メインメニューを開く

1987年ベルギーグランプリは、1987年F1世界選手権の第3戦として、1987年5月17日スパ・フランコルシャンで開催された。

ベルギーの旗 1987年ベルギーグランプリ
レース詳細
日程 1987年シーズン第3戦
決勝開催日 5月17日
開催地 スパ・フランコルシャン
ベルギー リエージュ州スパ
コース長 6.940km
レース距離 43周(298.420km)
決勝日天候 曇り(ドライ)
ポールポジション
ドライバー
タイム 1'52.026
ファステストラップ
ドライバー フランスの旗 アラン・プロスト
タイム 1'57.153(Lap 26)
決勝順位
優勝
  • フランスの旗 アラン・プロスト
    1:27'03.217
2位
3位

概要編集

予選初日はウェットコンディションとなったため、2日目のタイムでグリッドが決定した。 予選上位3台がホンダエンジン使用車となり、以下フェラーリの2台、プロストの順となった。7位のブーツェンまでがコースレコードを記録した。

ドライで行われた決勝レースでは、スタート直後にオー・ルージュでフィリップ・ストレイフが大きなクラッシュを起こし、チームメイトのジョナサン・パーマーがかわしきれず接触した。他にもいくつかのクラッシュ(ベルガーとブーツェン、デ・チェザリスとアルヌー)がオープニングラップで発生したため、レースは中断された。

レースを再開するにあたり、各ドライバーはスペアカーへの乗り換えなども許可され、レース距離も本来の予定どおりの周回数で争われることとなった。

再スタートが切られると、セナが好スタートでトップに立ったが1周目にセナとマンセルがファーニュで接触した。セナはその場でリタイアし、マンセルはその後も走行を続けたが、セナと接触したことによるアンダートレイのダメージによりリタイアした。この接触により、ピケがトップにたった。

ベルガーは2周でエンジンを壊し、アルボレートは9周でギアボックスを壊してリタイアした。ネルソン・ピケは11周で排気系を壊してストップしたことで、予選6位からスタートしたプロストは、10周目には誰一人として追い越すことなくトップに浮上した。

プロストはタイヤ交換を行ってもトップの座を譲ることなく走り切り、F1での通算27勝目を記録した。これは当時ジャッキー・スチュワートが保持していたF1最多勝記録に並ぶものだった。2位にはチームメイトのヨハンソン、3位にはブラバムのデ・チェザリスが入り、5位にはロータスの中嶋が入り2回目のポイントを奪取したことで「グレーデッド・ドライバー」の仲間入りをした。

結果編集

予選編集

順位 No ドライバー コンストラクタ 1回目 2回目
1 5   ナイジェル・マンセル ウィリアムズホンダ 2'06.965 1'52.026
2 6   ネルソン・ピケ ウィリアムズ・ホンダ 2'08.143 1'53.416
3 12   アイルトン・セナ ロータス・ホンダ 2'08.450 1'53.426
4 28   ゲルハルト・ベルガー フェラーリ 2'06.216 1'53.451
5 27   ミケーレ・アルボレート フェラーリ 2'07.459 1'53.511
6 1   アラン・プロスト マクラーレンTAG 2'11.203 1'54.186
7 20   ティエリー・ブーツェン ベネトンフォード 2'08.752 1'54.300
8 7   リカルド・パトレーゼ ブラバムBMW 2'12.914 1'55.064
9 19   テオ・ファビ ベネトン・フォード 2'12.358 1'55.339
10 2   ステファン・ヨハンソン マクラーレン・TAG 2'12.063 1'55.781
11 18   エディ・チーバー アロウズメガトロン 2'15.321 1'55.889
12 17   デレック・ワーウィック アロウズ・メガトロン 2'10.946 1'56.359
13 8   アンドレア・デ・チェザリス ブラバム・BMW 2'13.871 1'57.101
14 24   アレッサンドロ・ナニーニ ミナルディモトーリ・モデルニ 2'09.650 1'58.132
15 11   中嶋悟 ロータス・ホンダ 2'11.441 1'58.649
16 25   ルネ・アルヌー リジェ・メガトロン 2'15.012 1'59.117
17 26   ピエルカルロ・ギンザーニ リジェ・メガトロン 2'15.339 1'59.291
18 9   マーティン・ブランドル ザクスピード 2'14.432 2'00.433
19 23   アドリアン・カンポス ミナルディ・モトーリ・モデルニ 2'14.945 2'00.763
20 10   クリスチャン・ダナー ザクスピード 2'20.610 2'01.072
21 16   イヴァン・カペリ マーチ・フォード 2'13.355 2'02.036
22 30   フィリップ・アリオー ローラ・フォード 2'13.082 2'02.347
23 4   フィリップ・ストレイフ ティレル・フォード 2'18.900 2'03.098
24 3   ジョナサン・パーマー ティレル・フォード 2'14.931 2'04.677
25 14   パスカル・ファブル AGS・フォード 2'26.498 2'07.361
26 21   アレックス・カフィ オゼッラアルファロメオ 2'16.268 2'12.086

