メインメニューを開く

1987年オーストラリアグランプリ

1987年オーストラリアグランプリ (1987 Australian Grand Prix)は、1987年F1世界選手権の第16戦として、1987年11月15日アデレード市街地コースで開催された。

オーストラリアの旗 1987年オーストラリアグランプリ
レース詳細
Adelaide (long route).svg
日程 1987年シーズン第16戦
決勝開催日 11月15日
開催地 アデレード市街地コース
オーストラリア アデレード
コース長 3.778km
レース距離 82周(309.796km)
決勝日天候 晴(ドライ)
ポールポジション
ドライバー
タイム 1'17.267
ファステストラップ
ドライバー オーストリアの旗 ゲルハルト・ベルガー
タイム 1'20.416(Lap 72)
決勝順位
優勝
2位
3位

概要編集

ナイジェル・マンセルが前戦日本GPのクラッシュの影響で欠場したため、エントリーに変更があった。ウィリアムズは1988年からの加入が決定しているリカルド・パトレーゼをエントリーした。パトレーゼにとって、ホンダエンジンを搭載したマシンで参戦した唯一のF1レースだった。

シーズンを通じパトレーゼをエントリーしていたブラバムは、この年のF3000チャンピオンを獲得したステファノ・モデナにシートを与えデビューさせた。

予選編集

決勝編集

フェラーリのゲルハルト・ベルガーがオープニングラップを制し、そのまま独走したが、2位以下は荒れた。ウィリアムズの2台はいずれもマシントラブルによりゴールまで到達することができず、マクラーレンの2台もともにブレーキトラブルで姿を消した。

もう1台のフェラーリに乗るアルボレートは中盤以降セナに次ぐ3位にポジションを上げ、そのままゴールまで走りきった。2位でゴールしたセナがブレーキダクトのサイズ違反により失格となり、最終的にはフェラーリが1-2フィニッシュを果たした。

結果編集

予選結果編集

順位 No ドライバー コンストラクタ 1回目 2回目
1 28   ゲルハルト・ベルガー フェラーリ 1'17.267 1'18.142
2 1   アラン・プロスト マクラーレンTAG 1'18.200 1'17.967
3 6   ネルソン・ピケ ウィリアムズホンダ 1'18.017 1'18.176
4 12   アイルトン・セナ ロータスホンダ 1'18.508 1'18.488
5 20   ティエリー・ブーツェン ベネトンフォード 1'18.943 1'18.523
6 27   ミケーレ・アルボレート フェラーリ 1'18.578 1'19.612
7 5   リカルド・パトレーゼ ウィリアムズホンダ 1'19.507 1'18.813
8 2   ステファン・ヨハンソン マクラーレンTAG 1'19.761 1'18.826
9 19   テオ・ファビ ベネトンフォード 1'19.461 1'20.301
10 8   アンドレア・デ・チェザリス ブラバムBMW 1'19.768 1'19.590
11 18   エディ・チーバー アロウズメガトロン 1'20.187 1'21.592
12 17   デレック・ワーウィック アロウズメガトロン 1'20.638 1'20.837
13 24   アレッサンドロ・ナニーニ ミナルディモトーリ・モデルニ 1'20.701 1'21.523
14 11   中嶋悟 ロータスホンダ 1'21.708 1'20.891
15 7   ステファノ・モデナ ブラバムBMW 1'21.887 1'21.104
16 9   マーティン・ブランドル ザクスピード 1'22.224 1'21.483
17 30   フィリップ・アリオー ローラコスワース 1'21.888 1'22.846
18 4   フィリップ・ストレイフ ティレルコスワース 1'21.971 1'22.434
19 3   ジョナサン・パーマー ティレルコスワース 1'22.315 1'22.087
20 25   ルネ・アルヌー リジェメガトロン 1'24.833 1'22.303
21 29   ヤニック・ダルマス ローラコスワース 1'25.021 1'22.650
22 26   ピエルカルロ・ギンザーニ リジェメガトロン 1'22.689 1'24.652
23 16   イヴァン・カペリ マーチコスワース 1'22.698 1'22.704
24 10   クリスチャン・ダナー ザクスピード 1'23.046 1'22.736
25 14   ロベルト・モレノ AGSコスワース 1'23.659 1'24.149
26 23   アドリアン・カンポス ミナルディモトーリ・モデルニ 1'25.760 1'24.121
DNQ 21   アレックス・カフィ オゼッラアルファロメオ 1'25.872 1'27.331

