メインメニューを開く

1987年ブラジルグランプリは、1987年F1世界選手権の第1戦として、1987年4月12日ジャカレパグア・サーキットで開催された。

ブラジルの旗 1987年ブラジルグランプリ
レース詳細
Circuit Jacarepagua.png
日程 1987年シーズン第1戦
決勝開催日 4月12日
開催地 ジャカレパグア・サーキット
ブラジル リオ・デ・ジャネイロ
コース長 5.031km
レース距離 61周(306.891km)
決勝日天候 晴(ドライ)
ポールポジション
ドライバー
タイム 1'26.128
ファステストラップ
ドライバー ブラジルの旗 ネルソン・ピケ
タイム 1'33.861(Lap 42)
決勝順位
優勝
2位
3位

概要編集

予選編集

1986年コンストラクターズタイトルを獲得したウィリアムズが、前年からの好調を維持して速さを見せた。ウィリアムズは前年のFW11を改良したFW11Bを使用し、ドライバーもネルソン・ピケナイジェル・マンセルの布陣を維持していた。予選ではポールポジションをマンセルが獲得し、2位にピケが続いた。ピケは3位のアイルトン・セナに対して2秒弱の大差をつけた。

セナのロータスは、このシーズンからホンダエンジンを搭載し、アクティブサスペンションを採用していた。前年からは大きな変化があったが、どうにか予選では3番手を確保したが、チームメイトでこのレースがデビュー戦となる中嶋悟は、慣れないマシンとコースに手こずり12番手に沈んだ。

マクラーレンの新車MP4/3は、特に大きな技術変更もなく、前年のMP4/2Cから多くの部分を引き継いだデザインのマシンだった[1]アラン・プロストは、MP4/3を予選で5番手につけた。なお、マーチのイヴァン・カペリはF3000改造の暫定マシンで出走した。

ポップオフバルブの性能が安定せず、予選中にはターボのブースト圧が規定の4バールに到達しないうちにポップオフバルブが作動してしまうトラブルが多発した。ポップオフバルブを外してレースを行う意見も出たが、最終的にはポップオフバルブを装着してレースが行われることになった[2]

決勝編集

決勝日の気温は37度[2]となり、猛暑の中でレースが行われた。ウィリアムズの2台とロータスのセナがリードするが、タイヤの消耗を抑えて走るプロストがタイヤ交換を2回にとどめてライバルを逆転し、プロストにとって8度目のブラジルグランプリで4勝目を挙げた。なお、全ドライバーのベストラップタイムを比較すると、プロストのラップタイムは、全体の9位でしかなかった。

ウィリアムズは両ドライバーとも3度のタイヤ交換を行い、リタイヤしたセナは、61周で争われたレースの30周目までに2度のタイヤ交換を済ませていた。中嶋は7位に追い上げ完走を果たした。

結果編集

予選編集

順位 No. ドライバー コンストラクタ 1回目 2回目
1 5   ナイジェル・マンセル ウィリアムズホンダ 1'27.901 1'26.128
2 6   ネルソン・ピケ ウィリアムズホンダ 1'27.822 1'26.567
3 12   アイルトン・セナ ロータスホンダ 1'29.002 1'28.408
4 19   テオ・ファビ ベネトンフォード 1'30.439 1'28.417
5 1   アラン・プロスト マクラーレンTAG 1'29.522 1'29.175
6 20   ティエリー・ブーツェン ベネトンフォード 1'30.166 1'29.450
7 28   ゲルハルト・ベルガー フェラーリ 1'31.444 1'30.357
8 17   デレック・ワーウィック アロウズ・メガトロン 1'32.531 1'30.467
9 27   ミケーレ・アルボレート フェラーリ 1'31.218 1'30.468
10 2   ステファン・ヨハンソン マクラーレンTAG 1'31.343 1'30.476
11 7   リカルド・パトレーゼ ブラバムBMW 1'32.001 1'31.179
12 11   中嶋悟 ロータスホンダ 1'34.445 1'32.276
13 8   アンドレア・デ・チェザリス ブラバムBMW 1'32.402 1'34.115
14 18   エディ・チーバー アロウズ・メガトロン 1'33.084 1'32.769
15 24   アレッサンドロ・ナニーニ ミナルディモトーリ・モデルニ 1'33.980 1'33.729
16 23   エイドリアン・カンポス ミナルディモトーリ・モデルニ - 1'33.825
17 10   クリスチャン・ダナー ザクスピード 1'36.170 1'35.212
18 3   ジョナサン・パーマー ティレルコスワース 1'37.488 1'36.091
19 9   マーティン・ブランドル ザクスピード 1'37.235 1'36.160
20 4   フィリップ・ストレイフ ティレルコスワース 1'38.822 1'36.274
21 21   アレックス・カフィ オゼッラアルファロメオ 1'39.931 1'38.770
22 14   パスカル・ファブル AGS・コスワース 1'44.126 1'39.816
23 16   イヴァン・カペリ マーチ・コスワース 1'43.580 2'02.966