決勝編集

順位 No ドライバー コンストラクタ 周回 タイム/リタイヤ グリッド ポイント
1 1   アラン・プロスト マクラーレンTAG 43 1:27'03.217 6 9
2 2   ステファン・ヨハンソン マクラーレン・TAG 43 + 24.764 10 6
3 8   アンドレア・デ・チェザリス ブラバムBMW 42 +1 Lap 13 4
4 18   エディ・チーバー アロウズメガトロン 42 +1 Lap 11 3
5 11   中嶋悟 ロータスホンダ 42 +1 Lap 15 2
6 25   ルネ・アルヌー リジェ・メガトロン 41 +2 Laps 16 1
7 26   ピエルカルロ・ギンザーニ リジェ・メガトロン 40 +3 Laps 17  
8 30   フィリップ・アリオー ローラフォード 40 +3 Laps 22  
9 4   フィリップ・ストレイフ ティレル・フォード 39 +4 Laps 23  
10 14   パスカル・ファブル AGS・フォード 38 +5 Laps 25  
リタイヤ 19   テオ・ファビ ベネトン・フォード 34 エンジン 9  
リタイヤ 9   マーティン・ブランドル ザクスピード 19 オーバーヒート 18  
リタイヤ 20   ティエリー・ブーツェン ベネトン・フォード 18 ホイールベアリング 7  
リタイヤ 5   ナイジェル・マンセル ウィリアムズ・ホンダ 17 アクシデント 1  
リタイヤ 16   イヴァン・カペリ マーチ・フォード 14 エンジン 21  
リタイヤ 6   ネルソン・ピケ ウィリアムズ・ホンダ 11 排気系 2  
リタイヤ 21   アレックス・カフィ オゼッラアルファロメオ 11 燃料漏れ 26  
リタイヤ 27   ミケーレ・アルボレート フェラーリ 9 トランスミッション 5  
リタイヤ 10   クリスチャン・ダナー ザクスピード 9 ブレーキ 20  
リタイヤ 17   デレック・ワーウィック アロウズ・メガトロン 8 ラジエター 12  
リタイヤ 7   リカルド・パトレーゼ ブラバム・BMW 5 クラッチ 8  
リタイヤ 28   ゲルハルト・ベルガー フェラーリ 2 エンジン 4  
リタイヤ 24   アレッサンドロ・ナニーニ ミナルディモトーリ・モデルニ 1 ターボ 14  
リタイヤ 12   アイルトン・セナ ロータス・ホンダ 0 アクシデント 3  
リタイヤ 23   アドリアン・カンポス ミナルディ・モトーリ・モデルニ 0 ギアボックス 19  
リタイヤ 3   ジョナサン・パーマー ティレル・フォード 0 アクシデント 24  

記録編集

  • プロストがF1最多勝記録タイ(27勝)を記録。

脚注編集

  1. ^ フジテレビ オフィシャル F1 YEARBOOK 87-88. 東京都新宿区: 株式会社フジテレビ出版. (1987年). pp. p.184. ISBN 4-594-00191-2. 

関連項目編集