メインメニューを開く

1987年オーストリアグランプリは、1987年F1世界選手権の第10戦として、1987年8月16日エステルライヒリンクで開催された。

オーストリアの旗 1987年オーストリアグランプリ
レース詳細
Österreichring 1977-1987.svg
日程 1987年シーズン第10戦
決勝開催日 8月16日
開催地 エステルライヒリンク
オーストリア シュタイアーマルク州 シュピールベルク
コース長 5.941km
レース距離 52周(308.984km)
決勝日天候 晴れ(ドライ)
ポールポジション
ドライバー
タイム 1'23.357
ファステストラップ
ドライバー イギリスの旗 ナイジェル・マンセル
タイム 1'28.318(Lap 31)
決勝順位
優勝
2位
3位

目次

概要編集

予選編集

初日午前中に行われたフリー走行セッション中、リントカーブに向かう上り坂で鹿がコース上に侵入した。マクラーレンステファン・ヨハンソンは鹿を避けようとしたが、マクラーレンの左前輪に鹿が衝突した[1]。マクラーレンは大破したが、ヨハンソンに大きな怪我は無かった。

決勝編集

決勝ではスタート時の事故により2度の再スタートが行われた。

最初のスタートではマーティン・ブランドルがホームストレート上で突然コースを左に変えてコース脇のバリアに接触した。ブランドルの後方で車両同士の接触が起き、ルネ・アルヌーピエルカルロ・ギンザーニらのマシンがクラッシュしストレートエンド上に停止し、これらの車両によりコースが塞がれたことでレースは中断した。

2度目のスタートでは2番手スタートのナイジェル・マンセルと3番手スタートのゲルハルト・ベルガーがスタートに失敗すると、中盤以降にいたイヴァン・カペリジョナサン・パーマーステファン・ヨハンソンパスカル・ファブルをはじめとする後続の車両の数台が行き場を失い、ピット前付近で互いに接触した。停止した車両がコースを完全に塞ぎ、再度レースは中断した。

再々スタートは完全に新しいレースとして行われ、決勝は当初の予定通りの52周で争われた。

マンセルはスタートに失敗し、4番手に順位を落としたが、中盤までに順位を2位に戻すと、21周目にピケを交わして首位に立った。ピケはその周の最後にタイヤ交換を行った。マンセルはピケ以下の後続を突き放し、自身のF1決勝出走100戦目を勝利で飾った。

ブランドルは、レース後にリアウィング高の違反により失格とされた[2]

このレースを最後にオーストリアGPは休止され、再開されたのは1997年だった。1997年に再開された際にはレイアウトが低速化され、コース名もA1リンクへと改名された。

結果編集

予選結果編集

順位 No ドライバー コンストラクタ 1回目 2回目
1 6   ネルソン・ピケ ウィリアムズホンダ 1'23.357 1'49.991
2 5   ナイジェル・マンセル ウィリアムズホンダ 1'23.459 1'33.779
3 28   ゲルハルト・ベルガー フェラーリ 1'24.213 1'38.388
4 20   ティエリー・ブーツェン ベネトンフォード 1'24.348 1'48.124
5 19   テオ・ファビ ベネトンフォード 1'25.054 -
6 27   ミケーレ・アルボレート フェラーリ 1'25.077 1'45.518
7 12   アイルトン・セナ ロータスホンダ 1'25.492 1'39.647
8 7   リカルド・パトレーゼ ブラバムBMW 1'25.766 1'53.119
9 1   アラン・プロスト マクラーレンTAG 1'26.170 1'43.132
10 8   アンドレア・デ・チェザリス ブラバムBMW 1'27.672 -
11 17   デレック・ワーウィック アロウズメガトロン 1'27.762 -
12 18   エディ・チーバー アロウズメガトロン 1'28.370 1'37.908
13 11   中嶋悟 ロータスホンダ 1'28.786 1'43.002
14 2   ステファン・ヨハンソン マクラーレンTAG 1'29.003 1'41.711
15 24   アレッサンドロ・ナニーニ ミナルディモトーリ・モデルニ 1'29.435 1'49.566
16 25   ルネ・アルヌー リジェメガトロン 1'29.773 -
17 9   マーティン・ブランドル ザクスピード 1'29.893 1'42.383
18 26   ピエルカルロ・ギンザーニ リジェメガトロン 1'30.682 -
19 23   エイドリアン・カンポス ミナルディモトーリ・モデルニ 1'30.797 1'47.128
20 10   クリスチャン・ダナー ザクスピード 1'31.015 1'48.880
21 21   アレックス・カフィ オゼッラアルファロメオ 1'32.313 1'50.273
22 30   フィリップ・アリオー ローラフォード 1'33.741 1'48.595
23 16   イヴァン・カペリ マーチフォード 1'34.199 1'54.807
24 3   ジョナサン・パーマー ティレルフォード 1'34.619 1'49.308
25 4   フィリップ・ストレイフ ティレルフォード 1'35.338 1'51.624
26 14   パスカル・ファブル AGSフォード 1'40.633 1'57.236

