1987、ある闘いの真実

1987、ある闘いの真実』(いちきゅうはちなな、あるたたかいのしんじつ、原題:1987)は、2017年公開の韓国映画1987年1月14日学生運動朴鍾哲拷問致死事件から6月民主抗争に至る大韓民国(韓国)の民主化闘争を描く[5]

1987、ある闘いの真実[1]
1987
監督 チャン・ジュナン朝鮮語版[1](張俊煥)
脚本 キム・ギョンチャン
製作 イ・ウジョン
チャン・ヨンファン
出演者 キム・ユンソク[1]
ハ・ジョンウ[1]
ユ・ヘジン[1]
キム・テリ[1]
ソル・ギョング[1]
カン・ドンウォン[1]
パク・ヘスン朝鮮語版[1](朴喜洵)
イ・ヒジュン朝鮮語版[1](李熙俊)
ヨ・ジング[1]
音楽 キム・テソン
撮影 キム・ウヒョン
編集 ヤン・ジンモ
製作会社 友情フィルム
映画社ヨンドゥ
配給 CJエンタテインメント
公開 大韓民国の旗 2017年12月27日[2]
アメリカ合衆国の旗カナダの旗中華民国の旗 2018年1月12日[3]
オーストラリアの旗ニュージーランドの旗2018年1月18日[3]
シンガポールの旗 2018年2月1日[3]
香港の旗マカオの旗 2018年3月8日[3]
日本の旗 2018年9月8日[1]
上映時間 129分[1]
製作国 大韓民国の旗 韓国
言語 韓国語
製作費 150億ウォン
興行収入 581億ウォン[4]
テンプレートを表示
1987、ある闘いの真実
各種表記
ハングル 1987 (일구팔칠)
発音 イルグパルチル
題: 1987: When the Day Comes
テンプレートを表示

韓国では2017年12月27日に公開され、1か月余りで観客動員数700万人を超えた[6]2018年8月29日時点で、上映スクリーン数1299、観客動員数723万1830人、興行収入5237万9028アメリカ合衆国ドルに達した[2]

キャスト編集

朴処源(パク・チョウォン) 所長
演 - キム・ユンソク(日本語吹替:山路和弘[7]
内務部治安本部対共捜査所長。脱北者
崔桓朝鮮語版(チェ・ファン)検事
演 - ハ・ジョンウ(日本語吹替:内田夕夜
ソウル地検公安部長。
ハン・ビョンヨン
演 - ユ・ヘジン(日本語吹替:小野健一
永登浦刑務所看守
ヨニ
演 - キム・テリ(日本語吹替:早見沙織
延世大学新入生。ハン・ビョンヨンの姪。
李韓烈(イ・ハニョル)
演 - カン・ドンウォン(日本語吹替:野島裕史
延世大学生。
朴鍾哲(パク・ジョンチョル)
演 - ヨ・ジング(日本語吹替:阿部大樹
ソウル大学生。警察による拷問中に死去。
キム・ジョンナム(김정남)
演 - ソル・ギョング(日本語吹替:咲野俊介
民主化運動家。民主化運動で指名手配され、逃亡中。
趙漢慶(チョ・ハンギョン)
演 - パク・ヘスン朝鮮語版(日本語吹替:辻井健吾
対共捜査所班長。
尹相参(ユン・サンサム)
演 - イ・ヒジュン朝鮮語版(日本語吹替:中村和正
東亜日報社会部記者。
李富栄朝鮮語版(イ・ブヨン)
演 - キム・ウィソン朝鮮語版
東亜日報記者。5・3仁川事態で逮捕され、収監中。
金勝勲朝鮮語版
演 - チョン・インギ朝鮮語版
神父、民主化運動家、カトリック正義具現全国司祭団代表。
姜玟昌(カン・ミンチャン)
演 - ウ・ヒョン朝鮮語版
内務部治安本部長。
張世東(チャン・セドン)
演 - ムン・ソングン
国家安全企画部長。当時の大統領全斗煥の最側近。

