メインメニューを開く

1987年バレーボール女子アジア選手権

1987年バレーボール女子アジア選手権(1987 Asian Women's Volleyball Championship)は、1987年6月6日から6月14日にかけて中国上海で開催された、アジアバレーボール連盟主催の第4回バレーボールアジア選手権女子大会。

出場国は11カ国。中国が2大会ぶり2回目の優勝を飾った。

この大会において全日本女子は、翌年のソウルオリンピックの出場権を獲得。現監督で当時エースセッターだった中田久美は前年に負った右膝の故障により欠場。

最終結果編集

外部リンク編集