決勝編集

順位 No. ドライバー コンストラクタ 周回 タイム/リタイヤ グリッド ポイント
1 1   アラン・プロスト マクラーレンTAG 61 1:39'45.141 5 9
2 6   ネルソン・ピケ ウィリアムズホンダ 61 + 40.547 2 6
3 2   ステファン・ヨハンソン マクラーレンTAG 61 + 56.758 10 4
4 28   ゲルハルト・ベルガー フェラーリ 61 + 1'39.235 7 3
5 20   ティエリー・ブーツェン ベネトンフォード 60 +1 Lap 6 2
6 5   ナイジェル・マンセル ウィリアムズホンダ 60 +1 Lap 1 1
7 11   中嶋悟 ロータスホンダ 59 +2 Laps 12  
8 27   ミケーレ・アルボレート フェラーリ 58 +3 Laps 9  
9 10   クリスチャン・ダナー ザクスピード 58 +3 Laps 17  
10 3   ジョナサン・パーマー ティレルコスワース 58 +3 Laps 18  
11 4   フィリップ・ストレイフ ティレルコスワース 57 +4 Laps 20  
12 14   パスカル・ファブル AGS・コスワース 55 +6 Laps 22  
リタイヤ 18   エディ・チーバー アロウズ・メガトロン 52 オーバーヒート 14  
リタイヤ 12   アイルトン・セナ ロータスホンダ 50 スピンオフ 3  
リタイヤ 7   リカルド・パトレーゼ ブラバムBMW 48 電気系 11  
リタイヤ 8   アンドレア・デ・チェザリス ブラバムBMW 21 ディファレンシャル 13  
リタイヤ 17   デレック・ワーウィック アロウズ・メガトロン 20 エンジン 8  
棄権 21   アレックス・カフィ オゼッラアルファロメオ 20 棄権 21  
リタイヤ 24   アレッサンドロ・ナニーニ ミナルディモトーリ・モデルニ 17 サスペンション 15  
リタイヤ 9   マーティン・ブランドル ザクスピード 15 ターボ 19  
リタイヤ 19   テオ・ファビ ベネトンフォード 9 ターボ 4  
失格 23   エイドリアン・カンポス ミナルディモトーリ・モデルニ 3 失格 16  
DNS 16   イヴァン・カペリ マーチ・コスワース 0 出走せず 23  
  • 予選、決勝順位は、The Official Formula 1 website”. 2008年6月11日閲覧。、Yahoo! Japan およびF1イヤーブック[3]より。
  • エイドリアン・カンポスは、フォーメーションラップで出遅れたが、最後尾につかず自分のグリッド位置からスタートしたことにより失格。
  • イヴァン・カペリはエンジンを壊したため決勝に出走していない。

記録編集

  • デビューレース:中嶋悟、パスカル・ファブル、エイドリアン・カンポス

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ Nye, Doug (1988). Mclaren: The GRand Prix, CanAm and Indy Cars (New Edition). Richmond, Surrey: Hazleton Publishing. pp. pp.297-ff.. ISBN 0-905138-54-6. 
  2. ^ a b 『フジテレビ オフィシャル F1 YEARBOOK 87-88』株式会社 フジテレビ出版、1987年、p.130。ISBN 4-594-00191-2
  3. ^ 『フジテレビ オフィシャル F1 YEARBOOK 87-88』株式会社 フジテレビ出版、1987年、p.180。ISBN 4-594-00191-2

関連項目編集