※上記の登場人物のうち、ハン・ビョンヨンは実在の複数の人物を組み合わせたキャラクター、ヨニは架空の人物、その他は実在の人物である。

スタッフ編集

  • 監督:チャン・ジュナン朝鮮語版
  • 脚本:キム・ギョンチャン
  • 脚色:キム・ギョンチャン、イ・ウジョン、チャン・ジュナン
  • 制作:イ・ウジョン
  • プロデューサー:チャン・ヨンファン
  • 助監督:キム・スンハン、キム・ミンソン
  • 撮影:キム・ウヒョン(C.G.K)
  • 照明:キム・スンギュ
  • 同時録音:チョン・グァンホ
  • 美術:ハン・アルム
  • 衣装:チェ・ギョンファ、イ・ウニ
  • メイク:ファン・ヒョング、キム・チョンジャ
  • 武術:パク・ヨンシク、チョン・ソンホ
  • 特殊効果:パク・ヨソプ
  • 特殊メイク:クァク・テヨン、ファン・ヒョギュン
  • 編集:ヤン・ジンモ
  • 音楽:キム・テソン
  • サウンド:キム・ソクウォン
  • 視覚効果:ホン・ジョンホ
  • デジタル色補正:カン・サンウ
  • 製作会社:友情フィルム、映画社ヨンドゥ
  • 提供・配給:CJエンタテインメント
  • 字幕翻訳:小寺由香
  • 吹替翻訳:田辺佳子
  • 吹替演出:市来満

受賞編集

2017年度編集

  • 第39回青龍映画賞:最優秀作品賞
  • 第39回青龍映画賞:主演男優賞(キム・ユンソク
  • 第39回青龍映画賞:撮影照明賞(キム・ウヒョン、キム・スンギュ)
  • 第54回百想芸術大賞:映画部門 大賞
  • 第54回百想芸術大賞:シナリオ賞(キム・ギョンチャン
  • 第54回百想芸術大賞:映画部門 男性最優秀演技賞(キム・ユンソク)
  • 第54回百想芸術大賞:映画部門 男性助演賞(パク・ヒスン
  • 第55回大鐘賞:企画賞(イ・ウジョン)
  • 第55回大鐘賞:監督賞(チャン・ジュナン
  • 第27回釜日映画賞:撮影賞(キム・ウヒョン)
  • 第38回韓国映画評論家協会賞:最優秀作品賞
  • 第38回韓国映画評論家協会賞:ヨンピョン11選
  • 第38回黄金映画賞:最優秀作品賞
  • 第38回黄金撮影賞:監督賞(チャン・ジュナン)
  • 第38回黄金撮影賞:最優秀主演男優賞(キム・ユンソク)
  • 第18回ディレクターズ・カット・アワード:今年の監督賞(チャン・ジュナン)
  • 第18回ディレクターズ・カット・アワード:今年の脚本賞(キム・ギョンチャン)
  • 第18回ディレクターズ・カット・アワード:今年の特別言及
  • 第9回今年の映画賞:作品賞
  • 第9回今年の映画賞:監督賞(チャン・ジュナン)
  • 第5回韓国映画制作者協会賞:最優秀作品賞
  • 題5回韓国映画制作者協会賞:脚本賞(キム・ギョンチャン)
  • 第20回ウーディネ極東映画祭:観客賞(チャン・ジュナン)
  • 第20回ウーディネ極東映画祭:ブラックドラゴン観客賞(チャン・ジュナン)
  • 第17回ニューヨーク・アジア映画祭:アジアスター賞(キム・ユンソク)
  • 第13回パリ韓国映画祭:長編映画部門 作品賞

脚注編集

[脚注の使い方]
  1. ^ a b c d e f g h i j k l m 1987、ある闘いの真実”. キネマ旬報映画データベース. キネマ旬報社. 2018年8月30日閲覧。
  2. ^ a b 1987: When the Day Comes (2017)” (英語). 韓国映画振興委員会. 2018年8月30日閲覧。
  3. ^ a b c d 韓片《1987》即將登陸北美和亞洲院線” (中国語). 聯合ニュース (2018年1月4日). 2018年8月30日閲覧。
  4. ^ 韓国映画振興委員会 歴代ボックスオフィス”. 韓国映画振興委員会. 2019年9月15日閲覧。
  5. ^ 韓国映画、民主化や言論統制描く 前政権の圧力越えて”. 日本経済新聞夕刊. 日本経済新聞社 (2018年8月27日). 2018年8月30日閲覧。
  6. ^ [芸能]映画「1987」 観客動員数700万人突破”. 聯合ニュース (2018年8月27日). 2018年8月30日閲覧。
  7. ^ “1987、ある闘いの真実”. 株式会社twin - ツイン. https://www.twin2.co.jp/catalog/1987%E3%80%81%E3%81%82%E3%82%8B%E9%97%98%E3%81%84%E3%81%AE%E7%9C%9F%E5%AE%9F/ 2019年9月30日閲覧。 

関連項目編集

外部リンク編集