メインメニューを開く

1987年イタリアグランプリ

1987年イタリアグランプリは、1987年F1世界選手権の第11戦として、1987年9月6日モンツァ・サーキットで開催された。

イタリアの旗 1987年イタリアグランプリ
レース詳細
Monza 1976.jpg
日程 1987年シーズン第11戦
決勝開催日 9月6日
開催地 モンツァ・サーキット
イタリア モンツァ
コース長 5.800km
レース距離 50周(290.000km)
決勝日天候 晴(ドライ)
ポールポジション
ドライバー
タイム 1'23.460
ファステストラップ
ドライバー ブラジルの旗 アイルトン・セナ
タイム 1'26.796(Lap 49)
決勝順位
優勝
2位
3位

概要編集

ウィリアムズがアクティブサスペンション仕様のFW11Bを持ち込み、ネルソン・ピケが使用した。ピケには標準のサスペンションを装備したマシンがスペアとして与えられたが、「アクティブサスペンションの方が1周で1秒速い」としてアクティブ仕様車で決勝までを走った[1]

予選ではウィリアムズのネルソン・ピケが、標準サスペンション仕様のマシンに乗るチームメイトのナイジェル・マンセルを抑えてポールポジションを獲得した。

決勝スタート時にリカルド・パトレーゼのマシンから出火し、スタートがやり直しとなった。このため、予定より1周少ない50周でレースが争われた。

レースはスタートからピケがリードを奪うが、ピケがタイヤ交換を行うと、タイヤ無交換作戦を選択したアイルトン・セナのロータスがトップに立った。レース終盤に周回遅れの処理を誤ったセナがパラボリカでコースアウトすると再度ピケがトップに浮上し、そのままゴールした。ウィリアムズは初めて持ち込んだアクティブサスペンション車で勝利を獲得した。

レースウィーク中にはウィリアムズとホンダの契約が1年を残し1987年いっぱいで打ち切られると発表された。1986年シーズンにコンストラクターズタイトルを獲得し、この年もタイトル争いをリードしているコンビネーションの解消は大きなニュースとなった。これには、マンセルとピケを擁するウィリアムズが中嶋悟をレースドライバーとして採用させようとするホンダ側の要求を拒絶したことが契約打ち切りの一因だとの見方があった[2][3][4]

結果編集

予選編集

順位 No ドライバー コンストラクタ 1回目 2回目
1 6   ネルソン・ピケ ウィリアムズホンダ 1'24.617 1'23.460
2 5   ナイジェル・マンセル ウィリアムズホンダ 1'24.350 1'23.559
3 28   ゲルハルト・ベルガー フェラーリ 1'25.211 1'23.933
4 12   アイルトン・セナ ロータスホンダ 1'25.535 1'24.907
5 1   アラン・プロスト マクラーレンTAG 1'25.340 1'24.946
6 20   ティエリー・ブーツェン ベネトンフォード 1'25.250 1'25.044
7 19   テオ・ファビ ベネトンフォード 1'26.894 1'25.020
8 27   ミケーレ・アルボレート フェラーリ 1'25.290 1'25.247
9 7   リカルド・パトレーゼ ブラバムBMW 1'26.453 1'25.525
10 8   アンドレア・デ・チェザリス ブラバムBMW 1'40.285 1'26.802
11 2   ステファン・ヨハンソン マクラーレンTAG 1'27.420 1'27.031
12 17   デレック・ワーウィック アロウズメガトロン 1'27.543 1'28.083
13 18   エディ・チーバー アロウズメガトロン 1'29.273 1'28.022
14 11   中嶋悟 ロータスホンダ 1'28.463 1'28.160
15 25   ルネ・アルヌー リジェメガトロン 1'28.946 -
16 10   クリスチャン・ダナー ザクスピード 1'30.389 1'29.465
17 9   マーティン・ブランドル ザクスピード 1'30.144 1'29.725
18 24   アレッサンドロ・ナニーニ ミナルディモトーリ・モデルニ 1'29.738 1'31.069
19 26   ピエルカルロ・ギンザーニ リジェメガトロン 1'29.898 -
20 23   アドリアン・カンポス ミナルディモトーリ・モデルニ 1'31.094 1'30.782
21 21   アレックス・カフィ オゼッラアルファロメオ 1'32.768 1'31.029
22 3   ジョナサン・パーマー ティレルコスワース 1'34.218 1'33.028
23 30   フィリップ・アリオー ローラコスワース 1'34.748 1'33.170
24 4   フィリップ・ストレイフ ティレルコスワース 1'34.760 1'33.264
25 16   イヴァン・カペリ マーチコスワース 1'34.205 1'33.311
26 22   フランコ・フォリーニ オゼッラアルファロメオ 1'34.467 1'33.816
DNQ 32   ニコラ・ラリーニ コローニコスワース 1'38.460 1'35.721
DNQ 14   パスカル・ファブル AGSコスワース 1'39.393 1'36.679