決勝結果編集

順位 No. ドライバー コンストラクタ 周回 タイム/リタイヤ グリッド ポイント
1 28   ゲルハルト・ベルガー フェラーリ 82 1:52'56.144 1 9
2 27   ミケーレ・アルボレート フェラーリ 82 + 1'07.884 6 6
3 20   ティエリー・ブーツェン ベネトンフォード 81 +1 Lap 5 4
4 3   ジョナサン・パーマー ティレルコスワース 80 +2 Laps 19 3
5 29   ヤニック・ダルマス ローラコスワース 79 +3 Laps 21 0*
6 14   ロベルト・モレノ AGSコスワース 79 +3 Laps 25 1
7 10   クリスチャン・ダナー ザクスピード 79 +3 Laps 24  
8 8   アンドレア・デ・チェザリス ブラバムBMW 78 +4 Laps 10  
9 5   リカルド・パトレーゼ ウィリアムズホンダ 76 +6 Laps 7  
リタイヤ 6   ネルソン・ピケ ウィリアムズホンダ 58 ブレーキ 3  
リタイヤ 16   イヴァン・カペリ マーチコスワース 58 スピンオフ 23  
リタイヤ 1   アラン・プロスト マクラーレンTAG 53 ブレーキ 2  
リタイヤ 18   エディ・チーバー アロウズメガトロン 53 オーバーヒート 11  
リタイヤ 2   ステファン・ヨハンソン マクラーレンTAG 48 ブレーキ 8  
リタイヤ 19   テオ・ファビ ベネトンフォード 46 ブレーキ 9  
リタイヤ 23   アドリアン・カンポス ミナルディモトーリ・モデルニ 46 トランスミッション 26  
リタイヤ 30   フィリップ・アリオー ローラコスワース 45 電気系 17  
リタイヤ 25   ルネ・アルヌー リジェメガトロン 41 点火系 20  
リタイヤ 7   ステファノ・モデナ ブラバムBMW 31 身体 15  
リタイヤ 26   ピエルカルロ・ギンザーニ リジェメガトロン 26 点火系 22  
リタイヤ 11   中嶋悟 ロータスホンダ 22 サスペンション 14  
リタイヤ 17   デレック・ワーウィック アロウズメガトロン 19 トランスミッション 12  
リタイヤ 9   マーティン・ブランドル ザクスピード 18 エンジン 16  
リタイヤ 4   フィリップ・ストレイフ ティレルコスワース 6 スピンオフ 18  
リタイヤ 24   アレッサンドロ・ナニーニ ミナルディモトーリ・モデルニ 0 アクシデント 13  
DSQ 12   アイルトン・セナ ロータスホンダ 82 失格 4  
  • 予選、決勝順位は、公式サイト[1]およびF1イヤーブック[2]より。

記録編集

  • 最終F1グランプリ:テオ・ファビ
  • 初F1グランプリ:ステファノ・モデナ
  • 初ポイント獲得(チーム):AGS
  • 初ポイント獲得(ドライバー):ロベルト・モレノ
  • ヤニック・ダルマスは5位でゴールしたが、ラルースチームの年間エントリーが1カーだったため、2台めとなるダルマスのポイントは認められなかった。

脚注編集

  1. ^ The Official Formula 1 website”. 2008年11月17日閲覧。
  2. ^ 「フジテレビオフィシャルF1イヤーブック 87-88」昭和62年12月21日刊 ISBN 4-594-00191-2

関連項目編集