1986年の映画(1986ねんのえいが)では、1986年(昭和61年)の映画分野の動向についてまとめる。

目次

できごと編集

日本の映画興行編集


各国ランキング編集

日本配給収入ランキング編集

1986年日本配給収入トップ10
順位 題名 製作国 配給 配給収入
1. 子猫物語   東宝 ¥5,400,000,000
2. バック・トゥ・ザ・フューチャー   UIP ¥3,650,000,000
3. ロッキー4/炎の友情   UIP ¥2,950,000,000
4. グーニーズ   ワーナー・ブラザース ¥1,950,000,000
5. コブラ   ワーナー・ブラザース ¥1,800,000,000
6. 野蛮人のように
ビー・バップ・ハイスクール 高校与太郎哀歌
  東映 ¥1,450,000,000
7. コーラスライン   松竹富士 ¥1,400,000,000
8. 植村直己物語   東宝 ¥1,350,000,000
9. キネマの天地   松竹 ¥1,300,000,000
9. ドラえもん のび太と鉄人兵団
プロゴルファー猿 スーパーGOLFワールドへの挑戦!!
  東宝 ¥1,300,000,000
出典:1986年配給収入10億円以上番組 - 日本映画製作者連盟

北米興行収入ランキング編集

1986年北米興行収入トップ10
順位 題名 スタジオ 興行収入
1. トップガン パラマウント $176,786,701
2. クロコダイル・ダンディー パラマウント $174,803,506
3. プラトーン オライオン $138,530,565
4. ベスト・キッド2 コロムビア $115,103,979
5. スタートレックIV 故郷への長い道 パラマウント $109,713,132
6. バック・トゥ・スクール オライオン $91,258,000
7. エイリアン 20世紀FOX $86,160,248
8. ゴールデン・チャイルド パラマウント $79,817,937
9. 殺したい女 タッチストーン $71,624,879
10. フェリスはある朝突然に パラマウント $70,136,369
出典: 1986 Domestic Yearly Box Office Results”. Box Office Mojo. 2015年12月23日閲覧。

日本公開映画編集

受賞編集

誕生編集

死去編集

日付 名前 国籍 年齢 職業
1月 14日 ドナ・リード   64 女優
20日 木村恵吾   81 映画監督
21日 磯野秋雄   75 俳優
27日 リリー・パルマー   71 女優
29日 リーフ・エリクソン   74 俳優
2月 19日 アドルフォ・チェリ   63 俳優
3月 10日 レイ・ミランド   81 俳優
30日 ジェームズ・キャグニー   86 俳優
4月 1日 香山武彦   42 俳優
11日 海江田譲二   78 俳優
23日 オットー・プレミンジャー    79 映画監督・プロデューサー
26日 ベッシー・ラヴ   87 女優
ブロデリック・クロフォード   74 俳優
5月 13日 小山田宗徳   58 俳優
22日 熊谷久虎   82 映画監督
23日 スターリング・ヘイドン   70 俳優
6月 13日 ベニー・グッドマン   77 ミュージシャン・俳優
14日 アラン・ジェイ・ラーナー   67 ミュージシャン
19日 コリューシュ   41 俳優
7月 6日 和田浩治   42 俳優
12日 古川勝巳   71 日本ヘラルド映画代表取締役社長
13日 神田隆   68 俳優
25日 ヴィンセント・ミネリ   83 映画監督
天草四郎   69 俳優
28日 ジョン・オルコット   55 撮影監督
8月 6日 エミリオ・フェルナンデス   82 映画監督・俳優
9月 1日 マーレイ・ハミルトン   63 俳優
6日 ブランチ・スウィート   90 女優
10日 島耕二   85 俳優・映画監督
10月 5日 ハル・B・ウォリス   87 プロデューサー
14日 キーナン・ウィン   70 俳優
25日 フォレスト・タッカー   71 俳優
11月 23日 増村保造   62 映画監督
23日 明石潮   88 俳優
29日 ケーリー・グラント   82 俳優
12月 2日 デジ・アーナズ   69 俳優
13日 ヘザー・エンジェル   77 女優
26日 エルザ・ランチェスター   84 女優
28日 佐々木孝丸   88 俳優
アンドレイ・タルコフスキー   54 映画監督

脚注編集

[ヘルプ]

出典編集

  1. ^ 斉藤 2009, p. 113.
  2. ^ 第37作 男はつらいよ 柴又より愛をこめて”. 『男はつらいよ』公式サイト. 松竹映画. 2016年12月29日閲覧。
  3. ^ 小売物価統計調査(動向編) 調査結果”. 統計局. 2016年8月3日閲覧。
  4. ^ 主要品目の東京都区部小売価格:昭和25年(1950年)〜平成22年(2010年) (Excel)”. 統計局. 2016年8月3日閲覧。
  5. ^ a b 過去データ一覧”. 一般社団法人日本映画製作者連盟. 2016年8月2日閲覧。

参考文献編集