先発ラインナップ
ボストン・レッドソックス ニューヨーク・メッツ
打順 守備 選手 打席 打順 守備 選手 打席
1 W・ボッグス 1 L・ダイクストラ
2 M・バレット 2 W・バックマン
3 B・バックナー 3 K・ヘルナンデス
4 J・ライス 4 G・カーター
5 D・エバンス 5 D・ストロベリー
6 R・ゲドマン 6 D・ヒープ
7 D・ヘンダーソン 7 H・ジョンソン
8 S・オーウェン 8 R・サンタナ
9 R・クレメンス 9 D・グッデン
先発投手 投球 先発投手 投球
R・クレメンス D・グッデン

第3戦 10月21日編集

映像外部リンク
MLB.comによる動画(英語)
  1回表、ゲイリー・カーターの二塁打でメッツが2点目を挙げる(37秒)
  さらに一死二・三塁の場面、レイ・ナイトの三ゴロでレッドソックスが三塁走者の挟殺に失敗し、オールセーフで満塁となる(1分13秒)
  続くダニー・ヒープが中前打を放ち、メッツが2点を追加(50秒)
  7回表、カーターの2点適時打でメッツのリードが5点に拡大(39秒)
  9回裏、ロジャー・マクダウェルがリッチ・ゲドマンを二ゴロに打ち取って試合終了、メッツが今シリーズ初勝利(18秒)
チーム 1 2 3 4 5 6 7 8 9 R H E
ニューヨーク・メッツ 4 0 0 0 0 0 2 1 0 7 13 0
ボストン・レッドソックス 0 0 1 0 0 0 0 0 0 1 5 0
  1. : ボブ・オヘーダ(1勝)  : オイルカン・ボイド(1敗)  
  2. :  NYM – レニー・ダイクストラ1号ソロ
  3. 審判:球審…ハリー・ウェンデルステット(NL)、塁審…一塁: ジョー・ブリンクマン(AL)、二塁: エド・モンターギュ(NL)、三塁: デイル・フォード(AL)、外審…左翼: ジョン・キブラー(NL)、右翼: ジム・エバンス(AL)
  4. 試合時間: 2時間58分 観客: 3万3595人 気温: 60°F(15.6°C)
    詳細: Baseball-Reference.com
両チームの先発ラインナップ
ニューヨーク・メッツ ボストン・レッドソックス
打順 守備 選手 打席 打順 守備 選手 打席
1 L・ダイクストラ 1 W・ボッグス
2 W・バックマン 2 M・バレット
3 K・ヘルナンデス 3 B・バックナー
4 G・カーター 4 J・ライス
5 D・ストロベリー 5 DH D・ベイラー
6 R・ナイト 6 D・エバンス
7 DH D・ヒープ 7 R・ゲドマン
8 M・ウィルソン 8 D・ヘンダーソン
9 R・サンタナ 9 S・オーウェン
先発投手 投球 先発投手 投球
B・オヘーダ O・ボイド

第4戦 10月22日編集

チーム 1 2 3 4 5 6 7 8 9 R H E
ニューヨーク・メッツ 0 0 0 3 0 0 2 1 0 6 12 0
ボストン・レッドソックス 0 0 0 0 0 0 0 2 0 2 7 1
  1. : ロン・ダーリング(1勝1敗)  : アル・ニッパー(1敗)  S: ジェシー・オロスコ(1S)  
  2. :  NYM – ゲイリー・カーター1号2ラン・2号ソロ、レニー・ダイクストラ2号2ラン
  3. 審判:球審…ジョー・ブリンクマン(AL)、塁審…一塁: エド・モンターギュ(NL)、二塁: デイル・フォード(AL)、三塁: ジョン・キブラー(NL)、外審…左翼: ジム・エバンス(AL)、右翼: ハリー・ウェンデルステット(NL)
  4. 試合時間: 3時間22分 観客: 3万3920人
    詳細: Baseball-Reference.com
両チームの先発ラインナップ
ニューヨーク・メッツ ボストン・レッドソックス
打順 守備 選手 打席 打順 守備 選手 打席
1 L・ダイクストラ 1 W・ボッグス
2 W・バックマン 2 M・バレット
3 K・ヘルナンデス 3 B・バックナー
4 G・カーター 4 J・ライス
5 D・ストロベリー 5 DH D・ベイラー
6 R・ナイト 6 D・エバンス
7 DH D・ヒープ 7 R・ゲドマン
8 M・ウィルソン 8 D・ヘンダーソン
9 R・サンタナ 9 S・オーウェン
先発投手 投球 先発投手 投球
R・ダーリング A・ニッパー

