メインメニューを開く
FNS歌謡祭 > 1986 FNS歌謡祭

1986 FNS歌謡祭』(1986 エフエヌエスかようさい)は、1986年昭和61年)12月16日日本武道館で行われ、フジテレビ系列で生放送された通算15回目の『FNS歌謡祭』。正式タイトルは『決定!FNS歌謡祭'86グランプリ』。

決定 FNS歌謡祭'86グランプリ
Nippon Budokan 2010.jpg
会場として使われた日本武道館
ジャンル 特別番組音楽祭番組)
企画 「FNS歌謡祭音楽大賞」大会・運営・実行委員会
演出 井上信悟、前川尚史
出演者 芳村真理
露木茂ほか
オープニング 「花咲く歌声」(作詞:保富康午、作曲:廣瀬健次郎
プロデューサー 疋田拓
制作 フジテレビ
放送
放送国・地域 日本の旗 日本
放送期間 1986年12月16日
放送時間 火曜日 19:00 - 21:54
放送枠 FNS歌謡祭
放送分 174分
回数 1

特記事項:
『FNS歌謡祭』初の3時間番組。
テンプレートを表示

概要編集

今大会から予選が無くなり、ノミネート発表からグランプリ決定までの3時間にわたって生放送された。これの影響で、『なるほど!ザ・ワールド』は休止となった。第15回のグランプリ(大賞)は、『DESIRE -情熱-』を歌った中森明菜に決定した。ちなみに最優秀ヒット賞も受賞した。2年連続2度目の受賞である。表彰プレゼンターは最優秀歌唱賞が愛川欽也、グランプリが寺島純子が務めた。

テレビ山口での本番組の放送は今回が最後となった。翌1987年9月いっぱいでフジテレビ系列から脱退し、TBS系列への切り替えを余儀なくされ、結果、これを放送していた『火曜ワイドスペシャル』の生放送ができなくなったためである。

優秀新人賞は大激戦の末6組が選出。また優秀歌謡音楽賞にはとんねるずがノミネートされたが辞退され、12組がグランプリ・最優秀歌唱賞を争った。

なお1977年から10年間女性司会を務めた芳村真理は、この回を以て勇退、次回より3年間は女性司会が存在せず、一方の男性司会は露木茂アナウンサー(当時)と、当時同局の『夜のヒットスタジオDELUXE』の司会を芳村と共に務めていた古舘伊知郎の、男性2名体制に変更する。

キャスト編集

受賞作品・受賞者一覧編集

グランプリ(大賞)編集

最優秀歌唱賞編集

最優秀新人賞編集

最優秀ヒット賞編集

  • 中森明菜「DESIRE -情熱-」

最優秀視聴者賞編集

優秀歌謡音楽賞(グランプリ候補)編集

優秀新人賞(最優秀新人賞ノミネート)編集

特別賞編集

最優秀作詞・作曲・編曲賞編集

スタッフ編集

  • 構成:塚田茂(スタッフ東京)
  • 音楽:広瀬健次郎
  • 指揮:新井英治
  • 演奏:THE HIT SOUND SPECIAL
  • コーラス:フィーリング・フリー東京混声合唱団
  • 美術制作:堀切清
  • 美術プロデューサー:石鍋伸一朗
  • セットデザイン:根本研二
  • 大道具:石塚孝志、斉藤二郎
  • 電飾:藤下謙一朗
  • アクリル装飾:照井登
  • 視覚効果:渡井宏一
  • タイトル:山形憲一
  • スタイリスト:梅原久沙永
  • ヘアメイク:野村真一
  • 技術:桜井稔
  • SW:笹川一男
  • カメラ:一ノ瀬一
  • 映像:大森静雄
  • 音声:松本勝
  • PA:加藤明
  • LD:谷川富也
  • 照明:彩光、バリライトアジア(現・PRGアジア)
  • 音響効果:川嶋明則(OCBプロ
  • 広島厚生年金会館(TUBE)中継
    • ディレクター:小林延行/平岡真(テレビ新広島)
    • 技術:山中正(テレビ新広島)
    • 協力:テレビ新広島
  • 宮崎市民会館(シブがき隊)中継
  • 赤坂プリンスホテル中継
    • ディレクター:関根弘之
  • フジテレビ第6スタジオ
    • ディレクター:堀越広行
    • 技術:山崎重信
  • プロデューサー:疋田拓
  • 演出:井上信悟、前川尚史
  • 制作著作:フジテレビ
  • 協賛:日本音楽事業者協会音楽出版社協会日本レコード協会
  • 企画:「FNS歌謡祭音楽大賞」大会・運営・実行委員会


関連項目編集

フジテレビ系列 FNS歌謡祭
前番組 番組名 次番組
1985 FNS歌謡祭
(1985年)
1986 FNS歌謡祭
(1986年)
1987 FNS歌謡祭
(1987年)