決勝編集

順位 No ドライバー コンストラクタ 周回 タイム/リタイヤ グリッド ポイント
1 6   ネルソン・ピケ ウィリアムズホンダ 50 1:14'47.707 1 9
2 12   アイルトン・セナ ロータスホンダ 50 + 1.806 4 6
3 5   ナイジェル・マンセル ウィリアムズホンダ 50 + 49.036 2 4
4 28   ゲルハルト・ベルガー フェラーリ 50 + 57.979 3 3
5 20   ティエリー・ブーツェン ベネトンフォード 50 + 1'21.319 6 2
6 2   ステファン・ヨハンソン マクラーレンTAG 50 + 1'28.787 11 1
7 19   テオ・ファビ ベネトンフォード 49 +1 Lap 7  
8 26   ピエルカルロ・ギンザーニ リジェメガトロン 48 +2 Laps 19  
9 10   クリスチャン・ダナー ザクスピード 48 +2 Laps 16  
10 25   ルネ・アルヌー リジェメガトロン 48 +2 Laps 15  
11 11   中嶋悟 ロータスホンダ 47 +3 Laps 14  
12 4   フィリップ・ストレイフ ティレルコスワース 47 +3 Laps 24  
13 16   イヴァン・カペリ マーチコスワース 47 +3 Laps 25  
14 3   ジョナサン・パーマー ティレルコスワース 47 +3 Laps 22  
15 1   アラン・プロスト マクラーレンTAG 46 +4 Laps 5  
16 24   アレッサンドロ・ナニーニ ミナルディモトーリ・モデルニ 45 +5 Laps 18  
リタイヤ 9   マーティン・ブランドル ザクスピード 43 ギアボックス 17  
リタイヤ 30   フィリップ・アリオー ローラコスワース 37 スピンオフ 23  
リタイヤ 23   アドリアン・カンポス ミナルディモトーリ・モデルニ 34 エンジン 20  
リタイヤ 18   エディ・チーバー アロウズメガトロン 27 ドライブシャフト 13  
リタイヤ 22   フランコ・フォリーニ オゼッラアルファロメオ 27 ターボ 26  
リタイヤ 21   アレックス・カフィ オゼッラアルファロメオ 16 サスペンション 21  
リタイヤ 27   ミケーレ・アルボレート フェラーリ 13 ターボ 8  
リタイヤ 17   デレック・ワーウィック アロウズメガトロン 9 電気系 12  
リタイヤ 8   アンドレア・デ・チェザリス ブラバムBMW 7 サスペンション 10  
リタイヤ 7   リカルド・パトレーゼ ブラバムBMW 5 エンジン 9  

記録編集

  • 初グランプリ(ドライバー):フランコ・フォリーニ、ニコラ・ラリーニ
  • 初グランプリ(チーム):コローニ

脚注編集

  1. ^ Roebuck, Nigel; Alan Henry (1988年1月). Barry Naismith. ed (英語). Grand Prix. John Townsend. Glen Waverley, Victoria: Garry Sparke & Associates. pp. pp.116-ff. ISBN 0 908081 27 8. 
  2. ^ BBC SPORT”. 2008年7月28日閲覧。
  3. ^ Grandprix.com”. 2008年7月28日閲覧。
  4. ^ Telegraph.co.uk”. 2008年7月28日閲覧。
  5. ^ 「フジテレビオフィシャルF1イヤーブック 87-88」昭和62年12月21日刊 ISBN 4-594-00191-2

関連項目編集