第5戦 10月23日編集

映像外部リンク
MLB.comによる動画(英語)
  レッドソックスファンがダリル・ストロベリーをからかうように「ダーリール、ダーリール」とチャントを送り、ストロベリーが帽子を振って応える(1分15秒)
チーム 1 2 3 4 5 6 7 8 9 R H E
ニューヨーク・メッツ 0 0 0 0 0 0 0 1 1 2 10 1
ボストン・レッドソックス 0 1 1 0 2 0 0 0 X 4 12 0
  1. : ブルース・ハースト(2勝)  : ドワイト・グッデン(2敗)  
  2. :  NYM – ティム・タフェル1号ソロ
  3. 審判:球審…エド・モンターギュ(NL)、塁審…一塁: デイル・フォード(AL)、二塁: ジョン・キブラー(NL)、三塁: ジム・エバンス(AL)、外審…左翼: ハリー・ウェンデルステット(NL)、右翼: ジョー・ブリンクマン(AL)
  4. 試合時間: 3時間9分 観客: 3万4010人
    詳細: Baseball-Reference.com
両チームの先発ラインナップ
ニューヨーク・メッツ ボストン・レッドソックス
打順 守備 選手 打席 打順 守備 選手 打席
1 L・ダイクストラ 1 W・ボッグス
2 T・タフェル 2 M・バレット
3 K・ヘルナンデス 3 B・バックナー
4 G・カーター 4 J・ライス
5 D・ストロベリー 5 DH D・ベイラー
6 R・ナイト 6 D・エバンス
7 DH K・ミッチェル 7 R・ゲドマン
8 M・ウィルソン 8 D・ヘンダーソン
9 R・サンタナ 9 S・オーウェン
先発投手 投球 先発投手 投球
D・グッデン B・ハースト

第6戦 10月25日編集

映像外部リンク
MLB.comによる動画(英語)
  10回裏、レイ・ナイトの中前打で二塁走者ゲイリー・カーターが生還、メッツが1点差に追い上げる(21秒)
  続くムーキー・ウィルソンの打席でボブ・スタンリーが暴投し同点、そしてウィルソンの一ゴロをビル・バックナーがトンネルしてメッツが逆転サヨナラ勝ち(32秒)
チーム 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 R H E
ボストン・レッドソックス 1 1 0 0 0 0 1 0 0 2 5 13 3
ニューヨーク・メッツ 0 0 0 0 2 0 0 1 0 3x 6 8 2
  1. : リック・アギレラ(1勝)  : カルビン・シラルディ(1敗1S)  
  2. :  BOS – デーブ・ヘンダーソン2号ソロ
  3. 審判:球審…デイル・フォード(AL)、塁審…一塁: ジョン・キブラー(NL)、二塁: ジム・エバンス(AL)、三塁: ハリー・ウェンデルステット(NL)、外審…左翼: ジョー・ブリンクマン(AL)、右翼: エド・モンターギュ(NL)
  4. 試合時間: 4時間2分 観客: 5万5078人 気温: 53°F(11.7°C)
    詳細: Baseball-Reference.com
両チームの先発ラインナップ
ボストン・レッドソックス ニューヨーク・メッツ
打順 守備 選手 打席 打順 守備 選手 打席
1 W・ボッグス 1 L・ダイクストラ
2 M・バレット 2 W・バックマン
3 B・バックナー 3 K・ヘルナンデス
4 J・ライス 4 G・カーター
5 D・エバンス 5 D・ストロベリー
6 R・ゲドマン 6 R・ナイト
7 D・ヘンダーソン 7 M・ウィルソン
8 S・オーウェン 8 R・サンタナ
9 R・クレメンス 9 B・オヘーダ
先発投手 投球 先発投手 投球
R・クレメンス B・オヘーダ