決勝結果編集

順位 No ドライバー コンストラクタ 周回 タイム/リタイヤ グリッド ポイント
1 5   ナイジェル・マンセル ウィリアムズホンダ 52 1:18'44.898 2 9
2 6   ネルソン・ピケ ウィリアムズホンダ 52 + 55.704 1 6
3 19   テオ・ファビ ベネトンフォード 51 +1 Lap 5 4
4 20   ティエリー・ブーツェン ベネトンフォード 51 +1 Lap 4 3
5 12   アイルトン・セナ ロータスホンダ 50 +2 Laps 7 2
6 1   アラン・プロスト マクラーレンTAG 50 +2 Laps 9 1
7 2   ステファン・ヨハンソン マクラーレンTAG 50 +2 Laps 14  
8 26   ピエルカルロ・ギンザーニ リジェメガトロン 50 +2 Laps 18  
9 10   クリスチャン・ダナー ザクスピード 49 +3 Laps 20  
10 25   ルネ・アルヌー リジェメガトロン 49 +3 Laps 16  
11 16   イヴァン・カペリ マーチフォード 49 +3 Laps 23  
12 30   フィリップ・アリオー ローラフォード 49 +3 Laps 22  
13 11   中嶋悟 ロータスホンダ 49 +3 Laps 13  
14 3   ジョナサン・パーマー ティレルフォード 47 +5 Laps 24  
DSQ 9   マーティン・ブランドル ザクスピード 48 失格 17  
DNF 14   パスカル・ファブル AGSフォード 45 規定周回数不足 26  
Ret 7   リカルド・パトレーゼ ブラバムBMW 43 エンジン 8  
Ret 27   ミケーレ・アルボレート フェラーリ 42 ターボ 6  
Ret 8   アンドレア・デ・チェザリス ブラバムBMW 35 エンジン 10  
Ret 17   デレック・ワーウィック アロウズメガトロン 35 エンジン 11  
Ret 18   エディ・チーバー アロウズメガトロン 31 タイヤ 12  
Ret 28   ゲルハルト・ベルガー フェラーリ 5 ターボ 3  
Ret 23   エイドリアン・カンポス ミナルディモトーリ・モデルニ 3 電気系 19  
Ret 24   アレッサンドロ・ナニーニ ミナルディモトーリ・モデルニ 1 エンジン 15  
Ret 21   アレックス・カフィ オゼッラアルファロメオ 0 電気系 21  
Ret 4   フィリップ・ストレイフ ティレルフォード 0 アクシデント 25  
  • 予選、決勝順位は、公式サイト[3]およびAUTOCOURSE 1987-88[4]より。

脚注編集

  1. ^ Hamilton, Maurice (1987). AUTOCOURSE 1987-88. Hazleton Publishing. pp. p.168. ISBN 0-905138-47-3. 
  2. ^ AUTOCOURSE 1987-88. pp. p.173. 
  3. ^ The Official Formula 1 Website”. 2010年2月24日閲覧。
  4. ^ Hamilton, Maurice (ed.) (1987). AUTOCOURSE 1987-88. Hazleton Publishing. pp. pp.174-175. ISBN 0-905138-47-3. 

関連項目編集