メインメニューを開く

1988年の映画(1988ねんのえいが)では、1988年(昭和63年)の映画分野の動向についてまとめる。

目次

出来事編集

周年編集

日本の映画興行編集

配給会社別年間配給収入
配給会社 配給本数 年間配給収入 前年対比 概要
新作 再映 洋画
松竹 20 038億5300万円 073.2% 正月映画の『男はつらいよ 寅次郎物語』(10.5億円)が大台を突破したが、その後は不振続きの1年となった。夏の勝負作『ダウンタウン・ヒーローズ』(8.1億円)が他社の夏作品に押し出され不本意な結果で終わる。人気アニメの久々の登場となった『機動戦士ガンダム 逆襲のシャア』(6.2億円)は成功だったが、『山田村ワルツ』と『恋はいつもアマンドピンク』は絶不調。企画の遅れから番組編成を埋めるために、ヒットの可能性のない『橋』や『青い山脈'88』を公開する羽目になる。そのため、翌年は自社製作を減らし、積極的に外部プロ作品を導入する。松竹富士の『マリリンに逢いたい』は配給収入11億円。
18 0 2
東宝 25 158億8200万円 137.6% 年間配給収入は1986年の163億9000万円に次ぐ好成績。ブロックブッキングで配給収入100億円を突破する偉業も達成。配給収入10億円の大台を突破したのは、『敦煌』(45億円)・『優駿』(18億円)・『いこかもどろか』(16億円)・『ドラえもん のび太のパラレル西遊記』(13.6億円)・『マルサの女2』(13億円)・『帝都物語』(10.5億円)の6番組。吉永小百合映画出演100本記念作品の『つる -鶴-』は不調。
25 0 0
東映 30 090億7800万円 100.0% 正月映画『ビー・バップ・ハイスクール 高校与太郎狂騒曲』(12.5億円)、洋画配給部扱いの『あぶない刑事』(15億円)・『またまたあぶない刑事』(10.5億円)の3番組が大台突破。『ビー・バップ・ハイスクール 高校与太郎音頭』(7.3億円)・『極道渡世の素敵な面々』・『』はまずまず。『華の乱』(7.6億円)は平凡な結果、『ラブ・ストーリーを君に』(5億円)は不調。
22 0 8
にっかつ 44 016億1600万円 071.2% 5月28日公開の『ベッド・パートナー』/『ラブ・ゲームは終わらない』でロマンポルノ路線を終了。7月1日からは一般映画の新路線ロッポニカに移行し、5番組10本を製作するが惨敗、にっかつは製作配給から撤退することになる。配給収入1億円以上は『待ち濡れた女』ほか(1.5億円)の1番組のみ。
37 2 5
出典:「1988年度日本映画・外国映画業界総決算 日本映画」『キネマ旬報1989年平成元年)2月下旬号、キネマ旬報社、1989年、 167 - 172頁。

各国ランキング編集

日本配給収入ランキング編集

1988年日本配給収入トップ10
順位 題名 製作国 配給 配給収入
1 敦煌   東宝 45.0億円
2 ラストエンペラー     松竹富士 24.5億円
3 ランボー3/怒りのアフガン   東宝東和 24.0億円
4 優駿 ORACION   東宝 18.0億円
5 危険な情事   UIP 17.4億円
6 いこかもどろか   東宝 16.0億円
7 あぶない刑事

七福星 ゴールデン・ハーベスト

  東映 15.0億円
7 ウィロー   UIP 15.0億円
9 ドラえもん のび太のパラレル西遊記   東宝 13.6億円
10 ビー・バップ・ハイスクール 高校与太郎狂騒曲
はいからさんが通る
  東映 12.5億円
出典:1988年配給収入10億円以上番組 - 日本映画製作者連盟

北米興行収入ランキング編集

1988年北米興行収入トップ10
順位 題名 スタジオ 興行収入
1. レインマン ユナイテッド・アーティスツ $172,825,435
2. ロジャー・ラビット タッチストーン $156,452,370
3. 星の王子 ニューヨークへ行く パラマウント $128,152,301
4. ビッグ 20世紀FOX $114,968,774
5. ツインズ ユニバーサル $111,938,388
6. クロコダイル・ダンディー2 パラマウント $109,306,210
7. ダイ・ハード 20世紀FOX $84,008,852
8. 裸の銃を持つ男 パラマウント $79,756,177
9. カクテル タッチストーン $78,897,753
10. ビートルジュース ワーナー・ブラザース $73,707,461
出典:1988 Domestic Yearly Box Office Results”. Box Office Mojo. 2015年12月24日閲覧。

日本公開映画編集

受賞編集

誕生編集

死去編集

日付 名前 国籍 年齢 職業
1月 7日 トレヴァー・ハワード   74 俳優
ミシェル・オークレール   65 俳優
9日 宇野重吉   73 俳優
18日 ジャン・ミトリ   80 映画批評家
30日 ホーマー・ブライトマン 86 脚本家
2月 1日 ヘザー・オルーク   12 子役
5日 エメリック・プレスバーガー    85 脚本家・プロデューサー
17日 千葉順二   62 声優
3月 1日 加藤嘉   85 俳優
7日 ディヴァイン   42 俳優・歌手
4月 23日 小沢栄太郎   79 俳優
5月 21日 I・A・L・ダイアモンド   67 脚本家
30日 エラ・レインズ   67 女優
6月 8日 青木日出雄   61 航空・軍事評論家
25日 ジャン・ポフェティ   62 撮影監督
7月 2日 荻昌弘   62 映画評論家
3日 井手俊郎   78 脚本家
6日 東八郎   52 コメディアン、
12日 ジョシュア・ローガン   79 映画監督
22日 ラリー・クレモンズ   81 脚本家
25日 ジュディス・バーシ   10 子役
8月 1日 フローレンス・エルドリッジ   86 女優
5日 コリン・ヒギンズ   47 映画監督・脚本家
7日 ウィルフレッド・ジャクソン   82 映画監督
10日 木村荘十二   84 映画監督
11日 アン・ラムジー   58 女優
9月 5日 ゲルト・フレーベ   75 俳優
13日 堀江しのぶ   23 女優・タレント
20日 馬淵威雄   82 東宝相談役
10月 1日 ルシアン・バラード   80 撮影監督
13日 メルヴィン・フランク   75 脚本家、映画監督、映画プロデューサー
25日 エリック・ラーソン   83 アニメーター
12月 27日 ハル・アシュビー   59 映画監督・映画編集者
26日 信欣三   78 俳優

脚注編集

[ヘルプ]

出典編集

  1. ^ 斉藤 2009, p. 114.
  2. ^ 第39作 男はつらいよ 寅次郎物語”. 『男はつらいよ』公式サイト. 松竹映画. 2016年8月6日閲覧。
  3. ^ 「1988年度日本映画・外国映画業界総決算 日本映画」『キネマ旬報1989年平成元年)2月下旬号、キネマ旬報社、1989年、 172 - 173頁。
  4. ^ 小売物価統計調査(動向編) 調査結果”. 統計局. 2016年8月3日閲覧。
  5. ^ 主要品目の東京都区部小売価格:昭和25年(1950年)〜平成22年(2010年) (Excel)”. 統計局. 2016年8月3日閲覧。
  6. ^ a b 過去データ一覧”. 一般社団法人日本映画製作者連盟. 2016年8月2日閲覧。

参考文献編集

  • 斉藤守彦『映画館の入場料金は、なぜ1800円なのか?』ダイヤモンド社、2009年11月27日。ISBN 978-4-478-01134-8