 
サヨナラの場面で使用された実際のボール2010年4月、メッツの本拠地球場シティ・フィールド内にある球団博物館で展示されていた

先発投手は、メッツがボブ・オヘーダ、レッドソックスがロジャー・クレメンス。試合は、初回表にレッドソックスがドワイト・エバンスの適時二塁打で1点を先制し、3回表にはマーティー・バレットの適時打でもう1点を追加する。しかし5回裏、メッツは1点を返しなおも無死一・三塁という場面で、ダニー・ヒープが二ゴロ併殺に打ち取られたものの、その間に三塁走者が生還し同点に追いつく。7回にレッドソックスがエバンスのニゴロで1点を勝ち越すが、メッツも8回裏にゲイリー・カーター犠牲フライで再度同点とし、試合は3-3のまま延長戦に突入した。

10回表、メッツは4番手リック・アギレラをマウンドへ送る。レッドソックスは先頭打者デーブ・ヘンダーソン本塁打を放ち再び勝ち越す。さらにバレットの適時打でもう1点を追加し、1918年以来68年ぶりの優勝まで2点リードであとアウト3つとした。その裏、レッドソックスはクローザーのカルビン・シラルディが登板し、あっさり2アウトを奪う。しかしメッツはここから粘りを見せ、2アウトからカーターと代打ケビン・ミッチェルの連打で一・二塁とする。6番レイ・ナイトは2球で2ストライクに追い込まれたが、3球目を中前へ運び、3連打で1点差に詰め寄った。

ここでレッドソックスはシラルディを諦め、ボブ・スタンリーへ継投する。スタンリーは7番ムーキー・ウィルソンを2ストライクに追い込み、優勝まであとストライク1球とするが、ウィルソンはそこからファウルで粘る。すると7球目が暴投となり、三塁走者ミッチェルが生還して5-5の同点となった。ウィルソンは8球目と9球目もファウルとしたあとの10球目をフェアゾーンへ打ち返す。打球は一ゴロだったが、一塁手ビル・バックナーが捕り損ねたため股の間を抜けて外野へ転がった。バックナーは途中まで追ったがやがて諦め、その間に二塁走者ナイトが生還してメッツがサヨナラ勝ちを収めた。

第7戦 10月27日編集

映像外部リンク
MLB.comによる動画(英語)
  2回表、ドワイト・エバンスとリッチ・ゲドマンの連続ソロ本塁打でレッドソックスが2点を先制(1分26秒)
  3回表、先頭打者ジム・ライスが長打性の打球を放つも、左翼手ケビン・ミッチェルの送球で二塁タッチアウト(53秒)
  6回裏、キース・ヘルナンデスの2点適時打でメッツが1点差に追い上げる(48秒)
  7回裏、先頭打者レイ・ナイトのソロ本塁打でメッツが勝ち越し(1分20秒)
  8回裏、ダリル・ストロベリーのソロ本塁打でメッツが1点を追加(1分3秒)
  8回表途中からジェシー・オロスコが登板、6打者を完璧に抑えて最後まで投げ切り、メッツの優勝が決定(1分36秒)
チーム 1 2 3 4 5 6 7 8 9 R H E
ボストン・レッドソックス 0 3 0 0 0 0 0 2 0 5 9 0
ニューヨーク・メッツ 0 0 0 0 0 3 3 2 X 8 10 0
  1. : ロジャー・マクダウェル(1勝)  : カルビン・シラルディ(2敗1S)  S: ジェシー・オロスコ(2S)  
  2. :  BOS – ドワイト・エバンス2号ソロ、リッチ・ゲドマン1号ソロ  NYM – レイ・ナイト1号ソロ、ダリル・ストロベリー1号ソロ
  3. 審判:球審…ジョン・キブラー(NL)、塁審…一塁: ジム・エバンス(AL)、二塁: ハリー・ウェンデルステット(NL)、三塁: ジョー・ブリンクマン(AL)、外審…左翼: エド・モンターギュ(NL)、右翼: デイル・フォード(AL)
  4. 試合時間: 3時間11分 観客: 5万5032人 気温: 53°F(11.7°C)
    詳細: Baseball-Reference.com
両チームの先発ラインナップ
ボストン・レッドソックス ニューヨーク・メッツ
打順 守備 選手 打席 打順 守備 選手 打席
1 W・ボッグス 1 M・ウィルソン
2 M・バレット 2 T・タフェル
3 B・バックナー 3 K・ヘルナンデス
4 J・ライス 4 G・カーター
5 D・エバンス 5 D・ストロベリー
6 R・ゲドマン 6 R・ナイト
7 D・ヘンダーソン 7 K・ミッチェル
8 S・オーウェン 8 R・サンタナ
9 B・ハースト 9 R・ダーリング
先発投手 投球 先発投手 投球
B・ハースト R・ダーリング

この試合は当初10月26日の開催を予定していたが、雨天順延により27日へずれ込んだ。先発投手は、メッツがロン・ダーリング、レッドソックスがブルース・ハースト。ダーリングは第4戦から中4日、ハーストは第5戦から中3日での登板だった。

2回表、レッドソックスがドワイト・エバンスリッチ・ゲドマンの連続本塁打などで3点を先制する。レッドソックスは4回表にも二死二塁と走者を得点圏へ進め、ダーリングを降板させる。しかし2番手シド・フェルナンデスの前にマーティー・バレットが右飛に倒れ、4点目を奪えなかった。6回裏、メッツ打線がハーストを攻めたて、キース・ヘルナンデスの2点適時打とゲイリー・カーターの右ゴロで3-3の同点とした。

7回裏、レッドソックスはクローザーのカルビン・シラルディを登板させるが、メッツの先頭打者レイ・ナイトが勝ち越しのソロ本塁打を放つ。さらにラファエル・サンタナの適時打で1点が加わり、シラルディは1アウトしか奪えない間に2点を失ってマウンドを降ろされた。メッツは3番手ジョー・サムバイトからもヘルナンデスが適時打を放ち、リードを3点に広げた。

レッドソックスは8回表、3番手ロジャー・マクダウェルに対し先頭打者ビル・バックナーからの3連打で2点を奪い、1点差に追い上げる。しかしその後、ジェシー・オロスコの前に後続が3者連続アウトに打ち取られ、同点とできず。その裏にはダリル・ストロベリーの本塁打とオロスコの適時打でメッツが2点を取り返して8-5とした。9回表、オロスコが三者凡退でレッドソックスの反撃を断ち、メッツが17年ぶり2度目の優勝を果たした。

脚注編集

  1. ^ a b "World Series Gate Receipts," Baseball Almanac. 2019年8月24日閲覧。
  2. ^ "World Series Television Ratings," Baseball Almanac. 2019年8月24日閲覧。
  3. ^ Tom Verducci, "Hail to the champs! Comeback Cards gave us a Series to treasure," SI.com, October 29, 2011. 2019年8月24日閲覧。
  4. ^ George Vecsey, "SPORTS OF THE TIMES; Babe Ruth Curse Strikes Again," The New York Times, October 28, 1986. 2019年8月24日閲覧。
  5. ^ Michael Silverman / Boston Herald 「連載企画 レッドソックスファン養成講座 "バンビーノの呪い" の真実」 『月刊スラッガー』2007年6月号、日本スポーツ企画出版社、2007年、雑誌15509-6、64-65頁。
  6. ^ John Cronin, "The Historical Evolution of the Designated Hitter Rule," Society for American Baseball Research, 2016. 2019年8月24日閲覧。

外部リンク編集